髪が傷まない白髪染めってあるの?髪に優しくダメージが少ないヘアカラーを紹介

白髪染めって髪へのダメージが少ないと勘違いしている人も多いんですが、実は通常のヘアカラーよりもダメージが大きいんです!!白髪染めでその髪パサパサにしているかも?!髪に優しい白髪染めは果たしてあるのかぜひチェックしてみてください◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
77view

2018/01/25 更新 公開

こんにちは!
最近脱色した髪がバサバサになりすぎて髪をショートにしようと思っているROCCO GIRL ライター・Oniです。

脱色(ブリーチ)だけでなく、カラーを重ねることでも髪ってとっても傷みますよね。
私は脱色→ヘアカラー(永久染毛剤)で染めていたんですが、ダメージが酷くて最近は通常のヘアカラーの変わりにカラーバターを使っています。
それでも脱色とヘアカラーを繰り返してきた毛先はパサパサ。

それに比べて白髪染めは脱色剤入っていないし、通常のヘアカラーよりは髪や頭皮に優しいと思っていませんか?
実はれはとっても大きな間違い。

脱色(ブリーチ)>白髪染め>ヘアカラー(永久染毛剤)>ヘアマニキュア>ヘナカラー>カラートリートメント類

実は白髪染めのほうが通常のヘアカラーよりもダメージが大きいんです!
というのも、白髪にはブリーチ剤を使わない代わりにしっかりと色を入れなければなりません。
色持ちをよくさせるためにも強力な薬剤を使っているんだとか。
だからもともと髪が弱い人などは1回の白髪染めでかなり髪がパサパサに傷んでしまうんだそうです。

tornado_miwa_un
@Instagram

じゃあ髪が傷まない白髪染めを使いたい!と思う人も多いのでは?
特に暗髪は色で傷みをごまかすことが出来ないので、せっかく白髪ケアしたのに髪質ボロボロで老けて見られてしまうなんてことになりかねません。

今回は髪が痛まない白髪染めはあるのか、もしくはダメージが少ない白髪染めがあるのかをチェックしてみてください◎

髪が傷まない白髪染めはあるの?

yuta0721893
@Instagram

髪が傷まない白髪染めはありません。
少なからずとも髪にダメージは与えてしまうようです。
それもそのはず、髪の毛の表面にあるキューティクルは正しいタオルドライやドライヤーの使い方次第でもどんどん傷んでしまいます。

それだけキューティクルって繊細なんですよね。

髪に優しい白髪染めはどれ?

7230n95
@Instagram

じゃあどのヘアカラーが髪に優しいのでしょうか。
先ほどの不等号で示したものの中ではどのへんから髪に優しいとされているのか知っていますか?

おおよそ比べられる対象…丁度中間地点となるのが「ヘアカラー(永久染毛剤)」です。
だからそれよりもダメージが少なければ一般的に髪に優しい部類に入るのです。
だから染料剤で言うと

  • ダメージが大きい…脱色剤・白髪染め・ヘアカラー(永久染毛剤)
  • ダメージが少ない…ヘアマニキュア・ヘナ・カラートリートメント

それぞれなぜ髪ヘのダメージが大きく、または少ないのかは詳しくはこちら「ヘアカラーの種類や違い・基本を紹介」でも解説しているのでぜひチェックしてみてください◎

髪に優しいと言われているヘアマニキュア・ヘナ・カラートリートメントでも多少のダメージはあります。
どのようなダメージがあるのか、それぞれどんなケアをすれば良いのかをまずはチェックしてみましょう!

ヘアマニキュアはどのくらい髪に良いの?

asucari
@Instagram

ヘアマニキュアはキューティクルの外側にコーティングすると言われていますが、実はキューティクルの内面にも少し染料が入り込みます。
そのため髪へダメージを受け無いわけではありません。

しかしキューティクルを無理やり開かせたりはしないので、ヘアカラー(永久染毛剤)よりも格段にダメージは減ります。
しかしヘアマニキュアはおよそ3週間ほどで色が落ちてしまうので染める回数は増えてしまいます。

何回も染めて髪にダメージを与えないためにも、カラートリートメントで色持ち&ケアをすることをオススメします。

ヘナなど天然植物を使ったカラー剤の髪への影響

cheri_chieko
@Instagram

天然植物100%を使ったヘナカラー自体はキューティクルの修復をしてくれたりとダメージとは程遠いイメージがありますよね。
しかし、色落ちした時にぱさつきを感じることもあるようなので一般的なトリートメントなどのケアは必要です。

それよりも気をつけなければならないのは薬品が含まれているヘナカラー。
ヘナ100%でなくとも、インディゴなどの他の天然植物で色を変化させている場合は問題ありません。
しかし、低品質なものの中にはジアミンなどアレルギーを引き起こしやすい薬品が含まれていることもあるそうです。

ヘナだから大丈夫と思って染めてみたらアレルギーが出てしまったなんてことも。
せっかく選ぶなら薬品が入っていないか、自分は植物のアレルギーを持っていないかしっかりと成分をチェックしてから買いましょう◎
敏感肌さんでも使いやすいオススメのヘナカラーはこちら

アレルギーの心配が無い場合、ヘナは今までダメージを負ってクタクタになった髪にもおすすめです◎

カラートリートメント類は髪へのダメージが全くない ?!

saki.horii
@Instagram

カラートリートメントはトリートメントをメインに作られており、カラー剤も表面に付着するだけなので多くの人が傷まないと思っていますが「傷まない」と断言は出来ないそうです。
しかしほとんど体感することのないほどの傷みなんだとか。

1度にしっかりと染まることは難しいですがトリートメントでケアしながらカラーができるので、本格的に髪を労りたいという人はカラートリートメントで白髪を染めることをおすすめします◎
また他のカラー剤を使った後の色持ちを良くするために週に1~2回程度使うのもアリですよ!

自分のスタイルに合わせて染めやすいカラー剤です。

髪に優しい白髪染め3選!!

きしまずなめらかな仕上がりのヘアマニキュア

ヘアマニキュアは白髪にも対応しているものを選びましょう!
たとえばマニックパニックは白髪には染まりにくいとされています。

ペルーラルーチェは自分の髪色に合うカラーを選べる高品質なヘアマニキュア
なんと44色もあって140g入っているから全体染めも楽々◎
余った分は次回も使えるからコスパも断然良い!

白髪特有のギラめきとオレンジが残りにくいのでナチュラルな仕上がりに。
ヘアマニキュアの後はヘアカラーが入りにくいというデメリットがあるけど、これは気軽にカラーチェンジしやすい仕様となっています。

白髪用ヘアマニキュアをもっと知りたい人はこちらもチェック!

初心者さんでもセルフで染めやすいヘナカラー

ノンケミカルノンジアミンだから薬品でかぶれてしまう人でも安心して使えるヘナカラー。
4色のカラーが揃っているのですが、どれも天然植物100%でカラーリングしてくれます。

しかも使われている植物はすべて無農薬で栽培された、とことん髪や肌に優しい染毛剤なんです!
オーガニック認証機関「エコサート」を取得しているから品質も間違いありません。

また、ノズルで塗るタイプとシェイカーで直接手で塗るタイプがあるので、自分で塗りやすい方を選べます。
白髪染めや今までにセルフカラーをしてこなかった人でもかなり染めやすいアイテムです♡

ヘナカラーについてもっと知りたい人はこちらもチェック!!

グレイカラーもしっかりとトーンダウンできるカラートリートメント

カラートリートメントはしっかりと白髪にも染められるものを選びましょう◎
例えばエンシェールズなどのカラーバターは白髪には染まりにくいことがあるようです。

引用:©paimore.com.

こちらのパイモアはきちんとグレイカラーにもしっかりと入るディープカラーが用意されています。
左からベースの脱色が12レベル・14レベル・16レベルとなっているんですが、16レベルの明るい髪にもしっかりと入っていますよね!

その他にも派手髪さん用のカラーや外国人風のペールカラーなど魅力的なヘアカラーが満載◎
若白髪に悩む20代の女性でも使いやすいカラートリートメントです。

髪に優しい白髪染めでさらツヤ髪に

引用:©unsplash.com

いかがでしたか?
市販で販売されている白髪染めのほとんどは永久染毛剤を使っており、髪や頭皮へのダメージは大きいんです。
美容室での注文もただグレイカラーと言ってしまうと永久染毛剤が使われます。
もし美容室のメニューにヘアマニキュアやヘナカラーがあるのならそちらを選択すると髪への負担が減るはず。

メニューになくても、カラー持ち込みOKな美容室は多いので事前に確認してから自分でカラー剤を持ちこんで塗ってもらうと良いかも◎
そうすると髪にも優しいしむらなく濡れるから手間がないし、いつもより格安で染められるのでお得!

ぜひ髪に優しい白髪染めをGETして試してみてください♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

こんな記事も人気です

人気の記事

注目のエントリー

ピックアップ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリー一覧