ヘアスタイル

更新 公開

ヘアマニキュアの使い方。効果的にしっかり簡単、キレイに染めるコツを紹介。

こんにちは。
最近はヘアマニキュアやカラーバターを使って髪を染めているROCCO GIRLライター・Oniです。

ヘアマニキュアって一体どんなものか、普通のセルフヘアカラーとどう違うのか知っていますか?
髪に優しいと聞いたことがあるから使ってみたいけどちゃんと染まるのか心配…という人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はキレイに染まるヘアマニキュアの使い方や選び方を紹介します◎
おしゃれ染め用と白髪染め用のヘアマニキュアそれぞれを紹介していくのでぜひチェックしてみてください!
髪に優しい白髪染めはこちら

関連キーワード

ヘアマニキュアと普通のカラーの違い

junko_taanhair
@Instagram

ヘアマニキュアは通常の永久染毛剤と違い、髪の内部まで染めずに外側だけに色を付着させる染毛剤なんです◎

だから髪が痛みにいと言われているんですが、髪色が暗いと色が入らずまた髪を明るくすることは出来ません。

 

日本人の髪色は暗いことが多いので、一般市場では主に白髪染めとしてヘアマニキュアが販売されています。

 

売り場は少ないんですが、取扱いのある雑貨屋さんやインターネットなどではファッションカラーのヘアマニキュアもあります。

ヘアマニキュアと永久染毛剤についてもっと詳しくしりたい人はこちらの記事「ヘアカラーの違い・ブランド・メーカー・種類を知って理想のヘアに◎」もチェックしてみてください!

ヘアマニキュアにおすすめの髪色

へアマニキュア

ヘアマニキュアは色を塗っても明るくなることはありません。
明るい髪に塗るからカラー次第ではあれだけの発色をしてくれるんです!

だからヘアマニキュアに向いている髪色としては

  • ブリーチをした髪(ホワイトブリーチが好ましい)
  • 白髪

ある程度脱色した後でもそれなりに色は入るんですが、そうするとヘアマニキュアの色と元の髪色が混ざったような色になってしまうこともあります。

例えば黄色みの強い金髪にピンクを入れるとオレンジになってしまうことも。
ファッションカラーで染める時はしっかりと元の色を抜いた状態でヘアマニキュアを使うことが大切です。

bonpon511
@Instagram

だから白髪にはとても便利に使えるんです。
実は永久染毛剤の白髪染めはおしゃれ染めよりもかなり強めにカラー剤が入っています。
年齢とともに髪のボリュームも気になるから髪を出来るだけ労りたいという人にはヘアマニキュアはマストアイテムですよ◎

ヘアマニキュアをする前に準備をしよう

準備

ヘアカラーをする時って服に飛ばないようにしっかりと服や周りを覆いますよね。
ヘアマニキュアの種類によっては万が一どこかについてしまったとしても、永久染毛剤よりも色が落ちやすいこともあります。

しかし服などについてしまうと色素が残ってしまうことも。
だから最低限の準備は必要ですよ◎

ヘアマニキュアに必要なもの

準備02

  • 時計
  • ティッシュペーパー
  • シャンプー・コンディショナー
  • 新聞紙
  • 手袋
  • タオル
  • ヘアカラークロス(ケープ)
  • 前から脱ぎ着出来るシャツ
  • ティッシュペーパー

手袋は製品の中に付属している場合もあるのでその際は入りません。
カラーをする時の格好は前ボタンやファスナーが付いているものを選びましょう。
そうすることで衣類が服につくことなく脱ぎ着出来ます。

ヘアマニキュアにあると便利なもの

tukaji0406
@Instagram

ヘアマニキュアの種類によってはこれはあると便利と言うものがあります。

  • ヘアクリップ
  • コーム&ブラシ
  • ヘアカラーカップ
  • イヤーカバー
  • サランラップ

ヘアクリップは部分染めをする時に便利。
ヘアマニキュアは色を混ぜることが出来るので、ヘアカラーカップとコーム&ブラシは主におしゃれ染の時にあると使えます。

サランラップは仕上げに巻くことで色を定着させやすくなります。

白髪染め用ヘアマニキュアの使い方

ヘアマニキュアの白髪染めって結構たくさんあって、一般市場で出回っているのはワンタッチで染められるものもあります。

でもその多くはリタッチ用や生えてきた根元用など髪すべてに使えるものはチューブに入っているんです。

チューブに入っていると一体どこからカラー剤を塗布していけばいいか悩む所。
今回はそんなチューブタイプの白髪染めヘアマニキュアの使い方を紹介します◎

今回紹介するのはジェイコンテンツさんの「【LPLP】ブロッキングで染め残しナシ!」です。
とっても簡単なやり方で初めての方でも真似しやすいのでぜひ参考にしてみてください◎

それでは早速染め方のポイントをチェックしていきましょう!

出典:©www.youtube.com

まずは市販でも売られているケープで洋服をカバーします。
ケープがないという人は、汚れてもいい服でもOK!
汚れてもいいタオルを首元に巻いておけば肌につくこともありません◎

出典:©www.youtube.com

次にヘアクリップをつかって両サイドと後ろを合計4つに分けて止めておきます。

出典:©www.youtube.com

ブラシにカラー剤を出します。
量は塗りやすい分を出して塗っていけばOK。

でも量が少なすぎるとうまくなじまない可能性もあるのでしっかりと塗布出来る量を使いましょう。

出典:©www.youtube.com

そのまま白髪が気になる部分に塗布していきます。

出典:©www.youtube.com

ブロッキングした後ろ側の生え際もしっかりと塗っていきましょう!
ブロックする生え際の塗り残しも減りますよ◎

出典:©www.youtube.com

全体を塗り終えたらコームを使って全体になじませます。
ここで焦って乱暴にする人も多いんですが、髪にあまりダメージを与えないように優しく動かすのがポイント。

出典:©www.youtube.com

20分から30分放置してから洗い流して完了です!
コーム&ブラシを使えばとっても簡単にできますよね◎

同じ手順で手で塗布していっても大丈夫なんですが、ブラシを使った方が断然キレイに仕上がります。

動画で使用されていたアイテム

出典:©px.a8.net

海洋由来の保湿成分でうるおいを与えながら頭皮と髪を守るヘアマニキュアタイプのカラートリートメント
色素も天然のものにこだわっており、ベニハナ、クチナシ、藍の葉・茎など髪や頭皮に負担をかけることなく髪を染め上げます。

カラートリートメントなので週に1~2回使用し、回数を重ねる毎によりしっかりと染まりつやつやな仕上がりに。

ブラシとクシが一体化されているからヘアカラーの時はとっても便利!!
ブラシで染めてコームでなじませるので手間を取らずにスピーディーに仕上げることが出来ます。

染めにくい部分も丁寧に仕上がりますよ◎

白髪用ヘアマニキュアをもっと知りたい人は「人気白髪用ヘアマニキュアランキングトップ10」を御覧ください!

おしゃれ染め用ヘアマニキュアの使い方

おしゃれ染め用のヘアマニキュアだと、一般市場にはビューティーンのポイントカラーなどがありますよね。
でもなかなか髪全体を染められるものを見たことがないという人も多いのではないでしょうか。

それもそのはず、おしゃれ染め用のヘアマニキュアは主にヴィレッジヴァンガードなどの雑貨屋さんやネットでしか取り扱っていません。

今回は使い方の他にもヘアマニキュアが買えるショップなども紹介していきます◎

今回紹介するのはSPINNS CHANNELの「【How to ヘアカラー】マニックパニックの使い方#01 「コットンキャンディーピンク」」。

準備段階から分かりやすく説明されているので、ぜひ参考にしてみてください◎

早速染める時のポイントをチェックしていきましょう!

出典:©www.youtube.com

まずは色をしっかりと入れるために髪を濡らします。
この時水分が残りすぎていると逆にカラー剤が流れ落ちてしまうこともあるので、髪を濡らした後にタオルドライをするくらいでOK。

出典:©www.youtube.com

次に汚れない用に首元にタオル、手袋をして準備をします。
色が付きやすい生え際部分や耳などにワセリンを塗っておくと肌についても色が取れやすいようになります。

出典:©www.youtube.com

髪全体を塗っていきます。
もちろんブラシをつかってもOK。

出典:©www.youtube.com

全体に塗り終わったらコームでヘアマニキュアをなじませましょう!

出典:©www.youtube.com

次にラップで染めた部分を巻いていきます。
こうすることで色が定着しやすくなります。

ラップを巻いたら20~30分間置きます。

出典:©www.youtube.com

時間になったらシャンプーで洗い流して髪を乾かしましょう。

出典:©www.youtube.com

これで完成です!!
元の髪色が明るいほど鮮やかな発色が出ます。

2、3日すると自然なカラーに馴染んでいきますよ♡

動画で使用されたヘアマニキュア

派手髪さん、オシャレさんなら一度は使ったことのある超人気ヘアマニキュア。
コットンキャンディーピンクはその名の通り、わたあめのような優しいピンクを演出してくれます◎

ヘアマニキュアの選び方

ヘアマニキュアってたくさんあるから、どんなものを選ぶといいのか悩む人も多いのではないでしょうか。
私も派手髪にする時、マニパニにするかエンシェールズにするか…とかなり迷いました。

また、ヘアマニキュアと似ているカラートリートメント類(髪の表面に染め徐々に色づくタイプのヘアカラー)など1回でかなり染まるものから、使い続けることで徐々に染まっていくタイプもあります。

 

また、トリートメントタイプのものだと髪へのダメージはより軽減されます。
髪やせが気になる方、脱色で髪がボサボサになってしまっている方はトリートメントメントタイプがおすすめです♡

このような選び方をしていくと自ずとどのヘアマニキュアを使うべきなのか分かってくるのではないでしょうか。
今回はタイプ別にヘアマニキュアを紹介しているので是非チェックしてみてください!

日々のケアで白髪が徐々に染まるトリートメントタイプ

出典:©px.a8.net

例えば先程登場したLPLPはトリートメントタイプのヘアマニキュア。
こちらは白髪染めなんですが、週に1~2回使うことで徐々に染めることが出来ます。
だから、ムラなくより自然な仕上がりにすることが出来るんですよ◎

白髪も5分でしっかりと染まる長持ちタイプ

なんとたった5分置くだけでしっかりと染まってくれるヘアマニキュアだから、カラーリングに時間をかけたくない人におすすめ。
しかも1回のカラーで約4週間色がもつ優れもの。

おしゃれ&白髪OK!ほんのり色みのカラートリートメント

白髪にもOKのカラートリートメント。
ヘアマニキュアのように1回で色は入らないんですが髪をケアしながら徐々に色を入れることが出来ます。
一気に色が入りすぎず、ほんのりとした発色だからヘアカラーの退色防止にも最適!

派手髪さん必見!カラーパターンが豊富なヘアマニキュア

マニックパニックはカラーの種類がとにかく豊富。
なんと48色ものカラーが揃っているんです!

だから微妙な色合いもお手の物◎
派手髪にする時はマニパニかエンシェールズのシェア率はとっても高いんですよ。
2018年のトレンドカラー「ウルトラバイオレット」もあるので一度チェックしておいてください◎

人気モデルも愛用◎1回で染まるカラートリートメント

なんとヘアマニキュアのように1回でしっかりと染められるカラートリートメントもあるんです♡
髪も労りたいけど派手髪も楽しみたい人にはマストなアイテム!

デコラ系のファッションモデル紅林大空さんも愛用中なんですよ◎
私も脱色部分の髪の傷みが酷いのでエンシェールズのカラーバターを愛用しています。

ヘアマニキュアで髪に優しいカラーを楽しもう

iijima_beyond
@Instagram

いかがでしたか?
ヘアマニキュアって髪にも優しいからとっても使いやすいですよね。
特に頻繁に髪を染める人、髪の傷みやボリュームに心配がある人などには最適◎

ヘアマニキュアの中でも約4週間も色が持つものもあるので、ぜひ今回の使い方を参考に染めてみてくださいね!

ヘアマニキュアに関連する記事

こんな記事も人気です

あなたにおすすめ記事

人気記事ランキング 12/15

12/14 19:57更新
総合ランキング
コスメランキング

編集部のおすすめ

新着記事一覧

関連するキーワード

キーワードから記事を探す