セルフヘアカラー

髪が傷まない白髪染めはこれ!プロが選んだ髪ツヤめく市販カラーを紹介。

髪が傷まない白髪染めはこれ!プロが選んだ髪ツヤめく市販カラーを紹介。 アイキャッチ画像

染めても染めても時間が経つとキラキラ目立ってくる白髪。美容室で定期的に染めるのは、コストやスケジュール調整が大変ですよね。

伸びた白髪の根本を染めるため、ここはひとつ自宅でセルフヘアカラー!という気持ちも分かりますが、心配なのは髪への負担

実は、白髪染めは医薬部外品の扱いで、色の抜けた髪にしっかりと色を入れつつ色持ちを高めるために強力な薬剤が使われています。そのため、一般的なヘアカラーよりも白髪染めのほうがダメージは大きく、繰り返して使用することでどんどん傷みがひどくなってしまいます

細く弱った髪に使ってしまうと、1度の白髪染めでも髪がパサパサに。せっかく白髪ケアしても、パッサパサでツヤのない髪になってしまったら、かえって老けて見られちゃいますよ。

今回は、単に色を入れるだけでなく、髪を傷めずに白髪染めをしたい!という要望に応えるため、低ダメージでもしっかり染まるおすすめの白髪染めをご紹介します!

関連キーワード

髪を傷めない白髪染めの選び方

低ダメージの白髪染めを選ぶには、染料に何を使われているかに気をつけることがポイントです。白髪染めに使われる染料について、それぞれの特徴と、髪へのダメージを知っておいてくださいね。

低ダメージの白髪染めは塩基性カラー・弱酸性カラーを選ぶ

髪が傷まない白髪染めを選ぶには、染料に塩基性カラーか弱酸性カラーを使われたものを選ぶのがポイント。それぞれ、髪の表面に吸着して色をつけるタイプのカラー剤で、アレルギーなどの心配も少なく低ダメージなのが特徴です。

これらの染料を使われているのは、白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプー

塩基性カラーでつくられ、最も髪へのダメージが少ないのは白髪染めシャンプーカラートリートメント。髪の表面にイオン吸着することで染め上げるため低刺激なのが特徴。髪のダメージが気になる人や、艷やかな髪色をキープしたい人におすすめです。

低ダメージで根本の白髪ケアもできる万能アイテム

毎日のシャンプーやトリートメントと入れ替えるだけで使える気軽さに加えて、新しく生えてくる根本の白髪もセルフケアできるメリットがあります。

塩基性カラーは髪へのダメージは少ないものの、染める力が弱いことから1回で染めるのは難しく、十分に染めるには数回の利用が必要です。毎日使うシャンプーやトリートメントへの配合によって、染料の弱点をうまくカバー。低ダメージで十分な染毛力を実現しています。

ちなみに、シャンプーよりもトリートメントタイプの方が染まりやすいので、より早く染めたい人にはトリートメントがおすすめ。少しずつ髪色を変えたい人にはシャンプータイプがおすすめです。

【2019最新】白髪染めトリートメントおすすめ11選!美容師が認める市販ランキング◎
白髪染めシャンプーおすすめ9選!実際に使った口コミからランキング

ヘアマニキュアも低刺激!だけど根本を染められない

酸性染料と呼ばれる半永久染毛料を配合されるヘアマニキュアも、ヘアカラーと比べて低ダメージ。ヘアカラー剤とは違い化学反応で染毛することはなく、繰り返して染めても髪の傷みが少ないのが特徴です。

髪の傷みは少ないものの、頭皮のタンパク質に反応して頭皮まで染め上げてしまうため、根本までキレイに染めるのが難しいところが難点です。

2週間〜4週間ほどで色落ちするため、比較的短期間で染め直す必要がありますが、頭皮につけると落ちにくいので、セルフで染めるのはちょっとむずかしいです。

ヘアカラー・白髪染めは髪への刺激が強い!けど染毛力が高く長持ちキープ。

永久染毛剤と呼ばれるヘアカラーや白髪染めは、キューティクルを無理やり開き、内部にカラー剤を浸透させた上で化学反応を起こすことで色を付けることから、髪へのダメージがとても大きいのが特徴

髪の表面でバリア機能を司り、髪の毛にツヤをもたらしてくれるキューティクルは、乱雑なタオルドライやドライヤーの熱でどんどん傷んでしまうほどに繊細なもの。化学反応などによって傷んでしまうとタンパク質や水分を保持できなくなり、髪がパサパサになってしまいます。

ヘアカラーやブリーチは、一度で染め上げ色持ちをキープするために、刺激性のある成分が使われている「医薬部外品」扱い。なるべく髪にダメージを与えずにセルフで白髪を染めるなら、白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントをおすすめします。

低ダメージのイチオシ!白髪染めシャンプーとトリートメント

髪を傷めずに白髪をケアする白髪染めシャンプー&トリートメントですが、物によっては全然染まらないものもあるので、要注意!

Roccoで実際に染毛テストを実施したものの中から、自然に染まりながらも指通りなめらかなものをランキング形式でまとめてみました。染め上がりの状態も参考にしてみてくださいね。

ちなみに、染毛テスト時にはより実際の仕上がりに近づけるために、天然の人毛白髪を使用しました。

染毛テストによく使われるヤク毛は人毛と構造が違い、染まりにくいです。他社でデータを見るときには注意してみてくださいね。

1位:LPLP ヘアカラートリートメント

内容量 200g
染まりやすさ 2回で染まる
色持ち 10日間
ダメージケア 若干きしむ
色移り 爪に入ると取れにくい
無添加成分
ジアミン鉱物油タール系色素香料

染毛テストで最も自然に染まったのが、LPLP。リニューアルによってさらに使い勝手が上がった人気商品です。

染毛後にパサつくこともないのは、さすがトリートメントといったところ。

初回の染毛時間を長めに30分ほど置くことで、十分な染まり具合を実感できました。

LPLPには塩基性の染料に加えて、HC染料と呼ばれる低分子の染料を組み合わせてあります。低ダメージながら髪のキューティクルに浸透することで染めることができ、頭皮を染めない特徴をもつ染料ですね。

自然な髪色に近い仕上がり

テストした商品の中でも、1度目の染毛でもしっかりと色づき、自然な髪色に最も近かったのが、LPLPでした。

また、いったん色が入れば10日ほどは色持ちするので、持続性も◎!

安全な成分が多く信頼できる

水、水添ナタネ油アルコール、ミリスチルアルコール、BG、グリセリン、ソルビトール、尿素、ステアリルトリモニウムブロミド、ガゴメエキス、ベニバナ赤、クチナシ果実エキス、アイ葉/茎エキス、ヒアルロン酸Na、ポリ-γ-グルタミン酸Na、システイン/オリゴメリックプロアントシアニジン、キトサン、グリシン、ラベンダー油、ローズマリー油、オレンジ油、ステアラミドプロピルジメチルアミン、結晶セルロース、炭酸水素アンモニウム、乳酸、オクトキシグリセリン、パルミチン酸エチルヘキシル、イソステアリン酸オクチルドデシル、水添ロジン酸ペンタエリスリチル、イソプロパノール、PVP、ヒドロキシエチルセルロース、アルギン酸Na、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、塩基性青99、HC青2、HC黄2、HC黄4、セテアリルグルコシド、ステアリン酸グリセリル、エタノール

アレルギーの危険性が高い成分は使用されておらず、植物由来のベニバナ赤、クチナシ果実エキス、アイ葉/茎エキスなどの植物由来染料の配合が多いのが特徴です。

染料として使われるのは低ダメージの塩基性染料とHC染料。ガゴメエキスやアルギン酸Naなどの美髪成分や、キューティクルを保護する植物油なども含まれ、トリートメントとしての効果もしっかりと狙った配合になっています。

価格が安く、定期だとさらにお得

下記のキャンペーンリンクを利用することで、通常価格¥3,240のところ¥1,980と非常にお得になります。2本定期便なら1本あたり¥1,620に!

しかも全額返金保証付きで送料無料。染毛力とキープ力、髪へのダメージの少なさに加えて価格もお得。イチオシの白髪染めトリートメントです。

参考:ルプルプの口コミと評判は?頭皮の腫れや痒みはある?染まらない原因と効果を徹底調査!

2位:利尻ヘアカラートリートメント

内容量 200g
染まりやすさ 3回で染まる
色持ち 10日間
ダメージケア 若干きしむ
色移り 手まで黒くなる
無添加成分
ジアミンパラベン鉱物油シリコーン酸化剤

より短期間で黒髪に染め上げたい人や、頭皮への優しさを重視したい人におすすめなのが、利尻ヘアカラートリートメント。LPLPより黒色が強いので、地髪が黒い人におすすめです。

染毛テストでも1回めの染毛から十分な黒色に染めることができ、口コミの評判の高さに納得した結果となりました。

また、色持ちもよく、10日以上は色落ちが気にならないほどの色の持続性。初回購入¥2,000というお手頃価格もあり、コスパの面からもおすすめの商品ですよ。

利尻昆布の力で頭皮を健やかに

水(特殊水)・ベヘニルアルコール・ステアラミドプロピルジメチルアミン・ミリスチルアルコール・パルミチン酸エチルヘキシル・ミツロウ・利尻昆布・ローヤルゼリー・アルギン酸Na・加水分解シルク・加水分解ケラチン・カキタンニン・乳酸・乳酸Na・水添ヤシ油・ローマカミツレ花・ローズマリーエキス・ミリスチン酸・ボタン・プラセンタ・フユボダイジュ花・パーシック油・ニンニク・トコフェロール・センブリ・セイヨウキズタ・セイヨウアカマツ球果・ステアリン酸グリセリル・ゴボウ根・ゲンチアナ・カワラヨモギ・カミツレ・オランダカラシ・オドリコソウ花・オタネニンジン・オクラ・エタノール・イソペンチルジオール・アルニカ花・アルテア根・PEG-40水添ヒマシ油・オオウメガサソウ葉・ユズ・キトサン・塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン・システイニルプロアントシアニジンオリゴマー・PVP・ヒドロキシエチルセルロース・セテアリルグルコシド・ポリ-γ-グルタミン酸Na・加水分解コンキオリン・水酸化K・BG・ポリクオタニウム-10・フェノキシエタノール・水溶性アナトー・クチナシ青・シコン・ウコン・4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール・HC青2・HC黄4・塩基性青99

多くの美容成分を含んだ北海道利尻の昆布はもちろん、植物由来の美髪成分が28種含まれていて、髪と頭皮を乾燥から守りながら健やかな状態に導く処方。

トリプルPPTと呼ばれるダメージ補修成分(加水分解ケラチンと加水分解シルク、加水分解コンキオリン)の力で傷んだ髪を整えながら、ヒアルロン酸とデンプンポリマーが毛髪を保護。染毛力だけでなく、トリートメントとしての機能も十分に備えます。

髪を柔らかくするエモリエント剤や適度な油分、保水成分に加えて、天然由来の植物色素や塩基性染料、HC染料によって染毛。低ダメージで髪にうるおいをもたらす処方です。LPLP同様、ドライヤー後の髪はパサつくことなく使えました。おすすめの白髪染めトリートメントです。

3位:マイナチュレ

内容量 200g
染まりやすさ 2回で染まる
色持ち 10日間
ダメージケア 若干きしむ
色移り 肌に強く残る
無添加
合成香料シリコン鉱物油パラベンジアミン紫外線吸収剤サルフェート法定タール色素

髪質に合わせた自然なブラウン系のカラーに染め上げたい人におすすめなのが、マイナチュレ。より黒色に近い仕上がりを求めるならLPLPがおすすめですが、黒よりも茶系に近い髪質ならマイナチュレがおすすめです。

2度3度と染めるにつれてより自然な茶系の髪色に近づけることができ、元の髪質が明るめの人にちょうどいいカラーになります。

しっかり染まるのは2回めから

1度目の染毛では、若干明るめの茶色に仕上がり、2度めで自然な髪色に近づきます。さらに3度めの染毛では自然な髪色と変わらない色味に。

ヘアカラーやブリーチをしていない髪にはダークブラウン。明るめの髪に染めている人ならブラウンを選ぶことで、より自然な仕上がりをつくることができますよ。ヘアカラー後の退色防止にも使えるので、明るめの髪色をキープしたい人にもおすすめの商品です。

髪と頭皮に優しい成分で安心

水、セテアリルアルコール、ミリスチルアルコール、ステアルトリモニウムクロリド、水添ナタネ油アルコール、フェノキシエタノール、炭酸水素アンモニウム、ヒドロキシエチルセルロース、ステアリン酸グリセリル、オレンジラフィー油、イソプロパノール、クロルヒドロキシAI、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、コレステロール、クエン酸、グリチルリチン酸2K、デキストリン、ボタンエキス、BG、フユボダイジュ花エキス、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、ホホバ種子油、アルガニアスピノサ核油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、コンフリー葉エキス、グリセリン、加水分解ケラチン(羊毛)、デキストラン、アセチルヘキサペプチド-1、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、γ-ドコサラクトン、アシタバ葉/茎エキス、ガゴメエキス、ウコン根茎エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、トウキンセンカ花エキス、セイヨウノコギリソウエキス、カミツレ花エキス、アルテア根エキス、セージ葉エキス、スギナエキス、ベルガモット果実油、ラバンデュラハイブリダ油、レモン果皮油、オレンジ果皮油、テレビン油、クスノキ樹皮油、ラベンダー油、ローズマリー葉油、オランダガラシ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、アルニカ花エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、オドリコソウ花エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、(+/-)HC青2、塩基性茶16、塩基性青99、HC黄4、HC黄2

今回紹介した他のカラートリートメントと同じく塩基性染料とHC染料を使用した低ダメージ処方。4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールが使用されていない分、よりダメージの心配がない配合ですね。トリートメント成分に加えてグリチルリチン酸2Kなどのスカルプケア成分も見られ、髪のダメージを抑えながら茶色よりのカラーに染めたいというニーズにしっかりと答える商品です。

色移り対策はしっかりと

カラー剤を手や肌に長時間付着させてしまうと、なかなか取ることができません。

翌日になればいつの間にか取れてることが多いのですが、爪の隙間に色が付着しているのは見た目にもあまり良いとは言えませんよね。その点、マイナチュレには商品購入時に手袋がついてくるので、手に色が付着する心配はありません。

肌や浴槽などについた場合はすぐにお湯で洗い流しましょう。浴槽への色移りが気になる人は、手元にスポンジを置いておき、流しながら使用することをおすすめします!

マイナチュレ オールインワンカラートリートメント

利尻カラーシャンプー

保湿成分 利尻昆布エキス、各種植物エキス、ヒアルロン酸、プラセンタ、ローヤルゼリーなど
洗浄成分 アミノ酸系
染料 天然由来(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)+塩基性染料
補修成分 ミネラル、保湿効果:フコイダン、アルギン酸
シリコン ノンシリコン
無添加成分
ジアミン酸化剤パラベン4級アミン鉱物油

少しずつ髪色をぼかしながら自然に染め上げる人気の白髪染めシャンプー。白髪染めトリートメントよりも染毛力は劣りますが、頭皮に色がつきにくく、泡状なので塗り残しが出来づらいというメリットも。

シャンプー後、5分ほど時間を置いたときの髪色がこちら。

白髪をアッシュ系のグレーカラーに染め上げて、指通りもなめらかでダメージを感じることはありませんでした。

白髪染めシャンプーは染まりにくいと聞くことが多いのですが、利尻カラーシャンプーの十分な染毛力には驚きました。泡立ちもよく、普通のシャンプーと同じように使えるので毎日のケアにも使いやすいですね。髪にダメージを与えずに、少しずつ髪を染めていきたいという人におすすめの商品です。

低刺激成分で髪を労りながら洗浄

水、ラウラミドDEA、コカミドプロピルベタイン、ラウレス-4カルボン酸Na、ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシン、ポリクオタニウム-10、ココイルアラニンTEA、ココイルグルタミン酸TEA、ラウロイルメチルアラニンNa、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、PEG-32、PPG-3 カプリリルエーテル、リシリコンブエキス、アルギニン、アルギン酸Na、アルテア根エキス、アルニカ花エキス 、エタノール、オオウメガサソウ葉エキス、オクラ果実エキス、オタネニンジン根エキス、オドリコソウエキス、オランダガラシ葉エキス、カミツレ花エキス、カワラヨモギ花エキス、クエン酸、グリチルリチン酸2K、ゲンチアナ根エキス、ゴボウ根エキス、加水分解シルク、セイヨウアカマツ球果エキス、セイヨウキズタ葉エキス、センブリエキス、ニンニク根エキス、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、フェノキシエタノール、フユボダイジュ花エキス、プラセンタエキス、ボタンエキス、ポリクオタニウム-53、ポリクオタニウム-6、ポリクオタニウム-7、マロン酸ビスエチルヘキシルヒドロキシジメトキシベンジル、ユズ果実エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、ローヤルゼリーエキス、塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解コンキオリン、カキタンニン、乳酸、乳酸Na、カプリル酸グリセリル、ウンデシレン酸グリセリル、PEG-2ベンジルエーテル、コシロノセンダングサエキス、ムラサキ根エキス、ウコン根茎エキス、加水分解クチナシエキス、水溶性アナトー、HC黄4、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、HC青2、塩基性青75、塩基性茶16、塩基性赤51、塩基性黄87、塩其性青99

利尻カラーシャンプーには、洗浄用の泡立ち成分としてアミノ酸系の界面活性剤を複数種配合されているのが特徴。アミノ酸系の界面活性剤はヘアサロンシャンプーでもよく使われる、低刺激性で安全性の高い成分です

アミノ酸系のほかに、刺激性の殆ど無いノニオン系の泡立ち成分ラウラミドDEAを最も多く配合し、これまた刺激が低く皮膚の弱い人にもおすすめの両性イオン型のコカミドプロピルベタインを配合。ラウレス4-カルボン酸Naの洗浄力の高さで補う処方になっています。

トリートメントと同じく、美髪成分を多数配合

利尻昆布から取れる美髪成分のほか、髪に良いと言われる植物由来成分を28種配合。さらに、トリートメントにも配合されるダメージ補修成分トリプルPPTをはじめ、頭髪を健やかに保つアルギニンやヒアルロン酸などの保湿成分も。

シャンプー単体として見ても、美髪を意識した配合で好感触。低ダメージの成分で髪をまんべんなく染めながら、徐々に白髪をケアしていきたい人におすすめ。トリートメントと比べてタオルへの色移りも少なく、より安心して使うことができますよ。

4位:グローリン・ワンクロス

保湿成分 アルギニン、ヒアルロン酸Na
洗浄成分 アミノ酸系
染料 塩基性染料・HC染料
補修成分 加水分解シルク、加水分解ケラチン、加水分解コラーゲン、ヘマチン
その他の成分 牡丹エキス、芍薬エキス、百合エキスなど
シリコン ノンシリコン
無添加成分
ジアミン酸化剤パラベン香料鉱物油

グローリン・ワンクロスは茶系の髪色をもつ人におすすめの白髪染めシャンプー。通常のシャンプーと同じように使い、5分放置したときの髪色がこちらです。

1度の使用で明るめの茶色に染まります。繰り返して使用することでより強く色を入れることができるので、好みの色に調整しやすいのもいいですね。

利尻は若干青色がかった黒に染まりますが、こちらはブラウン系のカラーを足していくことで自然な髪色に染め上げることができます。ドライヤー後の髪もパサつかず、使用感は良好です。公式は週1回の利用をおすすめしていますが、色が入るまでは続けて使用したほうが早く染まりますよ。

美髪成分を多数配合、塩基性とHC染料で低刺激

水、ラウラミドDEA、コカミドプロピルベタイン、ラウレス-4カルボン酸Na、テトラオレイン酸ソルベス-60、アシル(C12,14)アスパラギン酸TEA、ラウロイルメチルアラニンNa、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、褐藻エキス、自ラウロイルグルタミン酸リシンNa、グルコシルヘスペリジン、ヘマチン、ラウルジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛)、キハダ樹脂エキス、アロエベラ葉エキス、ダイズ種子エキス、レモン果実エキス、サトウキビエキス、チャ葉エキス、ユズ果実エキス、アカヤジオウ根エキス、ローズマリー葉エキス、ボタンエキス、シャクヤク根エキス、マドンナリー根エキス、ヒアルロン酸Na、キトサンサクシナミド、加水分解シルク、加水分解コラーゲン、BG、デキストリン、塩化Na、ポリクオタニウム-7、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-11、クエン酸、クエン酸Na,EDTA-2Na,安息香酸Na、ソルビン酸K、フェノキシエタノール、エタノール、香料、(+/-)塩基性茶16、塩基性青75、塩基性青99、塩基性赤51、塩基性赤76、塩基性黄57、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、HC青2、HC黄4

アミノ酸系の洗浄成分に加えて、刺激の少ないベタイン系、植物由来のラウミドDEAなど、低刺激。美肌に良いとされる植物エキスの配合も多数見られ、補修成分も多く配合される良品。

低ダメージな染料を使っているだけでなく、髪の補修成分や保湿成分も含まれており、シャンプーとして見ても良い商品ですね。ブラウン系の自然な髪色に染めていきたい人におすすめです。

カラーシャンプーやトリートメントは髪や頭皮に一切ダメージがないの?

トリートメント剤を中心に配合され、髪表面に付着するカラー剤なので、髪へのダメージが一切ないと思っている人が多いのですが、実は全く傷まないと断言することはできません

白髪染めに合わせて配合されることの多いエタノールは、アルコールに弱い人にとっての刺激物。防腐剤として配合されるメチルパラベンなども、防腐剤の中では特に低刺激で安全性の高いものですが、刺激がまったくないとは言い切れません。

それでも、染料の性質の違いから白髪染めの中ではダントツに低ダメージなのも事実。トリートメント剤でケアしながらカラーを入れることができるので、本格的に髪を労りながら白髪染めしたい人にとってはイチオシです。

色持ちキープのために週1〜2回使うのも賢い使い方。自分のスタイルに合わせて使いやすいカラー剤です。

短時間でなめらかに仕上がるヘアマニキュア

酸性染料が髪の内部に浸透して染め上げるタイプのヘアマニキュアは、化学反応をおこしたりキューティクルを無理やり開くことがないのでヘアカラー(永久染毛剤)よりも格段にダメージが少ないのが特徴。

マニックパニックなど白髪には染まりづらいものもあるので、きちんと白髪に対応したものを選びましょう。

no3 ペルーラルーチェ ヘアマニキュア

ペルーラルーチェヘアマニキュア(出典:rakuten)

自分の髪色に合わせたカラーを選べるペルーラルーチェのヘアマニキュア。

全44色のラインナップで、内容量も140gと十分なボリューム。余った分は次回も使えてコスパはなかなかのもの。

白髪特有の、髪のキラつきやオレンジの色残りもなくナチュラルに仕上がります。

ヘアマニキュア後はヘアカラー後が入りにくく、定期的に美容室でカラーを入れている人にはおすすめできません。

参考:白髪用ヘアマニキュアのおすすめ人気ランキング10選!市販品で気軽にケア染めも♡

ヘナカラーは化学染料の混合に気をつけて

天然植物100%のヘナカラーは、インドの一般家庭でも使われる毛染めとして人気の商品。

市販のカラー剤とは違い、天然成分で染め上げることから害が少ないと思われがちですが、一部には薬品が含まれている商品もあるようです。

ヘナ100%でなくとも、インディゴなどの他の天然植物で色を変化させている場合は問題ありません。しかし、低品質なものの中にはジアミンなどアレルギーを引き起こしやすい薬品が含まれていることもあるようです。

せっかく選ぶなら薬品が入っていないか、自分は植物のアレルギーを持っていないかなど、しっかりと成分をチェックしてから買いましょう◎アレルギーの心配が無い場合、ヘナは今までダメージを負ってクタクタになった髪にもおすすめです◎

敏感肌さんでも使いやすいオススメのヘナカラーはこちら

ヘナカラーおすすめ:マダムヘナ

マダムヘナ(出典:マダムヘナ)

ノンケミカルノンジアミンだから、薬品で頭皮がかぶれてしまう人でも安心して使えるヘナカラー
4色のカラーが揃っているのですが、どれも天然植物100%でカラーリングしてくれます。

しかも使われている植物はすべて無農薬で栽培された、とことん髪や肌に優しい染毛剤なんです!オーガニック認証機関「エコサート」を取得しているから品質も間違いありません。

また、ノズルで塗るタイプとシェイカーで直接手で塗るタイプがあるので、自分で塗りやすい方を選べます。

白髪染めや今までにセルフカラーをしてこなかった人でもかなり染めやすいアイテムです♡

ヘナカラーについてもっと知りたい人はこちらもチェック!!

白髪染めのあとにおすすめのケアシャンプー

トリートメント不要の濃厚シャンプー|KAMIKA

KAMIKA黒髪クリームシャンプー うるツヤ集中補修コースの商品

一本でシャンプー、コンディショナー、トリートメント、白髪染め後のパサつきケア、頭皮洗浄の5役のクリームシャンプーです。

泡立てて髪を擦ることなく、うるおいを与え、汚れとニオイだけを落としてくれるのが特徴。白髪染めやカラーリングの色落ちをサポートし、時間が経っても染めたてのような美髪をキープしてくれます。

髪の主成分であるケラチンと結合することで補修する成分「ヘマチン」を配合し、黒髪に導く成分メリタンと共に色落ちした白髪をケア。洗う度に頭髪の環境を整える高機能なシャンプーです。

───36歳 敏感肌さん
泡立たない事が最初は抵抗がありましたが、慣れてしまうと時短になってとても楽です。汚れが落ちてないということもなく、頭皮マッサージすることで気分までほぐれてくるので、シャンプーが楽しみになりました。
これを使いはじめてカラーの持ちも良くなって、髪がサラサラになりハリとコシがでて見るからに髪に元気がでました。
───29歳 乾燥肌さん
トリートメントなしで本当に髪がサラサラになるの?と半信半疑で購入。使ってみるとキシミもないし、ふんわりしっとりでビックリしました。年的に白髪染め後の色落ちと抜け毛に悩ませれていましたが、使用をはじめてから色落ちも減り、抜け毛がずいぶん減ってきたように思えます。
香りもとっても良く、頭皮もスーッとするので気持ちいいのも気に入ってる理由です。
mizuki
毎日何気なく使っている洗浄力の高いシャンプーでは、色落ちや髪の痛みに繋がります。カミカのシャンプーは界面活性剤を使わずに植物由来のクレンジング成分で汚れを落としてくれるから、優しい洗浄力を持っているのがポイントです!

髪に良いと言われている成分が18種類も入っていて、使うたびに髪が綺麗になるなんて嬉しいですね!カラーをキープしながら、傷んだ髪をケアする画期的なシャンプーです。

髪に優しい白髪染めでさらツヤ髪に

白髪染めの多くは「永久染毛剤」と呼ばれる染毛料を使っており、髪や頭皮へのダメージが大きいことから、髪の傷みを考えると避けていきたいものです。

美容室でカラーを頼むとき、単に「黒く染めてください」と伝えるだけでは、永久染毛剤が使われることも。

美容室のメニューにヘアマニキュアやヘナカラーなどがあれば、それらを選択することで髪へのダメージを抑えることができます。

メニューになくても、カラー持ち込みOKな美容室は多いので、事前に確認してから自分でカラー剤を持ちこんで塗ってもらうのも◎

低ダメージな分、頻繁に染める必要があることから、面倒な人は白髪染めトリートメントの選択がベストですね。

自分のスタイルに合わせて、髪に優しい白髪染めで美髪をゲットしてくださいね!

セルフヘアカラーに関連する記事

こんな記事も人気です

あなたにおすすめ記事

人気記事ランキング 09/16

09/16 15:15更新
総合ランキング
コスメランキング

編集部のおすすめ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す