オルビスユーの口コミや効果は本当?!リニューアルした化粧水・洗顔・モイスチャーを商品ごとに徹底調査。

オルビスユーの口コミや効果は本当?!リニューアルした化粧水・洗顔・モイスチャーを商品ごとに徹底調査。 アイキャッチ画像

2022年8月にリニューアルされたオルビスユーシリーズ。
オルビスの中でも大人気の商品がさらにパワーアップしているとのこと!

期待大の商品ですが「実際どうなの?」と疑問を抱いている人も多いかと思います。

そこでこの記事では、愛用者さんの口コミや実際に使ってみた使用感、コスメコンシェルジュによる成分解析など、リニューアルしたオルビスユーの気になるあれこれを徹底的に調査してみました。

オルビスユーを初めて使う人はもちろん、前作のオルビスユーを使っていた人にも参考になること間違いなし!
是非最後までご覧ください。

オルビスユーの特徴

オルビスユー化粧水・洗顔・クリームの画像

まずは簡単にオルビスユーの特徴からお話していきたいと思います。

  • ポーラ・オルビスグループ独自の有効成分デクスパンテノールWを配合した医薬部外品スキンケア
  • ※洗顔料のみグリチルリチン酸2K

  • 洗顔料・化粧水・保湿クリームの簡単3ステップ
  • ゆらぎ肌へのアプローチができる
  • 20代後半~30代に向けたファーストエイジングケア※1ライン
  • オルビス初めての方限定で初回購入トライアルセット980円

今回のリニューアルに伴い、オルビスユーが着目したのは「肌の基礎体力※2」。

今までのオルビスユーは、ファーストエイジングケア※1に注力していましたが、肌荒れを防ぐ有効成分の配合によって「ゆらぎ肌」にもアプローチをかける設計に生まれ変わりました。

さらに保湿力もパワーアップしているのだとか。

ちなみにサンプル回数はなんと90回以上。とってもこだわって作ったアイテムということがわかります。


※1年齢に応じたお手入れのこと
※2肌をうるおいで満たし・保ち、バリア機能で乾燥から肌を守る、肌本来のうるおい機能

オルビスユーを実際に使ってみた

では早速オルビスユーを使ってみたレビューをご紹介したいと思います。

オルビスユーフォーミングウォッシュ(洗顔料)

オルビスユーフォーミングウォッシュを手に持っている画像

今回のリニューアルで最も見た目の変化がなく、白を貴重としたシンプルなデザイン。

一般的なフォームタイプの洗顔といった感じですね。

手に出してみると中身も白いクリーム状のフォームです。
旧オルビスユーと比較すると少し柔らかくなっている印象を受けました。

公式推奨の量である約1cm程度手のひらにだし、泡立てネットを使って泡立てます。

オルビスユーフォーミングウォッシュを泡立てた写真

濃密モッコモコの上質な泡。
まさに生クリームのような泡で摩擦ダメージを軽減しながら洗顔することができそうです。

実際に使ってみてもすすぎ後のつっぱり感もなく、しっとり柔肌な仕上がりといった感じ。

虜になる使用感で個人的にもとっても気に入りました!

オルビスユーエッセンスローション

オルビスユーエッセンスローションを手に持っている画像

フタ部分は円柱を削ったようなデザインで、シンプルながらオシャレなボトルです。

オルビスユーエッセンスローションを手に出している画像

手に出して使ってみると、旧オルビスユーでも支持を得ていた「とろぱしゃテクスチャ」はそのまま健在。

とろっとしているのにお肌に馴染ませていくとぱしゃっと弾けてスーッと浸透してくれます。

オルビスユーエッセンスローションを手に広げた後の画像

肌馴染みがよく、べたつく感じもないので使い心地がとっても好み。
まさに、ぐんぐん飲み込んでくれるような使用感です。

オルビスユージェルモイスチャライザー

オルビスユージェルモイスチャライザーを手に持っている画像

エッセンスローション同様のデザインでこちらの保湿クリームも洗練された印象に。

スパチュラがついていないのが残念だなぁと思って調べてみると、スパチュラのみの注文はできないようですが、商品番号から注文ページより、商品番号「9923」を入力するとスパチュラをGETすることができるようです。

オルビスユージェルモイスチャライザーを手に出している画像

商品を手にしてみると、リニューアル前の商品よりも少しこっくりした濃厚なテクスチャ。

オルビスユージェルモイスチャライザーを手に広げている画像

化粧水のうるおいを溜め込んだお肌に、しっかり蓋してくれる役割を担っています。

オルビスユージェルモイスチャライザーを手に広げた後の画像

馴染ませた後もベタつかず、しっとりもっちりした仕上がりで使用感の良さも光るクリーム。

クリームとジェルの間のような絶妙なテクスチャで、「クリームは重たいけどジェルだと保湿力が心配・・」なんて人に是非試してもらいたいアイテムです。

オルビスユーをライン使いしたレビュー

今回は発売前にご提供いただき使ってみましたが、個人的にも使い続けたいと感じるアイテムでした。

ライン使いしてみて一番気に入ったポイントは使用感の良さ。
とにかく肌馴染みが良く、お肌本来はうるおっているのに表面のベタつきは感じませんでした。

ちなみにオルビスの担当者さんからのお話によると、使用感としては浸透力・保湿力がパワーアップしているとのこと。

配合されている成分からしても全くの別物で『進化した!』という印象
旧オルビスユーを使ったことがあり、イマイチ良さが感じられなかったという人にこそ是非もう一度試してみてもらいたいです!

オルビスユーの口コミ

ここからはオルビスユーの口コミを調査した結果をご紹介していきたいと思います。

冒頭でも述べた通り、オルビスユーは2022年8月にリニューアルした商品。

リニューアル後の口コミはそう多くありませんでしたが、先行発売でGETしている人や、事前にお試ししている人が口コミを投稿されていたので、そちらをピックアップしてご紹介していきたいと思います。

商品ごとにご紹介していくので、是非参考にしてください。

※口コミは個人の感想であり効果を保証するものではありません。

オルビスユーフォーミングウォッシュの口コミ

オルビスユーフォーミングウォッシュ-の画像

ぽんこ

【★5】もっちりとした泡が簡単に作れました
今まで、オルビスユーの洗顔料は使っていなかったのですが、洗い終わった時の肌が
しっとりもちもちになり、わぁ?全然違うと声を出してしまったくらいです。
すごくいいです。

杏菜ママ

【★5】ユードットのウォッシュに比べて泡立ちやすい気がします。洗った後の泡切れ、スッキリ感は夏場は気持ちがいいです。しっとり感はユードットの方がいいと思いました。

のこ

【★4】いただいたお試しセットを使いました。
正直、旧商品との感触の違い(泡立ち具合など)はよくわかりませんでしたが、化粧水と一緒に使った時の肌なじみは以前より良いと思いました。早く浸透している感じがしました。

のりたま

【★4】きめ細やかな泡が出来ました。
粘性のある泡で手のひらをひっくり返しても落ちませんでした。
泡切れの良さに一番感動しました。
洗い上がりもすべすべです。

フォーミングウォッシュでは泡立ちと泡切れの良さについての口コミが多く見られました。

洗い上がりに関しては、肌質によって意見が別れる結果に。
深刻な乾燥に悩む人や冬場はユードット、普通肌~脂性肌寄りの人や夏場はユーを選ぶのがおすすめです。

また、ライン使いでより良さを感じられたとの口コミも。
確かにオルビスのスキンケアラインはそれぞれが良さを高め合う設計で作られているので、是非ライン使いで試してもらいたい商品です。

オルビスユーエッセンスローションの口コミ

オルビスユーエッセンスローション-の画像

ハイカカオ

【★5】オルビスユーリニューアル記念特別セットを使用しました。
以前とのローションとの違いが明確すぎるくらい、濃密なローション。
手に取るととろぱしゃが進化したってすぐに分かるくらいのテクスチャーです。
同じオルビスユーでリニューアルされて、価格も変わらずこんなに使い心地が良くていいのかな?という贅沢さ。
しっかり肌に浸透して潤いがアップしたような気がします。
ただ、真夏とか今の季節だとちょっと重め?なので付けすぎに注意です。

ぱんだ

【★5】ぱしゃっと感が旧シリーズよりもパワーアップしていて、肌にのせたとたんに表面に広がり、すぐにぐんぐんと浸透していきます。使用量目安はあっという間に浸透。肌本来の潤いを最大限引き出してほしい私には追いローションは必須なので、20mLくらい使っています。
オルビスユーの旧シリーズから新シリーズに移行して1週間ほど使い続けたところですが、徐々に肌にはりがでてきたなと感じています!継続していこうと思います!

みわ

【★5】新しいユーシリーズ楽しみにしておりました。ローションを使ってみたところ、以前のユーローション同様、とろっとしたテクスチャーですが、つけ心地は軽いのにしっかりもっちり肌になりました。ベタつくこともなく、かと言ってお肌はしっかりもっちり…季節問わず使っていけそうですね。

くまこ

【★4】ずっとオルビスユーユーザーです。とろぱしゃな使用感は変わらずですが、旧商品よりも肌への浸透力がアップしたのを感じました。初めて使った日の翌日、たるんだ毛穴がキュッと丸くなったのを感じて嬉しくなりました。

多くの口コミが寄せられたのは浸透力について。

オルビスユーならではの「とろぱしゃ」テクスチャによって角層まで浸透し、ベタつかない仕上がりが評価を得ているようです。

使用感の良さは言わずもがな、ファーストエイジングケア※の味方になってくれるような仕上がりにもいい口コミが寄せられていました。
※年齢に応じたお手入れのこと

オルビスユージェルモイスチャライザーの口コミ

オルビスユージェルモイスチャライザー-の画像

エスみかん

【★5】以前のジェルのものよりこっくり潤う感じです。オルビスユードットだと冬は良いけど、夏はちょっとと思ってオルビスユーを使用していました。この商品はちょうど間くらいの使用感で付けた時は少しベタつく感じはありますがしっかり潤い、後さらっとしてくれるので私にはちょうど良い感じです。

くまこ

【★4】ジェルですがクリームのようなテクスチャーです。こっくりしていますが、肌に乗せるとスーッと馴染みぴたっと密着します。夏に使ってもベタつかず、心地よい使用感でした。

リニューアル前のユーと比べるとしっとりさが増したという口コミが多く見受けられました。

まさにリニューアル前のユーとユードットの間といった感じ。

「ベタつきたくないけどしっかりうるおいは欲しい!」という女性の願いを叶えたようなアイテムです。

オルビスユーの成分分析

ここからはコスメコンシェルジュによる、成分分析の結果をお話していきたいと思います。

オルビスユー共通成分分析

まずは、シリーズ共通成分からご紹介したいと思います。

キーポリンブースター※

キーポリンブースターのイメージ画像

旧オルビスユーでも採用されていたキーポリンブースター※は角層のすみずみまでうるおいで満たすことができるオルビスの独自成分。

  • シーグラスエキス
  • 桃葉エキス
  • ヤグルマギクエキス

このキーポリンブースターのエキスにより水の通り道と呼ばれるアクアポリンにアプローチをかけ水分を循環させることができ、うるおいが満たされた肌に導きます。

※シーグラスエキス、桃葉エキス、ヤグルマギクエキス配合=肌にうるおいとハリ感を与える保湿成分

MCアクティベーター※

MCアクティベーターの説明画像

お肌本来が持つうるおいにアプローチをかけるMCアクティベーター※。

独自の研究に基づいた、「お肌のうるおいを引き出し、うるおいを高めてハリを与える」保湿成分です。

※オトギリソウエキス配合=肌にうるおいを与え、うるおいに満ちたハリツヤ肌へ導く保湿成分

オルビスユーフォーミングウォッシュの成分分析

オルビスユーフォーミングウォッシュの-成分表画像

【有効成分】 グリチルリチン酸2K【その他の成分】水、グリセリン、ミリスチン酸、パルミチン酸、ラウリン酸、水酸化K、ステアリン酸、マルチトール液、アルキルグリコシド、DPG、 アクリルアミド・アクリル酸・塩化ジメチルジアリルアンモニウム共重合体液、 オトギリソウエキス、 シーグラスエキス、ヤグルマギクエキス、 桃葉エキス、ケイ酸AI・Mg、 ヤシ油脂肪酸アシルグリシンK液、サンゴ草抽出液、 塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体、BG、ポリ塩化ジメチルジメチレンピロリジニウム液、 カルボキシメチルセルロエースNa、ヒドロキシプロピルメチルセルロース

モロッコ溶岩クレイ(ケイ酸AI・Mg)とアミノ酸系洗浄成分(ヤシ油脂肪酸アシルグリシンK液)を配合した濃密モコモコ泡の洗顔。

有効成分には肌荒れを予防する「グリチルリチン酸2K」を採用。

うるおいを引き込むお肌へと整えるハイドロキャッチ成分EX※1がスキンケアの下準備のような役割を果たすことで、次に使う化粧水の馴染みを高めてくれる効果にも期待ができます。

毛穴の汚れやお肌に不要なものは優しく落とし、うるおいの吸着力を高い状態へと導くブースターのような役割を担ってくれる洗顔料です。

※サンゴ草抽出液、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体

オルビスユーエッセンスローションの成分分析

オルビスユーエッセンスローション成分表の画像

【有効成分】 デクスパンテノールW【その他の成分】水、グリセリン、DPG、ジグリセリン、 オトギリソウエキス、シーグラスエキス、ヤグルマギクエキス、 挑葉エキス、 アルギン酸硫酸Na、メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液、シクロへキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、 PEG (80)、 1,3-プロパンジオール、ローカストビーンガム、 グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、 POE (24) POP (24) グリセリルエーテル、BG、グリセリンエチルヘキシルエーテル、キサンタンガム、カルボキシビニルポリマー、水酸化K、フェノキシエタノール

人気なとろぱしゃなテクスチャはそのままに、浸透力と保湿力がパワーアップしたエッセンスローション。

有効成分として配合されるのは高濃度で配合することを実現した、ポーラ・オルビスグループの独自の肌荒れ有効成分「デクスパンテノールW」。

また、共通成分であるキーポリンブースター※1とMCアクティベーター※2によって肌内部からうるおいを与える設計です。

さらにヒアルロン酸の2倍の保水力を持つと言われるリピジュアの配合も相まって、しっとりとしたもち肌へと導いてくれます。

角層までぐんぐん飲み込むような使用感とうるおいを逃さない膜を形成。

「届ける」と「守る」を両立した高保湿化粧水です。

※1シーグラスエキス、桃葉エキス、ヤグルマギクエキス配合=肌にうるおいとハリ感を与える保湿成分※2オトギリソウエキス配合=肌にうるおいを与え、うるおいに満ちたハリツヤ肌へ導く保湿成分

オルビスユージェルモイスチャライザーの成分分析

オルビスユージェルモイスチャライザーの成分表

【有効成分】 デクスパンテノールW【その他の成分】水、グリセリン、メチルフェニルポリシロキサン、ジメチコン、BG、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、水添大豆リン脂質、ジグリセリン、ベヘニルアルコール、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、オトギリソウエキス、シーグラスエキス、ヤグルマギクエキス、 桃葉エキス、 PEG (80)、1,3-プロパンジオール、グリセリンエチルヘキシルエーテル、トリメチルシロキシケイ酸、キサンタンガム、カルボキシビニルポリマー、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、高重合ジメチコン-1、水酸化K、フェノキシエタノール

ベタつきを軽減しつつ、うるおい満タンのハリ肌に仕上がりを叶えてくれるジェルモイスチャライザー。

有効成分は化粧水と同様の「デクスパンテノールW」。

また、低温度の環境でも水分保持力をキープするグルコシルトレハロース※1も新成分として配合されています。

肌のうるおい保持構造に着目し、高い保湿持続性を叶える、独自の高含水ラメラビルド処方を採用していることによって速攻と持続の2段階保湿を可能にしています。

もちろん、キーポリンブースター※2やMCアクティベーター※3によって自らもうるおいを与えてくれますが、化粧水をたっぷり溜め込んだお肌の”うるおいを逃さない”設計になっている保湿クリームです。


※1水添デンプン分解物混合溶液
※2シーグラスエキス、桃葉エキス、ヤグルマギクエキス配合=肌にうるおいとハリ感を与える保湿成分
※3オトギリソウエキス配合=肌にうるおいを与え、うるおいに満ちたハリツヤ肌へ導く保湿成分

リニューアル前との違いは?

新旧オルビスユーの商品画像

ここからはオルビスユーがリニューアルしたことでなにが変わったのかという点をご紹介していきたいと思います。

リニューアル前 リニューアル後
種類 化粧品 医薬部外品
有効成分
ケア効果 肌荒れケア
エイジングケア
エイジングケア
無添加成分 無油分、無香料、無着色、アルコールフリー 無油分、無香料、無着色、アルコールフリー、パラベンフリー

まず一番の変化は有効成分が配合された医薬部外品に生まれ変わったところ。

デクスパンテノールWもグリチルリチン酸2Kも肌荒れを予防する有効成分として配合されています。

今まではエイジングケアに特化したスキンケアという印象が強いアイテムでしたが、お肌のゆらぎもケアしてくれるのは嬉しいポイントですね。

また、気になるお値段はそのまま!
リニューアルして進化したにも関わらず、トライアルセットも現品もお値段の変更はありませんでした。

新旧オルビスユーの比較も行っているので、こちらも参考にしてください。

  • リニューアルした新オルビスユー!新旧を比較した違いを徹底解説。

オルビスユードットの違いは?

オルビスユーとオルビスユードットの商品画像

オルビスユーとユードットはどちらも人気が高く、「どっちを選べばいいかわからない」という疑問の声を多く見かけます。

ユードットの特徴をご紹介しつつ、それぞれおすすめできる人や、価格を比較していきたいと思います。

オルビスユードットの特徴

いきいきした印象に導くために開発されたオルビス最高峰のエイジングケア※1ライン。

それぞれ有効成分が配合されており、エイジングケア※1×美白ケア※2を叶えてくれるアイテムです。

共通成分として配合される「GLルートブースター」がお肌を健やかに保つために必要な水分と油分のめぐりをサポート。

ライン使いすることでお肌に透明感を与え、ふっくらとやわらかいお肌へ導いてくれるスキンケアです。

詳しく知りたい人はオルビスユーのレビュー記事も参考にしてくださいね。

  • オルビス ユードットの口コミや効果を徹底調査。トライアル情報成分分析もご紹介

ユーとユードットはどっちを選べばいい?

オルビスユーはこんな人におすすめ
・エイジングケア※1を始めたいと思っている人
・毛穴ケアをしたい人
・肌内部の水分量を高めたい人
・肌のゆらぎが気になる人
・普通肌~乾燥肌の人

オルビスユーは初期段階のエイジングケア※1スキンケアといった感じ。

お肌をふっくら見せることによって毛穴の目立たないお肌づくりにも貢献してくれます。

オルビス ユードットはこんな人におすすめ

    ・本格的にエイジングケア※1をしたい人
    ・美白※2ケアをしたい人
    ・肌内部の水分量を高めたい人
    ・ハリ感を求める人
    ・乾燥肌~超乾燥肌の人

口コミ投稿者を調査したところ、オルビス ユードットを愛用している人の7割が30代と40代。

エイジングケア※1を本気で取り組みたい!と思っている人にはユードットがおすすめです。
また、ユーよりも保湿力に優れていることから、深刻な乾燥に悩む人にもぴったり。


※1年齢に応じたお手入れのこと
※2メラニンの生成を抑え、しみやそばかすを防ぐ

ユーとユードットの価格比較

アイテムごとの内容量はすべて共通になっていますが、価格はオルビスユーの方が少しお安い設定になっています。

オルビスユー オルビスユードット
ウォッシュ \1,980 \2,310
ローション \2,970 \3,630
モイスチャー \3,300 \3,960
トライアルセット \980 \1,200

まとめ

いかがだったでしょうか。
この記事はリニューアルしたオルビスユーについて調査しました。

気になる人は是非お得なトライアルセットから始めてみてくださいね。

関連記事

  • オルビス化粧品の買ってはいけないという口コミは本当?人気おすすめアイテムを専門家がご紹介。
  • オルビス ユードットの口コミや効果を徹底調査。トライアル情報成分分析もご紹介
  • オルビスオフクリームの口コミや使い方、効果を調査。美容のプロが愛用する優秀クレンジングの実態とは。
  • オルビスアクアの口コミや成分分析、使ってみたレビューをご紹介。

会社概要

会社名 オルビス株式会社
代表者 代表取締役 小林琢磨
所在地 〒142-0051 東京都品川区平塚2-1-14
電話番号 03-3788-1711

関連する記事

PICKUP

カテゴリー