パーフェクトワンの本当の口コミを徹底調査。悪評、高評価レビューの詳細や、効果不足を感じる人の間違った使い方。配合成分の詳細について専門家が解説

美白ケア

パーフェクトワンの本当の口コミを徹底調査。悪評、高評価レビューの詳細や、効果不足を感じる人の間違った使い方。配合成分の詳細について専門家が解説 アイキャッチ画像

CMでお馴染みのパーフェクトワン。

有効成分を配合した医薬部外品の美白オールインワンと、保湿を重視したモイスチャータイプの2種類が代表的な定番アイテム。時短エイジングケアを求める女性に人気の商品ですが、ネットで情報を調べてみると

・うるおいが足りない
・美白効果が分からない
・モロモロが出る

などの気になる悪い口コミも。

そこで、なぜ効果不足を感じてしまうのかをコスメコンシェルジュが徹底分析。

吉田
現品を購入して実際に使用し、良い・悪い口コミを分析してみたところ、気になる結果が見つかりました。

しっかりと効果を得るための使い方や、最安値販売先についても詳しく見てみましょう。

※エントリ内の「美白」とは、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐことを指します。※「浸透」とは、角層への浸透を指します。※「エイジングケア」とは年齢に応じたケアのことを指します。

パーフェクトワンの実使用レビュー

まずは外観から

パーフェクトワンの外観

パーフェクトワンはシリーズ通してジャータイプを採用していて、中央に商品ロゴが輝くおしゃれなデザインです。

吉田
金ピカすぎるデザインだと、高級感はあるけどちょっと下品さが出ちゃいますよね。シンプルなデザインで好きです。

今回使用したのは美白タイプの薬用ホワイトニングジェルです。前回はモイスチャージェルについて調査してみましたが、某口コミサイトでのクチコミ件数が多くいのはこちらの美白タイプ。

美白・保湿ラインの口コミ比較

吉田
やっぱり、単に保湿するだけより美白効果がついてる方が嬉しいですよね。

フタ裏に記載されている情報

箱を開けるとフタ裏に使用量の目安(2cmぐらい)と使用方法が記載されています。

ポイントは、洗顔後に専用のスパチュラで適量を取ることです。

吉田
後述しますが、パーフェクトワンは適量を使うことで保湿効果を発揮します。伸びが良いので少量で済ませたくなりますが、必ず適量を使用しましょう。

付属のスパチュラ

スパチュラは内ブタについています。一般的なクリームに付属しているものよりサイズがちょっと大きめ。

他社製品のスパチュラと比較

他社製品と比較してみると随分とサイズが違うことが分かります。

吉田
左がパーフェクトワンのスパチュラで、他社製のものより先端が丸くて多めの量が必要なことが分かりますね。

パーフェクトワンのテクスチャは?

スパチュラで取ったテクスチャ

パーフェクトワンモイスチャージェルと同じく、ぷるっぷるのテクスチャで、みずみずしさを感じるジェルタイプ。

手の甲に乗せた使用感

ほぼ無香で、肌に伸ばしやすい適度な粘度をもっています。

吉田
手のひらから落ちにくい、ちょうどいい粘度があって使いやすいです。

肌に伸ばしたシーン

肌に伸ばすとするするっと広がり、、、

使用後の保湿感

肌をうるっうるの状態にしてくれます。

肌になじませたあとの触感

ハンドプレス後、しばらく置いて肌に馴染んだ状態がこちら。ベタつきも少なく、肌をしっとりとした状態に整えてくれます。

吉田
肌表面に薄いうるおいの膜が張ったような保湿力があります。時間が経つと徐々にもちっとした感触に変わっていき、量を乗せても重みを感じにくいですね。

肌なじみについて

他社製品とのテクスチャの違い

一言で「オールインワン」と言っても、実はテクスチャは千差万別。

こってりタイプやトロトロタイプなどさまざまありますが、、、パーフェクトワンの肌なじみはこれまで試したオールインワン(18種類)の中で平均点以上

油分多めのこってりタイプほどベタつかず、さらっとした水溶性ジェル系よりもしっとりした『ちょうどいい使用感で肌乾き感の少ないオールマイティタイプ』といった印象。

さすがに化粧水のようにすっと浸透なんてことはありませんが、全部の工程を1度で終わらせて、あとは放置で馴染み待ちにできるのはとても楽です。

吉田
『朝洗顔してパーフェクトワン使用→朝食準備して一緒に食べる→メイク開始』のサイクルでケアできるので、ずいぶん時短できますね。肌なじみの時間を有効活用できます。

保湿力・使用感について

保湿力が強い(油分割合の多い)オールインワンはベタつきが強すぎることもありますが、適度なしっとり感が残ってくれるので年間通して使いやすいですね。

エアコンをガンガン効かせた部屋での長時間保湿は難しそうですが、冬場でもしっかり適量を使えば乾燥を感じることはありませんでした。(筆者は2〜3月期に使用)

吉田
それでも、極度の乾燥肌であれば冬場のエアコン環境下で保湿不足を感じることもありそうです。乾燥の強い日には肌にしっかり馴染ませた後に追加で重ね付けするか、油分を多く含んだクリームを足すことをおすすめします。

肌質チェッカーの結果:水分33%、油分40%

肌質チェッカーを使って4時間後の水分・油分量を測ってみると、それぞれのバランスが整った状態をキープしてくれていました。

吉田
何もしない状態だと油分多めで水分が少ないインナードライ寄りの肌ですが、保湿成分の働きによって水分と油分のバランスを整えてくれました

モロモロは出る?

使用時に肌をこするようにして使うとモロモロが出るオールインワンがありますが、滑らかなジェルが肌に広がって、モロモロが出にくいです。

吉田
塗布量を多めにして1時間ほど浸透させ、肌をしばらくこすってみましたがモロモロが出る気配はありませんでした。

さらにファンデーションを乗せた肌を摩擦してもモロモロは出ず。使いやすいですね。

口コミでは「モロモロが出る」という意見も。肌やファンデーションとの相性でモロモロが出るケースもあるようなので、肌をこすらないようにハンドプレスして使い、下記の効果的な使い方を参考にして使ってみてください。

効果的な使い方

適量を守って使う

正しい使用料と間違った使用量の比較

パーフェクトワンを効果的に使うために最も重要なのは使用量です。

適量は専用スパチュラのくぼんだ部分までしっかりとすくう量。これよりも少なすぎると保湿力が不足してしまいます。

適量1.25gを計測

適量(約1.25g)を測った写真がこちら。

多く使っても問題ありませんが、あまりにも多すぎるとモロモロが出てしまう原因になります。

吉田
スパチュラを根本までジャーに突っ込んで引き抜いた量がおよそ1.25gほどでした。使用量の目安にしてくださいね。

洗顔後にタオルドライした肌に使う

肌に水分を与えた状態で使用することで、より透明感のある潤い肌に整えることができました。

吉田
動画は塗布1時間後を撮影しました。水分が残りすぎていると肌なじみに時間が掛かっちゃいますが、カサカサな状態で使用するよりも潤ってる状態で使用した方が使用感は◎

内ブタとスパチュラは清潔に

清浄した内蓋とスパチュラ

ジャータイプは最後まで使いやすいメリットもありますが、指で使うと細菌の繁殖が心配。

必ずスパチュラを使い、使用後のスパチュラはティッシュを使って拭き取るのが正解です。

吉田
内ブタもティッシュでキレイに拭き取りましょう。ジェルが付いたままだと不衛生だし取り扱いにも気を使うので、初めて使うときに内ブタについたジェルから先に使ってティッシュで拭き取っちゃうのがベスト。

浸透するまで時間を置く

パーフェクトワンはワンステップで完了する手軽さがあるものの、化粧水→乳液→クリームの3ステップと比べると角層への浸透に時間がかかります

吉田
美白効果も肌にしっかりと浸透させてこそ。塗布後には15分ほど時間を置いて、メイク前の肌にしっかりと馴染ませましょう。

肌に馴染ませるために、こするように使用するのはNG。モロモロが出にくいタイプではありますが、マッサージなども控えるほうが良さそうです。

吉田
ファンデーションは肌をこすらずに使えるリキッドタイプ(iniksファンデーションなど)やクッションファンデ(ミシャのクッションファンデなど)と相性の良さを感じました。

夜のケアには適量、朝には少なめなど量を調整して

夜に適量を使ったら、朝には洗顔料を使わずにお湯洗顔で済ませて、ちょっとだけ少なめにするのも◎

バランスの良い使用感なので、1つだけアイテムを足すことで肌の状態に合わせやすいです。

吉田
口コミを詳しくみると、化粧水を足して使用することで保湿力が向上したという意見が多くありました。肌に水分が残った状態で使用することで、同様の効果に期待できます。

パーフェクトワンの口コミ860件から良い口コミ&悪い口コミ調査。

パーフェクトワンの口コミ調査まとめ表

口コミ860件を対象に、相性の良い肌質や、受け入れられている年齢層、悪い口コミや悪評について調査しました。

吉田
評判や効果について、年齢層や肌質別に分析したデータから見ていきましょう。

ジャンル別での評価を調査

全体評価

全体評価グラフ

パーフェクトワンに平均点(★4)以上の評価を付けたのは全体の87%。半数を超える55%の使用者が★5以上の好評価をつけていました。

逆に低評価となる★2以下は4%。

吉田
人気の高かった美白タイプに限定してデータを出すと、平均点以上は90%を超え、★2以下も2.7%まで低下。パーフェクトワンシリーズ全体に人気を底上げしていることがわかりました。

年代別

年代別評価グラフ

利用者の8割以上が30代以上で、30代が約半数の44.5%、次いで40代の36.1%が殆どを占めていました。

吉田
さらに細かくデータを見ると、30代後半が最も多く、平均以上の好評価を付ける割合も94%と突出していました。

肌質別

肌質別評価グラフ

最も多いのが混合肌でほぼ半数(49.4%)を占めます。次いで多いのが乾燥肌(22.4%)と普通肌(17.4%)。

混合肌からの評価は高く平均点以上が93%。乾燥肌からの評価は平均以上が85%。敏感肌も84%とやや低めの結果に。

吉田
部分的なベタつきが気になる混合肌には、さっぱりと仕上がって適度に保湿するテクスチャが受け入れられているようです。一方で乾燥肌、敏感肌からの評価は『潤い不足』が影響している模様。

パーフェクトワンの口コミ調査

  • 【★4】しっかりした保湿効果と美白機能。旅行に必ず持っていくアイテムでリピート購入中です。(40才:乾燥肌)
  • 【★4】これだけでは乾燥するので先に化粧水を付けてから使っています。香りもしなくてベタつかないので好きです(38才:混合肌)
  • 【★5】乾燥せず肌がもちもちに。無添加なのもいいですね。一つで6役、よく伸びてコスパも良いです。(29才:乾燥肌)
  • 【★3】お風呂上がりに化粧水とクリームでケアしたあと、さらに追加して使っていますが保湿力が全く足りません。(26才:乾燥肌)
  • 【★3】親のを借りて使いましたが3日ほどで口周りがカサカサに。私にはうるおいが足りなかったみたい。(36才:乾燥肌)

保湿力については、良い評価と悪い評価の両方が見られました。

クリームに足して使っても保湿不足という意見が見られますが、オールインワンと合わせて使うなら「化粧水→オールインワン→クリーム」の順番が良いですね。。

乾燥肌を対象にした潤い評価グラフ

乾燥肌から潤い不足の口コミが見られたので、乾燥肌を対象に100件の口コミを調査してみた結果、、、「潤う」が89件、「保湿不足」が11件という結果となりました。

吉田
乾燥しやすい日だけに化粧水を足すという意見が多く見られました。ほぼ無香で他の化粧品との相性が良いのも人気の秘訣かも。
  • 【★6】日本酒系の化粧水を使ったあとに足しています。美白効果は不明。。。夏場にはちょっとベタつくけど気にならない程度。量で調整しています。(60才:混合肌)
  • 【★5】美白と潤いを1つで叶えてくれるアイテム。みずみずしくベタつかない、しっとりした使い心地でした。(40才:普通肌)
  • 【★4】1日使っただけなので美白効果はまだわかりません。朝のメイク前から夕方まで保湿してくれるのは嬉しいですね。(39才:乾燥肌)
  • 【★5】当たり前だと思いますが、美白効果はさすがに2、3ヶ月使った程度ではわかりません。シミはレーザーで対策しています。加齢に伴う色ムラを防ぐために使う気持ちでいます。(41才:敏感肌)

美白効果については、「まだわからない」という意見がほとんど。『美白を叶える』という意見も成分やメーカー側の発表を元にした発言に見えます。

吉田
美白有効成分として、紫外線によるシミ悩みにアプローチするアルブチンを配合されていますが、その作用はチロシナーゼ阻害によるメラニンの合成防止。シミをなくすよりも防ぐ目的で使うのが正解です。
  • 【★7】ぷるぷるのゼリーを肌に乗せると気持ちよくて伸びも◎肌なじみ良くてハリを感じます。いい商品に出会えました。(47才:混合肌)
  • 【★3】普段は化粧水を使ったケアなので少々物足りなさもありましたが、化粧水にこれを足すと解消。肌にハリも出ました。クリーム代わりに使うとしっとりして肌が柔らかくなります。(30才:乾燥肌)
  • 【★5】他社のオールインワンとの比較ですが、しつこくないサラッとした浸透感でハリは負けていませんね、メイクとの相性も悪くないです。(41才:敏感肌)
  • 【★7】お肌がもちもちになって乾燥を感じません。朝の肌触りにびっくり。忙しいときだけ使うつもりが毎日使ってしまっています。塗ってすぐに浸透してベタつきなし。(53才:普通肌)
  • 【★5】ゆるすぎず硬すぎないテクスチャー。スパチュラが大きくて1回の量は多めなのに1分程で落ち着くので浸透は早いです。(41才:敏感肌)
  • 【★6】多少ベタつくものの、少し待てば気にならなくなります。乾燥が気になる日はローションやクリームと併用。乾燥小じわに効いてくれるそうなので保湿対策のために使い続けます。(38才:普通肌)

肌への浸透やハリについては好評価。肌がモチモチになりベタつかないという意見が多く見られました。

  • 【★6】旅行やジム、ヨガなどに行く際、1品で6役も兼ねてくれるのはとても便利。乾燥肌ですが物足りなさも感じず、もちっとした感触が気持ち良いです。(46才:混合肌)
  • 【★4】忙しい朝に使っていますが、カサつかずにさらっとした感触にしあがってくれて、在宅勤務で手抜きケアしたいとき重宝しています。(33才:混合肌)
  • 【★5】スパチュラ付きで衛生的。伸びが良くてベタつかず、こってりした乳液のような肌なじみ。合成香料や合成着色料などが添加されてないのが個人的には高評価ポイント。(38才:普通肌)
  • 【★6】今まで使ったオールインワンの中で一番のお気に入り。1本でも十分なケアができます(31才:混合肌)

良い口コミとして、「外出時や忙しい朝に1つで済むので楽」という意見や、無添加成分についての意見も見られました。

吉田
成分についてはあとで詳しく説明しますが、単に無添加なだけでなく美肌に導くための成分が多数配合されていて、「美容ジェル」と呼んでも良さそうな設計になっています。

気になる悪い口コミ

  • 【★5】スパチュラがベタつくので使いにくい。肌がピリつかず使いやすいのに残念。(30才:普通肌)
  • 【★3】中蓋がベタベタになって、容器ごと中身のほとんどをフローリングに落としてしまいました。(42才:混合肌)
  • 【★3】ファンデーションを塗るとモロモロが出てしまいました。乾燥せず使用感は良かったです。(45才:混合肌)

悪い口コミでは、スパチュラや容器のベタつきについての意見と、一部ファンデーションを塗布したあとにモロモロが出てしまうという意見が見られました。

モロモロについての評価

「モロモロ」についての意見を調査してみると、20件中18件が「モロモロが出ない」という結果に。

吉田
僕が使用したときもモロモロは出にくかった(というか出なかった)ですね。ファンデーション塗布後のモロモロは、肌の摩擦と浸透待ち時間の不足が原因です。ハンドプレスで優しく浸透させてください。

口コミ、レビュー分析まとめ

さすがにデパコスの高保湿アイテムをライン使いするほど潤わないものの、使用感も良く潤い十分。乾燥が気になる場合は化粧水を足せば年中使えるアイテムとして評価を得ていました。

使い方にコツがあり、適量を守らずに使用すると十分な効果を感じにくいと思います。とはいえ1ステップで簡単にケアを終わらせられるアイテムとして定評があり、オールインワンの「基準」として使ってみるのも良いと思います。

吉田
適量をしっかりと浸透させることを守ればより高い評価を得ることができる商品だと思います。混合肌を中心に、軽い乾燥肌〜軽い脂性肌まで幅広く使えるアイテムですね。

パーフェクトワンの成分調査。美白・保湿アイテムを比較

パーフェクトワンの成分表

パーフェクトワンホワイトニングジェル全成分表

【有効成分】アルブチン、トラネキサム酸 【その他の成分】水溶性コラーゲン液、水溶性コラーゲン液(3)、加水分解コラーゲン液(4)、サクシニルアテロコラーゲン液、コラーゲン・トリペプチド F、イソステアロイル加水分解コラーゲン液(2)、L-オキシプロリン、カンゾウフラボノイド、カンゾウ抽出液、油溶性シコンエキス‐1、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、加水分解ヒアルロン酸、トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル、ブリエラスチン、プルーン酵素分解物、ウメ果実エキス、豆乳発酵液、ゲットウ葉エキス、ヒメフウロエキス、アセロラ種子エキス、シャクヤクエキス、ヨクイニンエキス、シーグラスエキス、サンゴ草抽出液、ローマカミツレエキス、ビルベリー葉エキス、アーティチョークエキス、ニーム葉エキス、オウゴンエキス、エイジツエキス、センブリエキス、タイムエキス(1)、ダイズエキス、酵母エキス(1)、ニンジンエキス、ローヤルゼリーエキス、アロエエキス(2)、ステアロイルオキシヘプタコサノイルフィトスフィンゴシン、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、フィトステロール、ポリオキシブチレンポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリセリルエーテル(3B.O.)(8E.O.)(5P.O.)、植物性スクワラン、スクワラン、コンドロイチン硫酸ナトリウム、ε-ポリリジン 10%溶液、ポリグルタミン酸塩、N-アセチル-L-システイン、濃グリセリン、1,3-ブチレングリコール、1,2-ペンタンジオール、グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル、メチルポリシロキサン、サラシミツロウ 、無水ケイ酸、ベヘニルアルコール、シリル化処理無水ケイ酸、アルギン酸ナトリウム、水素添加大豆リン脂質、モノミリスチン酸デカグリセリル、ポリオキシエチレンオクチルドデシルエーテル、親油型モノステアリン酸グリセリル、カルボキシビニルポリマー、水酸化ナトリウム、エタノール、無水エタノール、リン酸L-アスコルビルマグネシウム、天然ビタミンE、ピロ亜硫酸ナトリウム、ジエチレントリアミン五酢酸、ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液、フェノキシエタノール

パーフェクトワンモイスチャージェル全成分表

【全成分】水、グリセリン、ジメチコン、BG、エタノール、DPG、ペンチレングリコール、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、サクシノイルアテロコラーゲン、イソステアロイル加水分解コラーゲン、ヒドロキシプロリン、異性化糖、イノシトール、ツボクサ葉エキス、ベルゲニアリグラタ根エキス、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na、加水分解エラスチン、水溶性プロテオグリカン、セラミドEOP、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAP、スクワラン、乳酸Na、PCA、PCA-Na、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、アルギニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、アスパラギン酸、ムラサキ根エキス、ハトムギ種子エキス、プラセンタエキス、ローヤルゼリーエキス、メアカンキンバイカルスエキス、ポリ-ε-リシン、ポリグルタミン酸、イソステアリン酸、コンドロイチン硫酸Na、ベタイン、グリコシルトレハロース、ソルビトール、水添ポリイソブテン、加水分解水添デンプン、リン酸アスコルビルMg、トコフェロール、アルギン酸Na、ダイズステロール、シクロペンタシロキサン、カンテン、キサンタンガム、カルボマー、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、ポリアクリルアミド、ジメチルシリル化シリカ、シリカ、ベヘニルアルコール、水添レシチン、ポリソルベート60、ラウレス-7、水酸化Na、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール、オレンジ油、ローマカミツレ花油

パーフェクトワンの美白・保湿ジェルに含まれる全成分を比較して、それぞれの効果を調査してみました。

吉田
どちらも美容液レベルの保湿成分が含まれていますが、、それぞれの特徴と違いについて見てみましょう。

保湿成分について

  • 肌表面を潤す高分子保湿成分はほぼ同じ
  • 肌バリア成分セラミドはいずれも4種(1,2,3,6II)
  • アミノ酸を多く含んだ保湿タイプの方が高保湿か

保湿成分は、美白・保湿ジェルいずれも似た成分で構成されていました。

吉田
肌表面を潤す水溶性コラーゲンやヒアルロン酸Na、コラーゲン由来のアミノ酸成分であるヒドロキシプロリン(医薬部外品名称ではL-オキシプロリン)に加水分解ヒアルロン酸などがメインの保湿成分ですね。

肌バリアを担うセラミドは、なんとヒト型セラミドを4種配合。

高い保湿力を持つセラミド2に、加齢によって失われやすいと言われる3,6IIに加えて、長鎖型の構造によってラメラ層を強固にすると言われるセラミド1を組み合わせることで、年齢を重ねた肌を優しく守る設計になっています。

吉田
保湿ジェルだけでなく美白ジェルにもヒト型セラミドがしっかり4種類配合されているのが意外でした。

一方で、保湿力の差を生み出しているのがアミノ酸群の配合と糖由来の保湿成分。

保湿ジェルには肌の内側「角層」に水分を与える乳酸NaやPCA-Naを含んだ14種類のNMF(天然保湿因子)様成分糖由来の保湿成分が配合されており、より保湿力を高めた設計になっています。

吉田
保湿系の化粧水には角層に水分を与える成分が多く配合されます。パーフェクトワンの美白タイプに「化粧水を足すと十分な保湿に」という口コミが多かったのはコレが理由かも。

植物エキスを多く含む美白パーフェクトワン

美白パーフェクトワン 保湿パーフェクトワン
プルーン酵素分解物、ウメ果実エキス、豆乳発酵液、ゲットウ葉エキス、ヒメフウロエキス、アセロラ種子エキス、シャクヤクエキス、ヨクイニンエキス、シーグラスエキス、サンゴ草抽出液、ローマカミツレエキス、ビルベリー葉エキス、アーティチョークエキス、ニーム葉エキス、オウゴンエキス、エイジツエキス、センブリエキス、タイムエキス(1)、ダイズエキス、酵母エキス(1)、ニンジンエキス、ローヤルゼリーエキス、アロエエキス(2)、サラシミツロウ ローヤルゼリーエキス、メアカンキンバイカルスエキス、ツボクサ葉エキス、ベルゲニアリグラタ根エキス、ムラサキ根エキス、ハトムギ種子エキス

美白パーフェクトワンに含まれる植物エキスは23種類。対する保湿パーフェクトワンは6種類と大きく差があることがわかりました。

吉田
肌にブライトニング効果を与える成分や、肌リズムを整える成分。肌を優しくうるおし鎮める整肌成分などが見られます。エイジングケア狙いなら美白パーフェクトワンを選ぶと良さそうですね。

美白パーフェクトワンは有効成分を2種配合した医薬部外品

美白パーフェクトワンに含まれる2種の有効成分

  • アルブチン
  • トラネキサム酸
  • アルブチンは、メラニンの元となるチロシナーゼと呼ばれる酵素の活性を抑えることでメラニンの生成を抑える美白有効成分。

    できてしまったシミよりも、これからできるシミやソバカスを防ぐ効果に期待できます。

    吉田
    黒色化を防ぐ「予防美白」の成分で、外出時、紫外線に当たってしまったときのアフターケアにも使える成分です。

    合わせて配合されるトラネキサム酸は、美白成分として配合されることもありますが、、パーフェクトワンへの配合目的は肌荒れの予防です。

    肌のシミは刺激による炎症も原因のひとつ。肌荒れを防ぎつつメラニンを優しく抑える美白効果は、医薬部外品ならではの働きです。

    吉田
    こっそり水溶性ビタミンC誘導体も配合されていますが、おそらくは製品の酸化防止で配合されたものです。

    その他、気になる成分

    皮膜成分として、ジメチコンやシクロペンタシロキサンなどのシリコーンが配合されています。

    吉田
    シリコーンと効くと「毛穴を塞ぐからニキビの原因に!?」なんて考える人も居そうですが、シリコーンは毛穴に詰まりません。滑らかな被膜を作って化粧下地効果を生み出してくれる成分です。

    油分の選択はさっぱりとした使用感になる炭化水素系のスクワランやエステル油が中心。

    植物油ほどのエモリエント効果はありませんが、分解されにくくニキビの原因になりにくいメリットをもった油分です。

    吉田
    混合肌の人に多く使われて評価を得ている理由は、この油分のチョイスが大きそうですね。

    防腐はフェノキシエタノールや1,2-ペンタンジオール、ポリ-ε-リシンの抗菌作用で調整してある安心設計。なるべく低刺激になるように気を使って成分を組み合わせてあるように見えました。

    成分分析まとめ。「効果なし」の理由は?

    口コミでは「美白効果が見られない」という意見が多く見られましたが、有効成分として選択されているアルブチンとトラネキサム酸を考えると、防ぐためのケアが中心なので、1、2ヶ月の短期間で肌を白くする効果には期待できません。

    吉田
    アルブチンに限らず、美白成分の基本はメラニンの発生を防ぐことによるシミ予防」なので、濃いシミをすぐに消したいならレーザー治療に任せるのが得策です。

    一方で、保湿効果や使用感の良さについては、4種のヒト型セラミドや植物エキスなどを筆頭に、さっぱりした油分の選択など『年間を通して肌を守りたい』というメーカーの意図によって生み出されたように見えました。

    • 吉田
      コスメコンシェルジュ

    これだけの成分が配合されていると、価格も高くなりがちですよね。。。

    ということで、気になる最安値での販売店やキャンペーン情報を詳しく見てみましょう!

    パーフェクトワンの最安値販売先調査

    大手通販サイト(楽天・Amazon・Yahooショッピング)の価格調査

    パーフェクトワンの販売先スクショ

    3,908円(39pt)

    販売先 美白 保湿
    定価 4,950円 4,180円
    楽天 4,072円(40pt) 3,600円(36pt)
    Amazon 3,200円(0pt)
    Yahoo 4,000円(40pt) 3,510円(35pt)

    大手通販サイトでの販売価格は、Amazonが最安値。

    美白パーフェクトワンが3,908円、保湿パーフェクトワンが3,200円で購入できます。

    吉田
    定価より1,000円ほど安く購入することができますね。

    店舗販売(ドラッグストア、コスメカウンター、ドン・キホーテ)

    ドラッグストアの様子

    調査のためにドラッグストアに行ってみましたが販売はなく、熊本の最大手デパート鶴屋での販売も見られず、、、

    ショッピングモール「ゆめタウン」に行ってみると、ありました。が、定価での販売で割引はありませんでした。

    吉田
    公式サイトの取扱店舗一覧を見てみると、イオンモール、東急ハンズ、イトーヨーカドー、ロフト、ゆめタウンなどで販売されているようです。直営店も9店舗あるので、カウンセラーに相談しながら買いたい人は直接足を運びましょう。(けど定価です。。)
    直営店一覧
    都道府県 店舗
    北海道 札幌三越店
    宮城県 仙台パルコ店
    東京都 京王百貨店新宿店
    神奈川県 そごう横浜店
    大阪府 阪神梅田本店
    広島県 そごう広島店
    福岡県 井筒屋小倉店
    福岡パルコ店
    鹿児島県 マルヤガーデンズ店

    最安値は公式サイトの定期購入

    購入方法 美白 保湿
    定期購入 2,475円 2,090円
    1個お試し 4,070円 3,850円

    というわけで、最安値となるのは公式サイトの定期購入。

    単品購入では4,070円と通販サイトより高いものの、定期であれば半額の2,475円で買うことができます。

    初回で50%オフ、2回目以降も最大20%割引(3,960円)と、3回続けて買うなら最もお得ですね。

    返金保証はあるの?

    パーフェクトワンには返金保証がありません。

    お肌に合わない場合でも返金は不可なので、気になる人は近くの店舗でお試ししてから通販で購入することをおすすめします。

    吉田
    商品が破損していたり不良品だった場合は交換返品が可能です。

    連絡先

    電話番号:0120-921-0000
    受付:9:00〜21:00
    年末年始など長期休暇あり

    関連する記事

    人気記事ランキング

    カテゴリー