コスメ

ミシャのクレンジングクリームを実際に使って検証。韓方エキス配合の『香る』メイク落とし!

ミシャのクレンジングクリームを実際に使って検証。韓方エキス配合の『香る』メイク落とし! アイキャッチ画像

今回は、ミシャの韓方シリーズ「美思」のクレンジング、美思 エイヒョン 眞本クレンジングクリームを検証してみました。

ミッチー
李氏朝鮮時代の医書『東医宝鑑』に記される『瓊玉丹』と呼ばれる薬の処方をベースに作られたというエイヒョン。どんな成分が配合されているのか、どんな洗い上がりを実現してるのか楽しみですよね!
ミシャ|美思 エイヒョン クレンジングクリームの商品

早速現品を使用して、使用感や洗浄力について見ていきましょう。

関連キーワード

ミシャのクレンジングクリームを使ってみた

ミシャクレンジングクリーム 商品画像

エイヒョンシリーズの特徴となるピンクを基調としたパッケージで、中心にある『韓方』のロゴやハングル文字がいかにも本場の韓国コスメって感じですね。

ミッチー
箱やチューブには日本語表記のシールが貼ってあって、試しに剥がすと裏にはハングル文字での説明が記載されていました。

サイズは大きめの200ml。たっぷり大容量ですが価格は控えめの1,650円(標準価格)。プチプラで手に取りやすいのはありがたいポイントです。

まずは洗浄力からチェックしていきましょうね。

クレンジングクリームの洗浄力チェック

洗浄力チェック

いつものように、アイブローやコンシーラー、ウォータープルーフタイプのアイライナー・リップを使って洗浄力をチェックしてみます。

クレンジングクリームを使ってくるくるとマッサージするように馴染ませてみると、優しい花のような香りを残しながらコンシーラーやアイブローなどはすんなりと落としてくれます。

洗浄力チェック完了

一方、ウォータープルーフタイプのメイクは若干落ちにくい印象。しばらくクルクルすると落とし切ることができましたが、ポイントメイク用のリムーバーを別途用意すると◎

ミッチー
洗浄力が強すぎるクレンジングを顔全体に使うのは、肌刺激が強すぎるのでNG。ミシャのクレンジングに限らず、ポイントメイク用と全顔用は必ず別で揃えてくださいね。

洗い上がりは?

顔にも同様に使用してみましたが、洗浄後にはしっとりとした保湿感と優しい香りを残してくれて、肌のつっぱり感はありません。

ミッチー
特にしっとり感が驚いたポイント。ミネラルオイルを軸にしたクレンジングは肌の乾燥を感じやすいものですが、植物エキスなどの保湿成分が配合されているからか、なめらかな肌質のままに洗い上げてくれました。

ファンデーションやアイブロー、チーク、コンシーラーなどをすっきりと落とす、日常使いに適した優しい洗浄力。洗い上がりのつっぱりを感じない保湿感を残してくれるところがいいですね。

くせになりそうなホッとする香りもあり、スキンケアを癒やしの時間として過ごすことができそうです。

ミッチー
使用感はとても良かったのですが、、、保湿や香りを生み出すためにどんな成分が配合されているかが気になりますよね!いつものように詳しく見てみましょう。
ミシャ|美思 エイヒョン クレンジングクリームの商品

ミシャ クレジングクリームの成分分析

ミシャクレンジングクリーム成分表

水、ミネラルオイル、セテアリルアルコール、PG、オクチルドデカノール、グリセリン、ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸PEG-100、ペンチレングリコール、ポリソルベート60、ジメチコン、パルミチン酸、ステアリン酸、ポリアクリレート-13、カルボマー、トロメタミン、ステアリン酸ソルビタン、カプリリルグリコール、BG、ココイルグリシンK、ポリイソブテン、スベリヒユエキス、カカオ種子エキス、オタネニンジン根エキス、クロマツ枝/葉エキス、サボンソウ葉/根エキス、ハス花エキス、ポリソルベート20、EDTA-2Na、ヒナゲシ花弁エキス、イソステアリン酸ソルビタン、ジオウ根エキス、ハチミツエキス、マカデミアナッツ油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ブクリョウタケエキス、センキュウエキス、クチナシ果実エキス、カンゾウ根エキス、コプチスチネンシス根エキス、オウゴン根エキス、マグワ樹皮エキス、アブラナステロールズ、PEG-5アブラナ種子ステロール、シトステロール、コレステロール、ミツロウ、セテス-24、コレス-24、水添レシチン、1,2-ヘキサンジオール、セラミドNP、エチルヘキサンジオール、リン酸セチル、BHT、フェノキシエタノール、香料

高い洗浄力を持つミネラルオイルを先頭に、複数の乳化剤やノニオン型界面活性剤で洗浄力のバランスを作りつつ、多数の植物エキスと保湿成分で潤いを残す構成に見えます。

ミッチー
国内で発売されるクレンジングではあまり使われない成分も見られますね。パット見で特に目を引くのは多数の植物エキスですが、、、詳しく見てみましょう!

20種類のオーガニック成分を配合

クレンジングクリームに含まれるオーガニック成分

スベリヒユエキス、カカオ種子エキス、オタネニンジン根エキス、クロマツ枝/葉エキス、サボンソウ葉/根エキス、ハス花エキス、ヒナゲシ花弁エキス、ジオウ根エキス、ハチミツエキス、ブクリョウタケエキス、センキュウエキス、クチナシ果実エキス、カンゾウ根エキス、コプチスチネンシス根エキス、オウゴン根エキス、マグワ樹皮エキス、アブラナステロールズ、PEG-5アブラナ種子ステロール、マカデミアナッツ油、ミツロウ

生薬や薬膳の素材にも使われるスベリヒユや朝鮮人参、川芎、地黄、甘草など、20種類の植物エキスを組み合わせて配合してあります。

そのうち、公式サイトでアピールされているのは4つの成分。

アトピスマイルクリームの効果的な使い方

  1. 蓮花エキス
  2. 浄化と保湿に優れた、蓮の花から採れるエキス。優れた水分保持能力で理想的な肌水分を維持する

  3. 黒松エキス
  4. 強い生命力を持つ黒松から採れる成分。肌のバリア力を高め、トラブルを起こりにくくする。

  5. 華清水
  6. マイナスイオン水とヒナゲシ花弁エキスの組み合わせ。保湿力と肌への吸収力に優れる。

  7. 瓊玉丹
  8. 高麗人参、地黄、茯苓、ハチミツをカプセル化して配合。玉のように輝くツヤ肌へと導く

よく見ると、全20種類中7種類の説明がありますね。

残りの成分を見てみると、漢方由来の整肌成分や保湿成分、肌バリアを整えたりブライトニング効果をもたらすものなどが配合されていました。

ミッチー
肌を優しく鎮め整えてくれる漢方成分やアブラナから採れるコレステロール様成分など、美肌へと整えてくれる成分ばかり。油膜で肌を保護しつつ肌を整えてくれる効果に期待できます。

肌バリア成分セラミドNPを配合

肌バリアを司る細胞間脂質に含まれる『セラミド』のうち、加齢で特に失われやすいセラミド3(ヒト型)を配合されています。

保湿をもたらすことで乾燥による小じわを軽減する効果があると言われていて、ちょっと高めの化粧水に含まれることもある成分ですね。

クレンジングは洗い流すものなので保湿成分は必要ないという意見をたまに聞くものの、セラミド配合の洗顔料を使用することで保湿に差が生まれたという研究結果も。

ミッチー
実際に使ってみると、セラミドなどの保湿成分が入っている洗顔料のほうがしっとり感が残りますよね。

抗菌剤の選択と、気をつけるべき成分

抗菌剤には玉露の揮発成分として有名なフェノキシエタノールを選択されています。

パラベンの代わりに使用されることが多い低刺激な抗菌剤で、「エタノール」という名前は入っていますがエタノールとは構造が違う別物ですよ。

ミッチー
気をつける成分としてはPGとBHT、香料の3つ。

PGはおしりふきにも使われる、抗菌力を併せ持つ便利な保湿成分。BHTは製品の酸化防止のために配合される成分ですが、高濃度での使用時にはごくまれにアレルギーが起こるようなので、気になるようなら腕などで試しに使用するのをおすすめ。

香料は、香料としか記載されていないため『どんな成分が配合されているかわからない』という意味で気をつけるべき成分です。何を香料として使われているかで安全性は異なるので、こちらも気になるようなら腕などで試してみてくださいね。

ミッチー
過去におしりふきを使ってかぶれた経験がある人は注意!
ミシャ|美思 エイヒョン クレンジングクリームの商品

まとめ

1000円台で200mlとプチプラながら多数の保湿成分を配合されていて、正直びっくりしました。

瓊玉丹をベースに作られた韓方シリーズのクレンジング。香りの良い保湿オーガニック系クレンジングを探している人におすすめしたい商品ですね。

コスメに関連する記事

こんな記事も人気です

あなたにおすすめ記事.

人気記事ランキング 09/18

09/18 18:32更新
総合ランキング
コスメランキング

編集部のおすすめ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す