ルプルプ全5色の染毛テストと口コミ調査。毛髪診断士が本当の染まりと色落ちを人毛白髪でテスト。

ルプルプ全5色の染毛テストと口コミ調査。毛髪診断士が本当の染まりと色落ちを人毛白髪でテスト。 アイキャッチ画像

低ダメージに白髪を染めるアイテムとして話題のルプルプヘアカラートリートメント。

ネットの口コミでは「染まらない」という意見も見られ、本当の仕上がりが気になりますよね。

そこで美容師のアドバイスのもと、毛髪診断士がルプルプのラインナップ全5色の仕上がりを人毛白髪でテストして、回数ごとの染まりとシャンプーごとの色落ちを評価しました

4553件を対象にした口コミ調査や、成分解析の結果もまとめてあります。参考にどうぞ。


ルプルプの色展開とおすすめカラー

全て人毛白髪100%を使用し5回染毛
染毛調査方法について詳しくはこちら

ルプルプは豊富な5色展開。上記は全て15分の置き時間で5回染めたときの仕上がりです。

吉田
赤みがないのはナチュラルブラックのみで、ブラウン系は全体的にややオレンジ寄りに染まりました。

色選びと注意点

ルプルプは黒髪を明るく染めることができないので、自分の髪色よりやや暗めの色を選ぶのが正解

ヘアカラーと比べると染まりませんが、染め方を工夫することで回数を重ねるごとに深い色に染まっていきます。

おすすめカラー

  • 赤みのない色がいい:ナチュラルブラック
  • 明るい髪色をキープしたい:ブラウン
  • 色選びに悩んだら:モカブラウン

カラー選びの注意点

  • 今よりも明るい色には染まらない
  • 明るい髪色に暗い色を使うと、全体的に髪色が暗くなる
  • 暗い髪色に明るい色を使うと白髪が浮いてしまう

明るい髪色に染めていて、あまり暗くしたくない人はブラウンを選びましょう。

モカブラウンは赤よりも茶色に近い色に染まり、ダークブラウンよりも深みを感じるカラーです。

吉田
個人的にはナチュラルブラックのグレイッシュな仕上がりが気に入りました。男性ともにおすすめのカラーです。

LPLPブラウンの染まり方

LPLPブラウン5回染毛時の毛先

LPLPシリーズの中で最も赤みが強く明るいカラーに染まるブラウン。

黒髪は染まらず白髪だけを明るく染めるので、元の髪色が暗いと白髪だけが赤く染まるので注意。

100%白髪での染毛テスト

染毛結果

色落ちテスト

色は入りやすく、1回目から綺麗な明るめブラウンに染まります。5回目でやや落ち着いたブラウンに仕上がりますが、暗い色には染まりません。

色落ちはややピンクを含んだ明るめブラウンに。

50%白髪での染毛テスト

染毛結果

色落ちテスト

50%白髪への染毛ではやや白髪部分の染まりが目立ちます。髪全体を染めていて、あまり暗い色にしたくない人におすすめのカラーですね。

LPLPブラウンをブリーチ毛、ハイブリーチ毛に使用

左から順に、ハイブリーチ毛、染毛済みハイブリーチ毛、ブリーチ毛、染毛ハイブリーチ毛です。

ブリーチで色を落とした髪のほうが色が入りやすいので、より短い置き時間でもしっかり染まります。(写真は15分1回使用時の髪色)

POINT

元の髪色が明るいと仕上がりの髪色も明るくなりました。

LPLPモカブラウンの染まり方

LPLPモカブラウン5回染毛時の毛先

ブラウンよりも赤みを抑えつつ、ダークブラウンよりもやや落ち着いたチョコレートのようなカラーに仕上げるモカブラウン

光にかざすと明るめに見えますが実際には落ち着いたカラーで、控えめな印象に整えてくれます。

100%白髪での染毛テスト

染毛結果

色落ちテスト

3回目から深めのカラーが入り、落ち着きと深みのある仕上がりに

ブラウン系の3色の中では色落ち時の赤みが抑えられていて、茶色をキープしたまま色落ちしていくので白髪が悪目立ちしにくいです

50%白髪での染毛テスト

染毛結果

色落ちテスト

LPLPのブラウン系3色の中で、とくに白髪の浮きが気になりにくいと感じました。

赤みを抑えた茶色なので、色の乗り始めや落ちていくタイミングでもいい感じの髪色を保ってくれます。

ダークブラウンとモカブラウンの比較

50%白髪をダークブラウンとモカブラウンで染めたものを太陽光に当てて、白髪の浮きと色の入りをチェック。

5回の染毛で白髪の浮きをしっかり抑えてくれました。ダークブラウンは白髪がやや赤みがかったカラーに、モカブラウンはややオレンジに寄ったカラーに染まっています。

吉田
ブラウン系に染めたいけど赤みのありすぎるカラーは苦手という人は迷わずモカブラウンを選びましょう。

LPLPダークブラウンの染まり方

LPLPダークブラウン5回染毛時の毛先

ブラウンのような派手さはなく、モカブラウンよりもやや赤みを感じるきれいなダークブラウンです。

100%白髪での染毛テスト

染毛結果

色落ちテスト

他のカラーと同じく3回の染毛で深めの色が入り、5回目でしっかりと色が入りました。重さを感じさせすぎないダークブラウンで、自然な髪色に染めてくれます。

色落ちはシャンプー5回でややピンクベージュを感じるようなブラウンに。LPLPブラウンの5回目シャンプーに近い色まで色落ちしました。

吉田
モカブラウンがやや深めの色を担当しているためか、他社製のダークブラウンよりやや赤色に寄せてあるように感じます。

50%白髪での染毛テスト

染毛結果

色落ちテスト

2回目の染毛まではやや白髪が気になりましたが、3回目からはブラウンがキレイに乗ってくれるので黒髪部分との差が気になりにくかったです。

3回目ぐらいのシャンプーでやや赤みがかった色落ちを始めますが、うまく黒髪と馴染んでくれて長持ちします。

LPLPナチュラルブラックの染まり方

LPLPナチュラルブラック5回染毛時の毛先

赤みをほとんど感じない、かっちりした黒髪に染め上げます。

LPLPのラインナップの中で赤みを帯びない唯一のカラーで、色落ちしたときのくすんだカーキ発色もなかなかおしゃれです。

100%白髪での染毛テスト

染毛結果

色落ちテスト

1回目の染毛ではほんの少し緑色に寄ったベージュを感じるグレイカラーに。3回目〜5回めで自然な黒髪に近づいていきます。

ナチュラルブラックとソフトブラックの比較

ソフトブラックと比べると色の雰囲気がわかりやすいですね。ナチュラルブラックは赤みのないクールなイメージに仕上がります。

50%白髪での染毛テスト

染毛結果

色落ちテスト

少ない染毛回数では「染める」というより「色味を変えて楽しむ」といった仕上がりに。回数を重ねるごとに白髪の浮きが抑えられ、LPLPの5色展開の中では最も濃い髪色に染め上げました。

シャンプーするごとに、アッシュ系のカラーに色落ちしていきます。素直に色が落ち、自然な髪色に近い褪色。

吉田
他のカラーと違って色落ちしたときに赤色が残らず、グレイッシュな雰囲気をキープしてくれます。

LPLPソフトブラックの染まり方

LPLPソフトブラック5回染毛時の毛先

やや茶色がかった自然な髪色に染まり、LPLPのラインナップ中で最もナチュラルな雰囲気に仕上がりました。

100%白髪での染毛テスト

染毛結果

色落ちテスト

1回目からやや茶色がかった色に染まり、3回目〜5回目に掛けて徐々に色が濃くなっていきます。

シャンプー5回目までかけて結構色落ちします。横から光に当てて確認してみると・・・

ソフトブラック5回シャンプー時の色落ち

赤色が強く出たり緑色になったりせず、自然な風合いで色落ちしてくれます。

吉田
とはいえナチュラルブラックよりやや赤色よりに褪色していきます。

50%白髪での染毛テスト

染毛結果

色落ちテスト

50%白髪への色馴染みはなかなか良く、赤みを足さずに自然な黒髪に仕上げてくれます。自然な髪色との色浮きは少ないです。

色落ち時にもそのまま自然な白髪に戻っていくように色落ちしていきます。ナチュラルブラックよりもやや赤みがかったカーキ色。

黒髪は染まる?

自然な髪色をLPLPで染毛

ダークブラウンを使用して黒髪を染めてみましたが、全く染まらず黒髪のままでした。

白髪染めトリートメントには髪を脱色する成分が配合されていないので、元の髪色よりも明るくすることはできません。

吉田
明るく染めるには、ブリーチやヘアカラーなど「過酸化水素」の入っている染毛料を使う必要があります。

ルプルプの評判4533件から良い口コミ、悪い口コミを徹底調査

ルプルプ口コミ調査まとめている画像

ネット上の評判4533件を調査し、「染まりやすさ、色落ち、頭皮への刺激」について良い口コミと悪い口コミをまとめてみました。

吉田
まずは全体的な評判をデータで見てみましょう。

本当の評判をデータで確認。良い口コミの割合はどれくらい?

4.14 (評価数合計:4,533件)
口コミ分布グラフ年代別利用者グラフ

口コミサイトの情報を調べてみると、星の平均は4.14と非常に高評価。78.1%の利用者が4以上の「良い」という評価をつけていました。

吉田
評価者の数も非常に多く、4000件を超えるほど。人気の高さが伺えます。
Amazonユーザーの評価楽天ユーザーの評価

使用感調査については、色持ちに関する評価がやや中央値に近い「2.6」となっていますが、染め上がりやツヤに関する評価が高いですね。

代表的な悪い口コミと理由を調べてみた

ルプルプの悪い口コミで多いのはこれらの意見。低評価の口コミを見てみると・・・

★☆☆☆☆1
前評判が良かったので購入したのですが、色もちが悪く早く色あせてしまいます。
★☆☆☆☆2
もう少し色が入るかな?と思ったのですが1回目の使用では思ったように色は入らなかったのが残念です。これから3回連続で使用してみます。

染まりや色落ちについての悪い口コミがちらほら見られました。

良い口コミでは「良く染まる」という意見も多く、なぜこういう意見が出るのか気になりますよね。

吉田
白髪染めトリートメントの特徴を知ることで、悪い口コミの原因を探ってみましょう。
  • 白髪染めトリートメントを使うメリットとデメリットを毛髪診断士が解説

白髪染めトリートメントのメリット

  • 髪や頭皮へのダメージが少ない
  • 髪をケアしながら染めることができる
  • 1本を数回に分けて使うことができる

白髪染めトリートメントのデメリット

  • 1回では完全に染まらない
  • 髪質によって染まり方に差がある
  • 色落ちしやすい

ルプルプに限らず、全ての白髪染めトリートメントにおけるメリット・デメリットをいくつか挙げてみました。

1回ではしっかり染まらない染料を使用している代わりに、ジアミンなど刺激の強い染料を使っていないので低刺激なのが白髪染めトリートメントのメリット。

そのため『ヘアカラーと比べると染まらない』のはどの商品でも同じです。単に白髪を染めたいのであれば白髪染めヘアカラーや泡タイプのヘアカラーを使ったほうが短時間でよく染まります。

白髪染めトリートメントは商品ごとの染まりにバラつきが大きいのも特徴。ルプルプは良く染まる部類に入ります。

染まりの比較について詳しくは白髪染めトリートメントランキングで確認してみてくださいね。

  • 白髪染めトリートメントおすすめ21選ランキング。毛髪診断士が口コミ分析と染毛比較で徹底調査

代表的な良い口コミ

  • 1回目の染毛でカンタンに染まった
  • 髪の毛にツヤと潤いが出た
  • 色持ちが良く、1回の毛染めで数日間持続する

良い口コミでは、一度で良く染まりツヤやかな仕上がりになったという評判が多かった印象。

悪い口コミの評価とは真逆ですね。やはり染まり具合については実際の染毛結果を見て判断するのが良さそうです。

染毛力についての口コミ調査

口コミ画像

★★★★☆4.2
思っていたより、1回目から髪に色が入りました。放置時間を30分以上にして長めにするのと、シャワーキャップで包んでやると色が定着しやすくなるようです。
★★★★★5
1回でもかなり染まります。持ちも良いので毎日使う必要がなく香りも良いです。

内側の一部だけが白髪なので本格的白髪染めではなくこの手の商品いろいろ使っていますが今はこれに落ち着いています。

★★★☆☆3
いつもはソフトブラックを使います。なぜならリニューアル前からブラウン系は白髪が多いと染まりにくいと感じてたからです。でもリニューアルしたしと少し夏らしく明るい色でと染めてみました。その日は明るく良かっと思いましたが、その後は気になる頭頂部から色がぬけるのが早いこと。結局ソフトブラックで染め直しました。
★★★★★5
もともと黒髪(暗い焦げ茶色?)なので、色々レビューを参考にソフトブラックにしましたが自然な感じで私には正解でした。根元から2cmくらいまで白髪の状態で使用しましたが、2回目くらいで目立たなくなりました

一回目でも染まったという人、2回目くらいで目立たなくなったという人など、様々な声が見られました。

★★★★★5
染まり具合や使用感については美容院と比べちゃダメです(笑)。

「美容室と比べては駄目」という意見では★5の高評価。白髪染めトリートメントがどういう商品か理解した上で購入した人全体的に高い評価をつけていました。

髪質でも染まりやすさは変わります。

染まりにくいのは太毛硬毛タイプの人や、痛みがなくキューティクルがしっかりしている人。カラー履歴がない人。

染まりやすいのは軟毛タイプの人や、カラーやパーマなどで髪が傷んでいる人。

白髪染めトリートメントが染まらない理由と上手に染めるテクニックの記事でも紹介したとおり、染め方も仕上がりに大きく影響します。

頭皮への刺激についての口コミ

★★★★★5
お風呂に入る30分前くらいに洗面台でぱぱっと付けてお風呂で洗い流すと、とっても楽です。刺激無いし、ニオイも気にならないので部屋をウロウロ作業出来ます。
★★★★★5
総体的に満足です。染め上がりは緩やかですが、その場合は続けて使用。 敏感肌の私ですが、頭皮に問題もなく臭いもなく、、初めの購入でしたがリピートする予定です(^^)
★★★★☆4
クリーミーなのでセルフカラーでも塗りやすいです。ツンとするいやな匂いもなく、今のところ頭皮への刺激もないので10日~2週間くらいの間隔で使用しています。

ほとんどの口コミでは問題がないという意見。新しい順に50件以上を調査しても刺激や痒みについての意見は見られませんでした。

「刺激」「かゆみ」についての口コミを検索すると、、、

★★☆☆☆2
自分には合わなかったようです。
3回目の使用くらいから、首や頭の付け根の辺りの皮膚が荒れてしまいました。
かゆみも伴い…。
製品はとても良いので残念です。

3回目から皮膚が荒れたという意見が。

アレルギー反応は少量でも出るものなので、2回目まで大丈夫だったということは肌質のゆらぎが影響していることも考えられますが、肌や頭皮に異常を感じた場合は一旦使用を停止して皮膚科を受診してみることをおすすめします。

成分表を見るとラベンダー油やローズマリー葉油の表記が見られます。ほとんどの人には問題ない成分ですがアレルギー持ちの人にとっては刺激になることがある成分。

エタノールの表記も見られます。成分表の後半(1%以下の位置)にあるため、植物エキスの抽出などを目的としたほんの微量の配合のようですが、アルコール過敏症の人には注意が必要な成分です。

ほんの一部の人には刺激の可能性もあるので、肌が弱い人は事前にパッチテストをしてみてくださいね。

パッチテストしている画像

腕の内側にルプルプを塗布し、15分後と24時間後の状態をチェックしてみました。

カラー剤のパッチテストは絆創膏などを貼らず、乾燥させた状態で15分後の即時性、2日後の遅延型アレルギーをチェックする方式が一般的です。

結果として、染料で若干黒く色が残ったものの、痒みや腫れ、赤みなどが出ることもなく、刺激を感じることはありませんでした。

仕上がりについての口コミ

★★★★★5
以前はダークブラウンを使っていましたが、地肌が赤くなるのと染め上がりの髪が赤くなるのが気になり、口コミを読んで今回はソフトブラックを試してみました。真っ黒にならず白髪も自然な色に染め上がります。週に2〜3回使用してますが髪への負担もなくカラーが綺麗に馴染んで大満足です。
★★★★★5
買ってよかったです。使えば使うほど髪が潤って調子がいいです。
匂いも気になりませんし、成分が自然のもので嬉しいです。
★★★★★5
髪の手触りがツルツルし、シャンプーしても 色落ちがあまり無く ドライヤー後は 自分の髪じゃないくらい ツヤツヤな髪になっていて ホントに感動しました。
★★★★★5
簡単で、嫌なにおいもなく、使いやすい。素手でも使えてとてもいいと思います。

使用感の口コミではさすがに良い評判が多いですね。

吉田
ガゴメエキスを始めとする天然由来の成分が髪にうるおいと滑らかさを与えてくれます。

ルプルプの口コミ調査結果まとめ

悪い口コミに多かった意見も、しっかり調べてみると使用頻度の少なさや置き時間の短さが見られ、使い方のコツを見直せば改善できそうなものでした。

吉田
ヘアカラーと比べると染毛力は弱めですが、白髪染めトリートメント内での比較ではしっかりした染毛力をもったアイテムですよ。

もちろん良い口コミも多くあり、使ってみた検証結果からもルプルプは、ヘアカラートリートメントの中ではとても染まりやすく色落ちせずキープしてくれるアイテムということが分かりました。

これだけ優しいアイテムですが、もしも腕が痒くなったり、赤く腫れた場合はアレルギーの可能性もあります。使用をやめて最寄の皮膚科でアレルギーテストを実施してくださいね。

不安な方は、まずはパッチテストをしましょう。

パッチテストで異常がなくても頭皮のかゆみや腫れがある場合には、頭皮の保湿剤などを使用して様子を見てみましょう。

ルプルプの成分分析。アレルギーやダメージの心配はある?

ルプルプヘアカラートリートメントの特徴は、白髪染めトリートメントの中でも手早く簡単に、しかも低コストで染められること。

植物由来の天然染料無添加処方など、髪に優しい成分を使用していることを強調していますが、本当に髪や頭皮に優しいのでしょうか。

POINT

髪を染める染毛料には、髪をしっかり染める代わりに髪や頭皮にダメージを与えてしまう成分が含まれている場合があります。

市販されているヘアカラートリートメントだから安全!と思って使っていると、実は知らず知らずに髪や頭皮を傷めていたなんてことも。

調査のために、成分表に記載されている成分を全て分析してみました。

ルプルプに含まれる全成分一覧

ルプルプの裏の成分表記

全成分表

水、水添ナタネ油アルコール、ミリスチルアルコール、BG、グリセリン、ソルビトール、尿素、パルミチン酸エチルヘキシル 、ステアルトリモニウムブロミド、ガゴメエキス、ヒアルロン酸Na、水添コメヌカ油、月見草油、メドウフォーム油、マンゴー種子油 、ヒマワリ種子油、ラベンダー油、ローズマリー葉油、オレンジ果皮油、クチナシ果実エキス、アイ葉/茎エキス、ベニバナ赤、グリシン 、オレイン酸フィトステリル、オリーブ油脂肪酸セテアリル、結晶セルロース、ステアラミドプロピルジメチルアミン、エチルヘキシルグリセリン 、イソステアリン酸オクチルドデシル、水添ロジン酸ペンタエリスリチル、炭酸水素アンモニウム、乳酸、オリーブ油脂肪酸ソルビタン、ステアリン酸グリセリル 、イソプロパノール、エタノール (+/-) 、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、塩基性青99、塩基性赤76、塩基性茶16、HC青2、HC黄2、HC黄4

成分表は多く含まれている成分から順に記載され、染料や香料は末尾に記載するルールです。

上部に記載があるものほど製品内に含まれる量が多く、下部に記載があるものほど製品に含まれる量は少なくなります。(1%以下は順不同)

ぱっと見で、トリートメントのベース成分に植物由来の油性成分が多く含まれているようなアイテムに見えますね。

美髪成分の配合、植物由来の染料に加えて塩基性染料・HC染料の使用が見られます。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

髪や頭皮に優しい染料を配合

ルプルプで使われている染料

  • 塩基性染料
  • 髪表面にイオン吸着することで染め上げる低ダメージの染料。刺激性は低いが染め上げるには数回の利用が必要。

  • HC染料
  • 分子量が小さく、キューティクルの隙間から髪の内部に侵入して染め上げるため低ダメージ。塩基性染料による染毛を助ける。

  • 天然色素
  • クチナシ果実エキス、アイ葉/茎エキス、ベニバナ赤の3種。染毛力は控えめ。

ルプルプヘアカラートリートメントの成分の中でも特に注目なのは塩基性染料とHC染料を使った低ダメージ設計となっている点。

通常の白髪染めやヘアカラーに使われるジアミンなどの永久染毛剤は、化学反応によってキューティクルを壊しダメージを与えるもの。一方ルプルプの染料は髪へのダメージがほとんどないのが特徴です。

ルプルプは白髪染めトリートメントでは一般的な塩基性染料とHC染料の組み合わせに、天然染料を組み合わせてあります。

植物から採取される天然の色素で、細かい色のニュアンスを表現するときに使われる染料ですね。

保湿・美髪成分を多数配合

免疫力の向上・育毛効果などについて研究がなされている話題の成分「フコイダン」を豊富に含む天然のガゴメ昆布から抽出されたガゴメエキスを、分子量のことなる2種類配合。

髪に滑らかさを与えたり、頭皮にうるおいを与えるなどの効果があります。

保湿成分ヒアルロン酸Naなどの配合も見られますが、特に目立つのが水添コメヌカ油を始めとする幅広い植物油の配合。

髪にツヤを与えてなめらかに整える成分が多く見られますね。

髪のパサツキの原因は、乾燥やダメージによってキューティクルの隙間から水分やタンパク質が流出してしまうこと。

ルプルプは染めるたびにうるおいのある艶髪に導く処方となっています。

安全ではあるが人によっては気をつけたほうが良い成分

  • 4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール
  • 酸化染料の誘導体。低刺激でほとんどの人には問題ないがごく一部のひとにアレルギーの可能性が

  • エタノール
  • アルコール過敏症にとっては刺激になる成分。

  • 天然染料

これらの成分は、特定のアレルギーの人にとって注意が必要な成分です。

4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールはジアミン系よりも刺激が少なく安全性の高い染料ですが、ほんのわずかな人にとって、アレルギー性がある可能性がある成分。

エタノールは微量の配合で、揮発性を感じるほどの量は入っていないのでほとんどの人には心配ありませんが、こちらもアレルギーを持っている人にとっては避けたい成分ですね。

化粧品はほとんど全ての人にとって問題ないように作られますが、全ての人にとって安全かと言われればそうとも言えません。

ルプルプに限らず、使用を始めてすぐの15分後、初回使用してから24時間後のタイミングで頭皮に問題が出た場合は、使用を取りやめ、皮膚科でのアレルギー感作チェックをおすすめします。

長時間付着させっぱなしだと心配な成分

  • ステアリルトリモニウムプロミド
  • 第四級アンモニウム塩の陽イオン界面活性剤。多くのトリートメント剤に配合されていて、切れ毛や枝毛を防ぐトリートメント成分。

  • イソプロパノール
  • 防腐剤としてパラベンの代替として配合。

これらは、30分などの短時間の使用で、しっかりと洗い流せば気をつける必要のない成分です。頭皮についた染料をシャワーやぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。

多くのヘアカラートリートメントに配合されている成分で、髪の毛をサラサラにしてくれるトリートメント効果が抜群に高く、切れ毛や枝毛を防いでくれる特徴がありますが、頭皮への刺激になることも。

吉田
カチオン系の界面活性剤で、場合によって刺激を感じることがあります。使用後にはしっかりと洗い流したい成分ですね。

イソプロパノールは殺菌・防腐剤の効果をもち、エタノールと同じアルコール成分です。

パラベンフリーのアイテムに配合されることがありますが、エタノールより脱脂力と殺菌力が強く、濃度によっては刺激になることがある成分。

成分表では1%以下の位置にあり、必要最低限の微量配合となっているようですが、もし刺激を感じるようならパラベンを防腐剤として使用したアイテムを探してみるとよいでしょう。

他の化粧品や白髪染めトリートメントでも使われるような成分なので、あまり心配しすぎる必要はありません。

いずれも目に入ると刺激になる成分なので、液垂れ対策として、100枚入りの使い捨てヘアキャップを準備するのがおすすめです。

1000円ほどで売られていて、1回分あたり10円で染め上がりが良くなるので、染毛力アップのためにも準備するのもおすすめです。

使い捨てヘアキャップ100枚入り

成分の安全性についての結論

ルプルプヘアカラートリートメントは、頭皮や毛髪に優しい成分で作られているようです。

特に目立った問題も見当たらず、ほとんどの人にとって刺激などの心配もなく使うことができます。

とはいえ、エタノールや植物系の成分で肌や頭皮に異常を感じたことがある人や、肌が弱い人は事前にパッチテストを忘れずにおこないましょう。

最安値での販売先調査まとめ。

1本 送料
通常価格 ¥3,300 ¥540
公式初回価格 ¥2,178
(34%OFF)
¥540
公式定期便 2本 ¥3,564
1本 ¥1,782
(46%OFF)
無料
amazon ¥3,300 無料
楽天 ¥3,000 無料
Yahoo!
ショッピング
¥3,300 条件付き無料
※すべて税込価格で表記しています。

ルプルプの最安値を調べるために、各通販サイトで価格調査をしました。

大手通販サイト(楽天、amazon、yahooショッピング)はそれぞれ3,000円の定価販売が最安値。

吉田
比べてみると、公式での購入がお得です。

キャンペーンページなら初回限定単品購入も、定期便もお得。

実は、もっとお得に購入する方法は公式の定期便

継続のお約束なしなのでいつでも解約可能で、違約金なども発生しません。

通常価格で2本購入すると、¥6,600(税込)のところ、公式の定期便なら2本で¥3,564(税込)!!

1本あたり¥1,782(税込)でほぼ半額にて購入することができます。

定期だと送料も無料に。もちろん全額返金保証付きですよ!

定期購入のメリット

定期便にはさまざまなメリットがあり、正直デメリットと感じるのは「解約手続きが面倒」という点だけですね。

電話一本で手続きできるので、土曜の受付もあるのがありがたいです。

吉田
平日のみ電話可能なメーカーが多く、土曜にも対応いただけるのは珍しいです。

ルプルプ定期割引画像

同時に4本まで注文でき、本数が多くなるほど2回目以降の割引率もアップする仕組みとなっています。

継続使用するのであれば、定期便はとってもお得。

同時に買う本数は後からでも変更できるので、初回は1本購入して、気に入ればまとめ買いの定期便に切り替えるのがおすすめです。

他にも
・都合に合わせたお休み制度
・お届け予定日の変更OK
・カラーの変更が可能
・選べる!お届けコース(1・2・3ヵ月ごと)

など、しっかりと対応してくれるようですね。

ルプルプ定期便の解約

定期便を解約したい場合は、次回のお届け予定日の7日前までに、電話をするとOKです

定期縛りも一切ないので、極端にいうと1回目の購入から解約しても問題はありませんね。

JCサービスセンター
0120-6262-14(月~土曜/9:00~18:00)

もしも解約する場合は、7日前までに連絡することを忘れないようにしましょう!

店舗での販売は?

調査時にはロフトや東急ハンズでの販売が見られました。

吉田
店舗によっては在庫や販売がないかもしれないので、連絡して確認してみてくださいね。

ですが、店舗だと割引が無いのがデメリット。

どこを調べても最安値は、ルプルプの公式ページからの購入でした。

全額返金保証付きなので、もしもの場合に安心です。

ルプルプヘアカラートリートメントの使い方

ルプルプの基本的な使い方を紹介。

※使用頻度は週に1~2回。公式サイトには、「色がなじむまでは3日連続で使用するようにしましょう」と記載されています。

使い方1|シャンプーする

カラートリートメントに使われる塩基性染料はプラスの電荷を持っており、シャンプーすることで髪がマイナスの電荷にかたより、イオン結合することで色が付着します。

また、毛髪の油汚れやホコリを落とすことで染まりも良くなるので、使用前はシャンプーしましょう。

使い方2|タオルドライ&最初の数回はドライヤーで乾かすと◎

乾いた髪に使用したほうがよく染まります。
最初の3回まではドライヤーで乾かしてから染めると早く色づき、色落ちも防ぐことができるでしょう。

めんどうな方は、タオルドライをしっかりと行ってください。

使い方3|適量のトリートメントをムラなくぬる

ミディアムヘアでゴルフボール5個分が適量。ロングヘアの方はそれ以上を使用するよう心掛けてください。
少なすぎると染め残しやムラの原因になるので注意が必要です。

白髪の気になる根本からつけていくのがポイントです。
おでこ周りは染毛コームなどを使って染めると、色移りも防げますし、キワまでしっかり塗ることができます。
ムラなく根元に塗布した後は毛先に揉みこんでください。

使い方4|シャワーキャップやラップで髪全体を包み込みしばらく放置する

シャワーキャップやラップで髪を覆い時間を置きましょう。
最初の数回は15分~30分を目安に少し長めに時間を置くことをおすすめします。

髪を包むことによって密着度が増し、染まりも良くなります。

使い方5|トリートメントをしっかり洗い流す

しばらく放置したら、すすぎ湯に色が出なくなるまでしっかり流しましょう。
生え際やおでこ、襟足などは残らないように注意!

使い方6|気になる方はトリートメントを

カラートリートメントで白髪を染めた後に、普段使っているトリートメントを使用したい方も多いと思います。

ここでシャンプーするとすぐ色落ちしてしまうのですが、トリートメントならば使っていただいて大丈夫ですよ。

ただし、中には染料が落ちやすくなる成分を含む商品も中にはあるので、最初の1回目は毛先だけつけて様子見してください。

  • 白髪染めトリートメントが染まらない理由と、上手に染めるテクニック。正しい使い方を毛髪診断士が解説

ルプルプよくある質問

ルプルプは1本で何回染められますか?

ショートヘアで約7回分染められます。4日に1日染めるとすれば、ちょうど1ヶ月分くらいですね。

髪の長さにもよりますが月3000円ほどで白髪を気にせずに過ごすことができる計算。美容室で染めると、店にもよりますが1回6,000円ほどは必要ですよね。

白髪が気になる箇所に部分染めすれば、毎月のコストをさらに押さえることができます。

髪の毛は月に数センチ伸びるので、1ヶ月経った頃には根本の白髪が気になるし、予約をとって毎月染めるのはちょっと大変。

その点ルプルプは、月に何度か染める必要はあるものの、白髪が気になったタイミングで自分の好きに染められるがメリットと言えます。

化学反応で髪を染め上げるヘアカラーなどと違い、ダメージが少ないのも嬉しいですね。

Q.美容室でのヘアカラー・パーマのタイミングは?

A.施術前後1週間ほどあけるようにしましょう。
美容室での施術内容によって変わりますが、変色などの可能性があります。期間を開ければ問題なくできます!

Q.毎日使っても大丈夫ですか?

A.肌に優しい低刺激処方なので、毎日でも使用できます。
綺麗な髪色を保つなら、毎日使用するのが一番です。

Q.使用期限はありますか?

A.未開封で製造後3年。
3年以上経過すると、体には害はありませんが、希望通りの色の発色が得られない可能性があります。使用者の保存状態によって変わりますが、あまりにも時間がたったものは使用しないほうが良いかもしれませんね。

Q.思ったよりも赤みが出る

A.髪質や放置時間によって色の発色が変わってきます。
染まりが薄い、赤いと感じる方は、対処法として今使っているカラーよりもワントーン暗めの濃いカラーを選ぶといいですよ。

ルプルプの運営会社は安心できる会社なの?

ルプルプヘアカラートリートメントは、白髪染めトリートメントの中では販売実績もおすすめ商品としての紹介も多い人気商品ですが、改めてブランド名や会社名の認知度を調査してみると、POLAや資生堂、DHCのような認知度の高いブランドではありません。

運営している会社は本当に信頼できる会社なのでしょうか?消費者としてはとても気になるところですよね。

会社HPから調べてみた!

ルプルプヘアカラートリートメントは「スタージュ株式会社」という会社が販売している商品です。

スタージュ株式会社公式HP参照

会社概要商号 スタージュ株式会社
本社 東京都江東区青海2-4-32 タイム24ビル
設立年月日 2014年(平成26年)1月6日
資本金 10,000,000円
親会社 アポロトレイディング株式会社
展開ブランド LPLP/PHYTOLIFT/Tua

どんな事業を行っている会社なの?

事業内容は主にインターネット通販をメインとした事業を行っているようです。

展開している商品はLPLP(ルプルプ)の他に、肌に優しい植物由来の成分を活かした化粧品PHYTOLIFTや、体を美しく見せるための下着であるTuaの取扱がありました。

こうしてみるとスタージュ株式会社は主に自然由来の成分を活かした女性向けの商品を得意として扱っているようですね。

設立や沿革について

設立年月日を見てみると、会社設立は平成26年1月となっています。

新しい会社なのかな?と思い、沿革も一緒に見てみたところ、現在のスタージュ株式会社が新会社として設立する前に株式会社イマージュという会社名で2011年から活動しているようです。

2011年といえばスマホが普及する前からあるので、インターネット通販会社としてはかなりの老舗ですね。

ルプルプはこんな人におすすめ

ここまでルプルプヘアカラートリートメントのデメリットや不安点などを取り合げていきましたが、実際にはルプルプは他社の類似商品と比べても、白髪染めトリートメントとしてかなり優秀

こんな人には特におすすめできる商品ですよ。

髪に優しい成分で染めたい人

ルプルプは無添加処方で肌に優しい成分を中心につくられた白髪染めトリートメントなので、白髪染めを始めたいけれど髪を傷めそうで躊躇していた方にも、おすすめできます。

タール系色素やジアミン系酸化染毛剤が不使用で無香料・無鉱物油なのも嬉しいですね。

手軽に染めたい人

ルプルプは自宅で簡単に自分で使える白髪染めトリートメントの代表です。
特に難しい技術も必要なく、シャンプーのついでに使用できるのでとってもラクチン!
自分で白髪染めなんて面倒だとおもっていたあなたに、おすすめします!

あまりお金をかけずに染めたい人

ルプルプは他社の白髪染めトリートメントと比べても手に取りやすい価格で販売されています。
白髪染めは継続的に行っていかなければならないので、長期的に考えるととってもコスパがいいですね。
なので、費用面を考えてしまって白髪染めをはじめられないでいた方にも、おすすめです!

とりあえず試しに何か使ってみたい人

基本販売価格がお手頃なルプルプですが、公式サイトだと初回お試し価格でさらにお安くGETすることができます!
白髪染めトリートメントを初めて使用する方、白髪染めトリートメントってどんなものなんだろうと思っている方に丁度ぴったりな商品なんです。

特にアレルギーが無い人

ルプルプはアレルギー・パッチテストを徹底していて、アレルギー持ちの方への配慮がきちんと行われていますが、極端に肌が弱い方が使用した場合などにはまれにアレルギーが発症してしまうようです。

いままで特にシャンプーなどを使用して肌が荒れたことが無い方は安心して使用できるつくりになっているのですが、肌が弱い方は念のためお医者さんに相談したりパッチテストを行うようにしましょう。

白髪染めトリートメントランキングTOP10比較表

順位 商品名 画像 販売先 総合評価 染毛力・色持ち 仕上がり おすすめ度 商品の特徴 染料 美髪成分 染毛回数 色持ち カラー展開 無添加成分 価格 内容量(g) 1回あたり
1位

利尻|ヘアカラートリートメント

利尻|ヘアカラートリートメント 商品画像 販売先

4.23
4.0 3.9 4.8

悩んだらコレ!染毛力と色持ち高評価、2400万本突破の超実力派アイテム

天然染料、塩基性染料、HC染料

リシリコンブエキス、加水分解シルク、加水分解ケラチン、プラセンタエキス、ユズ果実エキス、加水分解コンキオリン、ポリクオタニウム-10など

乾いた髪→1~2回で染まる
濡れた髪→約3回で染まる

染毛後7~10日ほど。週に1回の使用でOK

4色展開:ナチュラルブラウン、ブラック、ライトブラウン、ダークブラウン

ジアミンフリー、パラベンフリー、香料フリー、鉱物油フリー、ノンシリコン、酸化剤フリー

2200円 200mL 440円
2位

マイナチュレ|オールインワンカラートリートメント

マイナチュレ|オールインワンカラートリートメント 商品画像 販売先

4.23
3.5 4.2 5.0

スカルプケア、エイジングケアも同時に叶える定番白髪染めトリートメント

塩基性染料、HC染料

加水分解ケラチン、γ-ドコサラクトン、アセチルヘキサペプチド-1、ガゴメエキス、ペリセア、44種類の植物エキスなど

乾いた髪→3回で染まる
濡れた髪→約4回で染まる

染毛後6日ほど。週に1・2回の使用でOK

2色展開:ダークブラウン、ブラウン

ジアミン、合成香料フリー、シリコンフリー、鉱物油フリー、パラベンフリー法定タール色素フリー

3300円 200mL 825円
3位

HANAオーガニック|カラーコンディショナー

HANAオーガニック|カラーコンディショナー 商品画像 販売先

3.93
3.0 3.8 5.0

天然ローズや花精油の香りで安らぐ、天然成分95%のオーガニック白髪染め

塩基性染料、HC染料

加水分解エンドウタンパク、植物由来の整肌エキス、ジェミニ型アミノ酸系界面活性剤など

乾いた髪→3回で染まる
濡れた髪NG

染毛後5日ほど。週に1・2回の使用でOK

2色展開:ダークブラウン、アッシュブラウン

ジアミンフリー、鉱物油フリー、酸化剤フリー、ノンシリコーン、香料フリー、パラベンフリー

2640円 180mL 660円
4位

デイラルカラー|ヘアカラートリートメント

デイラルカラー|ヘアカラートリートメント 商品画像 販売先

3.77
5.0 3.3 3.0

4種の植物幹細胞エキスで頭皮ケア。染毛力も十分だが価格の高さが難点。

塩基性染料、HC染料

植物幹細胞4種、加水分解シルク、フラーレン、γ-ドコサラクトンなど

乾いた髪→3~4回で染まる
濡れた髪→5回ほど

染毛後5日ほど。週に1・2回の使用でOK

4色展開:アッシュグレー、ブラック、ブラウン、ダークブラウン

ジアミンフリー、パラベンフリー、鉱物油フリー、タール系色素フリー、合成香料フリー、石油系界面活性剤フリー、サルフェートフリー

2178円 200mL 544円
5位

ハイステップ|ヘアカラートリートメント

ハイステップ|ヘアカラートリートメント 商品画像 販売先

3.60
3.0 3.8 4.0

95%の美容成分がうるおいツヤ美髪に導くカラートリートメント

天然染料、塩基性染料、HC染料

褐藻エキス、ビフィズス菌培養溶解質、エーデルワイスエキス、生薬由来の植物エキスなど

乾いた髪→4~5回で染まる
濡れた髪→約6回ほど

週に2回の使用でOK

ダークブラウン

ジアミンフリー、鉱物油フリー、酸化剤フリー、ノンシリコン、香料フリー、パラベンフリー

2337円 200mL 584円
6位

綺和美|白髪染めトリートメント

綺和美|白髪染めトリートメント 商品画像 販売先

3.07
3.0 4.7 3.0

赤みを抑えた仕上がりで褪色時にも落ち着いた仕上がりに

塩基性染料、HC染料

22種類の天然植物由来エキス、ポリクオタニウム-10

乾いた髪→3回で染まる
濡れた髪→約5回ほど

週に1・2回の使用でOK

3色展開:ブラック、ダークブラウン、ライトブラウン

合成香料フリー、鉱物油フリー、パラベンフリー、ノンシリコーン、ジアミンフリー

5478円 150mL 1826円
7位

POLA|グローイングショット カラートリートメント

POLA|グローイングショット カラートリートメント 商品画像 販売先

3.50
4.0 3.5 3.0

高い染毛力としっとりとしたトリートメント効果が女性に人気

塩基性染料、HC染料

2種のヒト型セラミド、植物セラミド、14種のアミノ酸、3種の加水分解コラーゲン、生薬由来の植物エキス、黒米エキスなど

乾いた髪→3回で染まる
濡れた髪→約4回で染まる

染毛後6日ほど。週に1・2回の使用でOK

2色展開:ブラック、ブラウン

ジアミンフリー、鉱物油フリー、タール系色素フリー

3190円 200mL 638円
8位

レフィーネ|ヘッドスパトリートメントカラー

レフィーネ|ヘッドスパトリートメントカラー 商品画像 販売先

3.53
3.0 4.6 3.0

アロマ成分配合でヘッドスパ気分を楽しめる

天然染料、塩基性染料、HC染料

パンテノール、加水分解ケラチン、加水分解コラーゲン、ペリセア、生薬由来の植物エキス

乾いた髪→約6回ほど必要
濡れた髪→約5~6回ほど

週に3回ほど必要

5色展開:ダークブラウン、ライトブラウン、マロンブラウン、ローズブラウン、ナチュラルブラック

ジアミンフリー、ノンシリコン、パラベンフリー、石油系界面活性剤フリー、鉱物油フリー

1980円 140mL 660円
9位

LABOMO|スカルプアロマ ヘアカラートリートメント

LABOMO|スカルプアロマ ヘアカラートリートメント 商品画像 販売先

3.53
3.4 4.2 3.0

フルーティフローラルな香りが◎アートネイチャーの白髪染めトリートメント

塩基性染料、HC染料

加水分解ケラチン、モモ葉エキス、アルガンオイル、シアバターなど

乾いた髪→4回~5回で染まる
濡れた髪→約5~6回ほど

週に1・2回の使用でOK

3色展開:ナチュラルブラック、ダークブラウン、ブラウン

ジアミンフリー

3740円 200mL 935円
10位

アンファー|スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント

アンファー|スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント 商品画像 販売先

3.30
4.0 2.9 3.0

やや赤みのある高い染毛力が特徴。浴槽への色移りがやや難あり

塩基性染料、HC染料

γ‐ドコサラクトン、3種のペプチド、11種の植物由来エキス、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Naなど

乾いた髪→3回で染まる
濡れた髪→約5回ほど

週に1回の使用でOK

4色展開:ナチュラルブラウン、ダークブラウン、ローズブラウン、マロンブラウン

ジアミンフリー、ノンシリコン、エタノールフリー、パラベンフリー、石油系界面活性剤フリー、鉱物油フリー

2424円 200mL 606円
  • 白髪染めトリートメントおすすめ21選ランキング。毛髪診断士が口コミ分析と染毛比較で徹底調査

関連する記事

PICKUP

人気記事ランキング

カテゴリー