コスメ

更新 公開

基礎化粧品をライン使いすべき理由とおすすめブランドまとめ。賢く使うコツも!

基礎化粧品をライン使いすべき理由とおすすめブランドまとめ。賢く使うコツも! アイキャッチ画像

基礎化粧品のライン使いについて、ネット上では「ライン使い必須!」「美容液だけ良いものを選べばOK!!」など、様々な意見がありますが、結局どうすればいいのか悩んでいませんか

ブランドによってはクレンジングから保湿ケアまで、全てをシリーズで揃えることができるものもありますが、一部を変更してコストを抑えたい!という悩み、確かにわかります

僕の見解としては「肌トラブルをより早く解決・予防したければライン使いがおすすめ。けれど無理にライン使いしなくても良い」です。今回のエントリでは、ライン使いをおすすめする理由のほか、ラインの一部を他のブランド商品に変更するときのコツ、おすすめブランドを紹介します。

関連キーワード

基礎化粧品をライン使いすべき理由

僕が基礎化粧品をライン使いすべきと思う理由は、ずばり2つ。

  • ブランドが持つ肌悩みに応じたケアを十分に行える
  • 似た成分で構成されていて、肌との相性を知りやすい

これといったトラブルもない肌なら、適当なプチプラ商品を使って保水しとけばオッケーかもしれませんが、年齢を重ねた肌にはトラブルがつきもの。基礎化粧品をライン使いすることで、そんなトラブルを解決に導くための成分を、効果的に肌に取り入れることができます

肌トラブルのケアのためには、同ラインを使用することによる相乗効果と、複数ラインを使うことによるデメリットを知った上で、賢く基礎化粧品を選ぶことをおすすめします。

それらのメリットについて詳しく説明していきますね。

ブランドが持つ肌悩みに応じたケアを十分に行える

化粧品による肌トラブルへのアプローチ方法はブランドごとで多種多様。そんな基礎化粧品選びで重要なポイントは、自分がどんな肌トラブルを解決したいのか、もしくは、どんなトラブルから肌を守っていきたいのかを基準に考えることですよね。

スキンケアの効果を十二分に発揮するためには、「化粧水だけ」など一部だけの対策よりも、スキンケア工程のなるべく多いステップで対策することが有効です

例えば「乾燥によって小じわができるのを防ぎたい」のであれば、「セラミドによる肌バリア改善・保湿力の強化」がおすすめですが、セラミド配合による保湿を売りにしたブランドには、化粧水・美容液・クリームそれぞれに同じ種類のセラミドが配合されることが多く、洗顔石けんにまで配合されていることもあります。

「セラミドの力で肌バリアを改善する」という目的で基礎化粧品を使うのであれば、入浴後の保湿にも、化粧水のあとに使う美容液にも、肌表面でしっかりフタをしてくれるクリームにもセラミドが入っていたほうが目的を達成しやすい(=肌トラブルに十分にアプローチできる)ので、ライン使いのほうが効果的です。

同じ理由で、美白を狙うのにビタミンC誘導体がいいのかトラネキサム酸がいいのかなど、より効果を実感できた成分を知ることができるというメリットもあります。

また、美白効果を狙ってビタミンC誘導体を配合された化粧水を使うとして、同じラインの美容液にはビタミンC誘導体の働きを助ける成分が配合されていることも。そういった商品であれば、ライン使いによって、より高い効果が期待できますね

似た成分で構成されていて、肌との相性を知りやすい

基礎化粧品選びで重要なもう一つのポイントは「肌との相性が良いか、肌にトラブルが生まれないか」ですよね。肌のキレイを保ち、ふっくらしたキメのある状態に導くための基礎化粧品で肌トラブルが起きるのは避けたいものです。

同じブランドから発売されている商品は、似た成分が多く含まれているので、肌との相性を知りやすいのもメリットのひとつです。

たとえばエトヴォスのバイタライジングラインは化粧水に56種の成分、クリームに64種の成分が使われていて、そのうち34種類が全く同じ成分

化粧水よりも油分の多いクリームには種子油の種類が多く、カルボマーやタマリンドガムなどの増粘剤を配合されているなど、仕上がりを変えるための違いは見られますが、高セラミドで幹細胞エキスや種子油などを中心に配合という特徴は化粧水と同じ。もちろん、クリームと化粧水では配合されている成分量の違いなどもあると思いますが、化粧水が肌に合うのであればクリームも肌に合いやすいと思います。

生理前や季節の変わり目など、肌質が変化しやすい時期を避けてスキンケアをラインで導入し、1週間後の肌質を元に判断するのがおすすめ。肌荒れの原因が成分によるものか、時期的な問題なのか、トラブルの原因を特定することができます

ブランドごとで訴求ポイントやコンセプトが決まっていて、似た成分が多く含まれているので、アレルギーの心配が少なくなります。肌トラブルが起きてしまった場合にも原因を特定しやすいですよね。季節の変わり目や生理前の時期は肌がゆらぎ、一時的に肌トラブルが起きやすくなるので、原因を特定するためにもその時期を避けてライン使いを試してみましょう

以上のことから、基礎化粧品選びにとって重要となる「肌悩みを解決に導く」「肌トラブルを予防する」という2つの面で、ライン使いをおすすめしています。

だからといって、ライン使いを徹底しなければ駄目というわけではなく、ポイントを押さえて「できるだけ」ライン使いをしていくのが、基礎化粧品の賢い使い方だと思います。

賢いライン使いの方法とは?

基礎化粧品、ライン使いの疑問

  • プチプラ化粧水と組み合わせたら駄目なの?
  • 美白ラインと保湿ラインは組み合わせてもOK?
  • クレンジング剤も同じメーカーのものが良い?

組み合わせることで、より効果を実感できるライン使いですが、コストの面からプチプラ商品と組み合わせたいという人も多いですよね。

また、お気に入りの美白クリームがあるけど、保湿力を高めるために保湿美容液を組み合わせたいという人も居るのではないでしょうか。

クレンジングなどがラインに含まれていない場合は同じメーカーのものを組み合わせるべき?などの疑問もあると思います。それぞれお答えしていきますね!

プチプラ化粧水と組み合わせたら駄目なの?


菊正宗 日本酒の化粧水 高保湿 500ml
参考価格:¥907

「全ライン揃えるほどコストをかけられないけど、一部ぐらいはそのブランドを使いたい!」という場合、僕の意見としては美容液やクリームをラインから選び、化粧水は極力コンセプトの近い化粧水を選ぶなどで調整すると良いと思います。

例えば、美容液にはセラミド高配合の保湿ラインを使用するのであれば、化粧水も同じくセラミド配合の菊正宗など、商品のコンセプトを合わせることで、効果を実感できると考えるとよいでしょう。

逆に化粧水が高いのに美容液やクリームがプチプラというのは、効果を考えるともったいないと感じます。ラインのどれか一部を揃えるなら、「①美容液・クリーム→②乳液→③化粧水」の順で揃えたいですね。

美白ラインと保湿ラインは組み合わせてもOK?

例えば美白クリームと保湿化粧水などの組み合わせですが、僕の意見としてはあまりおすすめできません

美白クリームで保湿力が足りない場合、化粧水を保湿ラインに変えても効果を感じることは難しいと思うので、よりそれぞれの効果を実感したいのであれば、保湿力のある美白ラインに変えるのが得策だと思います。(保湿効果の高い美白ラインを探すのが大変ですが・・・)

化粧品に使われる成分同士の相性について、レチノールとビタミンC誘導体を併用すると美白効果が落ちるという意見もあります。美白・ニキビケア系の商品はなるべくラインで揃えていきたいですね。

クレンジング剤も同じメーカーのものが良い?

同ブランド名で販売される基礎化粧品のライン中には、クレンジング剤や洗顔料が含まれていたりいなかったり。同じメーカーが発売しているものを選ぶべきかどうか。迷いどころですよね。

僕の意見としては、ニキビケア商品や、敏感肌/乾燥肌向け商品に含まれている場合は試してみることをおすすめします。

ニキビや乾燥肌の原因は間違った洗顔にあるケースもあり、クレンジングや洗顔料が肌の油を落としすぎたり、落とし方が足りないことが原因になることがあるためです。

洗顔料は洗い流してしまうので、保湿効果に期待が出にくいように思えますが、油分やセラミドを配合されている洗顔料には、洗顔後の潤いをキープしてくれる効果があります。保湿ラインにセラミド入りの固形石けんが含まれていることもありますね。

また、メイクに合わせてクレンジングを変えるのもおすすめです。落ちにくいメイクを使用した日はオイルクレンジング、ナチュラルメイクの日には水溶性のクレンジングジェルなど、なるべく肌にダメージを残さずに、なおかつメイクに合った洗浄力を持つクレンジングを選びましょう。

保湿におすすめの基礎化粧品ブランド

エトヴォス|モイスチャーライン

  • モイスチャライジングローション:150ml
  • モイスチャライジングセラム:50g
  • モイスチャライジングクリーム:30g

石けんを含むラインの全商品にセラミドを配合した、乾燥肌におすすめのエトヴォス保湿ライン。セラミドの中でも特に肌バリア効果が高いと言われるヒト型セラミドを、エトヴォスのスキンケアシリーズ内で最も多い5種類配合(セラミド1,2,3,5,6II)。1gで6リットルという高い保湿量を誇るヒアルロン酸や、肌内部で保湿を司る天然保湿因子NMFも配合し、乾燥がちな肌を潤いで満たす処方となっています。

───乾燥肌さん
高保湿ラインということで楽しみにしていましたが、使ってみると噂通りすごくいいですね!30を過ぎたのを期に、これまでプチプラを貫き通していたのですが、思い切って購入。ぐんぐん浸透する化粧水と、しっとり保湿してくれる美容液、一晩置いてもしっとり保湿をキープしてくれるクリームと。どれもすごくお気に入りです!乾燥で悩んでる人に、ぜひおすすめです。

セラミド高配合を誇るエトヴォスの保湿ラインです。ほんのりとろみのある化粧水は肌にのせるとしっとりと潤い、いかにも効果のありそうな白濁色の美容液は肌を柔らかな潤いで包んでくれる感触。少し固めのクリームを顔に点置きして伸ばすと、とても伸びがよく、肌の仕上がりは「うるうる」>水分チェッカーでも翌日夕方まで保湿をキープした実力派です。

エトヴォス モイスチャーライン トライアルキットの商品

ニキビケアにおすすめの基礎化粧品ブランド

エトヴォス|バランシングライン

  • 【医薬部外品】薬用 アクネVCローションⅠ:150ml
  • 【医薬部外品】薬用 アクネVCクリームジェル:50g
  • バランシングVCクリアスポッツ:25g

高い浸透力を持つビタミンC誘導体(VCエチル)を配合した化粧水と、持続性があり保湿効果を持つ油溶性のビタミンC誘導体を配合したクリーム、整肌効果をもつアゼライン酸誘導体を3%配合されたスポット用クリアジェルで構成されたライン。

ビタミンC誘導体はメラニン生成を抑えることでニキビ跡の黒ずみを防ぎ、同時に日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ美白ケア効果も。

併せて配合されるグリチルリチン酸2Kはニキビの発生を予防。ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持つリピジュアや、肌内部で保湿を司る天然保湿因子(NMF)を配合し、大人ニキビの原因となる肌内部の乾燥を防ぎます

───脂性肌さん
毛穴の黒ずみとフェイスラインのニキビが気になっていて購入しました。大人ニキビは保湿が大事って言いますが、さらっとした使用感で保湿もしてくれます。ベタつかずに使用感はいいですよ。生理前などはどうしてもニキビができてしまうときもありますが、以前ほどボロボロになることもなく落ち着いてきました。肌のくすみもなくなってきたかも?

さっぱりした感触のローションと、ニキビケア商品には珍しくしっとりとした潤いを感じさせる保湿ジェル。ラインの各商品に別のビタミンC誘導体を配合しニキビと肌くすみにアプローチ。保湿ジェルと部分用ジェルにはセラミド配合で肌バリア強化も。追加で部分的に使用するVCクリアジェルは海外でニキビ治療薬として使われるアゼライン酸を3%配合する肌荒れ用ジェル。ニキビができてしまった肌にも、これからできるニキビの予防にも活用できるラインですね。

エトヴォス バランシングライン トライアルキットの商品

敏感肌におすすめの基礎化粧品ブランド

ノブ|ノブIII

  • 【医薬部外品】クレンジングクリーム:120g
  • 【医薬部外品】ウォッシングクリーム:120g
  • 【医薬部外品】フェイスローション:120ml
  • 【医薬部外品】バリアコンセントレイト:30g
  • 【医薬部外品】ミルキィローション:80ml
  • 【医薬部外品】モイスチュアクリーム:45g

低刺激で敏感肌にも使えるブランドの中でも、特に保湿力と低刺激性に定評のあるノブIII。ライン全商品がアルコールフリーで無香料・無着色・低刺激性を備えます。洗顔料・メイク落としには肌荒れによる炎症を優しくいたわるグリチルリチン酸2Kを配合。スクワランやヒアルロン酸Na-2などの保湿成分も配合し、乾燥しがちな荒れ肌を保湿します。化粧水以降のライン全品には天然ヒト型セラミド(セラミド3)を配合。肌内部でセラミドに挟まれて保湿を促すNMF(天然保湿因子)の主成分であるアミノ酸と、肌表面で蓋をして水分流出を防ぐスクワランをバランスよく合わせることで、敏感肌を健やかに導く肌バリア強化と保湿の両面にアプローチします。

───乾燥肌さん
超乾燥肌で、保湿力が高いと言われる化粧水をいろいろ試してきましたが、やっと潤いを感じる基礎化粧品が見つかりました!肌が赤くなっていた時期にも安心して使えて、肌に負担を感じません。肌荒れがひどい時期には通院するほどでしたが、今はだいぶ落ち着いてきています。特にコッテリした使用感のバリアコンセントレイトがお気に入りです!

臨床皮膚医学に基づいたスキンケアでお馴染み、NOVの高保湿ラインです。敏感肌向けとして販売される商品の中には無添加を売りにするあまり保湿や肌バリア強化に目を向けられていない商品も多数ありますが、化粧水→美容液→乳液→クリームと順に使用していくと、セラミド3による肌バリア強化で肌表面がしっかりと潤い、肌がやわらかくふわふわの感触に。

使用感の違う化粧水が3種類ありますが、イチオシは白濁とろみタイプ。美容液などと同じくセラミド3を配合するだけでなく、NMF(天然保湿因子)の主成分であるアミノ酸や、高い保水力を持つヒアルロン酸、表面で乾燥や紫外線から肌を守る皮脂膜の主成分スクワランを配合。肌をしっとりと保湿することで敏感肌を乾燥から守り、外部刺激を受けにくい状態に導きます。

ノブⅢトライアルセットの商品

乾燥小じわの軽減におすすめの基礎化粧品ブランド

富士フィルム|アスタリフト

  • モイスチャーフォーム:100g
  • ジェリー アクアリスタ:60g/40g
  • モイストローション:130ml
  • エッセンス デスティニー:30ml
  • クリーム:30ml
  • UVプロテクター:30g

肌にハリや弾力をもたらす成分であるパルミチン酸レチノールと、環境ダメージから肌を守る美容パワー成分アスタキサンチンが年齢サインにアプローチする高保湿エイジングケアライン。富士フィルムの独自技術によってナノ化された成分が肌の角層奥深くまで浸透。ぶどうの果皮にある抗酸化物質として知られるレスベラトロールや、肌への浸透性を高められたコラーゲンなどで、年齢を重ねた肌を徹底ケア!

───乾燥肌さん
以前は化粧水を単体で、他のブランドと組み合わせて使っていましたが、使用感が気に入っていたので同ラインに合わせてみたところ大正解!肌がぷるんと潤って、ずっと気になっていた頬の毛穴や夕方に出ていた乾燥小じわが気にならなくなりました!特に先行美容液を使ったときの化粧水をぐんぐん吸い込むところが気持ちよくて、クリームの保湿力も完璧!おすすめです!

ラインのそれぞれにアスタキサンチンを含み、うっすらオレンジ色で見た目から「効きそう!」な保湿ラインです。刺激が少なく安全な成分BG、グリセリンを基剤に、導入美容液にはセラミド3,6IIを含み、浸透力を高められた3種のコラーゲン、真皮でコラーゲンを支える成分エラスチン、肌表面で乾燥や紫外線から肌を守る皮脂膜に含まれるスクワランなど、生体系の高保湿成分を多数含有肌をふっくらしっとりと仕上げることで乾燥による小じわやカサつきから肌を守ります

アスタリフト ベーシックトライアルセットの商品

美白におすすめの基礎化粧品ブランド

富士フィルム|アスタリフト ホワイト

  • モイスチャーフォーム:100g
  • ジェリー アクアリスタ:60g/40g
  • ブライトローション:130ml
  • エッセンス インフェルト:30ml
  • 美白クリーム:30ml
  • D-UVクリア ホワイトソリューション:30g

富士フィルムの独自技術でナノサイズまで縮小された美白成分オリザノールが「BACE2酵素」の働きを阻害。シミやくすみの元となるメラニンの発生を抑えることで美白に導きます。化粧水・クリームには美白有効成分としてアルブチン、美容成分としてハーブ植物に含まれる3つの成分を世界最小クラスにナノ化し浸透力を高めたナノAMAを配合。抗酸化成分として有名なアスタキサンチン、3種のコラーゲンと併せて、うるおいによるエイジングケア効果も。

───混合肌さん
さっぱりした化粧水と、いかにも濃厚!な感触の美容液、ベタつかないクリーム。ほんのり色づくUV化粧下地と、どれも欠かせないお気に入りラインです。使うと肌がスルスルっとした感触になって、使用感もとてもいいですよ。1ヶ月ほどの使用ですが、なんとなくくすみが取れて肌が明るくなってきたような。。。続けて使ってみます!

美白ブランドの中でも低刺激、メラニンが原因となるシミやくすみに対して効果が期待できる商品です。富士フィルムのナノ技術で浸透力を高められた成分が、紫外線によるダメージから肌を守りながら、新たなシミやくすみの原因となるメラニンの発生を抑制。ラインにUVクリア機能を持った化粧下地を含んだ、本気の美白ラインです。

アスタリフトホワイト 美白トライアルキットの商品

まとめ

基礎化粧品のライン使いのポイントは、自分の肌悩みに合わせた商品選びと、実際に使った効果を成分と見合わせることです。

肌トラブルが解決できたのであれば、解決に導いてくれた成分を把握しておくことで、次に化粧品を選ぶときの道標となります。肌トラブルが起きた場合にも、トラブルの原因となる成分を予測して、次に購入するときに避けることによって、肌トラブルを未然に防ぐことが美肌への近道に。

ライン使いのメリットを十分に活かして、よりよい美肌づくりを!

コスメに関連する記事

こんな記事も人気です

あなたにおすすめ記事

人気記事ランキング 05/23

05/23 09:15更新
総合ランキング
コスメランキング

編集部のおすすめ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す