未分類

オルビスのメンズスキンケアMr.シリーズの使用感レビュー。成分解析からおすすめの肌質を紹介。

オルビスのメンズスキンケアMr.シリーズの使用感レビュー。成分解析からおすすめの肌質を紹介。 アイキャッチ画像

2ステップで完成する男性用スキンケア用品として、オルビスから発売されたMr.シリーズ。

肌のベタつきを潤いでカバーしつつテカリを防いでくれると噂のアイテムですが、使用感はどうなのか、ベタつかずにさっぱり肌をキープできるのか、気になりますよね!

オルビス|メンズスキンケア Mr.シリーズの商品

そこで、今回は実際にオルビスのメンズスキンケアMr.シリーズを使った結果を徹底検証。

クレンジングとジェルのそれぞれに含まれる成分を分析し、おすすめの肌質についてまとめてみました。

ミッチー
結論から言うと、テカリ顔が気になるベタつき肌の男性にはもってこいの商品でした。150mlの容量で1,700円とコスパも良いですよね。

様々な肌質の方による口コミ評価についても紹介するので、参考にしてみてくださいね。

関連キーワード

オルビスのメンズスキンケアMr.シリーズを早速使ってみた

Mr.シリーズは洗顔とジェルローションの2ステップで完了する手軽さがウリ。

それぞれの正しい使い方と併せて、使用感を詳しく見ていきましょう。

ミスターフェイシャルクレンザーの使用感レビュー

ミスター フェイシャルクレンザー 商品画像

効果的な使い方

  1. お湯(36〜37度)を使って、顔と手を予洗いします
  2. 1cmほどを泡立てネットに取り、しっかりと泡立てます
  3. 鼻〜額〜頬〜口周り〜目の周りを順に洗います
  4. 洗顔料が残らないように10回以上すすぎます。

うっすらとクレイの香りがある洗顔料、Mr.フェイシャルクレンザーから使用してみます。

ミッチー
シンプルなグレイ一色の容器で、いかにも『メンズ向け!』といった印象のデザインです。洗面台に置いたとき「この洗顔誰の??」って聞かれる心配のない安心感。いいですよね。

まずは手と顔を体温程度のお湯を使ってしっかりと予洗いします。

体温より高い温度だと肌刺激になったり肌に必要なバリア成分を洗い流してしまうので、36〜37度程度のぬるま湯がベスト。

ミスターフェイシャルクレンザーを泡立てネットに出してみた

保湿成分と泥、炭の混ざったキラキラの洗顔料を泡立てネットに取り、しっかりと泡立てていきます。

泡立てを怠って手の摩擦でゴシゴシ顔を洗ってしまうと、肌刺激になって肌の乾燥を引き起こしたり、毛穴の黒ずみを悪化させたり、はたまた肌バリアを壊すことで肌が余計な油分を出してしまい、ベタつきの原因になることも。

ミスターフェイシャルクレンザーの泡立ち

その点、ミスターフェイシャルクレンザーはもっちりとした泡立ちが簡単に作れて、泡がヘタりにくいのがポイント。

保湿成分が入っていることもあり、弾力のある泡がしっかりとキープできているので、手のひらを下に向けても泡が落ちません。

ミッチー
泡がすぐヘタっちゃうとついゴシゴシ洗いがちなので、肌に刺激になってしまいます。ミスターの洗顔料にはグリセリンやマルチトールなど保湿剤が配合されているので、泡の弾力がしっかり。顔に載せたあともちゃんと泡の力で洗顔することができるのが良いところですね。

洗顔は、油分の多い鼻の周りから額、頬を通って口周り、最後に皮膚の薄い目元を優しく洗い、その後は洗顔料が残らないように10回ほどしっかりとすすぎます。

あまり長時間洗うのはよくありません。1分程度で優しく洗い上げることで、肌に必要な油分を残しつつ、肌刺激を抑えるように心がけましょう。

クレイ配合ということで、洗い上がりはさすがのさっぱり感。

洗浄力が強めの洗顔料だと洗い上がりにツッパリ感が出ることがありますが、グリセリンとマルチトールによる保湿効果からか、肌への刺激はあまり感じませんでした。

ミッチー
僕は肌刺激を感じることなく使えましたが、それでも洗浄力はしっかり目なので、洗顔後には保湿ケアが必要です。顔が濡れたままだと蒸発する際に顔の水分も一緒に持っていってしまうので、入浴後または洗顔後には優しく押さえるようにタオルドライして、15分以内にジェルローションを使ってくださいね。

ミスタースキンジェルローションの使用感レビュー

ミスタースキンジェルローション 商品画像

効果的な使い方

  1. 洗顔後15分以内に使用してください。
  2. 清潔な手のひらに1~2プッシュをとります
  3. 軽く手で温めて、顔全体に優しく塗り拡げます
  4. 顔全体を優しく押さえて化粧水を浸透させます

以前の真っ黒な容器からクリアな容器にリニューアルしたMr.スキンジェルローション。

ミッチー
外見は変わったけど中身は据え置きです。残量が確認しやすくなったのが嬉しいポイントですね。ノズル式で適量を取りやすく、乳液などを続けて使う必要のない手軽さがあるので僕みたいなズボラさんでも続けやすいです。

洗顔後は肌から水分が流出しやすいタイミングなので、15分以内にジェルローションを使用しましょう。

ちなみに洗顔は1日2回までが鉄則。ベタつきが少ない肌質であれば、朝はお湯洗顔だけに留めて「お湯洗顔→ジェルローション」でもOKですよ。

ミスタースキンジェルローション テクスチャ

手にとってみると思いのほかとろっとしたテクスチャー。さっぱり系だと思っていたので、ちょっとびっくりしました。

色は無色透明で、ほのかに植物エキスのようなスッキリ系のニオイがしますが、鼻をかなり近づけないと匂わない程度の微香タイプです。

ミスタースキンジェルローションの使用感4ステップ

軽く手で温めて全顔に伸ばしていくと、手にとった瞬間のジェルのような感触が一気にみずみずしさに変わり、肌に水分を広げているようなさっぱりとした感触に変わります。

ミッチー
『ジェルローション』という名前は確かにその通り。この感触は紛れもなくジェルローションですね。ベタつきを肌に一切残すことなくスっと広がり、すべすべとしたさわり心地に整えてくれます。

この「さらっとスベスベ感」は女性向けのスキンケア用品でもなかなか体感できない使用感。

朝使用して夕方までベタつきを抑えてさっぱりとした肌感をキープすることができ、肌に必要な水分はしっとりと補ってくれているのも感じ取ることができます。

オルビスミスターの使用後、肌質チェッカー

朝オルビスミスターを使用して、仕事上がりでの肌質がこちら。水分37%、油分が33%とベタつきの原因になる油分を抑えつつ、水分量をキープすることができました。

乳液不要のオールインワンタイプで、これ1つでスキンケアを終わらせられるのは確かに手軽でいいですね。

使用感は水のようにスっとひろがり、めちゃくちゃさっぱり。保湿化粧水のようなベタつきは一切なく、それどころかサラサラ仕上げの感触の良さから頬ずりが止まらなくなるほどです。

とは言え肌に必要な水分を失わせるようなこともなく、保湿しつつ整肌してくれているのが手触りでわかります。

この感触は、スキンケアが初めての男性にも、これまで女性用のスキンケアを試してきた人にもおすすめしてみたいですね。

コスパはいかほど??

初めて使った時にはワンプッシュで足りるかな?と思って2プッシュ使いましたが、ワンプッシュでも十分に全顔へと伸ばすことができます。

使い続けてみた結果1ヶ月半ほどで使い切ったので、ジェルローションのコスト計算では1日あたり37円ほど。これほどの使用感で1,700円ってのは他のプチプラ系化粧品ではまだ見たことないですね。

オルビス|メンズスキンケア Mr.シリーズの商品

オルビスメンズスキンケアMr.シリーズの成分解析

レビューや口コミからどんなアプローチの商品かは分かりました。が、RoccoGirlライターとして気になるのは、やはり成分内容。

配合されている成分を解析して、肌に刺激になりやすい成分が含まれていないか、また、肌に良い影響を与える成分が配合されているかをチェックしてみましょう。

ミッチー
メンズのスキンケアラインには女性向けとは全くちがうアプローチが見られます。成分表から開発者の表情が見えるみたいで楽しいですよね。

ミスターフェイシャルクレンザーの成分解析

ミスターフェイシャルクレンザー

水、グリセリン、ミリスチン酸、パルミチン酸、ラウリン酸、水酸化K、ステアリン酸、マルチトール、BG、デシルグルコシド、モロッコ溶岩クレイ、炭、グリチルリチン酸2K、ポリクオタニウム−7、セルロースガム

まずはさっぱりと洗い上げてくれたミスターフェイシャルクレンザーから。

脂肪酸とアルカリ(水酸化K)が成分表に見られることから、石鹸タイプの洗顔料ということがわかりますね。シンプルな成分構成で、泡立ち良くしっかりとした洗浄力が見て取れます。

ミッチー
ヤシ由来の脂肪酸が選択されている部分に、オルビスのこだわりが感じられます。洗浄力を見る上で注目したいのが、モロッコ溶岩クレイと炭の配合です。

モロッコ溶岩クレイはマグネシウムなどのミネラル成分を多く含んだ粘土成分。水を含むとマイナスの電子を出す特徴から、プラスの電子を持つ毛穴の古い角栓や汚れなどを吸着する働きをもっています。

炭もまたミネラル成分を含み、汚れを吸着する働きを持った成分。消臭・抗菌効果の高さが有名ですね。

ミッチー
泥成分は高い吸着力で毛穴に詰まった汚れを落としてくれる特徴を持ちますが、洗浄力が強い半面、洗浄後に肌がつっぱりやすいこともあるので、商品選びの際には保湿成分の配合があるかチェックしたほうがいいです。

ミスターの洗顔に含まれる保湿成分はグリセリンとマルチトール。スキンケア用品に保湿成分として配合される成分で、洗浄後の肌にしっとりとした感触を残してくれる効果をもちます。

石鹸成分と泥・炭成分、保湿成分、泡立ち成分、粘度調整剤で構成されたシンプルな洗顔料。肌のベタつきが気になる人や、毛穴の黒ずみをケアしたい人におすすめの成分で構成されています。保湿成分が入っていてもそこそこ洗浄力は高めなので、洗顔後には保湿ケアを心がけたいところです。

ミスタースキンジェルローションの成分解析

ミスター スキンジェルローション

水、グリセリン、BG、エタノール、ユーカリエキス、キウイエキス、加水分解コラーゲン、グリチルリチン酸2K、キサンタンガム、(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10−30))コポリマー、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン

グリセリンをベースに、植物由来の整肌成分と肌内部の保湿に向けた成分、増粘剤、製品の安定化を目的とした成分で構成された、シンプルなジェルローションです。

名はローションと付いていますが、保湿ジェルと呼んだ方がしっくりくる設計ですね、プチプラ化粧水でありがちな、水分補っときゃOK的なアプローチではなく、肌内部でもしっかりと保湿しつつ、肌のベタつきを抑えて潤いをキープする方向に舵を切っているところは、さすがオルビスといった印象。

ミッチー
特に目を引くのが、2つの植物由来エキスと、加水分解コラーゲン。

抗菌と収れん効果をもったユーカリエキスは、毛穴の開きから油分が増えがちな男性の肌を引き締める効果によって、ベタつきを抑えつつ整肌する働きをもちます。

キウイエキスは保湿効果によって肌ぐすみをケアする働きをもった成分。併せて配合される加水分解コラーゲンは、コラーゲンをより細かく分解することで分子量を小さくし、肌内部の角層に浸透しやすくした保湿成分です。

ミッチー
女性よりも肌の水分量が少なく油分が多い男性肌は、肌内部の乾燥を補うためにより多くの油分を出してしまう悪循環でベタつきによるテカリが悩みになりがち。Mr.スキンジェルローションは肌内部の角層で水分をキープする構成によって、肌の透明感を高めつつベタつきを抑える働きをもちます。

漢方由来の植物エキス、グリチルリチン酸2Kの配合も。荒れがちな肌を整えつつ優しく潤わせる構成はニキビケア用のスキンケアにも良く見られますね。

気になる点としては、成分表の比較的上位にエタノールの配合が見られること。成分表での位置を考えると、植物エキスを抽出する際に使われたものと思いますが、肌が敏感ですぐにかぶれてしまうような人にはおすすめできない成分です。

僕は冬場のお風呂上がりで放置しておくと顔が乾燥してカサつきを感じる程度の乾燥肌ですが、とくに肌刺激を感じることなく使用できています。

強いて言えばアミノ酸やセラミド配合の化粧水を使って、保湿クリームとの併用がベストですが、そうなるとそれぞれ¥5,000オーバーになるのでコストがめちゃ高くなっちゃいます。

「低価格で肌のベタつきを抑えつつ整肌したい」のであれば、保湿成分や美肌成分がロクに入っていないプチプラ化粧水に手を出すよりも、断然Mr.スキンジェルローションをおすすめします。

成分表から見たおすすめの肌質は?

こんな人におすすめ

  • 日中、肌にベタつきを感じる
  • おでこや鼻などにニキビができやすい
  • これまでスキンケアを試したことがない
  • 洗顔後につっぱりやカサつきを感じることがある
  • スキンケアはさっぱりした使用感がいい
  • コスパ重視!手軽にスキンケアを始めたい。

こんな人にはおすすめしません

  • 年中肌荒れに悩んでいる
  • 極度の乾燥肌で、常に粉を吹いているような状態
  • 香りの良い化粧水を探している

オルビスMrシリーズがおすすめなのは、肌のベタつきを抑えつつサラッとした仕上がりをキープしたいという人。

朝から洗顔して、昼にはベタつきで顔中がテカって脂っぽい肌質であれば、肌を引き締めることで余計な油分を抑えてくれるMr.シリーズは適したスキンケアラインと言えます。

油分を抑えることでベタつきを抑える処方なので、極度な乾燥肌で化粧水を使わなくてもカッサカサな肌質の場合、油分が不足してカサつきが進んでしまう可能性も。

ミッチー
ベタつきよりもカサつきが気になる場合は、肌質に適した保湿ライン・・・例えばオルビスユーから試してみるのをおすすめします。オルビスユーの口コミと感想エントリで詳細をまとめているので、参考にしてみてくださいね。
オルビス|メンズスキンケア Mr.シリーズの商品

最安値調査:一番オトクに買えるのは??

Mrシリーズ セット

化粧品は毎日使うものなので、なるべく安く購入してケチらず使うのが一番ですよね。

そこで、通販サイトや実店舗、ドラッグストアを調査して、どこが最もお得に購入できるのかを調査してみました。

ミッチー
結論から言うと公式が最もお得で「買いやすい」です。詳しくは調査結果を見てみて下さいね。

通販サイトでの最安値はYahoo。。。

大手通販サイトでのオルビスミスター販売状況

最安値調査といえばまずは大手通販サイト。ということで、まずはAmazon、楽天、Yahooショッピングの中から送料を含めた最安値を調べてみます。

商品名 Amazon 楽天 Yahoo
フェイシャルクレンザー ¥1,430 ¥1,798 ¥1,430
スキンジェルローション ¥1,760 ¥2,202 ¥1,760
送料 ¥410 ¥0 ¥0
合計 ¥3,600 ¥4,000 ¥3,190

通販サイトで価格調査してみると、送料を含めた最安値はYahooの¥3,190。次いでAmazonの¥3,600が比較的安値となりました。

ミッチー
楽天・Yahooショッピングは公式でない小売店が販売しているので公式が提供している返品保証も使えず、商品の保管がどうなっているのかわからない不安もありますね。

セットでお得&初回から使えるポイントで公式が最安値

オルビスミスター公式販売

続けて公式サイトを見てみるとセットでの販売価格が設定してあり、送料無料で¥3,190。単品での販売はフェイシャルクレンザーが¥1,430、ジェルローションが¥1,760で、単品を合わせて買ってもセットでも価格は変わりません。

ミッチー
ローションの単品価格が¥1,540と表示されていますがこちらは詰替え用の価格で、商品を選択するとボトル入は¥1,760で販売されていますよ。

購入ページに表示される価格だけ見るとYahooと同じ価格に見えますが、より公式がお得という理由は初回から使えるポイントの割引によるものです。

購入ページ

上記が、公式サイトで購入を進めた最終ページに表示される支払い価格です。初回から使える700ポイントの割引が入ることによって、支払い金額は¥2,490と最安値で購入することができます。

ミッチー
700円の値引きのほかに、オルビススキンケアのサンプルが付いてくるのも嬉しいポイント。公式での購入であれば30日以内の返品・交換に応じてくれるので、万が一肌に合わない場合でも安心です。

店舗での販売は?

オルビス実店舗

ネットでの購入ではなく、ドラッグストアや実店舗での購入はどうか?と思い、販売先を探してみました。

ドラッグストアやコンビニなどでの販売はなく、実店舗ではオルビスの公式ショップでの販売が見られましたが、購入時のポイント割引もなく、公式で購入したほうがお得です。

ミッチー
コスメカウンターのお姉さんと話せるメリットはありますが、手軽に買えて安く買える公式サイトでの購入が楽で買いやすいですね。ということで、公式サイトでの購入をおすすめします。
オルビス|メンズスキンケア Mr.シリーズの商品

まとめ

今回は、オルビスのメンズ用スキンケアライン Mr.シリーズを紹介してみましたが、いかがでしたか?

ミッチー
女性向けのスキンケア用品とはデザインも成分のアプローチも違い、肌をさっぱりと仕上げつつキープしてくれる使用感は他の商品とは一線を画したテクスチャだと感じました。

初めてスキンケア用品を使う人にも、肌のベタつきが気になってついつい鼻の脂を指で取るクセが抜けない人ようなにもおすすめの商品。

肌質が変われば、表情も変わります。プチプラで手を出しやすい価格帯なので、悩んでいる人には是非試して欲しいアイテムですよ。

未分類に関連する記事

こんな記事も人気です

人気記事ランキング 12/06

12/06 12:15更新
総合ランキング
コスメランキング

編集部のおすすめ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す