デンキバリブラシ(R)の口コミ評判を調査!実際に一週間使用してレビューしてみた

エイジングケア

デンキバリブラシ(R)の口コミ評判を調査!実際に一週間使用してレビューしてみた アイキャッチ画像

発売当初はエステサロンなどの施術用品として使用されていたデンキバリブラシ(R)。

モデルやプロのヘアメイクアップアーティストなど美容家の間で話題となったことで、SNSを中心に一般ユーザーの目に留まるようになりました。

その結果、販売を求める声が大きくなり2018年から一般販売を開始。
今ではユーチューバーや有名インフルエンサーなども多く使用する美容器具として人気を誇っています。

そんな魅力的なデンキバリブラシ(R)ですが、

「使ってみたいけど高価だし試すのが難しい」
「良い口コミだけでなく悪いところも知っておきたい」

など、その高価さから容易には購入に踏み切れない人が多いのも事実。

そこで今回は、RoccoGirl編集部が実際にデンキバリブラシ(R)を購入して本音でレビュー!

総合的な評価や、期待できる効果、いい口コミはもちろん悪い口コミ、購入価格や使い方まで徹底的に深堀り調査してみました。

デンキバリブラシ(R)とは?

デンキバリブラシ写真
デンキバリブラシ(R)とは、自宅で簡単にエステのような体験ができてしまう特別なブラシ。

32本のピンヘッドが特徴的で、低周波が頭皮にピンポイントでアプローチしてくれます。

また、ヘッドだけでなく、フェイス、ネック、デコルテなどこのブラシ一本で全身ケアが可能なのも嬉しいポイントです。

先端は柔らかいシリコン製になっており、肌を傷つけることなくどんな凹凸にもフィットして使用することができます。

高崎
きな子
デンキバリブラシ(R)の製品情報はこちら!
商品名 ELECTRIC BARI BRUSH(R) デンキバリブラシ(R)
使用推奨部位 ヘッド、フェイス、ネック、デコルテなど
ブラシ 柔らかいシリコン製
特徴・効果 32本のピンヘッドから出る低周波で美しさをサポート
内容 本体、USB充電キット付属、取り扱い説明書(保証書付き)
価格 【期間限定 特別価格 キャンペーン】9/30(木)23:59まで
178,200円(税込)
通常価格:198,000円(税込)
サイズ W40 x H180 x D55mm
重量 155g
バッテリー種類 リチウムポリマー蓄電池
バッテリー容量 4.44Wh
使用時間 1回の充電で約300分

デンキバリブラシ(R)の効果を調査

デンキバリブラシ(R)に期待できること

    • 肌の美しさをサポートする
    • 上向きな印象の顔に
    • 日々のケアに特別感を与えてくれる
    • 肌環境を整える
    • 現代人の悩みにアプローチ
    • 心地よい刺激でリフレッシュできる
    • スキンケアのうるおい力をサポート
    • 頭皮ケアに

編集部内で調査した結果、デンキバリブラシ(R)に関して主にこのような意見が見られました。

日々のスキンケアなどと併せて活用することで、引き締まった印象に見えたり、頭皮ケアにつながったり。

今やっているケアからワンランクアップしたケアをしてみたい人におすすめです。

デンキバリブラシ(R)を使ってみた

デンキバリブラシ商品の写真
なにはともあれ使ってみないと良さも悪いところもわかりませんよね。

高崎
きな子
それではさっそく私が実際に使用してみた感想をレビューしていきたいと思います!

頑丈で高級そうな箱で届く

デンキバリブラシ箱商品写真
中身はもちろんですが、意外と購入したときに気にするポイントですよね、箱とか梱包って。

黒くてがっしりしており、かなり頑丈そう。高価なだけある…と思わせてくれる梱包です。

テーブルくらいの高さから箱だけ落としてみましたが全然潰れないしかなり丈夫。(中身の安全性を保証するものではないので落とさないようにしてね!)

購入後は箱に入れて保管するのが良さそうだなと思いました。

スタイリッシュなデザインなので見た目的にも◎

デザイン性の高い本体

デンキバリブラシ箱から出した商品写真

箱を開けると中央にデンキバリブラシ(R)本体。

内蓋を開くと付属の充電器が入っています。

デンキバリブラシ持った写真
デンキバリブラシ(R)自体はブラックカラーで前衛的な見た目…スタイリッシュでかっこいいです。

触ってみるとブラシは柔らかい

デンキバリブラシのブラシアップ写真
一瞬トゲトゲして痛そうだなと思いましたが、実際にブラシ部分を触ってみるとすごく柔らかかったです。

この先端部分から低周波が出る仕組みですね。

出力調整が可能

デンキバリブラシレベル調整部分のアップ写真
『刺激周期』と『刺激レベル』を調節できるボタンがついてます。

左が刺激周期で右が刺激レベルのボタンです。
どちらも四段階で調節することが可能で、押すとピッピッピと音が鳴ります。

真ん中にあるのは簡易電源ボタン。

横には電源スイッチがありますが、電源オフのときでも簡易ボタンを押しているときは作動させることができます。

ちょっと使いたいときなど、わざわざ電源を入れて稼働させなくてもボタンひとつで使用できます。

使ってみた

デンキバリブラシ電源ボタン
電源ボタンは握ると側面にあります。
デンキバリブラシ光った写真
オンにすると赤と青のLEDが光るので、ついてるかついてないかは一目瞭然。

美容器具だけじゃなくヘアアイロンとかもですが、電源入ってるか入ってない分からずつけっぱなし…なんてこともあるので良心的。

好みの刺激レベルに調節して、頭皮や顔などに使ってみました。

公式の推奨通り、頭は一部位10分、顔は全体で5分を目安にして使用します。

最初は初期設定のレベル1で…、そこからちょっとずつ上げてみましたが2が一番気持ちよく使うことができました。

デンキバリブラシ(R)を一週間使ってみた感想

デンキバリブラシ写真

今回検証するにあたって、一週間じっくり使い込んでみました。

結論から言うと、一回の使用でも肌のハリ感を感じたり、使用前よりスッキリした印象になった気がします。

最初はピリピリする感覚が正直苦手だなぁと思っていたんですが、三日目くらいから徐々に慣れ始めて、最終的にはマッサージみたいで気持ちよく感じられました。

『おうち美容』の需要が高まる現代、贅沢エステのような体験が家でできる特別感も味わえます。

お肌や髪などがいい感じに!
毎日の美容時間に特別感をプラスできるだけでなく、全身のケアも可能。
おうちでリフレッシュするにはもってこいですね。

デンキバリブラシ(R)の使い方や注意点

デンキバリブラシの本体写真
デンキバリブラシ(R)の使用方法はかなり簡単。

箱の中に説明書が入っていたので手順通りに紹介します。

まずは、電源のスイッチをオンにしてレベルなどを好みに併せて調整しましょう。

頭皮への使い方

  1. 頭皮にブラシが垂直になるように当て、少しずつ揺り動かす
  2. 生え際や髪が長い人は髪をかき分け、頭皮に垂直にブラシを当てる
  3. 低いレベルでも刺激が強いと感じたら、少量の水で頭皮にうるおいを与える

首周りへの使い方

  1. 髪が長い人は結んだり掻き上げたりしてブラシを皮膚へ垂直に当てる
  2. 顔周りからデコルテに向かって撫で下ろすように流す

フェイスラインや顔への使い方

  1. ブラシの先が皮膚に垂直になるように当てる
  2. 顎下からフェイスラインに沿って下から撫で上げる
  3. 眉上から髪の生え際に向かって流す
  4. 頬や口周りなど気になる箇所には動きを止めて使用すると◎

顔周りは敏感な部位なので低いレベルから開始して、刺激が強いときは水を塗布して使用しましょう。

デンキバリブラシの使い方
どの部位に使用するときも必ず皮膚に対して垂直に当てるようにしてくださいね。

公式サイトのユーチューブでは動画で使い方も紹介されています。
わからない場合は一度チェックしてみてくださいね。

デンキバリブラシ(R)の口コミ調査

さまざまな意見が見られるデンキバリブラシ(R)ですが、詳しくはどんな口コミがあるのか気になりますよね。

RoccoGirl編集部内で良い口コミ・悪い口コミをそれぞれ集めてみたので見てみましょう。

デンキバリブラシ(R)の主な悪い口コミ

悪い口コミ①:刺激を感じた・痛かった

  • 初めて使ったときはピリピリ感があって痛かった。
  • 慣れないせいか刺激感にちょっと驚いた。

痛みを感じる、刺激にびっくりしたなどの意見がありました。

確かに始めは思ったよりちゃんと刺激があって驚きましたが、私は使っているうちに慣れました。(感じ方には個人差があります)

また、強く刺激を感じてしまう場合は使用箇所を水で湿らせるとピリピリ感が緩和されるので試してみてくださいね。

悪い口コミ②:指紋がつく

  • 黒いボディに指紋がついてしまうのが気になる。
  • 使い終わりに手で握ったあとがついているのが苦手。

指紋が気になるといった、製品への意見も寄せられました。

ブラックボディなので指紋が気になることもあるかと思いますが、デンキバリブラシ(R)は使用毎にエタノールを含ませた布でブラシを一本ずつ拭うことを推奨しています。

使用後には持ち手部分も拭ってから片付けるようにすると指紋や汚れも気になりませんよ。

私はブラシのお手入れの最後に本体も拭うようにしていたので快適に使用することができました。

悪い口コミ③:値段が高い

  • 商品はいいんだけどやっぱり高い!
  • ほしいと思っても簡単に購入できる値段ではない

一番多かったのがこの意見でした。確かに価格は気になるところ。

デンキバリブラシ(R)は自宅にいながらエステのような体験ができるところが一番のポイントです。

調査した資料によるとエステ一回の利用平均額は8,500円程度(参考資料:「エステサロン調査」)とされています。

エステに月2回通うのと同じような感覚で、毎日全身に使用することができると考えるとかなりオトクに感じました。

デンキバリブラシ(R)の主な良い口コミ

良い口コミ①:刺激が良い感じ・使いやすい

  • 初めて使いましたが、程よい刺激が良い感じです
  • 痛気持ちいいくらいの刺激感で使いやすいです

刺激を感じるので肌・髪が良い感じになるのが分かる!といった意見が。

痛いという意見もありましたが、人によっては最初から気持ちよく感じることも分かりました。

使ってみて自分の好みの刺激レベルに設定してみてくださいね。

良い口コミ②:好きなときに使用できる・家族で使える

  • 時間や場所を気にせず使えるのがいい。家にいながらリフレッシュできます
  • 自宅にひとつあると家族全員がそれぞれ好きなときに使えるのがメリットだと思います

自宅にあるので足を運ばなくていい。ちょっとした隙間時間に使える。など、自分のタイミングで使用できるのもメリットですね。

一本あると家族で使えるのもオトクに感じる理由です。

良い口コミ③:全身に使える

  • 頭だけではなくどこでも使えるのってすごいですよね。
  • 全身使えるのが嬉しかったです!

顔だけや頭だけなど制限はないので、使用推奨部位であればどこでも使えます。

ひとつで全身のケアができてしまうのは嬉しいポイントです。

良い口コミ④:使い方が簡単

  • 面倒な設定とかないので機械が苦手な私でも簡単に使えました!
  • ボタン押すだけなのでいつでもお手軽に使えますね。

かなりシンプルな設計なので、機械を設定するのが苦手な人や、面倒な作業をしたくない人にもおすすめです。

全身に使える美容アイテムを使用するのは初めてだったんですが、普通に「あ、良い!」と思えるアイテムでした。

編集部内では、最初は賛否が別れていたものの、数日使用すると軒並み良いコメントが返ってきたように思います。

一番のデメリットかと感じた金額面も、家族全員で使えることや全身に毎日使用できることを考えると、コスパ的な意味では悪くないように感じました!

デンキバリブラシ(R)をお得に購入するためにチェックするべきポイント

デンキバリブラシ写真
デンキバリブラシ(R)を購入するときにチェックすべきなのは『保証の有無』です。

公式サイトのほかに、大手通販サイトやフリマやオークションなどでも購入できるデンキバリブラシ(R)。

非公式の販売で安かったり、中古品で値引きされていたりと、そのときの価格だけで言えば安く購入する方法はいくつかあります。

ですが、逆に高価な買い物だからこそ重要視すべきなのは保証の有無です。

万が一故障したり不備があったとしても中古品では取り扱ってくれません。また、フリマなど個人から購入したものだと偽物が届く可能性も考えられますよね。

購入を検討するのであれば、保証がついてくるサイトでの購入をおすすめします。

まとめ

デンキバリブラシの写真2
自宅に居ながらエステのような体験ができると、SNSで人気のデンキバリブラシ(R)を調査してみました。

毎日のケアにプラスワンをして贅沢なおうち美容をはじめましょう!

関連する記事

人気記事ランキング

カテゴリー