【全4色】ビゲンカラートリートメントの口コミと人毛白髪での染毛テスト。控えめな染毛力でカラー間の褪色防止におすすめ。

白髪ケア

【全4色】ビゲンカラートリートメントの口コミと人毛白髪での染毛テスト。控えめな染毛力でカラー間の褪色防止におすすめ。 アイキャッチ画像

ドラッグストアで購入できる国産カラートリートメントの中でも最安値のクラスとなるビゲンカラートリートメント。

楽天での販売価格を見てみても、中国産のサイオス(680円)やサロンドプロ(732円)のカラートリートメントを下回る667円という超低価格帯のアイテムです。(※2021/8/19現在)

結論から言うと、検証した白髪染めトリートメント44商品の中ではあまり染まらない部類になりますが、『カラー間の褪色防止』と『グレイヘアーへの移行アイテム』という2つの使い方それぞれの仕上がりイメージをしっかりと公式サイトでアピールされていて、紹介されている染毛結果も実際の染毛にかなり近い、好感度を持てる商品。

吉田
これまで国内で販売される髪染めトリートメントの公式サイトをほぼ全て確認してきましたが、正確な情報を正直にしっかり伝えていると感じたのが、このビゲンカラートリートメントです。

とはいえ、そんなことより気になるのは実際の染まりや仕上がりの評価、みんなの口コミ評価ですよね。

今回もいつものように美容師と毛髪診断士が協力し、染まり具合を人毛毛束で全色テストしました。口コミサイトでの評価チェックと併せて深堀りしていきましょう。

リニューアル前後比較

リニューアル前後のパッケージ

ビゲンカラートリートメントは2020年4月1日にパッケージが変更となり、以前の花柄デザインからロゴを主張したシンプルなデザインに変わりました。

吉田
以前のデザインは完全に女性向けで「白髪染め」としての押しが強いイメージですね。新デザインは髪色キープと頭皮ケアを推しています。

新旧デザインの裏書き

裏書きの内容を見てみると、使い方や使用の目安、注意点などの表示は全く同じで、上部に記載されているアピール文だけに差が見られます。

吉田
新デザインでは裏面のデザインもカラーキープを強く打ち出した内容になっていますね。

成分表の新旧比較

配合される成分は新旧ともに全く同じ内容で、リニューアル前後で染料やトリートメント成分に変更はないようです。

以前のバージョンと染毛比較してみても、染毛力や香り・テクスチャに変化はありません。

旧デザインよりも、ビゲンカラートリートメントの強みである「カラーキープ時に染まりすぎず使いやすい」という面のアピールが強まりました。

新旧デザインともに「5分で染まる」キャッチコピーですが、5分で染まるのはカラーキープ時。カラー履歴のないバージン白髪は5分では染まりにくいです。

旧デザインでは「染まらない」というクレームが出そうですが、新デザインは印象が良いですね。内容は変わらないものの、ヘアカラーの製造販売も取り扱う『ホーユーらしさ』を打ち出した魅力的なリニューアルです。

ビゲンカラートリートメントのカラーチャートと色選びについて

ビゲンカラートリートメントのカラーチャート

全て人毛白髪100%を使用し5回染毛
染毛調査方法について詳しくはこちら

カラー選びの注意点

  • 今よりも明るい色には染まらない
  • 明るい髪色に暗い色を使うと、全体的に髪色が暗くなる
  • 暗い髪色に明るい色を使うと白髪が浮いてしまう

ビゲンのカラートリートメントは明るめのナチュラルブラウンから暗めのナチュラルブラックまで全4色。

フラガールテンスターの6色展開には及ばないものの、リニューアル後に赤みのないアッシュブラウンが追加され、幅広いカラーに対応しました。

それぞれ、ビゲンのヘアカラーと合わせて使えるように色番号が割り振られていて、カラーとの併用時にも色が大きく変わらないよう配慮されているのも嬉しいポイント。

吉田
さすがにヘアカラー剤と同じ7色展開にはできなかったようですが、どの色と合わせるべきかが分かりやすくて良いですね。

公式サイトでは2種類の使い方を推奨されており、それぞれで染まり方に差があります。

カラー毛の褪色防止と白髪染め。それぞれの使い方と、染毛力の違いについて

カラー済み白髪とバージン白髪を比較した染毛結果

ビゲンカラートリートメントの使い方と上手に染めるコツ

  • カラー間のつなぎに使用
  • 染めたあと、次のヘアカラーまで髪色をキープする使い方

  • 非カラー毛(バージン白髪)への使用
  • ヘアカラーをやめて、グレイヘアーに移行する使い方

染まり方の違いは染毛テストで詳しくお伝えしますが、カラー間のつなぎに使うほうが良く染まり、バージン白髪への染毛力はあまりありません。

吉田
ヘアカラーを使用した髪はアルカリに傾き、phがマイナスに傾くので、、、、と難しい話は置いといて、とにかくカラー毛はよく染まります。

白髪染めトリートメントに「根本の毛が染まりにくい」という口コミが多い理由はコレで、伸び始めたバージン白髪は染まりにくく、染まりやすいカラー履歴のある髪との境目が気になりやすいです。

ヘアカラーを使わず、白髪染めトリートメントだけでしっかり染めたいという人は白髪染めトリートメントランキングを参考に単品でも染まるアイテムを探してみてください。

ヘアカラーやブリーチ済みの毛髪で自然な髪色に染めたければダークブラウンがおすすめ。やや明るめの髪に染めている人はナチュラルブラウンを選びましょう。

ビゲンカラートリートメントの染毛テストと使用感調査

白髪染めトリートメントの染毛テスト基準

  • 乾いた髪に使用
  • トリートメントの塗布はブラシにて実施
  • 2分かけて塗布をおこなう
  • 置き時間は15分で統一
  • すすぎは色水が出なくなるまで
  • 自然乾燥(ドライヤー乾燥による差を軽減するため)

染毛テスト時のルールとこだわりについて

人毛白髪100%、50%の毛束

染毛テストには人毛白髪の毛束を使用し、白髪100%と白髪50%それぞれで検証しました。

白髪100%の毛束では色の方向性と染まりの強さを、白髪50%の毛束では白髪の浮きやカラーの馴染み具合をチェックします。

ダークブラウンでの染毛テスト

薄めのベージュ寄りダークブラウンから徐々に染まりますが、あまりバージン白髪の染毛力は強くなく、白髪はほんのりぼかす程度。

プリオールやティアラ、サロンドプロなどと並ぶ「染まりすぎない」アイテムです。

吉田
ドラッグストアで購入できる白髪染めトリートメントランキングでは17位ですが、カラー間のつなぎに使用する場合はもっと上位にランクインしてよいアイテムです。
  • ドラッグストア白髪染めトリートメントランキング20選!全商品の染毛テストで仕上がりチェック。使い方や口コミ・成分分析も。

ビゲンカラートリートメントでの5回染毛時

100%,50%白髪の5回の染毛では柔らかい雰囲気のダークブラウンに染まります。

しっかり染まるアイテムとは言えませんが、発色はとてもキレイでナチュラルな質感に仕上がるのが特徴。

50%白髪での白髪浮きテストでも「頑張り過ぎない白髪ケア感」があって、やさしい雰囲気に整えてくれます。

緑・赤・オレンジなどの派手髪に偏らないのでグレイヘアーへの移行に使いやすいです。

ダークブラウンでブリーチ毛を染毛

ブリーチ毛は1回目からしっかり色が入り、3回目ではしっかりとキレイなダークブラウンに染まります。

4回染毛あたりからは重さを感じるほどくっきりと色が入るので、連続使用は3回程度に抑えるほうが良いです。

吉田
今回の実験では統一基準とするため15分の時間を置きましたが、5分程度の使用でも3回目にはしっかりと染まってくれそうです。

ビゲンカラートリートメントでのブリーチ・ハイブリーチ毛の染毛比較

もとの髪色が明るくても暗くてもほぼ同じ風合いのダークブラウンにしっかりと染まりました。

今回はブリーチのみを使用した髪でテストしていますが、カラー剤の染料が残った髪を染める場合は元の色と混ざって違う髪色に仕上がります。

吉田
やはりカラー履歴のある髪は染まりやすいですね。思い通りの髪色に染めるため、また色ムラ防止のためにも、元の髪色に合わせてカラーを選びましょうね。

ナチュラルブラウンでの染毛テスト

少ない回数では明るめのオレンジベージュから回数を重ねるごとにオレンジを強めに感じるブラウンカラーへと染まります。

暗い髪を明るく染めることはできないので、明るく染めた髪に使用するのがおすすめです。

カラー履歴のない髪に使用するのであれば、ナチュラルブラウンよりも自然な風合いをもつダークブラウンのほうが白髪を隠してくれます。

ナチュラルブラウン5回染毛

5回染毛時の発色はこんな感じです。

白髪をしっかり隠したい人が単品で使うのには向きませんが、カラー間のつなぎに使いたいけど暗くなりすぎるのは嫌という人には使いやすい仕上がりですね。

ナチュラルブラックでの染毛テスト

初回ではややベージュを感じるブラックに染まり、4回目のタイミングで「染まった」と思える程度に色が乗りますが、デイラルカラーフラガールほどは染まらないですね。

白髪の透け感を残したようなブラックで、かっちりとした黒というよりは、ややぼやけたようなくすんだブラックに仕上がります。

ナチュラルブラック5回染毛

5回染毛でも白髪感が残ったような染まり方。くすんだグレイカラーで個人的にはおしゃれな風合いに感じます。

吉田
髪の短い男性にも使いやすいカラーで気に入りましたが、、、しっかり染めたい人には向いていないかもですね。僕は好きです。

アッシュブラウンでの染毛テスト

ナチュラルブラックに似た色づきにも見えますが、アッシュブラウンのほうがやや赤みが入り、柔らかい雰囲気に。

他の色と同じく染毛力はあまり強くないものの、キツさを感じない自然な風合いで優しさを感る仕上がりになりました。

アッシュブラウン5回染毛

こちらも5回染毛でやや白髪感が残りますね。ダークブラウンよりも赤みを抑えて黒さを増した風合いで、こちらのほうがダークブラウン感が強いように感じました。

吉田
ビゲンのダークブラウンは赤みが強いので、アッシュブラウンと比べると明るく感じます。落ち着いた雰囲気に抑えたいならナチュラルブラックかアッシュブラウンがおすすめ。

ビゲンカラートリートメントを全4色比較

ダークブラウン

ナチュラルブラウン

ナチュラルブラック

アッシュブラウン

4色を並べてみると各色の特徴がわかりやすいですね。

ナチュラルブラウンとダークブラウンが強めの赤み系。

ナチュラルブラックとアッシュブラウンが黒さを強調したカラーとなっています。

左がダークブラウン、右がナチュラルブラウンの5回染毛比較です。いずれもよく染まるアイテムと比べると穏やかな染毛力。

よく染まるアイテムは白髪だけでなくカラー履歴のある毛髪や頭皮も染まりやすい傾向があります。その点、ビゲンは比較的手や浴槽についても「比較的」落ちやすいアイテムなので使い勝手が良いですね。(付着したらすぐに洗浄を!)

白髪を単品でしっかり隠すには向きませんが、どのカラーもカラー間のつなぎに使うことで十分な染毛力を発揮してくれます。

新しく生えてきた白髪部分は染まりにくいので、定期的に白髪染めヘアカラーと併用するか、穏やかな染毛力を活かしてハイライトのような色の入れ方を楽しむ使い方が◎

指通り試験の結果と手触り・使用感について

ビゲンカラートリートメントでの染毛白髪をデジタルフォースゲージで測定中

デジタルフォースゲージによる摩擦力計測結果

0.44N

(株)イマダ社D-19を用いて30回計測し中央値を算出

デジタルフォースゲージによる指通り試験の結果は、44商品中26位とプチプラ品にしては高い順位でした。

とはいえ、、トリートメント効果は決して「高い」とは言えないので、気になる人は普段使っているトリートメントと併用しましょう。(カラートリートメントを先に使いましょう)

トリートメント成分としてはツバキ種子油とタウリン、あとはジメチコン(シリコーンオイル)などが見られます。

シリコーンと聞くといまだに「毛穴に詰まる」って噂を信じてる人も居るようですが、毛穴には詰まりませんのでご安心を。

シリコーンは髪に蓄積(ビルドアップ)すると感触が悪くなるとも言われますが、たとえノンシリコンでも代わりにに配合されるポリクオタニウム-10がビルドアップにつながることも。いずれにせよ、すすぎをしっかりすればOKです。

ビゲンカラートリートメント 口コミ評価調査

3.60 (評価数合計:624件)
ビゲンカラートリートメントの口コミ評価分布ビゲンカラートリートメントの年代別評価分布

ビゲンカラートリートメントの評価数は意外と少なく624件。同じくドラッグストアで購入できるプチプラ品「サイオス(1,094件)レセ(1,549件)フラガール(861件)」を下回る結果となりました。

吉田
平均評価も3.60と、白髪染めトリートメントの中ではあまり良い点数ではないですね。
楽天ユーザーの評価Amazonユーザーの評価

使用感評価では、低刺激さや匂い、ツヤ、使いやすさではなかなか良い評価を得たものの、持続性ではやや低い評価に。

吉田
Amazon★2以下の割合が17.5%と低評価を付けたユーザーの多さが気になります。。。

良い・悪い口コミを徹底調査してみましょう。

染まり、色落ちについての口コミ

makoyellowmon

【★1】続一週間で、これだけの染まり。
洗髪して、5分より長めで、手間はかかるのに、これだけとは。頭皮、髪には、刺激的ではない方法だと思い使用して見たが、やはりカラートリートメントでは満足感は低くがっかりでした。

公式サイトでは生え際の白髪がどう染まるか掲載されていますが、、、Amazonには掲載がないためか、生え際がしっかり染まらないという低評価さんが見られました。

吉田
生え際の白髪やヘアカラー履歴のない髪はあまり染まらず、うっすらとぼかすように染まっていきます。
アマゾン子

【★2】品質は良いとは思いますが、思ったより暗かった。(アッシュブラウン使用)

華丸

【★1】かすかーに色づくだけで白髪ってバレバレ
2ヶ月使い続けて…全くダメですm(_ _)m

『思ったより暗い』という口コミと、2ヶ月続けたのにかすかに色づく程度という口コミ。この内容からも、ヘアカラー間の褪色防止に使うか否かで評価が変わることが分かります。

【★4】白髪染めのようにキレイには染まりませんが、髪にやさしいカラートリートメントと使ってます。値段もリーズナブルなので・・・

カラートリートメントの特性を知った上で使う人にはそこそこの評価を得ています。が、通販サイトでの説明は公式サイトほど充実しておらず、事前情報のない人にとっては『思ったより染まらない』ということで低評価が多くなっています。

酸化染料で化学反応を起こしながら染めるヘアカラーと違い、白髪染めトリートメントは染まりも悪く、髪を明るくすることもできません。

それでも使用するメリットは、ジアミンなど頭皮へのダメージが強い染料が配合されておらず低刺激なこと。頭皮や毛髪をいたわりながら染めることができることです。

髪に優しい白髪染めで詳しく説明しているので確認してみてくださいね。

  • 髪が傷まない白髪染めはこれ!プロが選んだ頭皮や髪に優しい市販カラーを紹介。

刺激性・アレルギーについての口コミ

幸せのクローバー228

【★4】毛染めしてますが、1週間に一度此れを使ってます

しっかり染まるまではいきませんが刺激がなく髪に艶が出て良いです

購入者

【★3】簡単にできるし刺激もない、その点は満足なのですが一番大事な染まり具合がかなり弱いです。

カラートリートメント何点か今まで試しましたが一番色が入りませんでした。

Bosstoco

【★3】どんなによくすすいでも頭皮がかゆくなります。薬が強いのかもしれません。

その一方で、他のカラートリートメント剤に比べて、濡れたときに色が落ちやすい気がします。

刺激やかゆみなどアレルギー症状についての調査では、多くの人が「刺激がない」と評価していたものの、ほんの一部「かゆみ」についての意見が見られました。

白髪染めトリートメントは2剤式のヘアカラーと違い低刺激な染料を使われていますが、アレルギーの心配はゼロではない(※1)ので肌が弱い人は事前のパッチテストをおすすめ。

※1:毛髪様化粧品に配合される新規染毛様色素の分析法

「よくすすいで頭皮が痒くなる」という意見について、頭皮をこするようにすすいだり、シャンプー時に念入りに洗いすぎると頭皮に必要な油分まで落としすぎてしまい乾燥を引き起こします。

すすぎ残しもマイナスにはなるのですが、強めのお湯や熱いお湯での洗浄もまた頭皮ダメージの元。ややぬるめのお湯で、指を立てずに指の腹を使って優しく3分程度すすいでくださいね。

香りについての口コミ

ダイズとアズキ

【★3】香は良いし、手に付いても石鹸で落ちます。が、その分、クレンジング効果のあるシャンプーを使うとスグ落ちます。

tatatan1111

【★4】染まるとは言えないけれど

匂いも悪くないし刺激もありません。たしかにほとんど染まらないですが、

これまで使ってきた、値段が3倍以上する他のカラートリートメントも、同じくらいの染まる力のものも多いので、許容できる範囲と思います。

真夏の夜の夢

【★4】香り強めだがよく染まる

他社製品と比べると、やや香りが強くフリージアのようなフローラルの中に何となく染毛剤ぽい香りがします。

Bosstoco

【★3】私には合いませんでした。
匂いが安っぽくて、苦手です。
つんとする薬の匂いをごまかすための、安い芳香剤のような香り。

香りについては概ね高評価ですが、苦手という意見もちらほら見られました。

カラートリートメントは2剤式のような「ツンとする薬の匂い」はしないので、単純に香料との相性で良し悪しが分かれています。

吉田
原価の高い精油を組み合わせて作られたアイテムと比べるとさすがに褒められないですが、800円を切る価格で販売されてる商品としては高いクオリティに感じます。

まとめ

全体的に「染まりの悪さ」についての意見が多く見られました。

染毛テスト時にもカラー履歴のある髪はよく染まりましたがバージン白髪があまり染まらず、ヘアカラーと同様の染まりを期待している人にとっては「がっかり」の仕上がりになりそうです。

カラートリートメントのメリット・デメリットである「染まりにくいけど低ダメージ」という点や、「カラー毛ほど染まりやすい」という点を理解して使うかどうかで、評価が大きく変わっている印象でした。

アイテムの特性を活かして使えればもう少し高い評価を得られそうなアイテムです。

ビゲンカラートリートメントの使い方

使い方手順

  1. シャンプー後、タオルで水をよく切る
  2. 適量を手に出す
  3. ショートヘアならピンポン玉約1個分

  4. 髪全体に塗布(前頭部→頭頂部→後頭部の順に)
  5. 適量を数回に分けて塗るとキレイに染まる。白髪の気になる部分にはたっぷりと。

  6. そのまま5分ほど放置
  7. 時間を長く置くとより効果的

  8. 充分すすいで汚れても構わないタオルで水を切る
  9. シャンプーでの洗い流しは不要

  10. ドライヤーでしっかり乾かす

公式のyoutube動画で使い方が詳しく説明されていますが、、、情報がちょっと少ないので補足しておきますね。

シャンプー後、タオルで水をよく切る

カラートリートメントは乾いた髪のほうが良く染まります。

毛髪内に水分を溜め込んでしまうと染料が浸透しにくくなるため、なるべく水気が少ない状態で染めるのがおすすめです。

染毛する日はトリートメントだけで済ませるか、シャンプー後にタオルドライまたはドライヤーでなるべく乾いた状態にするのがおすすめ。

適量を手に出す

毛髪の量によって適量は異なります。この際、使用量をまとめて手に取るのではなく、髪に塗布する量を小分けにしながら塗っていきましょう。

染毛セット

手や爪の汚れが気になる人は手袋を用意して、ムラなく染めるために、可能なら染毛セットを準備しましょう。

付属のカップに染料を出しておき、ハケを使って根本から塗布してあげるとめちゃくちゃ楽です。

ダイソー、キャンドゥ、セリアなどの100均にも(実は全部同じ商品)染毛ブラシが置いてありますが、ブラシの幅やクシ目のサイズなどが個人的に使いにくいです。。。

染毛セットはカップがめちゃくちゃ便利なので、揃えておきましょう。

髪全体に塗布(前頭部→頭頂部→後頭部の順に)

前頭部の気になる場所から順に、髪を小分けにしながら染めていきましょう。

染毛時間は長いほど染まるので、白髪が気になる部分から先に染めると良いです。

この際、手で塗ると部分的に厚く塗られたり薄く塗られたりと塗りムラや塗り残しができやすいです。

根本から順にブラシを使って塗り、クシでかき分けながら前後左右に塗り拡げていきましょう。

そのまま5分ほど放置

染め始めの頃は5分で染まらず、15分程度の置き時間で3〜5回程度続けて使用すると染まりやすくなります。

この際、30分以上の時間を置くのはおすすめできません。

優しさに配慮した成分で作られていますが、アレルギーの心配はゼロはありません。

頭皮や皮膚はお湯などでふやけた状態だと肌バリアが崩れて刺激を受けやすくなっており、染料だけでなくトリートメント成分も放置し続けるのは刺激になる可能性があります。

充分にすすぎ、汚れても構わないタオルで水を切る→ドライヤーでしっかり乾かす

カラートリートメントはシャンプーのたびに色落ちするので、すすぎの際にはシャンプーNG。

髪をすすいだときの色水と同じ色がタオルに色移りするため、汚れても良いタオルか、色水に近いカラーのタオルを使いましょう。

髪が塗れた状態だと、髪内部から染料が流れ出てしまうので色落ちしやすくなります。

なるべく早くドライヤーで乾かし、手持ちがあればアウトバストリートメントと併用することで褪色を防止しましょう。

商品データ

染料 塩基性染料・HC染料
美髪成分 タウリン、ヒアルロン酸Na、ツバキ種子油など
染毛回数 乾いた髪→5回ほど
濡れた髪→約10回ほど
色持ち 週に3回ほど必要
カラー展開 4色展開:ナチュラルブラウン、ダークブラウン、アッシュブラウン、ナチュラルブラック
無添加成分 ジアミンフリー、鉱物油フリー、パラベンフリー
現品価格 798円
内容量(g) 180mL
成分表
水、グリセリン、ステリアルアルコール、セタノール、ベヘントリモニウムクロリド、タウリン、ジメチコン、ミネラルオイル、ツバキ種子油、ヒアルロン酸Na、乳酸、ヒドロキシエチルセルロース、セトリモニウムクロリド、イソプロパノール、フェノキシエタノール、香料、(+/-)HC黃4、HC青2、塩基性青2、塩基性青75、塩基性茶16

まとめ

染まりはやや悪いものの、カラー間のつなぎには使いやすく、とにかく安く購入できる手軽さがいいですね。

特性をしっかり理解した上で、賢く使いたいアイテムです。

白髪染めトリートメントランキングTOP10比較表

順位 商品名 画像 販売先 総合評価 染毛力・色持ち 仕上がり おすすめ度 商品の特徴 染料 美髪成分 染毛回数 色持ち カラー展開 無添加成分 価格 内容量(g) 1回あたり
1位

利尻|ヘアカラートリートメント

利尻|ヘアカラートリートメント 商品画像 販売先

4.23
4.0 3.9 4.8

悩んだらコレ!染毛力と色持ち高評価、2400万本突破の超実力派アイテム

天然染料、塩基性染料、HC染料

リシリコンブエキス、加水分解シルク、加水分解ケラチン、プラセンタエキス、ユズ果実エキス、加水分解コンキオリン、ポリクオタニウム-10など

乾いた髪→1~2回で染まる
濡れた髪→約3回で染まる

染毛後7~10日ほど。週に1回の使用でOK

4色展開:ナチュラルブラウン、ブラック、ライトブラウン、ダークブラウン

ジアミンフリー、パラベンフリー、香料フリー、鉱物油フリー、ノンシリコン、酸化剤フリー

2200円 200mL 440円
2位

マイナチュレ|オールインワンカラートリートメント

マイナチュレ|オールインワンカラートリートメント 商品画像 販売先

4.23
3.5 4.2 5.0

スカルプケア、エイジングケアも同時に叶える定番白髪染めトリートメント

塩基性染料、HC染料

加水分解ケラチン、γ-ドコサラクトン、アセチルヘキサペプチド-1、ガゴメエキス、ペリセア、44種類の植物エキスなど

乾いた髪→3回で染まる
濡れた髪→約4回で染まる

染毛後6日ほど。週に1・2回の使用でOK

2色展開:ダークブラウン、ブラウン

ジアミン、合成香料フリー、シリコンフリー、鉱物油フリー、パラベンフリー法定タール色素フリー

3300円 200mL 825円
3位

HANAオーガニック|カラーコンディショナー

HANAオーガニック|カラーコンディショナー 商品画像 販売先

3.93
3.0 3.8 5.0

天然ローズや花精油の香りで安らぐ、天然成分95%のオーガニック白髪染め

塩基性染料、HC染料

加水分解エンドウタンパク、植物由来の整肌エキス、ジェミニ型アミノ酸系界面活性剤など

乾いた髪→3回で染まる
濡れた髪NG

染毛後5日ほど。週に1・2回の使用でOK

2色展開:ダークブラウン、アッシュブラウン

ジアミンフリー、鉱物油フリー、酸化剤フリー、ノンシリコーン、香料フリー、パラベンフリー

2640円 180mL 660円
4位

デイラルカラー|ヘアカラートリートメント

デイラルカラー|ヘアカラートリートメント 商品画像 販売先

3.77
5.0 3.3 3.0

4種の植物幹細胞エキスで頭皮ケア。染毛力も十分だが価格の高さが難点。

塩基性染料、HC染料

植物幹細胞4種、加水分解シルク、フラーレン、γ-ドコサラクトンなど

乾いた髪→3~4回で染まる
濡れた髪→5回ほど

染毛後5日ほど。週に1・2回の使用でOK

4色展開:アッシュグレー、ブラック、ブラウン、ダークブラウン

ジアミンフリー、パラベンフリー、鉱物油フリー、タール系色素フリー、合成香料フリー、石油系界面活性剤フリー、サルフェートフリー

2178円 200mL 544円
5位

ハイステップ|ヘアカラートリートメント

ハイステップ|ヘアカラートリートメント 商品画像 販売先

3.60
3.0 3.8 4.0

95%の美容成分がうるおいツヤ美髪に導くカラートリートメント

天然染料、塩基性染料、HC染料

褐藻エキス、ビフィズス菌培養溶解質、エーデルワイスエキス、生薬由来の植物エキスなど

乾いた髪→4~5回で染まる
濡れた髪→約6回ほど

週に2回の使用でOK

ダークブラウン

ジアミンフリー、鉱物油フリー、酸化剤フリー、ノンシリコン、香料フリー、パラベンフリー

2337円 200mL 584円
6位

綺和美|白髪染めトリートメント

綺和美|白髪染めトリートメント 商品画像 販売先

3.07
3.0 4.7 3.0

赤みを抑えた仕上がりで褪色時にも落ち着いた仕上がりに

塩基性染料、HC染料

22種類の天然植物由来エキス、ポリクオタニウム-10

乾いた髪→3回で染まる
濡れた髪→約5回ほど

週に1・2回の使用でOK

3色展開:ブラック、ダークブラウン、ライトブラウン

合成香料フリー、鉱物油フリー、パラベンフリー、ノンシリコーン、ジアミンフリー

5478円 150mL 1826円
7位

POLA|グローイングショット カラートリートメント

POLA|グローイングショット カラートリートメント 商品画像 販売先

3.50
4.0 3.5 3.0

高い染毛力としっとりとしたトリートメント効果が女性に人気

塩基性染料、HC染料

2種のヒト型セラミド、植物セラミド、14種のアミノ酸、3種の加水分解コラーゲン、生薬由来の植物エキス、黒米エキスなど

乾いた髪→3回で染まる
濡れた髪→約4回で染まる

染毛後6日ほど。週に1・2回の使用でOK

2色展開:ブラック、ブラウン

ジアミンフリー、鉱物油フリー、タール系色素フリー

3190円 200mL 638円
8位

レフィーネ|ヘッドスパトリートメントカラー

レフィーネ|ヘッドスパトリートメントカラー 商品画像 販売先

3.53
3.0 4.6 3.0

アロマ成分配合でヘッドスパ気分を楽しめる

天然染料、塩基性染料、HC染料

パンテノール、加水分解ケラチン、加水分解コラーゲン、ペリセア、生薬由来の植物エキス

乾いた髪→約6回ほど必要
濡れた髪→約5~6回ほど

週に3回ほど必要

5色展開:ダークブラウン、ライトブラウン、マロンブラウン、ローズブラウン、ナチュラルブラック

ジアミンフリー、ノンシリコン、パラベンフリー、石油系界面活性剤フリー、鉱物油フリー

1980円 140mL 660円
9位

LABOMO|スカルプアロマ ヘアカラートリートメント

LABOMO|スカルプアロマ ヘアカラートリートメント 商品画像 販売先

3.53
3.4 4.2 3.0

フルーティフローラルな香りが◎アートネイチャーの白髪染めトリートメント

塩基性染料、HC染料

加水分解ケラチン、モモ葉エキス、アルガンオイル、シアバターなど

乾いた髪→4回~5回で染まる
濡れた髪→約5~6回ほど

週に1・2回の使用でOK

3色展開:ナチュラルブラック、ダークブラウン、ブラウン

ジアミンフリー

3740円 200mL 935円
10位

アンファー|スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント

アンファー|スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント 商品画像 販売先

3.30
4.0 2.9 3.0

やや赤みのある高い染毛力が特徴。浴槽への色移りがやや難あり

塩基性染料、HC染料

γ‐ドコサラクトン、3種のペプチド、11種の植物由来エキス、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Naなど

乾いた髪→3回で染まる
濡れた髪→約5回ほど

週に1回の使用でOK

4色展開:ナチュラルブラウン、ダークブラウン、ローズブラウン、マロンブラウン

ジアミンフリー、ノンシリコン、エタノールフリー、パラベンフリー、石油系界面活性剤フリー、鉱物油フリー

2424円 200mL 606円
  • 【2021最新】白髪染めトリートメントおすすめ20選ランキング。よく染まり綺麗に発色、髪に優しい口コミ人気アイテムを徹底比較

関連する記事

人気記事ランキング

カテゴリー