コスメ

アルコールフリー化粧水おすすめ11選!敏感肌スキンケアにプチプラ~高保湿ランキング

アルコールフリー化粧水おすすめ11選!敏感肌スキンケアにプチプラ~高保湿ランキング アイキャッチ画像

敏感肌の人や、お肌のトラブルが気になる人に人気のアルコールフリー化粧水。

特に肌の乾燥が気になる人に選んで欲しいアイテムですが、アルコールにはデメリットがあるものの、肌質によって実はメリットもあるんです。

きな子
おすすめのアルコールフリー化粧水をランキングで紹介するほか、肌に与える影響や、正しい商品の選び方などについても紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね。

こんな人に読んで欲しい記事

  • 敏感肌など肌トラブルを抱えてる
  • アルコールがお肌に与える影響を知りたい
  • アルコールフリー化粧水の選び方が知りたい
  • おすすめのノンアル化粧水が知りたい

関連キーワード

アルコールフリー化粧水とは?

アルコール(エタノール)を一切含んでおらず、パッケージにノンアルコールアルコール無添加と表記されることがあったりなかったりする化粧水です。

ちなみにエタノール=アルコールですよ!

ミッチー
アルコールが配合されている場合には「アルコール配合!」とアピールされることがないので、成分表に「エタノール」という表示がないか、しっかりチェックしてくださいね

アルコールは肌への刺激が強く、お肌の弱い敏感肌・乾燥肌・インナードライなどの方が使うと肌トラブルを起こす場合があります。そのため、なるべくなら避けたい成分の一つなんです。

ただし、アルコールという名前が付く成分は全て刺激があるかと言えばそうでもないので注意が必要。似た名前の成分を紹介しておきますね。

アルコール・エタノールに関わる成分

  • セテアリルアルコール、ベヘニルアルコール、ラウリルアルコール
  • 主に植物から得られる高級アルコール。製品の感触を滑らかにしたり、乳化させるために配合される。

  • フェノキシエタノール
  • 化粧品の抗菌剤として配合される、玉露にも含まれる成分。エタノールとは構造の違う別物。

  • グリセリン
  • 高い保湿力を持った、水性基材の中でも低刺激性を誇るベース成分。三価アルコール。

ちょっと難しい話ですが『アルコール』という名前は炭素原子が連なったものにOHが結合した有機化合物のことを指し、OHが1つしかないものを低級アルコール(エタノール)、複数あるものを多価アルコール、8個以上つながったものを高級アルコールと呼びます(高級=値段が高いって意味じゃないですよ)。

低級アルコールと多価アルコールの違い

同じアルコールでも1価のエタノールは揮発性がありさっぱりで、3価のグリセリンは滑らかな使用感。炭素原子のつながりで肌への刺激が大きく変わるのは、使用感が大きく違うことからも分かります。

と、難しい話は置いておいて「エタノールは乾燥しちゃう」ってことを覚えとくとOKです。

アルコールフリー化粧水を探すのであれば、成分表にエタノールが含まれていないかをチェックしてくださいね。

アルコールフリー化粧水の選び方

いくらエタノールが入っていなくても、他にも肌トラブルを起こしやすい成分が入っていれば逆効果です。
そこで今回はRoccoGirlスタッフが実際に使用してエタノールの他にも肌刺激になる成分の配合がないかなど徹底調査。

ミッチー
いくら有名ブランドや高級化粧水だったとしても、肌に合わなければ望んだ結果は得られません。

エタノール以外で気をつけるべき成分についてもチェックしてみましょう。

注意したい成分

  • ブチルパラベン、プロピルパラベン
  • ハイドロキノン
  • 水溶性ビタミンC誘導体
  • レチノール
  • 香料
  • タール系色素

防腐剤の中でも長く使用されてきたパラベンは少量でも高い防腐効果を発揮し、防腐剤の中では肌刺激も少ない成分ですが、様々なメーカーがパラベンフリーをアピールすることで嫌われてきた可哀想な成分。
実はパラベンには種類があり「ブチル > プロピル > エチル > メチル」の順に抗菌力と肌刺激が変わります。

ミッチー
パラベンフリーと記載があっても、代わりに使われる防腐剤が肌刺激になれば意味がありません。エチルパラベン、メチルパラベンなどの配合であればあまり気にする必要はないでしょう。

美白化粧品に配合されることの多いハイドロキノンやビタミンC誘導体、小じわ改善効果のあるレチノールにも注意が必要です。美白・抗シワ成分は敏感になっている肌にとって刺激になりやすいので、肌が安定してから使用するのが鉄則。刺激によって肌が黒くなってしまうと逆効果になります。

ミッチー
水溶性ビタミンCは皮脂を抑制する効果があるので、肌に乾燥を引き起こします。どうしても使いたければ油溶性や両親媒性のビタミンC誘導体をおすすめ

アルコールフリー化粧水のおすすめランキング

タイプ別でオススメのものを選びました。プチプラ・ドラッグストアで買えるものなど、お値段に関係なくオススメ出来るものを紹介しています。

【殿堂入り】ORBIS|オルビスユーローション

オルビスユー ローション 商品画像

180ml-¥2,970(税込み)

肌を潤いで満たす肌にやさしい化粧水

アルコールオイル香料着色界面活性剤
水、BG、グリセリン、ジグリセリン、プロパンジオール、PPG-24グリセレス-24、ヤグルマギク花エキス、モモ葉エキス、アマモエキス、シナノキエキス、PEG-75、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、PEG-400、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、キサンタンガム、カルボマー、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン

Roccoライターが選ぶおすすめ殿堂入りアルコールフリー化粧水がこの「オルビスユーローション」。

アルコールフリーなだけでなく、オイル・香料・着色料・界面活性剤を不使用とし、無添加な化粧水として人気を誇っています。
さらに弱酸性設計で肌への優しさを極限まで追求した成分配合はオルビスならではのこだわりです。

オルビスユー ローション 使用画像

敏感肌では、肌のバリア機能が低下し、水を循環させる役割を持つアクアポリンが減少していることに着目。

3つの植物由来成分を組み合わせたキーポリンブースターがアプローチすることで、しっとりとしたモチモチ肌に導きます。

ミッチー
肌に水分を巡らすことで肌バリアを整え、外部刺激や乾燥から肌を守ります。さらに乾燥肌には嬉しいオイルフリー処方が魅力。

肌を水分でつつむような「とろぱしゃ」な使用感が特徴的な商品で、ベストコスメでも58冠を達成した人気アイテム。
濃密なうるおいジェリー処方のテクスチャが肌を優しく包み込んでくれます。

───30代前半 乾燥肌さん
アルコールフリーとのことで購入!余計なものが入っていないので、敏感肌の私でも使うことができました。
こんなに肌にやさしいのにしっかりと肌を守ってくれる感じがする化粧水ははじめて。
かなり保湿力があってハンドプレスで何度か押し込むとクリームいらないんじゃないかってくらいしっとりになるのがお気に入りです。なのにオイルフリーということにかなり驚き。

エタノール未使用で、メチルパラベンにフェノキシエタノール、プロパンジオールといった肌刺激の少ない抗菌・防腐剤を組み合わせて使用することで、防腐剤の配合量をトータルで減らす設計となっています。
BG、グリセリン、植物エキスなどの働きでシンプルながらたっぷりの保湿感を与えてくれるので、角層が潤いで満たされる感覚が肌に触れるたび伝わる化粧水。

肌を内側(角層)からうるおす保湿力をもったやさしいアイテムを探している人にイチオシの商品です。

オルビスユーお試し7日間セットの商品

1位:アドライズ|アクティブローション

AdryS アクティブローション

120ml-¥3,630(税込み)

保湿もしながら美白肌へ

アルコール香料界面活性剤紫外線吸収剤鉱物油
医薬部外品【有効成分】ヘパリン類似物質、水溶性プラセンタエキス
【その他の成分】水、濃グリセリン、ペンチレングリコール、ベタイン、塩化Na、BG、ウマスフィンゴ脂質、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ステアリル共重合体、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、プロリン、オキシプロリン、オウレンエキス、オウバクエキス、クエン酸、クエン酸Na

製薬会社開発の乾燥肌向け美白スキンケアセット。

アルコールフリーなほか、香料・界面活性剤や鉱物油など、肌への負担となりがちな成分は徹底して無添加としています。

肌バリアを司るラメラ構造を整えることで水分の蒸散を防ぐ働きをもつヘパリン類似物質と、濃グリセリンやペンチレングリコールの保湿作用によって乾燥肌荒れを改善に導く設計です。

肌内部で水分をキープする2種のアミノ酸、肌表面で保湿するMPCモノマーが配合されており、肌を角層と表面からしっかりと保湿で挟み込む構成が特徴的。

さらに、メラニン排出による美白効果をもったプラセンタエキスの配合も見逃せません。

美白スキンケアは肌が乾燥してしまうものも多いですが、アドライズは肌にやさしく、かつ肌を潤わせながら美白に導いてくれる特徴を持ちます。

アドライズローション使用感画像

きな子
さらに敏感肌を優しく鎮める整肌成分として漢方由来のオウレンエキスとオウバクエキスを配合。低刺激なグリセリンを水性基材の中心に置いているのも敏感肌への気遣いに感じます。

さらさらとした感触でしっかりとうるおいを持った肌に仕上げてくれます。

───30代後半 敏感肌さん
美白できるのに敏感肌でも使えるということで購入。とろみというよりもシャバシャバしたテクスチャで浸透力が高いです。
とろみのある化粧水ばかり使っていたのでこれで保湿されるか心配でしたが、何度かハンドプレスで化粧水をなじませるとしっかり浸透して保湿してくれて、ベタつかないので使いやすい。
劇的に肌が変化するようなものではなく、敏感肌や乾燥肌にも使えるやさしい美白化粧水なので、美白成分は乾燥が・・・って思ってた私のような人にオススメです。
  • きな子
    コスメ・スキンケアマイスター

テクスチャはごく普通の化粧水で特徴がないのですが、そこがポイント。刺激のない水のような自然さがデリケートな肌をやさしく守ってくれます。

化粧水で潤した肌を高バリア、吸保湿性の成分が配合されたアクティブクリームでしっかり肌を乾燥から守り、美白にしていきましょう。
さらに、アドライズについて気になったらもっと詳しく解説した『アドライズトライアルセット使ってみた』もあるのでそちらも要チェック!

大正製薬|アドライズ(AdryS)トライアルセットの商品 送料無料 化粧水とクリームのセット

2位:ファンケル|モイストリファイン化粧液

30ml-¥1,540(税込み)

肌ストレスの元を添加しない無添加化粧液

アルコール防腐剤香料合成色素石油系界面活性剤紫外線吸収剤
水、グリセリン、DPG、ジグリセリン、マルチトール、BG、メチルグルセス-10、ラフィノース、ペンチレングリコール、サクシノイルアテロコラーゲン、タチバナ果皮エキス、マンニトール、スフィンゴ脂質、グルコース、トレハロース、グリコーゲン、ローヤルゼリーエキス、スイートピー花エキス、ベタイン、エチルヘキシルグリセリン、キサンタンガム、カルボマー、シロキクラゲ多糖体、レシチン、フィトステロールズ、リン酸2K、リン酸2Na、リン酸K、クエン酸Na、クエン酸、トコフェロール

ファンケルのモイストリファインは、高分子なサクシノイルアテロコラーゲンの働きによって肌表面をうるおいを高め、肌表面から水分の蒸散をバリア。また、セラミドのもととなるスフィンゴ脂質を配合することで肌をバリアし、敏感肌の悩みである刺激から肌を守る効果があります。

ミッチー
乾燥・敏感肌をうるおいで満たしてくれる化粧液ですね。

水性基剤の中でもとくに低刺激なグリセリンを中心とした設計。糖由来の保湿成分や整肌植物エキス、肌の角層に成分が浸透するのを助けるレシチンの配合など、シンプルながら乾燥・敏感肌をしっかりと保湿しながらバリア機能を整える成分が見られます。

肌バリアを形成するために必要なラメラ構造づくりをサポートするラフィノースや、セラミドの働きと関わりのあるシロキクラゲ多糖体が肌内部の水分をキープ。キメのあるうるおい肌に導きます。

ファンケルは、肌の潤いを保つために必要な角質層の保湿をサポートする成分として、アクティブセラミドを独自開発。魚類由来のセラミドと組み合わせることで高い保湿力が生み出されることを発見しました。その効果は学会でも発表され特許を取得されたほど。

ファンケル独自の高分子コラーゲンの働きと合わせて、肌内部と表面をやわらかな潤いで満たす構成となっています。


しっとりとした感触で柔らかなうるおいを与えてくれます。

ファンケル化粧品は、エタノールをはじめ、防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤を一切使用していない無添加処方が特徴。

防腐剤が一切入っていないので、開封後の使用期限は60日。開封日を忘れないようフレッシュシールが同封されているのも好印象です。

とにかく低刺激でしっかりと肌内部の角質層から保湿したい!という人に試して欲しい商品です。

初回購入は化粧液の現品に加えて乳液と洗顔、パック、マスクがついて現品1本より安く購入できる破格のキットがおすすめ。

ファンケル│モイストリファイン 1ヵ月うるおい毛穴ケアキット【毛穴パック付き】の商品

3位:草花木果|白花八草化粧水

白花八草商品画像

180ml-¥4,180円(税込み)

敏感肌のことを考えてつくられた美白化粧水

アルコールパラベン合成香料鉱物油紫外線吸収剤タール系色素
【有効成分】アルブチン、L-アスコルビン酸 2-グルコシド、グリチルリチン酸ジカリウム【その他の成分】ユズセラミド、コメ胚芽油、サクラ葉抽出液、ユキノシタエキス、トウキエキス(1)、センキュウエキス、ヒキオコシエキス(1)、チンピエキス、オウレンエキス、カモミラエキス(1)、ドクダミエキス、常水、濃グリセリン、クエン酸、クエン酸ナトリウム、精製水、水酸化カリウム、ピロ亜硫酸ナトリウム、1,3-ブチレングリコール、フェノキシエタノール、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、キサンタンガム、ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液、アクリル酸アルキル共重合体エマルション(1)、ヒドロキシメトキシベンゾフェノンスルホン酸、1,2-ペンタンジオール、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、ラフィノース水和物、ポリオキシブチレンポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリセリルエーテル(3B.O.)(8E.O.)(5P.O.)、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ステアリル共重合体、香料

植物生まれの自然派スキンケア「草花木果」がリリースした美白ライン、白花八草。

きな子
草花木果シリーズでは初となるエタノールフリー化粧水です。

デリケートだけど美白ケアをしたい人でも使えるような優しい設計で、アルコールフリーの他にも「パラベンフリー・合成香料無添加・紫外線吸収剤不使用・タール系色素不使用・鉱物油不使用」と合計6つの無添加成分があります。

これだけ無添加要素を持ちながらも有効成分は3種類と贅沢な配合。

ハイドロキノン誘導体とも呼ばれる「アルブチン」は美白の有効成分で、ハイドロキノンにブドウ糖を結合したもの。シミやそばかすのもととなるメラニン生成の前段階であるチロシナーゼに作用してメラニンの生成を抑えます。

きな子
アルブチンは安定性があるため誰でも使いやすく、敏感な肌でも使うことができる美白成分なんです

併せて配合される美白有効成分はL-アスコルビン酸2-グルコシドというビタミンc誘導体の一種。メラニン色素の生成を抑えるだけでなく、できてしまったメラニン色素を還元し、色を薄くする効果も持っています。

また、肌荒れを抑える有効成分グリチルリチン酸ジカリウムの配合もあり、刺激を受けやすい敏感肌への配慮が見られますね。

きな子
有効成分のほかにも、草花木果独自成分である「フィトCMC(ユズセラミド+コメ胚芽油)」、ラメラ層にアプローチする「ラフィノース水和物」が角層ですぐれた保湿作用を発揮。角層をたっぷりの水分で満たすことによって肌バリアを整える仕組みです。

草花木果白花八草化粧水使用感写真

白花八草という商品名の由来でもある8つの植物抽出成分「白花八草エキス」は、美しい花びらのようにうるおいであふれる透明肌を育むための保湿成分で、古くから肌に良いとされる国産のものだけを使用しています。

きな子
成分表では香料の配合が見られますが、これは100%天然のもので合成香料は使用していません。高知県で有機栽培されたゆずをベースにフローラル系の精油を使用しているので、ほのかに爽やかな香りがして気分もリフレッシュできそうです。
───30代前半 乾燥肌
化粧水が浸透したと思ったらもっちりでさらさらな肌に。今まで味わったことのない使用感で使いやすかったです。
植物の成分がいっぱい入っているのでエタノールも入ってるんだろうなと思いきやまさかのエタノールフリーでびっくりしました!
美白系の化粧水はやっぱり乾燥肌ではピリっとすることが多かったのですが、この化粧水は肌が飲み込んでる感じはするもののヒリヒリすることはなく使えたのでそこも◎
  • きな子
    コスメ・スキンケアマイスター

肌になじむさらっとしたテクスチャとほんのり香るゆずが特徴的。

成分表にある常水というのはただの水ではなく、飲んでも体に良いとされる鹿児島県霧島山麓の関平温泉水のことで、ここにもこだわりを感じられます。

植物由来エキスによる保湿効果と6つのフリー設計で、美白化粧水では乾燥すると思っていた敏感肌さんや乾燥肌さんにおすすめしたい化粧水です。

また、『白花八草のトライアル実際に使ってみた』も要チェック!購入前にトライアル内容を確認も出来ます。

草花木果 白花八草ライントライアルの商品

4位:ディセンシア|アヤナス ローション コンセントレート

ディセンシア アヤナスローション

125ml-¥5,500(税込み)

敏感肌のことを考えてつくられた美白化粧水

アルコール香料紫外線吸収剤
水、プロパンジオール、ジグリセリン、グリセリン、PPG-24グリセレス-24、セラミド2、コウキエキス、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、ビルベリー葉エキス、アルギン酸硫酸Na、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、ラベンダー花水、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、BG、カルボマー、キサンタンガム、水酸化K、クエン酸Na、クエン酸、オレイン酸ポリグリセリル-2、セタノール、フェノキシエタノール

アヤナスはストレスや睡眠不足による肌荒れにも着目した敏感肌向けラインで、ベストコスメ15冠を受賞した人気スキンケアシリーズ。

肌を一番に労るため、アルコールフリー・紫外線吸収剤不使用・合成香料不使用と、刺激の原因になり得る成分を全て使用せず作られました。肌を内側からしっかりと保湿して肌バリアを整え、特許技術も取得したヴァイタサイクルヴェールでほこりや雑菌からの外部刺激を守る構成です。

また、コウキエキスやニオイテンジクアオイ水によって荒れがちな肌を整えながら潤いを与える働きも◎敏感肌が陥りがちな肌トラブルにもアプローチします。

ミッチー
敏感肌は紫外線や花粉、PM2.5などによる外部ダメージを受けやすいため、まずは肌バリアを整えることが重要ですね。

ディセンシア アヤナスローション使用画像

肌バリアを整えるために効果的な成分といえば、細胞間脂質の40%を占めるセラミドです。

アヤナスローションには、セラミドの中でも特に水分キープ力が高いといわれているセラミド2(ヒト型)に加え、セラミド類似成分フィトステロールズを配合。

さらに、セラミドと同じ働きをすると言われるバリア成分ペリセアを組み合わせることによって、年齢肌に不足しがちな細胞間脂質成分をしっかりと補ってくれます。

ミッチー
アヤナスに配合されるのは、セラミドをナノサイズのカプセルに入れることで浸透性を高めたセラミドナノスフィア。肌内部で潤いを長時間キープする働きに期待できますよ。

非常に濃密なテクスチャーを持った化粧水ですが伸びがよく、肌にしっとりとした潤いの膜を残しながらほんのりとした優しい香りを残します。

───40代前半 乾燥肌さん
とろみテクスチャなのにベタつかず浸透。セラミドが入っていて保湿感はたっぷりしています。
皮膚科に通うほどひどい肌状態だったのですがかなり良くなって、痒みがでることがほとんどなくなりました。
代わりに肌にハリがでた気がして、翌日までふっくらお肌になります。

うるおいが不足しがちな乾燥の季節にも、これからエイジングケアを始めてみたいという人にもおすすめな敏感肌向け化粧水です。

ディセンシア|アヤナス トライアルセットの商品

5位:エトヴォス|モイスチャライジングローション

ETVOS モイスチャーライジングローション

150ml-¥3,520(税込み)

肌バリアを高め高保湿な化粧水

アルコール石油系界面活性剤鉱物油シリコンタール系色素合成香料パラベン
水、グリセリン、ラベンダー花水、プロパンジオール、ジグリセリン、BG、1,2-ヘキサンジオール、ホスホリルオリゴ糖Ca、グルコシルセラミド、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ポリクオタニウム-51、ヒドロキシプロリン、PCA-Na、乳酸Na、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、トレオニン、プロリン、タウリン、ロイシン、バリン、イソロイシン、チロシン、フェニルアラニン、アスパラギン酸Na、リシンHCl、ヒスチジンHCl、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、アラントイン、α-グルカン、ラベンダー花エキス、アロエベラ葉エキス、クズ根エキス、クロレラエキス、キサンタンガム、クエン酸、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール

アルコールフリー・パラベンフリー・石油系界面活性剤不使用・鉱物油不使用・シリコンフリーなど、この他にもたくさんの無添加成分が特徴的で、合計7つの無添加設計。

余計なものを配合しない代わりに、肌バリアをしてくれる植物由来のセラミド、グリコシルセラミドを配合することでうるおいを守り、さらにセラミドの働きを助けるPOs-Caが配合されることでうるおいをキープしてくるETVOSモイスチャーライジングローションです。

ミッチー
肌のうるおいに欠かせない20種類のアミノ酸を含む、22種類のnmf(天然保湿因子)成分を配合。nmfはアミノ酸のバランスを整えることで肌へのサポートを高めると言われており、たくさん配合されているのはとてもうれしいですね。

エトヴォスモイスチャライジングローション使用感画像

肌内部のバリア強化だけでなく、肌表面にもしっかりとした保湿をもたらしてくれるのが、モイスチャーローションの特徴。

肌表面で高い保湿力を発揮するリピジュアとヒアルロン酸Naに加え、分子量を細かくすることで肌内部に浸透しやすくした加水分解ヒアルロン酸を配合することで、肌内外での保湿を実現しています。

さらに保湿だけでなく、ラベンダー花水などの肌を鎮める三種の植物エキスとアラントインの働きで荒れがちな年齢肌を優しくキープ。

───30代後半 乾燥肌さん
セラミド入りの化粧水を使ってみたくて購入。ややとろみがあり手でなじませやすいです。
かなりの乾燥肌なんですが、しっかり肌に塗って寝ると朝まで肌がふわふわなのが頼もしい。
お値段が少し高いかな~と思っていましたが、使用感や肌への優しさを考えると敏感肌乾燥肌の人は試してみる価値絶対あります!

グリセリンをベースに置くことで低刺激ながらしっとりとした使用感を実現、フェノキシエタノールによる抗菌で安全性にも配慮した設計となっています。

もちろんエタノールフリーで水分の蒸散も防いでくれます。

セラミドや角層の保水力のもととなるNMF(天然保湿因子)成分で高めた保湿力をさらにキープするために美容液や保湿クリームで保湿していきましょう。

エトヴォス モイスチャーライン トライアルキットの商品

6位ノブⅢ| フェイスローション

ノヴIII フェイスローションR 商品画像

120ml-¥4,400(税込み)

皮膚科も勧める化粧水

アルコール香料着色パラベン
【有効成分】グリチルリチン酸2K【その他の成分】水、濃グリセリン、BG、ヒアルロン酸Na-2、水素添加大豆リン脂質、α-グルコシルグリセロール液、オクタン酸セチル、軟質ラノリン脂肪酸コレステリル、クエン酸、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ヒノキチオール、フェノキシエタノール

novⅢは、ニキビの炎症を抑え、荒れがちな敏感肌を整える成分、グリチルリチン酸2kを有効成分として配合されたフェイスローション。皮膚科でも勧められることがあり、リピート率98%以上と高評価を得ているスキンケアラインです。

ベース成分には低刺激かつ高保湿なグリセリンを選択されており、ヒアルロン酸Na-2の働きと併せて乾燥しがちな肌をうるおいで包み込む処方。α-グルコシルグリセロール液の働きで肌リズムを整える働きにも期待できます。

ミッチー
植物由来の成分やアルコールを無添加としつつ、臨床皮膚医学に基づいた成分の組み合わせによって肌への低刺激性を実現したブランドで、敏感肌や乾燥肌にも使いやすい優しい質感が魅力ですね。

nov3 使用画像

水素添加大豆リン脂質の配合によって美肌成分が肌奥の各層まで行き届くよう配慮しています。肌をやわらげるエモリエント効果をもった油性成分の配合と併せて、お肌に素早くなじんで、もっちりとしたお肌に仕上げてくれます。

───30代後半 敏感肌さん
もうずっと治らなかった肌荒れがよくなってきました!皮膚科の先生が認めた化粧水らしくて気になって購入したのですが低刺激でかなりいい感じです。
ごわごわしていた肌がなめらかになって・・・思ったよりさらっとした質感でそこも気に入っています。
ラインで使うのがおすすめらしいので今はスキンケアをラインで揃えて使っており、しっかりした保湿感が長続きしてくれて嬉しいです。

魅力的な成分が配合されているものの、肌が敏感になってしまった乾燥肌の人には化粧水だけでは役不足です。

そこで、おすすめはライン使い。

肌に必要な油分を残しつつ優しく洗い上げるクレンジングと、ヒト型のセラミドが配合されたクリームと併せ使いして、肌バリアを整えつつうるおいのある肌をキープしましょう。

ノブⅢトライアルセットの商品

敏感肌・乾燥肌におすすめ

キュレル| 皮脂トラブルケア 化粧水

キュレル 皮脂トラブルケア 化粧水の商品
アルコール香料着色料
有効成分:アラントイン その他の成分:精製水、BG、ベタイン、グリセリン、ユーカリエキス、10-ヒドロキシウンデカン酸、酸化Zn、POEメチルグルコシド、PEG1540、コハク酸、アルギニン、POE水添ヒマシ油、パラベン

肌が乾燥して荒れやすい乾燥性敏感肌におすすめです。

ベタつかず、みずみずしく潤う使い心地で、にきび・肌荒れを防ぎます。

消炎剤(有効成分)が配合されているので、ニキビができやすい人には嬉しい化粧水です。

ちふれ|化粧水ノンアルコールタイプ

ちふれ化粧水ノンアルコールタイプの商品
アルコール香料着色料
水、BG、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/ベヘニル/オクチルドデシル)、トレハロース、ヒアルロン酸Na、トリエチルヘキサノイン、トリイソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油、セテス-20、PEG-60水添ヒマシ油、メチルパラベン、プロピルパラベン、フェノキシエタノール、リンゴ酸Na、リンゴ酸、トコフェロール

特にこだわりがなければ、ちふれのノンアルコールはコスパ優秀な化粧水です。

詰め替え用もあり、じゃぶじゃぶと使用しても気にならない価格設定ですが、敏感肌の人は要注意です。

リンゴ酸の成分に肌のピーリング作用もあり、肌内部での保湿をもたらす成分が見られないことから、肌から蒸散する際に肌内部の水分も一緒にもっていってしまう可能性があります。

金額も安いので、気軽に試せますが、保湿クリームなどとの併用を忘れずに!

プチプラで買えるアルコールフリー化粧水

アルコールパラベン香料合成着色料>
水、グリセリン、BG、ラフィノース、水添レシチン、イノシトール、セラミド3、フィトステロールズ、ベタイン、ラウロイルリシン、ポリクオタニウム-51、グリチルリチン酸2K、トコフェロール、PEG-60水添ヒマシ油、カルボマー、水酸化K、EDTA-2Na、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール

母乳に含まれた保湿効果のある成分をもとに作られたアイテムで、低刺激。肌に優しく、アトピー肌でも使いやすい化粧水です。

低価格帯ながらセラミド3やフィトルテロールズなど肌バリアをサポートしてくれる成分が配合されていますが、価格から見ると配合量は少なめと考えられます。

さらっと伸びるジェルタイプでべたつかず、さっぱりした使用感もおすすめポイント。赤ちゃん用ではありますが、肌の弱い女性からも人気があります。

ドラッグストアで買えるアルコールフリー化粧水

Excellula パワーローション EXの商品
アルコールパラベン香料合成着色料>
水、グリセリン、BG、ソルビトール、PEG-8、PEG-400、ペンチレングリコール、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、マクロプチリウムアトロプルプレウム花/葉/茎エキス、加水分解ハトムギ種子、オタネニンジン根エキス、ローヤルゼリーエキス、パルミチン酸レチノール、トリスヘキシルデカン酸ピリドキシン、カミツレ花エキス、オーキッドエキス、センブリエキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、アカヤジオウ根エキス、メマツヨイグサ種子エキス、オウゴン根エキス、クズ根エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、アルニカ花エキス、キュウリ果実エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、セイヨウニワトコ花エキス、ゼニアオイ花エキス、パリエタリアエキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、カンゾウ根エキス、ダイズ種子エキス、クエン酸Na、EDTA-2Na、カルボマー、水酸化K、クエン酸、PEG-6、PEG-32、フェノキシエタノール、オリゴペプチド-56アミドPEG-75メチルエーテル、ピーナッツ油

アルコールはもちろん、パラベン、香料、合成着色料を含まない刺激が少ない処方。

多くの植物エキスを配合しており、肌を整えつつ油分のバランスをキープする働きに期待できますが、植物エキスは人によって刺激になることもあるので少量から試すことをおすすめします。

年齢肌を潤しながらくすみの原因となる古い角層を除去し、キメの整ったふっくら柔らか肌に保つ働きをもった化粧水で、エイジングケアを始めたい&アルコールフリーの化粧水を探している人におすすめのアイテムです。

アルコールのメリット、デメリットとは?

「アルコールフリーで安心」という広告を見ると、肌への悪影響だけを心配してしまいますが、実は肌タイプによっては配合されることがメリットになることも。

ミッチー
成分は、自分の肌質にあわせて成分を選ぶことが鉄則です。

ここでは、アルコールがもたらすメリットやデメリットについて紹介しますね。

アルコールの効果(メリット)

殺菌と引き締め(収れん)、揮発性によるさっぱりとした使用感。

つまり、さっぱりした爽やかな使用感で皮脂のべたつきを抑えることができ、思春期ニキビにも効果的な成分なんです。

ミッチー
エタノールは植物エキスなどを抽出するために使われることもありますね。普通肌の人であればそこまで気にする必要もないのですが、乾燥肌には注意が必要。その理由も見ていきましょうね。

アルコールの効果(デメリット)

デメリットは、なんといっても刺激性

乾燥肌や敏感肌は、肌のバリア機能が低下している状態です。その肌にエタノールを使用するとかゆみや刺激を生み出して炎症を起こす原因に。

揮発性があるため、使用後の肌にある水分も一緒に蒸発させ、さらなる乾燥を引き起こすことも。

ミッチー
肌への浸透感を演出するためにエタノールが配合されることもあると思いますが、浸透じゃなく蒸発なら肌には逆効果。低濃度であれば心配は少なくなるので、もしエタノール配合化粧水を使うのであれば、成分表のどの位置に記載があるかを判断基準にしてみましょう。

アルコールフリーが向いている人

  • 乾燥肌・敏感肌
  • Uゾーンにニキビができる
  • アトピー体質である
  • 化粧水でかゆみやヒリヒリ感じる
  • メイク用品などでかぶれたことがある
  • 日焼け止めで肌荒れしたことがある

肌の乾燥が気になる人や、敏感になっている人はアルコールフリー化粧水がおすすめ。

また、頬やあご周りなどのUゾーンにニキビができる人はインナードライ肌の可能性もあります。肌の乾燥が原因でできるニキビなので、アルコールフリーの高保湿化粧水を選びましょう。

ただしエタノールが入っていなければどれでもOKかと言えば、もちろん答えはNOです。化粧水の選び方を参考に、自分にあった化粧水を選んでくださいね。

アルコールフリー化粧水の効果的な使い方

せっかく肌に合った化粧水を見つけても、使い方が間違っていると効果も半減してしまいます。

きな子
少し使い方を見直すだけで今よりもっと効果を得ることができることも。

使用量は10円玉

化粧水の使用量目安のイラスト

化粧水の使用量目安は10円玉サイズの量を手のひら2枚分の範囲に伸ばして使うのがベスト。

きな子
一般的には500円玉と言われていますが、皮膚科的最適量は10円玉サイズ。

なぜなら、最初から500円玉大を手に出しても一度で肌に入り切らないからです。

まずは10円玉サイズで顔全体に伸ばすことができるか試してみてください。足りないと感じればそこに少量ずつ足していきましょう。

きな子
アルコールフリー化粧水を求める敏感肌さんは特に初めて使うスキンケアには注意が必要です。一度につけすぎないようにしましょう。

併せて、「前はこの量でも良かったのに物足りない」「500円玉サイズでも全く足りない」などは肌トラブルの可能性があります。

肌トラブルのシグナル
肌は一定量の化粧水で保湿されるため、十分に行き届くとそれ以上は浸透しない仕組みです。しかし乾燥肌などトラブルが起きている場合は、化粧水をどれだけつけても効果を感じることができずどんどん量を増やしたり、過度なパックに頼ってしまうことに。

さらに、化粧水のつけすぎは、角層がふやけることで肌をもろくするだけでなく、毛穴が閉まらずキメの悪い肌へとつながる可能性も。

反対に量が少なすぎても保湿効果は低くなってしまうため、分量を守ったスキンケアを心がけましょう。

化粧水は手でつける

化粧水の効果を引き出すため、つけるツール選びも重要です。

おすすめはコットンよりも手で伸ばすこと。手と顔は同じ皮膚でできており親和性が高いほか、様々なメリットが存在します。

手でつけるメリット

  1. 顔の皮膚と親和性が高い
  2. 手のひらで温め浸透率アップ
  3. 顔の凹凸にフィットできる
  4. トラブルや肌状態の変化に気付ける

化粧品は温かいほうが浸透率がアップするので、コットンよりも手の温度でほどよく調節してから肌へ伸ばしましょう。

十分に化粧水が浸透した肌は、手でプレスしたとき吸い付くようにくっついて、うるおいを実感することができます。

化粧水の浸透を待つ必要はなし!

化粧水が浸透するまで待って次のスキンケア…というのはNG。

化粧水は時間が経つと思っているよりも早く揮発し、乾燥が始まるものです。化粧水をハンドプレスでつけたあとはすぐに乳液や美容液を使用するのが◎。

あくまで化粧水は肌をうるおすためのものなので、続く油分のスキンケアで蓋をしてあげないと効果がだんだんと落ちていってしまいます。
必要以上の化粧水を重ねたり、早く浸透させようと何度も肌をプレスしたり、パンパン叩いたりする必要はありません。

きな子
お風呂上がりや洗顔後など早めに化粧水をつけるのはよく知られていることですが、化粧水のあともできるだけ早めに次のスキンケアに移るようにしましょう。

乳液の併せ使いが必須!

いくら化粧水を肌に浸透させても、スキンケアはそこで終わりではありません。

クリームを塗るなら乳液はいらないのでは?と思っている人もいるかもしれませんが、そこが大きな落とし穴。

アルコールフリーなスキンケアを求める敏感肌さんは特に化粧水だけでなくスキンケアをラインで揃えて乳液までセットで使用することを心がけましょう。

乳液の効果

乳液は化粧水の蒸発を防ぐ他に、「洗顔で失われた皮膚膜に代わり肌表面を保護する」「角層を柔らかくする」「クリームと化粧水のなじみを良くする」などといった効果を持っています。

化粧水が水分、クリームが油分だとすると、交わらないふたつの成分をバランス良く配合したのが乳液。ふたつを混ぜ合わせる効果に優れています。

きな子
化粧水のトライアルは基本的にラインセットで購入できるため、皮膚に負担をかけないスキンケアを探すためにまずはお試しから入りましょう。
W型 ・化粧水
・(水系)ジェル
水溶性成分に保湿剤や増粘剤を加えたもの
O/W型 ・クリーム(水分多め)
・乳液
・ジェルクリーム
水溶性成分の中に油性成分が粒子になってまんべんなく散らばったもの
W/O型 ・(油系)ジェル
・クリーム(油分多め)
油性成分の中に水性成分が粒子になってまんべんなく散らばったもの
O型 ・オイル 油性成分だけで作られたもの

上の表はスキンケアアイテムの剤型の違いです。
上になるほど水溶成分が多く配合されており、下になるほど油性成分が多く配合されています。
乳液は真ん中に値し、水分と油分をバランス良く与えることができるスキンケアなんですよ。

乳液もライン使いしたほうがいいと伝えるイラスト

  • きな子
    コスメ・スキンケアマイスター

特に敏感肌さんは、アルコールフリー化粧水のみを求めるよりもアルコールフリーな化粧品で揃えるほうが圧倒的に効果が期待できます。

せっかく化粧水でアルコールの入っていないベストな化粧水を使っても、あとのスキンケアが肌に影響を及ぼす添加物入りだと効果が損なわれてしまいます。

ラインで揃えるとメインの成分が同じことが多いため一気に揃えることができるんです。

まとめ

金額にも差があるアルコールフリー化粧水ですが、薬用成分・予防効果など、それぞれに特徴のある化粧水がたくさんあります。

ヒリヒリする・赤みがある・ニキビがすぐできてしまうなどといった「肌トラブル」、まずは一番先に肌につける化粧水を変えてみると改善するかもしれません。

また、開封して日が経ってしまったものはどんなに良い化粧水でもトラブルの元になる可能性があります。
開封後はなるべく早く使用してしまいましょう。

いつも人の目に触れる肌、きれいでいたいですね!

参考文献
・すっぴんクオリティを上げる さわらない美容 – 上原 恵理 単行本

・化粧品成分オンライン 中立から根拠に基づく成分情報を伝える化粧品成分ベース

・文武科学省後援 出版社:主婦の友社 「日本化粧品検定 1級対策テキスト」
  総合監修者 全ジャンルのスペシャリスト 伊藤建三

コスメに関連する記事

こんな記事も人気です

あなたにおすすめ記事.

人気記事ランキング 09/29

09/29 15:03更新
総合ランキング
コスメランキング

編集部のおすすめ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す