明るいヘアカラーを市販の髪染めで再現!!おすすめのブリーチ&カラー剤を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7487view

2018/09/14 更新 公開

こんにちは、5年間ほど市販のブリーチ剤で脱色を続けていたROCCO GIRLライター・Oniです!
今は美容室に通っていますが、美容室で脱色からデザインカラーまでしてもらうと3~4時間かかってしまってかなり大変なんですよね。

i_am_sig
@Instagram

できるだけ自分で最近のヘアカラーを再現したいという方も多いのではないでしょうか。
しかし市販のブリーチヘアカラーできちんと明るい髪になるのか心配ですよね。

今回は綺麗な明るい髪にするにはどのような脱色剤を使ったほうがいいのか、また綺麗に染めるコツなどを紹介します!

明るい髪にするにはどのくらいブリーチすればいいの?

よく「プラチナブロンドまで髪を明るくするには何回脱色したら良いの?」と聞かれることがあるんですが、髪質それぞれで脱色の度合いは違ってくるんですよね。

何度か脱色している方やヘアカラーをしたことがある方は1・2回脱色すればある程度抜けます。
黒髪から脱色するなら、2回以上は脱色したほうがいいでしょう。

自信
Question?
イマドキの黄みを抑えた明るいヘアカラーにするにはどうすればいい?
基本的には金髪の黄みがなくなるまで脱色するのではなく、ある程度色を抜いたら黄みを打ち消すカラーで染めます!
脱色してそのままの人もいるけど、黄みを抑えたい人にはおすすめ出来ません。

実際に市販のブリーチ剤を使ったとき、どの程度色が抜けるのかを実例を元に解説していきます◎

市販のブリーチ剤を使って明るいヘアカラーに

染めたことのない黒髪や黒染めを脱色する場合、市販のブリーチ剤1本では茶髪程度になります。

私が市販の脱色剤で使っていたのはマンダムのギャツビーEXハイブリーチでした。
男性用のところに置いてあるのですが、女性用の他の脱色剤と比べて一番綺麗にガッツリ色を抜くことができたように思います。

ギャツビーEXハイブリーチ
マンダム ギャツビー EXハイブリーチ(出典:rakuten)

元が茶髪の方であればこれ1本でも結構色を抜いてくれます。
黒髪の方は2回~3回使うことでしっかりとカラーが抜けます。
2・3回使う方は髪や頭皮の状態に気をつけながら脱色してください

ブリーチを使用したとき
ブリーチのビフォーアフター(出典:mandam)

上の画像ほど脱色できたら、黄みを打ち消すようなくすみ系のヘアカラーを上から入れましょう。
EXハイブリーチは綺麗に色が抜けるので、この後にカラーをいれても色ムラができにくくなります。

市販のホワイトブリーチ剤を使う場合

販売されているところが限られており、ホワイトブリーチを市販で売っているところを見たことがないという方も多いのでしょうか。
実はホワイトブリーチも一般販売されているんです。

市販の中でも人気のYSPARKのホワイトブリーチは、私も試したことがあるのですが正直言ってなかなか1回の使用では色が抜けません。

ホワイトブリーチ
YSPARKホワイトブリーチ(出典:rakuten)

ホワイトブリーチというとかなり強力なイメージがありますが、結構な回数を重ねないとホワイトっぽい色まで抜けないようです。
1回の脱色ではかなり黄みが残った印象でした。

最初はEXハイブリーチなどでガッツリ色を落として、そのあとに仕上げに使うと良いかもしれません。

明るい髪を楽しむためにプラスワンカラーでくすみヘアに

脱色後の厄介な黄みはなんだかおしゃれに見えないし、それどころか髪の痛みやパサつきが目立ってしまいます。
黄みを消してよりナチュラルな色みをキープするためには、脱色後にカラーリングすることが大切になってきます。

hime_15
@Instagram

ここではよりナチュラルで流行色に近づけられるカラーを紹介します。

どうやって染めるかすでに決めている方は、上のリンクからページジャンプで目的ごとに見ることができます。

脱色後のカラー剤はアッシュかパープル系を選ぶ

脱色後のギラツキを抑える色としてよく使われるのがアッシュやパープル
最近ではアッシュやパープルがメインのヘアカラーが多く販売されており、より絶妙なくすみカラーを再現できるようになってきました。

リーゼ泡カラーブリティッシュアッシュ
ブリティッシュアッシュ(出典:rakuten)

中でもリーゼプリティア泡カラーのブリティッシュアッシュは黄みを抑えながらナチュラルな印象へと落ち着かせてくれますよ◎
色持ちもよく人気のヘアカラーとなっています。

こんな人におすすめ

  • 色持ちをよくしたい方
  • 髪が丈夫な方

脱色後はトリートメントカラーで髪に優しくカラーリング

脱色を繰り返して以下のように髪が傷んでいる方は通常のヘアカラー剤を使うのは控えましょう

  • 髪質がゴムのようにく伸びる
  • 髪質が変わった/柔らかくなった
  • 乾燥してパサつく
  • 枝毛・縮れ毛がある

通常のカラー剤の代わりにカラートリートメントを使うことをおすすめします。

持ちは2週間とあまり良くはありませんが、髪を整えながらあまり負担をかけることなくカラーリングすることができます。
また、ホワイト系に近づけたい方もカラートリートメントがおすすめです。

スペクトラムカラーズ(出典:rakuten)

スペクトラムカラーは外国人ヘアカラーが実現できる絶妙なカラーが揃っているカラートリートメント。
実際に美容室などのサロンでもこのトリートメントカラーを採用しているところもあるんですよ◎

こんな人におすすめ

  • 外国人風ヘアカラーにしたい
  • 髪をケアしながらカラーを染めたい
  • 髪の痛みが気になる
  • 短期間でいろいろなカラーを楽しみたい

ムラサキシャンプー【ムラシャン】でカラーをキープ

髪の黄みをおさえるためのシャンプーとしては定番のムラサキシャンプー
通称ムラシャンというのですが、これを毎日使うことで徐々に黄みが薄れてきます。
脱色した髪はカラー剤が落ちやすいので、カラーシャンプーで色を長持ちさせましょう。

ナプラ N. エヌドット カラートリートメント Pu〈パープル〉
エヌドット カラートリートメントPu(出典:ナカノザダイレクト)

脱色後の黄みが気になる人、パープル系のくすみを長持ちさせたいという人にはN.(エヌドット)のカラーシャンプーがおすすめ。
これを継続して使うことで、外国人のようなナチュラルなくすみ感を演出することが出来るんです。

私も5回ほど脱色した髪にエヌドットのシャンプーとトリートメントを使ったことがあるのですが、綺麗なブロンドまで黄みを抑えることができました。

明るいヘアカラーを持続させるだけではなく、1週間使うとしっかりと色みが出るようなのでいろいろな使い方ができそうですね!
その他おすすめのムラシャンはこちらでも紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

こんな人におすすめ

  • 髪の痛みが気になって何度も染めたくない
  • カラーの持ちを良くしたい
  • ブロンドやプラチナカラーにしたい

市販で明るい色を楽しむことは出来る!

頑張れば市販でもイマドキの流行色を楽しむことはできるんです!
ただ市販のものを使用するにあたって大変なのは、髪質の維持と何回も脱色する手間があること。

とにかく市販のブリーチ剤は強力なので、必ず脱色後のケアは欠かさないようにしましょう◎

出典:©www.instagram.com

何回も脱色を続けて頭皮や髪に異常が見られたらすぐに使用を中断し、皮膚科を受診しましょう!
今まで脱色してそこまで明るい髪色にしたことがないという人はちょっと手間と思うかもしれませんが、オシャレのために頑張りましょう♡

頻繁にカラーを変えたい人はカラートリートメントの記事も参考にしてみてください♡
持続力と発色の良いカラートリートメントを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

こんな記事も人気です

人気の記事

注目のエントリー

ピックアップ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリー一覧