コスメ

更新 公開

基礎化粧品はライン使いすべき?メリット・デメリットとおすすめのブランド。

基礎化粧品はライン使いすべき?メリット・デメリットとおすすめのブランド。 アイキャッチ画像

スキンケア用品をどのように揃えていますか?

数あるブランドの中から、「美白」「潤う」などの響きの良いキャッチフレーズを持つアイテムをピックアップして揃えている方が多いのではないでしょうか。

そこで今回取り上げるのは、基礎化粧品の「ライン使い」です。

同じブランドでスキンケアアイテムを揃える必要があるのか、メリットとデメリットを考えてみましょう。

関連キーワード

「ライン使い」って?

pexels-photo-173665-1

同じ化粧品ブランドで一連のスキンケアアイテムを揃えて使用することを指します。
揃えるアイテムは、一般的にクレンジング・洗顔・化粧水・美容液・乳液・クリーム等のことを指します。

同一ブランドでアイテムを揃えるライン使いには、メリットだけではなくデメリットもあるんです。

メリット

pexels-photo-206608-1

◎アイテムの良さが最大限に引き出される

利点は最も化粧品の良さを引き出すことができるところ。
それぞれのブランドには異なるコンセプトがあり、使用感や有効性、機能性も違います。

メーカー側は、自製品をラインで使うことによってさらに相乗効果が高まることを考えて商品を作り上げています。
元々それらをトータルして求める理想の肌に導くことができるようになっているんです。
一貫したコンセプトなのでケアの目的がぶれることなく、より効率的に求める肌になれますよね。

似た成分を含んだ商品がライン展開されることから、アレルギーの心配が少なくなることも利点のひとつです。

組み合わせたアイテムの使用感が肌に合わず、肌トラブルを引き起こす場合には、その原因を成分から調べる必要がありますが、異なるシリーズの商品を使っている場合には、どの商品が原因なのかを特定するのが難しくなります。

自分にとって効果的と感じる成分を見極めたり、アレルギーや肌あれの原因になる成分を見極めるのに、ライン使いは適していると言えます。

デメリット

pexels-photo-4

<h4>◎ライン全てのアイテムが合うとは限らない

あるブランドの化粧品をラインで買ったとします。
その際、もしかすると使用感の気に食わないアイテムもあるかもしれません。
自分の肌には化粧水の潤いが足りなかったり、乳液が重いテクスチャーでべたついたりなど、どうしても一長一短があります。

「化粧水の使用感が良いから他のアイテムもこのブランドで揃えよう」といった考えでは、失敗するかもしれません。

そうならないためにも、ラインで購入する際には一つのアイテムの使用感を確認するだけではなく、全てを試して使用感を味わった上で検討しましょう。

◎金銭面で負担がかかる

単体で買うわけではないため、どうしても最初にかかる費用が大きくなります。
さらに、ラインで揃えると肌質が変わったときや季節によって気になる肌トラブルが変わったとき、全てを買い換える必要性が出てきます。
思わぬところで費用の負担がかかってしまうこともあるんです。

ライン使いはこのような人におすすめ

化粧品のカウンターでは、ラインでの購入を勧めることが多いです。
よって無難に思って勧められたままに買ってしまいがち。

同ブランドのラインだと、イメージ的にもきちんとケアができそうだと思いますよね。
そこで、どのような人がライン使いすべきかご紹介します。

①既にお気に入りの化粧品がある

pexels-photo-66758

何度もリピートして使用しているようなお気に入りの化粧品があるのであれば、さらにそのアイテムの効果を引き出すためにライン購入を検討してみるのは良いと思います。

②金銭面に余裕がある

pexels-photo-47396-1

年齢を重ねると、本当に肌に良い化粧品を使いたくなりますよね。
よって百貨店の高級ブランドに目を向けることが多くなりがちです。

何か一つのアイテムだけをピックアップして買うことはあると思いますが、高級メーカーで多くのアイテムをラインで買うには金銭的に厳しいものがありますよね。

よって、ラインで買う場合はしっかりと財布と相談してみてください。

③肌質が安定している

person-human-female-girl

「ゆらぎ肌」といった肌質をご存知ですか?
季節の変わり目の急激な気温の変化や環境の変化によって、肌が敏感になっていることを指します。

つまり敏感肌と特徴が似ている肌質です。
新しい肌タイプですが、近年女性の間で増えているようです。

最も多く発症する時期は「春」と言われています。
花粉や生活環境の変化によるストレス、さらに気温の急激な変化などによって肌に大きな影響を与えてしまうんです。

このような肌質の状態には、あまりラインでの購入をおすすめしません。

もし肌トラブルが発生したときに、ストレスや環境変化によるゆらぎ肌が原因なのか、購入したスキンケア用品が原因で肌あれしたのかの判断がつかないことが理由です。

ゆらぎ肌が原因だったのに、せっかく買った化粧品がすべて無駄になるのはもったいないですよね。

④化粧品に疎い

pexels-photo-205321-1

きちんとケアをしたいもののどのような化粧品を買うべきなのか分からない方には、まずはラインで購入しても良いと思います。

肌ケアをし始めた時期、基礎化粧品に関心を抱くようになったタイミングに多いと思いますが、化粧品のカウンターでどのようなアイテムが自分の肌に合っているのかアドバイスを貰った上で購入すると良いでしょう。

肌質を判断した上で、適したスキンケア用品を提案してもらえるので、自分にベストな化粧品を見つけるのには最も近道になります。

まずはラインで揃えてみると、使用しているうちに段々と化粧品について理解できてきます。それからさらに自分好みのアイテムを探していくと良いでしょう。

おすすめ化粧品ブランド

ここではライン使いするのに人気のあるメーカーを、高級なものとプチプラのものからそれぞれ1ブランドずつピックアップしました!
百貨店の高級なブランドはもちろん、低価格でも優秀なブランドだってラインで使えばさらに良い効果を期待できるんです。
ぜひチェックしてみてください◎

SK-Ⅱ(エスケーツー)

2017y02m22d_111133828

SK-Ⅱは数々のビューティー・アワードを受賞しており、安心の実績を持つブランドです。
コンセプトは「全ての女性に美しい素肌を」。
唯一無二のスキンケア成分で美を手に入れることができます。

クリアな素肌への鍵を握るのは「ピテラ」という独自成分。
肌にとって優れた成分をバランスよく配合しているところがエスケーツーの強みです。

①化粧水

1-1

出典:©amzn.to

フェイシャル トリートメント エッセンス
価格:17,000円(税抜)
容量:160ml

何十年先も若々しく美しい肌を。
多数のビューティー・アワードを受賞した名品です。
天然成分ピテラを99%以上含むエッセンスでクリアな肌に導きます。
肌本来の働きを整えるトリートメント効果が非常に高いアイテムとなっています。

②美容液

1-2

出典:©amzn.to

ジェノプティクス オーラ エッセンス
価格:17,280円(税抜)
容量:30ml

美白有効成分をふんだんに配合した美容液。
エスケーツーの美白シリーズの代表格といわれています。
シミや曇りを防ぎ、内側から輝くようなオーラ肌に導くことができます。
しっとりとした使用で心地よく、さらっとした軽いテクスチャーとなっています。

③乳液

whitening-source-derm-brightener

出典:©amzn.to

ホワイトニング ソース ダーム・ブライトナー
価格:13,000円(税抜)
容量:75g

日焼けによる紫外線ダメージから肌を守ることができる乳液。
角質層に蓄積されるメラニンダストの排出を促すことで、シミやそばかすのない綺麗な素肌に保ちます。
肌の保湿も申し分なく、肌を守りながらキメの整ったみずみずしい肌に導きます。

ライン使いならフルラインセットがおすすめ

SK-II [エスケーツー] ピテラ フルライン セット【国内正規品】SK-IIサンプル付
¥10,692

<セット内容>☆FTエッセンス75ml(化粧水)☆FTクレンジングジェル15g(メーク落とし)☆FTクレンザー20g(洗顔)☆新!R.N.A. パワー エアリー ミルキー ローション15g(美容乳液)

人気商品のため売り切れの多いSK-IIの工場から直接入荷された限定デザイン。

「スキンケアを始めたいけど失敗したくない」という方におすすめの商品です。

無印良品

2017y02m22d_113429392

出典:©www.muji.com

プチプラ化粧水などで口コミ評価が高い無印良品。

低価格なのに値段以上の使用感だと絶賛されていますが、なんといっても特徴はシンプルな処方。

デパコスと比較すると保湿成分の配合は少なく、まずはプチプラでライン使いしてみたいという人におすすめのシリーズです。

①化粧水

4548076947370_1260

出典:©amzn.to

エイジングケア化粧水・高保湿タイプ
価格:3,027円(税込)
容量:200ml

10種の天然美肌成分とヒアルロン酸やコラーゲンなどの5種の機能成分を配合したアイテムです。
乾燥や肌老化の気になる肌にみずみずしさを与えます。
美容液のようなとるみがあるもののべたつかないところがポイント。

②美容液



出典:©amzn.to

エイジングケアオールインワン美容液ジェル
価格:1,400円(税込)
容量:30g

化粧水・乳液・美容液がひとつになった保湿ジェルで、植物系を中心に10種の天然美肌成分の他、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの機能成分が配合されています。

シンプルな処方となっているため、肌の刺激に弱い肌にも使用できます。
乾燥が気になる箇所には重ねづけしてみてくださいね。

③乳液

4548076947950_1260

出典:©amzn.to

エイジングケア乳液・高保湿タイプ
価格:1,500円(税込)
容量:150ml

しっとりしているのにべたつかない乳液。
使用した翌朝には、もちもち感のある肌を実感することができます。
化粧ノリもばっちりでメイク崩れも防ぎます。

匂いも良く、リラックスしながらケアをすることが可能です。

まとめ

いかがでしたか?
今回は基礎化粧品のライン使いについてご紹介しました。
どうしてもメリット・デメリットがあるため、おすすめするのは人それぞれ。
自分の状況に合わせて検討してみたらいかがでしょうか。
ぜひ参考にしてみてください◎

プチプラ化粧水に関連する記事

こんな記事も人気です

あなたにおすすめ記事

人気記事ランキング 03/20

03/20 09:09更新
総合ランキング
コスメランキング

編集部のおすすめ

新着記事一覧

関連するキーワード

キーワードから記事を探す