POLAグローイングショットカラートリートメントの口コミと効果を徹底調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
88view

2018/09/14 更新 公開

POLAグローイングショットカラートリートメントって、おすすめでもよく見るし、気になる!と思って口コミを調べてみると、とにかく口コミの数が少ない!

その他の白髪染めトリートメントでは、200件から300件の口コミが出てくるのに、POLAグローイングショットカラートリートメントでは20件弱の口コミがしかありませんでした(泣)これでは気になることも、本当の効果も、よく分かりませんよね。

ということで、POLAグローイングショットカラートリートメントはちゃんと染まるのか等々、その効果を徹底調査してみました。

●調査した内容

1、白髪の染まり方
2、染めたあとの色持ち
3、肌などへの色の付着
4、配合成分の解析

POLAグローイングショットカラートリートメントの特徴

ブレンド名 POLA
製品名 グローイングショット カラートリートメント
市場価格 3,500円
内容量 200g
染まりやすさ 2回で染まる
色持ち 2週間
ダメージケア しっとりしすぎる
色移り 手まで黒くなる

POLAグローイングショットカラートリートメントは、数ある白髪染めトリートメントの中でも、とても染まりやすいという高い評価があります。さらに、オリジナル開発のダメージケア成分により、髪を染めた後のしっとりとした潤いがおすすめできる白髪染めトリートメントです。

口コミ調査1|白髪はすぐに染まるの?

POLAグローイングショットカラートリートメントの良い口コミを見てみると、なんと『5分で染まった』という口コミが!さらに公式ホームページの使用方法にも『つけ置きは5分』と書いてあります。
POLAグローイングショットカラートリートメント使用方法

出典:©pola.co.jp

5分で染まるってめちゃくちゃ早いですよね。

しかし悪い口コミでは『3回以上染めても駄目でした。』という口コミも。

悪い口コミ

生え際にちらほら増えてきた白髪、まだ美容室で染めるほどではないと思うけどケアしてみたいと初めてこういった商品を購入しました。結果、私は全く染まらなかったです・・・。1回目は記載通り5分、2回目は長めに10分以上、3回目はシャワーキャップで保湿しながら30分やりましたがダメでした。

参照:©cosme.net

少ない口コミなのに意見は真逆……これでは購入するときの参考にしにくい!ということで、実際はどうなのか、複数の体験レポを徹底調査してみました。

使用例1|5分の染毛と30分の染毛を比較した人

この方の体験レポでは、人毛サンプルに塗布をして5分のつけ置きと30分のつけ置きを比較しています。

体験レビューでは『他の白髪染めトリートメントよりも確かに早く染まるのには驚きました。』と書かれていましたが、実際に写真を見てみるとブラウンはしっかり色が入っていますが、とても赤みがかって見えます。そしてブラックは白に近いグレーであまり染まっていないように見えます。

いくら他の白髪染めトリートメントよりも染まり方が早いとはいえ、1回の染毛で綺麗に白髪を染めるのは難しそうです。

●ブラウン(5分と30分の比較)
ブラウン染毛力の使用例1

出典:©hakuhatsu.net

●ブラック(5分と30分の比較)
ブラック染毛力の使用例1

出典:©hakuhatsu.net

5分では流石に染まらないだろう?と思っていましたが他の白髪染めトリートメントよりも確かに早く染まるのには驚きました。明るめに染めたいときは5分、暗めなら30分などの使い方ができますね、これなら。

参照:©hakuhatsu.net

使用例2|1回目ほとんど染まった人

この方の体験レポでは初回は10分ほど、2回目以降は5分ほどのつけ置きで、3回に分けて染めています。その結果、写真の通り1回目からとても黒く染まって、白髪はほとんど目立ちません。さらに3回目となると、とてもツヤのある黒髪に仕上がっています。

体験レビューでも、色々な白髪染めトリートメントの中でも『一番よく染まった』ということでした。写真を見ても、1回目は染まりにムラがありますが、2回目には綺麗に染まっているのがわかります。

●3回染めた白髪の変化
ブラック染毛力の使用例2

出典:©ojisannews.com

上の4枚の経過写真を見ていただくとよくわかりますが、1回でもかなり「染まり」2回目でほぼ「ほぼ全体が染まった」感じです。実際に色々とカラートリートメントを試してみましたが、一番よく染まった感じです。

参照:©ojisannews.com

使用例3|5回染めても染まらなかった人

この方は塗布してから30分のつけ置きをし、5回染めています。その結果、1回目はほとんど染まらず、2回目でやや黒く染まった程度。その後5回染めても完全に白髪が浮いて見えます。

体験レビューでは『とにかく染まりの悪さが気になる』ということでした。

●染毛前
ブラック染毛力の使用例3-1

出典:©otokonoshiragazome.com

●1回目の染毛
ブラック染毛力の使用例3-2

出典:©otokonoshiragazome.com

●2回目の染毛
ブラック染毛力の使用例3-3

出典:©otokonoshiragazome.com

●5回目の染毛
ブラック染毛力の使用例3-4

出典:©otokonoshiragazome.com

とにかく染まりの悪さが気になる白髪染めや。いくら永久染毛剤じゃないっていっても、これは染まらなさすぎやで!正直、おすすめできんな。間違いなくブラックやのに、茶色っぽくなったのもマイナス点や。

参照:©otokonoshiragazome.com

使用例4|30分のつけ置きで染まらなかった人

この方は30分のつけ置きで1回染めています。その結果、1回の染毛ではほとんど染まりませんでした。

体験レビューを見ると、5回連続で使用すれば割と染まるようですが、やはり1回の染毛では30分つけ置きしてもなかなか染まらないようですね。

●使用前と30分つけ置きの比較
ブラック染毛力の使用例4

出典:©siraga-taiken.com

すぐに白髪を隠したい人もいると思います。すぐに白髪を隠したい人には、放置時間を30分にすることをお勧めします。ただし、30分の放置時間にしても、1度の利用では完全に白髪を隠せるわけではありません。

参照:©siraga-taiken.com

染まり方の結論

結論、1回の染毛で染めるには5分どころか30分のつけ置きをしても染まりは悪そうです。人により染まり具合は異なりますが、最低でも2回から3回染めることにより、綺麗に染められると思います。

とはいえとても染まりにくい人もいるようです。3回以上染めても全く色が入らないと感じる人はもっと染毛力の高い白髪染めトリートメントをおすすめします。

口コミ調査2|すぐに色落ちしない?

白髪染めトリートメントの特徴として、数日ですぐに色落ちしてしまうというデメリットがあります。POLAグローイングショットカラートリートメントの口コミでは、1週間ほど色持ちするというレビューをよく見かけました。

良い口コミ

色はブラウンにしました。カウンターでブラウンの方が赤味が強いということで、こちらをチョイスしました。私は乾いた髪に使っていますが、素手で塗ると手まで染まります。お風呂に入れば落ちますが、使い捨てのビニール手袋をして使っています。使うと一週間ほどモチますので、染まり具合はいいと思います。

参照:©cosme.net

ということで実際はどうなのか、染めたあとの色落ちの経過を徹底調査してみました。

使用例1|3日後と5日後と10日後の経過を比較した人

この方は、1回染めたあとに色落ちの経過を3日→5日→10日と見ています。

結果、5日後までは色落ちが気になりませんが、10日後は色落ちして見えます。とくにブラックは色が入りずらく落ちやすいようです。

●ブラウン(10日間の経過)
ブラウン色落ちの使用例1

出典:©hakuhatsu.net

●ブラック(10日間の経過)
ブラック色落ちの使用例1

出典:©hakuhatsu.net

BKはアッシュ系のため色落ちがBRに比べると早く見えます。イエロー系に色落ちするので自然に見えると思います。BRはレッド系のため色落ちしにくいですね。10日後は明るくなってきますが赤みがキレイに見えてきます。

参照:©hakuhatsu.net

使用例2|14日間の経過で色落ちを比較した人

この方は3回染めた髪を14日間放置して色落ちの経過を見ています。

結果、7日経過までは色落ちをあまり気にすることなく、白髪が目立っていませんでした。しかし、7日の写真でもわかるように白髪部分の色が薄くなっています。

●3回染めて14日間の経過
色落ちの使用例2

出典:©ojisannews.com

約1週間(3回目終了から7日目)でも、ほぼ「色落ち」はありませんでした。約2週間(3回目終了から14日目)で、少し「毛染めが落ちている」感じです。

参照:©ojisannews.com

使用例3|1回染めた後2週間の経過で比較した人

この方は1回の染毛、しかも5分のつけ置きでほとんど白髪が目立ちません。さらに2週間経過しても白髪が目立たないまま色が持続しています。

もともとの白髪が少ない人はとても色持ちするのだと思います。

●染める前と染めた直後
染めた直後-使用例3

出典:©flegrow.com

●2週間経過
2週間経過-使用例3

出典:©flegrow.com

こちらの画像は、なんと初回の使用から2週間経過した後の白髪の状態。この間、追加での使用はゼロ。つまり初回の1回だけでここまで黒髪をキープしてくれています!

参照:©flegrow.com

色落ちの結論

複数の人の体験レポを見てみると、白髪の量によっても経過日数による色の目立ち方が変わってくるようです。平均的に見ると白髪が多い人は1週間ほどで白髪が目立ってきます。とくに白髪が少ない人は10日以上経過しても色落ちが無く、白髪が目立たない人が多かったです。

個人差はありますが、はじめの3回から5回を徹底して染めることで、その後は1週間に1回の染毛でことたりるのではないでしょうか。

口コミ調査3|手やおでこへ色が付着しない?

『染まらない』という口コミの次に多かった口コミが『手に色が付いた!』『おでこまで染まった』というレビューでした。

悪い口コミ

私は乾いた髪に使っていますが、素手で塗ると手まで染まります。お風呂に入れば落ちますが、使い捨てのビニール手袋をして使っています。

参照:©cosme.net

ということで、実際に手やおでこに色が付着するのか調べてみました。

使用例1|指や爪の先に若干の付着

この方は、短い人毛サンプルを合計4回染めて、指や爪の先に若干の色の付着が見られます。他の白髪染めトリートメントと比べても手や指への色移りが強いようです。

手に付着した色-使用例1

出典:©hakuhatsu.net

「5分で染まる」と書いてある通り、他の白髪染めトリートメントに比べて色の染まりがはやいです。しかしその分短時間でも手に色移りがあります。手袋をしたほうが安心できますね。

参照:©hakuhatsu.net

使用例2|若干手に付着したが石鹸で綺麗になった

この方は素手で染めたとことにより、画像のような薄黒い指先になっています。しかし石鹸で洗い流すことで綺麗に色が取れるみたいですね。
手に付着した色-使用例2

出典:©mada57.com

トリートメントだしって、ナメてかかったらこんな手になりました。その後石鹸で洗ったらきれいに落ちました。ホッ♪ トリートメントというよりヘアカラーと思って使った方が良いです。

参照:©mada57.com

使用例3|石鹸で綺麗になったが爪の間が黒くなった

この方は染めた手が全体的に黒くなってしまったのと、手や指だけでなく、爪の間や表面も黒くなっています。石鹸で洗い流したことにより、肌への色の付着は綺麗に取れたようですが、爪の間に入った色は残っているようです。
手に付着した色-使用例3

出典:©ojisannews.com

上の写真はグローイングショットを「素手」で使用した直後です。この後石鹸でもう一度洗えば、きれいに色は落ちますが、よく見ると多少指や爪の間に「色」が残る場合もあります。

参照:©ojisannews.com

色移りの結論

POLAグローイングショットカラートリートメントは、染毛力が強い分、染めた指や爪に色が付着しやすいようです。とくにブラックは色が付着しやすく目立ちやいため注意したほうがいいかもしれません。

おすすめの使用方法は、ビニール手袋をしたり、染めた後はすぐに石鹸を使って手を洗浄することをおすすめします。手や肌以外でも、衣類への色移りはが気になる方は、染めた後に軽くシャンプーして、余分な染料を落とすことをおすすめします。

口コミ調査4|配合されている成分は安全?

とても気になった口コミのレビューで『頭皮に痒みとヒリヒリする痛みが出た』という口コミがありました。

悪い口コミ

頭皮についたところがピリピリと痛み出しました。この手のトリートメント系白髪染めは何個か使用しましたが、こんなことは初めてです。触れただけで針を刺したかのような痛みがあります。恐ろしくて3000円しましたが捨てました。敏感肌の人は気を付けてください。

参照:©cosme.net

やはり全ての成分が無添加でない分、その安全性は気になりますよね。ということでPOLAグローイングショットカラートリートメントに配合されている成分と、その安全性までしっかり調べてみました。

配合されている成分一覧

POLAグローイングショットカラートリートメントの成分表を見ると、主成分となる6種類の成分以外はどれも1%以下の配合量となっています。そして、その6種類の主成分の内なんと5種類もが安全性の高い成分だったのです!

しかも、もう1種類の主成分『ステアラミドプロピルジメチルアミン』も危険な成分というわけではなく、肌が弱い人ごく一部の人は注意をしたほうが良い、安全性は問題の無い成分でした。

全体的にみても人の頭皮や髪に安全な成分と考えられます。

POLAグローイングショットカラートリートメント 成分表

水、ステアリルアルコール、グリセリン、DPG、水添ポリデセン、ステアラミドプロピルジメチルアミン
●以下の成分1%以下、順不同
加水分解コメエキス、タベブイアインペチギノサ樹皮エキス、セラミド2、セラミド3、ユズ果実エキス、ヒマワリ種子エキス、オタネニンジン根エキス、トチャカエキス、イソステアロイル加水分解コラーゲン、イソステアロイル加水分解コラーゲンAMPD、加水分解コラーゲン、クレアチン、アスパラギン酸、アラニン、アルギニン、イソロイシン、グリシン、セリン、トレオニン、バリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、プロリン、PCA、PCA-Na、コメヌカ油、スフィンゴ糖脂質、水添レシチン、イソステアリン酸、デシルグルコシド、フィトステロールズ、オレイン酸ポリグリセリル-10、アモジメチコン、テトライソステアリン酸ペンタエリスリチル、セテス-20、クエン酸、セテス-2、乳酸Na、香料、ポリクオタニウム-10、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、エタノール、フェノキシエタノール、塩基性青99、HC赤3、HC黄2、HC青2、BG

安全性の高い成分

全52種類中33種類が安全性の高い成分でした。さらに主成分6種類の内、5種類が『安全性の高い成分』として含まれています。

水、ステアリルアルコール、グリセリン、DPG、水添ポリデセン、加水分解コメエキス、タベブイアインペチギノサ樹皮エキス、セラミド2、セラミド3、ヒマワリ種子エキス、オタネニンジン根エキス、トチャカエキス、クレアチン、アスパラギン酸、アラニン、アルギニン、イソロイシン、グリシン、セリン、トレオニン、バリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、プロリン、PCA、PCA-Na、コメヌカ油、スフィンゴ糖脂質、イソステアリン酸、フィトステロールズ、テトライソステアリン酸ペンタエリスリチル、クエン酸、乳酸Na

安全ではあるが人によっては気をつけたほうが良い成分

7種類の成分がやや安全性に劣る成分でした。とはいえ、人により弱い刺激がある可能性があるものであったり、カラートリートメントには必要不可欠な成分となっています。

ですが『ユズ果実エキス』などは、植物性のアレルギーに反応を示す場合もありますので注意をして下さい。

ステアラミドプロピルジメチルアミン、ユズ果実エキス、加水分解コラーゲン、水添レシチン、BG、塩基性青99、 HC染料

危険性は少ないが出来れば使用は控えたほうが良い成分

全52種類中12種類が気を付けたほうが良いとされる成分でした。これは配合量はとても少ないものの、数としては多いかもしれません。

あくまでそれぞれの成分を調べた個人的な見解となりなりますが、ほとんどの『石鹸』や『シャンプー』にはこのような成分が含まれており、直接的に害を与えるものはありません。しかし皮膚の弱い方やアレルギーを持つ方は、事前のパッチテストをおすすめします。

イソステアロイル加水分解コラーゲン、イソステアロイル加水分解コラーゲンAMPD、オレイン酸ポリグリセリル-10、デシルグルコシド、アモジメチコン、セテス-20、セテス-2、ポリクオタニウム-10、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、エタノール、香料、フェノキシエタノール

成分の安全性の結論

POLAグローイングショットカラートリートメントは、全体の6割以上を安全性の高い成分で構成していて、さらに主成分のほとんどがその中に含まれていました。しかし、アレルギーや敏感肌の人には気を付けたほうがいい成分が少なからず含まれていたのも事実です。

アレルギー反応が気になる人は手だけでなく、頭皮の目立たない場所へ事前のパッチテストをすることをおすすめします。

口コミと効果の調査結果まとめ

今回の口コミ調査の結果を一言で表すと、POLAグローイングショットカラートリートメントは『まあまあ染まりやすくてとても色持ちする安心の白髪染めトリートメント』でした!

気になるところでは、人により染まり方が大きく変わるところです。恐らく白髪が多い人や髪質が硬い人は染まりにくい白髪染めトリートメントかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

こんな記事も人気です

人気の記事

注目のエントリー

ピックアップ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリー一覧