コスメ

【人気】アルコールフリー化粧水おすすめ12選♪敏感肌にやさしいプチプラ~高保湿アイテム

【人気】アルコールフリー化粧水おすすめ12選♪敏感肌にやさしいプチプラ~高保湿アイテム アイキャッチ画像

敏感肌の人や、お肌のトラブルが気になる人に人気のアルコールフリー化粧水。

特に肌の乾燥が気になる人に選んで欲しいアイテムですが、アルコールにはデメリットがあるものの、肌質によって実はメリットもあるんです。

肌に与える影響や、正しい商品の選び方などについて紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね。

こんな人に読んで欲しい記事

  • 敏感肌など肌トラブルを抱えてる
  • アルコールがお肌に与える影響を知りたい
  • アルコールフリー化粧水の選び方が知りたい
  • おすすめのノンアル化粧水が知りたい

関連キーワード

アルコールフリー化粧水とは?

アルコール(エタノール)を一切含んでおらず、パッケージにノンアルコールアルコール無添加と表記されることがあったりなかったりする化粧水です。

ミッチー
アルコールが配合されている場合には「アルコール配合!」とアピールされることがないので、成分表に「エタノール」という表示がないか、しっかりチェックしてくださいね

アルコールは肌への刺激が強く、お肌の弱い敏感肌・乾燥肌・インナードライなどの方が使うと肌トラブルを起こす場合があります。そのため、なるべくなら避けたい成分の一つなんです。

ただし、アルコールという名前が付く成分は全て刺激があるかと言えばそうでもないので注意が必要。似た名前の成分を紹介しておきますね。

アルコール・エタノールに関わる成分

  • セテアリルアルコール、ベヘニルアルコール、ラウリルアルコール
  • 主に植物から得られる高級アルコール。製品の感触を滑らかにしたり、乳化させるために配合される。

  • フェノキシエタノール
  • 化粧品の抗菌剤として配合される、玉露にも含まれる成分。エタノールとは構造の違う別物。

  • グリセリン
  • 高い保湿力を持った、水性基材の中でも低刺激性を誇るベース成分。三価アルコール。

ちょっと難しい話ですが『アルコール』という名前は炭素原子が連なったものにOHが結合した有機化合物のことを指し、OHが1つしかないものを低級アルコール(エタノール)、複数あるものを多価アルコール、8個以上つながったものを高級アルコールと呼びます(高級=値段が高いって意味じゃないですよ)。

低級アルコールと多価アルコールの違い

同じアルコールでも1価のエタノールは揮発性がありさっぱりで、3価のグリセリンは滑らかな使用感。炭素原子のつながりで肌への刺激が大きく変わるのは、使用感が大きく違うことからも分かります。

と、難しい話は置いておいて「エタノールは乾燥しちゃう」ってことを覚えとくとOKです。

アルコールフリー化粧水を探すのであれば、成分表にエタノールが含まれていないかをチェックしてくださいね。

アルコールの効果(メリット)

「アルコールフリーで安心」という広告を見ると、肌への悪影響だけを心配してしまいますが、実は配合されることによるメリットもあります。

その効果は、殺菌引き締め(収れん)、揮発性によるさっぱりとした使用感。

つまり、さっぱりした爽やかな使用感で皮脂のべたつきを抑えることができ、思春期ニキビにも効果的な成分なんです。

ミッチー
エタノールは植物エキスなどを抽出するために使われることもありますね。普通肌の人であればそこまで気にする必要もないのですが、乾燥肌には注意が必要。その理由も見ていきましょうね。

アルコールの効果(デメリット)

デメリットは、なんといっても刺激性

乾燥肌や敏感肌は、肌のバリア機能が低下している状態です。その肌にエタノールを使用するとかゆみや刺激を生み出して炎症を起こす原因に。

揮発性があるため、使用後の肌にある水分も一緒に蒸発させ、さらなる乾燥を引き起こすことも。

ミッチー
肌への浸透感を演出するためにエタノールが配合されることもあると思いますが、浸透じゃなく蒸発なら肌には逆効果。低濃度であれば心配は少なくなるので、もしエタノール配合化粧水を使うのであれば、成分表のどの位置に記載があるかを判断基準にしてみましょう。

アルコールフリーが向いている人

  • 乾燥肌・敏感肌
  • Uゾーンにニキビができる
  • アトピー体質である
  • 化粧水でかゆみやヒリヒリ感じる
  • メイク用品などでかぶれたことがある
  • 日焼け止めで肌荒れしたことがある

肌の乾燥が気になる人や、敏感になっている人はアルコールフリー化粧水がおすすめ。

また、頬やあご周りなどのUゾーンにニキビができる人はインナードライ肌の可能性もあります。肌の乾燥が原因でできるニキビなので、アルコールフリーの高保湿化粧水を選びましょう。

ただしエタノールが入っていなければどれでもOKかと言えば、もちろん答えはNOです。化粧水の選び方と、おすすめ商品を紹介しますね。

アルコールフリー化粧水の選び方

いくらエタノールが入っていなくても、他にも肌トラブルを起こしやすい成分が入っていれば逆効果です。

ミッチー
いくら有名ブランドや高級化粧水だったとしても、肌に合わなければ望んだ結果は得られません。

エタノール以外で気をつけるべき成分についてもチェックしてみましょう。

注意したい成分

  • ブチルパラベン、プロピルパラベン
  • ハイドロキノン
  • 水溶性ビタミンC誘導体
  • レチノール
  • 香料
  • タール系色素

防腐剤の中でも長く使用されてきたパラベンは少量でも高い防腐効果を発揮し、防腐剤の中では肌刺激も少ない成分ですが、様々なメーカーがパラベンフリーをアピールすることで嫌われてきた可哀想な成分。

実はパラベンには種類があり「ブチル > プロピル > エチル > メチル」の順に抗菌力と肌刺激が変わります。

ミッチー
パラベンフリーと記載があっても、代わりに使われる防腐剤が肌刺激になれば意味がありません。エチルパラベン、メチルパラベンなどの配合であればあまり気にする必要はないでしょう。

美白化粧品に配合されることの多いハイドロキノンやビタミンC誘導体、小じわ改善効果のあるレチノールにも注意が必要です。美白・抗シワ成分は敏感になっている肌にとって刺激になりやすいので、肌が安定してから使用するのが鉄則。刺激によって肌が黒くなってしまうと逆効果になります。

ミッチー
水溶性ビタミンCは皮脂を抑制する効果があるので、肌に乾燥を引き起こします。どうしても使いたければ油溶性や両親媒性のビタミンC誘導体をおすすめ。

アルコールフリー化粧水のおすすめbest10

タイプ別でオススメのものを選びました。プチプラ・ドラッグストアで買えるものなど、お値段に関係なくオススメ出来るものを紹介しています。

イチオシ:肌を潤いで満たす低刺激化粧水

オルビスユー ローション 商品画像

水、BG、グリセリン、ジグリセリン、プロパンジオール、PPG-24グリセレス-24、ヤグルマギク花エキス、モモ葉エキス、アマモエキス、シナノキエキス、PEG-75、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、PEG-400、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、キサンタンガム、カルボマー、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン

キーポリンブースターがアクアポリンに働きかけることで肌を潤いで満たし、ハリのあるみずみずしい肌へと導くオルビスユーのローション。

アクアポリンは肌の表面で水分を蓄えている0.02mmほどの薄い膜(角質層)の中で、水を循環させる役割を持つタンパク質成分。加齢によって減少すると言われるアクアポリン細胞に植物由来成分がアプローチすることで、しっとりとしたモチモチ肌に。

エタノール未配合ですが、とろりとしたテクスチャを肌に伸ばすとさっぱりとした使用感。肌の内側、角質層が潤いで満たされる感触が心地いい商品です。

メチルパラベンにフェノキシエタノール、プロパンジオールを組み合わせた抗菌で安心設計。肌内部での保湿力をもった低刺激な商品を探している人にイチオシの商品です。

オルビスユーお試し7日間セットの商品

豊かなハリのある柔らかな肌へ

ディセンシア アヤナスローション

水、プロパンジオール、ジグリセリン、グリセリン、PPG-24グリセレス-24、セラミド2、コウキエキス、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、ビルベリー葉エキス、アルギン酸硫酸Na、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、ラベンダー花水、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、BG、カルボマー、キサンタンガム、水酸化K、クエン酸Na、クエン酸、オレイン酸ポリグリセリル-2、セタノール、フェノキシエタノール

敏感肌向けエイジングケアシリーズのアヤナスローション。エタノールフリーなだけでなく、肌を内側からしっかりと保湿して肌バリアを整えることで外部刺激から肌を守る構成になっています。

肌が本来持っているバリア機能を整えるには、バリアを司る細胞間脂質をサポートするスキンケア用品を選ぶことがコツ。アヤナスローションにはヒト型セラミド(セラミド2)に加え、セラミド類似成分フィトステローズを配合。年齢肌に不足しがちな細胞間脂質成分をしっかりと補ってくれます。

ミッチー
アヤナスに配合されるのは、セラミドをナノサイズのカプセルに入れることで浸透性を高めたセラミドナノスフィア。ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(別名:ペリセア)の保湿効果と合わせて、肌内部で潤いを長時間キープする働きに期待できますよ。

非常に濃密なテクスチャーを持った化粧水ですが伸びがよく、肌にしっとりとした潤いの膜を残しながらほんのりとした優しい香りを残します。

朝鮮人参由来の植物エキスなどの配合も見られ、荒れがちな肌を整えながら潤いを与える働きも◎乾燥の季節にも、これからエイジングケアを始めてみたいという人にもおすすめな敏感肌向け化粧水です。

ディセンシア|アヤナス トライアルセットの商品

肌ストレスの元を添加しない無添加化粧液

ファンケル モイストリファイン 化粧液

水、グリセリン、DPG、ジグリセリン、マルチトール、BG、メチルグルセス-10、ラフィノース、ペンチレングリコール、サクシノイルアテロコラーゲン、タチバナ果皮エキス、マンニトール、スフィンゴ脂質、グルコース、トレハロース、グリコーゲン、ローヤルゼリーエキス、スイートピー花エキス、ベタイン、エチルヘキシルグリセリン、キサンタンガム、カルボマー、シロキクラゲ多糖体、レシチン、フィトステロールズ、リン酸2K、リン酸2Na、リン酸K、クエン酸Na、クエン酸、トコフェロール

ファンケル化粧品は、エタノールをはじめ、防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤を一切使用していない無添加処方が特徴。

その中でも特にアルコールフリーの商品を求める乾燥・敏感肌の人におすすめなのが、モイストリファイン化粧液です。

ファンケルは、肌の潤いを保つために必要な角質層の保湿をサポートする成分として、アクティブセラミドを独自開発。魚類由来のセラミドと組み合わせることで高い保湿力が生み出されることを発見しました。その効果は学会でも発表され特許を取得されたほど。

ファンケル独自の高分子コラーゲンの働きと合わせて、肌内部と表面をやわらかな潤いで満たす構成となっています。

グリセリンを中心に、糖由来の保湿成分や整肌植物エキス、肌の角層に成分が浸透するのを助けるレシチンの配合など、シンプルながら乾燥・敏感肌をしっかりと保湿しながらバリア機能を整える成分が見られます。

防腐剤が一切入っていないので、開封後の使用期限は60日。開封日を忘れないようフレッシュシールが同封されているのも好印象です。

フレッシュシール

とにかく低刺激にしっかりと肌内部の角質層から保湿したい!という人に試して欲しい商品です。

初回購入は化粧液の現品に加えて乳液と洗顔、パック、マスクがついて現品1本より安く購入できる破格のキットがおすすめ。

ファンケル│モイストリファイン 1ヵ月うるおい毛穴ケアキット【毛穴パック付き】の商品

敏感肌・乾燥肌におすすめ

ノブ Ⅲ フェイスローションR

ノブ Ⅲ フェイスローションRの商品

水、濃グリセリン、BG、ヒアルロン酸Na-2、水素添加大豆リン脂質、α-グルコシルグリセロール液、オクタン酸セチル、軟質ラノリン脂肪酸コレステリル、クエン酸、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ヒノキチオール、フェノキシエタノール

しっとりとした感触で、肌荒れや乾燥しがちなお肌にたっぷりとうるおいを与える化粧水です。
お肌に素早くなじんで、もっちりとしたお肌が持続します。

アルコールフリーなのに、さっぱりとした使用感なので、使用感も◎

皮膚科でも勧められることがあり、リピート率98%以上と高く、高評価を得ている化粧水です。

キュレル 皮脂トラブルケア 化粧水

キュレル 皮脂トラブルケア 化粧水の商品

有効成分:アラントイン その他の成分:精製水、BG、ベタイン、グリセリン、ユーカリエキス、10-ヒドロキシウンデカン酸、酸化Zn、POEメチルグルコシド、PEG1540、コハク酸、アルギニン、POE水添ヒマシ油、パラベン

 

皮脂でベタつくのにカサつく乾燥性敏感肌におすすめです。

ベタつかず、みずみずしく潤う使い心地で、にきび・肌荒れを防ぎます。

消炎剤(有効成分)が配合されているので、ニキビができやすい人には嬉しい化粧水です。

ちふれ化粧水ノンアルコールタイプ

ちふれ化粧水ノンアルコールタイプの商品

水、BG、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/ベヘニル/オクチルドデシル)、トレハロース、ヒアルロン酸Na、トリエチルヘキサノイン、トリイソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油、セテス-20、PEG-60水添ヒマシ油、メチルパラベン、プロピルパラベン、フェノキシエタノール、リンゴ酸Na、リンゴ酸、トコフェロール

 

特にこだわりがなければ、ちふれのノンアルコールはコスパ優秀な化粧水です。
詰め替え用もあり、じゃぶじゃぶと使用しても気にならないです。
使用感には個人差があるようですが、金額も安いので、気軽に試すことが出来るところがいいですね。

プチプラで買えるアルコールフリー化粧水

和光堂 ミルふわ ベビージェルローションの商品

水、グリセリン、BG、ラフィノース、水添レシチン、イノシトール、セラミド3、フィトステロールズ、ベタイン、ラウロイルリシン、ポリクオタニウム-51、グリチルリチン酸2K、トコフェロール、PEG-60水添ヒマシ油、カルボマー、水酸化K、EDTA-2Na、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール

 

母乳に含まれた保湿効果のある成分をもとに作られたアイテムで、低刺激。肌に優しく、アトピー肌でも使いやすい化粧水です。

さらっと伸びるジェルタイプでべたつかず、さっぱりした使用感もおすすめポイント。

ベビー用ではありますが、肌の弱い女性からも人気があります。

ドラッグストアで買えるアルコールフリー化粧水

Excellula パワーローション EXの商品

水、グリセリン、BG、ソルビトール、PEG-8、PEG-400、ペンチレングリコール、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、マクロプチリウムアトロプルプレウム花/葉/茎エキス、加水分解ハトムギ種子、オタネニンジン根エキス、ローヤルゼリーエキス、パルミチン酸レチノール、トリスヘキシルデカン酸ピリドキシン、カミツレ花エキス、オーキッドエキス、センブリエキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、アカヤジオウ根エキス、メマツヨイグサ種子エキス、オウゴン根エキス、クズ根エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、アルニカ花エキス、キュウリ果実エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、セイヨウニワトコ花エキス、ゼニアオイ花エキス、パリエタリアエキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、カンゾウ根エキス、ダイズ種子エキス、クエン酸Na、EDTA-2Na、カルボマー、水酸化K、クエン酸、PEG-6、PEG-32、フェノキシエタノール、オリゴペプチド-56アミドPEG-75メチルエーテル、ピーナッツ油

 

アルコールはもちろん、パラベン、香料、合成着色料を含まないシンプルな処方。
グリセリンが入っているのでニキビな方は注意が必要。
肌に優しいのに加え、角層深くまで潤いが浸透してみずみずしい肌に導きます。
くすみの原因となる古い角層を除去し、キメの整ったふっくら柔らか肌に保つことができます。
エイジングケアにも、もってこいのアイテムです。

角層内部までしっかり浸透

ドモホルンリンクル 保湿液の商品

水、BG、グリセリン、エリスリトール、プロパンジオール、ベタイン、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、オタネニンジン根エキス(白参)、ラクトバシルス/長白人参発酵液、シマカンギク/ヒメジョオンエキス、ピンピネラサクシフラガ花/葉/茎エキス、グアバ葉エキス、チューリップ花エキス、サッカロミセス/甘藷発酵エキス、カキ果皮エキス、晩白柚果実エキス、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、ダイズ芽エキス、イチゴ花エキス、ナス果実エキス、オルトシホンスタミネウスエキス、シロキクラゲ多糖体、水添リゾレシチン、PCA-Na、キサンタンガム、タマリンドガム、グルコース、ジグリセリン、カプリル酸グリセリル、ラウリン酸ポリグリセリル-10、クエン酸、クエン酸Na、ラベンダー花水、ラベンダー油、カニナバラ果実油

 

バリア機能が衰えた肌にもたっぷりうるおいを与えることができるアイテム。
うるおいで吸い付くような肌に整います。
美容液のようなしっとりしたテクスチャーが心地良い使用感。
肌にぴたっと吸い付き、ワントーン明るいもちもち肌に仕上がります。

まとめ

いかがでしたか?

金額にも差があるアルコールフリー化粧水ですが、薬用成分・予防効果など、それぞれに特徴のある化粧水がたくさんあります。

ヒリヒリする・赤みがある・ニキビがすぐできてしまうなどといった「肌トラブル」、まずは一番先に肌につける化粧水を変えてみると改善するかもしれません。

また、開封して日が経ってしまったものはどんなに良い化粧水でもトラブルの元になる可能性があります。
開封後はなるべく早く使用してしまいましょう。

いつも人の目に触れる肌、きれいでいたいですね!

美肌に関連する記事

こんな記事も人気です

あなたにおすすめ記事

人気記事ランキング 11/21

11/21 09:15更新
総合ランキング
コスメランキング

編集部のおすすめ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す