コスメ

ハトムギ化粧水×ニベアの美白効果は本当?成分を解析してみた結果は・・・

ハトムギ化粧水×ニベアの美白効果は本当?成分を解析してみた結果は・・・ アイキャッチ画像

ハトムギ化粧水(約600円)とニベアクリーム(青缶 約500円)の組み合わせで美白・美肌が手に入るという、話題のスキンケアテクニックをご存知ですか?

プチプラでお手軽に試せて、しかもニキビにも効果があるとも言われますが、使い方を誤るとニキビ悪化の原因にも。

今回は、ハトムギ×ニベアに美白効果があると言われる理由や、肌質別の使い方、注意点についてご紹介します。

関連キーワード

ハトムギ×ニベアの組み合わせで美肌ケア?

高コスパな組み合わせで美肌が手に入ると、SNSでも話題になったスキンケア方法。

ハトムギ化粧水のさらっとしたテクスチャをニベアの保湿力でフタをすることによって、ニキビや肌荒れの改善や美肌効果があるとのこと。

その噂は本当なのか、それぞれのアイテムの特徴と成分を見てみましょう。

ナチュレ|ハトムギ化粧水

ナチュリエ ハトムギ化粧水の全成分
水、BG、グリチルリチン酸2K、ハトムギエキス、(スチレン/アクリルアミド)コポリマー、エタノール、クエン酸、クエン酸Na、EDTA-2Na、メチルパラベン

ニキビや肌荒れにも効果があると言われるナチュリエのハトムギ。

その理由は、ニキビなどの炎症を抑え肌荒れ対策に使われる「グリチルリチン酸2K」と、肌を整える「ハトムギエキス」、肌をひきしめつつ軽いピーリング効果を持つと言われる「クエン酸」の配合によるもの。

少量の配合ですがエタノールも含まれており、保湿成分が全く含まれていないことから保湿力は低め。敏感肌や乾燥肌の人には、あまりおすすめできない商品です。

ミッチー
成分表を細かくみると、水とBGが中心となるさっぱり系。防腐剤や中和剤、キレート剤など品質を安定させる成分と併せて少量のハトムギエキスを配合。ターゲットとなる年齢層は低めで、普通肌、脂性肌の人におすすめの商品ですね。

ニベアクリーム

ニベアクリームの全成分
水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸Al、ステアリン酸Mg、硫酸Mg、クエン酸、安息香酸Na、香料

高級クリーム「クレーム ドゥ・ラ・メール(30mlで¥16,500)」と成分が似てることでも話題になった、保湿クリームの代表とも言える青缶ニベアのチューブ版。

ニキビに効果的と言われますが、実は効果があるのは乾燥が原因によってできる大人ニキビ。ニベアにはワセリンをはじめグリセリンやスクワラン、ホホバ油など油分が多く含まれ、皮脂の過剰分泌が原因となる思春期のニキビに使うと、アクネ菌が増えることで悪化の原因に。

ミッチー
ほとんどが油分で構成されていて、肌内部での保湿や美白成分の配合は見られません。ハトムギ化粧水と組み合わせることで本当に美白効果が狙えるんでしょうか。

ちなみに、チューブも缶入りも中身は全く同じ。酸化しにくいし使いやすいので、手に入れるならチューブタイプがおすすめです。

関連:「ニベアパック」で乾燥対策!ひと手間かけるとしっとり潤う

ハトムギ×ニベアに美白効果はある?

成分を見ても肌を白くする効果をもつ成分は配合されておらず、正直美白効果があるか?と言われると微妙なところです。

美白系コスメにはメラニンを還元することで肌を白くする効果をもった成分が配合されることがありますが、ハトムギとニベアの成分は非常にシンプルで、美白系の成分は一切含まれていません。

強いて言えばグリチルリチン酸2Kによる炎症の改善効果が挙げられますが、ニベア自体の白さで薄付けのファンデーションを塗ったような効果が出ていると考えるほうが妥当です。

保湿効果によって肌に透明感が与えられるか?という点についても、ハトムギ化粧水はプチプラなので大量に使えるというメリットはありますが、大量に使っても肌内部での保湿効果には期待薄。

また、ニベアの油分は肌にフタをする効果はあっても保水する力がないので、肌に透明感を与えるというよりは油分のテカリで明るさが増す効果と言えます。

ミッチー
ニベアによる美白効果は、肌を白くするというよりは、肌の表面にうっすらとした白い膜が張られることによるファンデーション効果があると考えると良いと思います。酸化チタンの表面処理などにも使われるジステアリン酸Alなどが白色の成分ですね。

ハトムギ×ニベアの基本的な使い方

①普通肌・混合肌編

  1. まずは洗顔して肌の汚れをキレイに落とします。
  2. 次に、蒸しタオルを使って顔の毛穴を開くことで化粧水の浸透を助けます。
  3. ハトムギ化粧水を少量ずつ手のひらに取り、優しく抑え込むようにして肌に浸透。
  4. 十分に保湿した肌にニベアの青缶を重ねて塗ることで、肌にハトムギの栄養素を閉じ込めます。

叩くようにパッティングすると肌ダメージにつながるので要注意!コットンの繊維が肌へのダメージにつながることもあるので、手で少量ずつを優しく押さえるようにつけるのがおすすめです

また、ニベアのテクスチャは少し固めなので、顔への摩擦による刺激を抑えるために、手のひらで十分に暖めて肌なじみが良い状態を作っておくことがポイントです。

②乾燥肌編

「1.洗顔→2.蒸しタオル→3.ハトムギ→4.ニベア」の流れは普通肌・混合肌編と同じです。

さらに、乾燥肌には保湿アップのミルフィーユ塗りがおすすめ。

3.ハトムギの浸透と4.ニベアの青缶重ね塗りを数回繰り返すことで、保湿力をアップさせましょう。

脂性肌編

脂性肌の人も①普通肌・混合肌と同じ使い方でOKですが、ニベアに含まれる油分がニキビの悪化につながることも。

思春期ニキビへの使用は☓!赤ニキビへの使用も、アクネ菌の餌となる皮脂の分泌によってニキビが悪化する原因に。

毛穴に皮脂が溜まる原因にもなることから、使用はあまりおすすめしません。

ニベアの美肌効果にまつわる噂をチェック

ほんとに高級クリームと同じ成分なの?


ドゥ・ラ・メールの全成分
ミネラルオイル、褐藻エキス、ワセリン水添ポリイソブテンマイクロクリスタリンワックスラノリンアルコール、ライム果汁、パラフィン、エタノール、硫酸Mgオレイン酸デシルジステアリン酸Alオクチルドデカノール香料クエン酸ステアリン酸Mg、パンテノール、安息香酸Na、水添野菜油、シアノコバラミン、カロチン

ニベアが500円、クレーム ドゥ・ラ・メールが16,500円と、その差は1万6千円ありますが、成分を見ると22種類中15種類が同じことに気づきます。

価格の大きな差は保湿成分となる「褐藻エキス」。このエキスの原料となるジャイアントシーケルプの採取は年に2回、満月の日に採取した新芽と各種の天然成分を、海をイメージした光と音を与えながら3-4ヶ月かけて低温低圧でバイオ発酵。その成分を1ビンずつ手作業で詰められる徹底ぶり。音と光で効果が変わるのか真偽はわかりませんが、この手間のかかっている成分が価格差の多くを占めているようです。

ミッチー
たとえ同じ成分が配合されているとしても、各成分の配合量は成分表から分からず、実は成分のグレードによっても価格が異なるので、成分表を見るだけでは「同じ成分」とは言えないのが現実です。精製度が低いと不純物が混ざっていて肌に悪影響を及ぼすケースも。

ニベアを使うと日焼けする?

UVカット効果のないクリームを肌に塗ると、擦りガラスに水分を与えることで透明になるのと同じ仕組みによって肌の透明度が増し、紫外線を透過しやすくなるので日焼けしやすい状態になってしまいます。

ニベアクリームには紫外線防止成分が含まれていないので、透明度が増すことによって何も塗らないときよりも紫外線によるダメージが増加し、日焼けやシミなどの原因に。

もし使うのであれば、夜のスキンケアに使用するか、UVカット機能のあるクリームなどを併用しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

ハトムギ化粧水とニベアクリームの気になる使い方や注意点をご紹介しました。

かなり使用感も良いようで、肌の調子が良くなったと感じた女性が多く見受けられます。肌質によって個人差もあると思いますが、プチプラなこともあり、試してみる価値がありますよね!

ぜひ参考にしてみてください◎

プチプラ化粧水に関連する記事

こんな記事も人気です

あなたにおすすめ記事

人気記事ランキング 09/23

09/23 18:15更新
総合ランキング
コスメランキング

編集部のおすすめ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す