RoccoGirlについて

肌の構造と成分をまなび、ひとりひとりの肌質に合わせた、正しいケアを提案する。

肌質や肌トラブルは十人十色。

ひとりひとりの肌質に合わせて各メーカーが研究を重ねるごとに、把握しきれないほどのメーカーや商品が生まれつづけています。

現在、国内に存在するのは3798社以上の化粧品メーカー。
参考:JCIA都道府県別化粧品製造販売及び製造業態数 2019年3月末調べ)

しかしその内情として、肌質に合わない化粧品を使った批評の投稿や、定期縛りによる注文トラブルなど、商品を選ぶのが難しくなっているように感じます。

情報が溢れる時代にこそ必要なこと

RoccoGirlが重視する3つのポイント

  • 肌と成分の専門家であること
  • より多くの商品に関する知識を持つこと
  • 利用者と製作者それぞれの思いをつなぐこと

RoccoGirlは正しい成分知識に基づき、肌や毛髪のケアに関する悩みを解決するのに適した化粧品を提案し、解決できる根拠を示し、悩みを解決に結びつけることを目標としています。

①肌と成分の専門家であること

スキンケア・ヘアケア用品は、肌を清浄にし整え、魅力を増し健やかに保つことを目的として販売されています。

成分の働きにはメリットだけでなくデメリットもあり、肌にとってプラスの影響を求めるためには、肌質に適した成分の組み合わせを選択することが重要です。

そのため、私たちは商品を紹介するにあたり、まずその人の肌がどのような状態なのかを重視します。

さらにそれぞれのライターが持つ知識を確かめるため継続的に定期テストを実施し、ライティングルールに基づいて記事を作成しています。

参考:RoccoGirlのライティングルールについて

より多くの商品に関する知識を持つこと

国内では毎年1500品目を超えるほどの新しい化粧品が発売されています。
(週刊粧業:2018年化粧品関連の新製品発売個数は1787個)

より良い商品を紹介するために、より多くの商品を実際に試し、より多くの商品の成分を読み、プレゼントキャンペーンなどによって集められていない本当の口コミを聞き、利用者とメーカーそれぞれの「本当の声」を集めることを重視していきます。

利用者と製作者それぞれの思いをつなぐこと

各メーカーは、乾燥が気になる肌には保湿アイテム、皮脂トラブルを持つ方には収斂作用を持つアイテムなど特定の肌や肌悩みに対して商品を開発しています。

メーカー側の開発した商品は、特定の肌質に向けたいわば「特別品」。利用者が求める働きと異なるアイテムを使ってしまえば、思いもよらない酷評がSNSや口コミサービスに溢れることになってしまいます。

私たち成すべきことは、利用者のことを本当に大事にしたいと考えているメーカーと、改善したいという利用者の思いをつなげることです。

ひとりひとりの肌質に合った化粧品を。

わたしたちは独自のライティングルールに基づき、専門家がもつ知識によって最適なアイテムの提案をすることを大事にしています。

単に良い成分が配合されているだけでなく、長く付き合える伴侶となるようなアイテムと出会うタイミングを提供することが、私達の使命であると考えています。

なりたい自分を目指したいという正直なキモチと、利用者に最高の商品を届けたいというメーカーのキモチを繋げる架け橋として存在することが、私たちにとって何よりの幸せです。

人と、メーカーをつなぐ存在として

わたしたちは、商品を手に取り健やかな日々を過ごしたいと考える『人』と、よりよい商品を開発し利用者が望む体験を提供したいと考える『メーカー』をつなぐ存在として、重要な役割を持っていると考えています。

日々の研鑽を重ね、ひとつでも多くの悩みを解決できるサービスとなるよう、日々一歩ずつ進んでいきます。