2017/08/21 更新 公開

2017秋冬トレンド髪色カタログ♡最新ヘアカラーをチェックしておこう!

今年の秋も外国人風カラーが流行る?!でも昨年とはメインカラーが若干違うようです!今回は2017年秋冬のヘアカラーを先取りして紹介します◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
25846view

2017年秋冬のトレンドヘアカラーは何色?

orinemunemu
@Instagram

夏の色から秋、冬にかけてまた髪色も変えて行きたいですよね!
夏のトレンドヘアカラーはこちらでチェック♡
そこで今回はいち早くトレンドカラーを知りたいという人に、2017年秋冬の流行髪色をカタログ形式でまとめています◎

tattivasilieva
@Instagram

また、同時に2017年秋のヘアスタイルもチェックしてみてください♡

それでは早速どんな髪色が流行るのか、見ていきましょう!

2017AWは暖色×アッシュ

naoppppy
@Instagram

2017秋冬のヘアカラーは、栗毛を意識しつつも外国人風のアッシュカラーを残した栗毛×アッシュがトレンド。

寒くなる季節だからこそ、ふんわりと女性らしさを感じるマロンカラーがトレンドになるようです◎
早速どんな色合いかチェックしてみましょう!

あえて飾り気のないブラウンで

nishishing
@Instagram

あえて飾らないブラウンはスタイリングで勝負してみて。
束感を意識したセットでメリハリをつけると◎

学校や仕事で派手な髪色にできない人におすすめ。
物足りない人はインナーカラーを入れてみてもOK。

マットベージュはハイライトで差をつけて

mariana_tsuru
@Instagram

マットカラーはどうしても立体感がでない。
あえてそれでも秋はOKだけど、ハイライトを入れて差をつけることでこなれ感がUP♡

ローとハイの色のメリハリがスタイリングを楽しませてくれます。

秋から冬までこなせる透明感

illfrerekitaumeda
@Instagram

金髪などかなり明るいヘアカラーの人はアッシュグレーとブラウンでグラデーションを作ってみて。
色素が薄いところにアッシュを加えることで、ツヤが増して抜け感のあるカラーに。

長期感試せる色なだけに、メイクで秋・冬と変えるだけで、ファッション全体の雰囲気もガラリと変わります。

ミディ丈×明るめベージュ

tattivasilieva
@Instagram

どうしてもロックでモードなイメージを持ってしまう明るめベージュも、ミディ丈ならフェミニンに落ち着きやすい。
スタイルもセンターパートで顔をスッキリと見せてみて。

夏から秋にかけて爽やかにこなせる大人の女性にぴったりのカラー。

くどくないフェミニンスタイル

lalararaco
@Instagram

フェミニンや姫カットって、キメすぎるとちょっとイタく思われることも。
それが気になる人は明るめブラウンなどの暖色を使って、少しあどけなさを出すようにしてみて。

特に肌の色が白い人や、透明感メイクをこなせる人にはほどよい可愛らしさを感じられる印象に。

秋はデザインカラーで

tak.hoshi
@Instagram

デザインカラーをこなしやすい秋は、思い切ってレッドやオレンジをメインにしてみたり、グラデーションを楽しんでみるのもおすすめ。

夏のイメージから一気に印象が変わります。

ツートーンカラーでファッショナブルに

misakimiumiu
@Instagram

ショートはツートーンカラーが可愛い。
特に冬は、金髪×ブラックやピンク×ブラックなど、ブラックをサブでおくと一気にスポンテニアスに。

きっちりとしすぎないスタイリングと合わせれば、冬のトレンドファッションとも合わせやすくなります。

パールベージュで外国人風に

shiii_115
@Instagram

暗髪にも映えるパールベージュと外国人風ハイライトが、ヴィンテージを思わせる髪色に。
さっとかきあげるスタイリングで、リラックス感のある雰囲気を併せ持ちます。

ラフなのにどこか抜け目のない、魅力的なヘアカラー。

アッシュグレーで脱黒染め

引用:©hair.cm

明るめカラーを黒染めにすると、なんだか黒が強くてもったり感が否めないこともありますよね。

そんな時におすすめなのは、アッシュグレー。
特にブラウン系の暖色カラーと合わせると◎
一気に秋冬の爽やかなカラーになります。

ディープカラーファッションと合わせて

引用:©hair.cm

秋冬になると、ディープなファッションやメイクがトレンド入りしますよね。
そんな濃厚なカラーと相性が良いのがグレージュ。

ファッションを意識するなら、グレーが強くてもOK。
特に冬にこなせる魅力的なカラーとなっています。

グラデが効いたマロンアッシュ

引用:©hair.cm

秋冬はマットもおしゃれだけど、グラデーションも見逃せない。
秋らしいマロンアッシュもグラデーションを入れると、個性的に自分を表現できます。

派手すぎずナチュラルな表現もおすすめのポイント。

ガーリーピンクブラウン

引用:©hair.cm

ガーリーなピンクブラウンが可愛らしい。
イマドキの透明感を意識したメイクにはとても合うヘアカラー。

イノセント的な雰囲気をもたらし、カラーが強くてもこなれ感抜群!
重軽ニュアンスヘアや厚めバングにも◎

セミロングでセンシュアルに

引用:©hair.cm

スタイリングの幅が広がるセミロングも、秋はアンニュイ揺れウェーブで決まり。
そんなスタイルにおすすめなのがナチュラルベージュ。

ウェーブを作っても、可愛らしすぎず大人の魅力を引き立てたふんわりとした印象に。
大人の女性、働く女性におすすめしたいヘアカラーです。

決めすぎないエフォートレス

引用:©beauty.hotpepper.jp

軽々とこなしてしまうように自然なカラーが魅力的。
ただのブラウンと見せないマーメイドアッシュで他と差をつけてみて。

ショートの遊び心のあるヘアスタイルとマッチした、モードなヘアに。

あえてボーイズライクな暗髪

引用:©beauty.hotpepper.jp

あえてボーイズライクにこだわる。
それは秋のトレンドファッション「グレンチェック」にも、ラフに着こなせる「ホワイトシャツ」にもこなせるワザ。

イメチェンをしてみたいという人にも、マットなブラウン・ベージュはおすすめ。

インナーラベンダーアッシュ

引用:©beauty.hotpepper.jp

インナーカラー、夏はブルーが爽やかだったけど、秋冬は少しピンクを入れてみて。
爽やかな雰囲気はそのままに、可愛らしさがプラス。

インナーカラーで色を置くことで、ちらりと見える色みが愛らしい。

グラデ×ベージュで透明感UP

引用:©hair.cm

束感のあるフリンジバングはグラデーションが映えるスタイル。
どこか爽やかな雰囲気を残す印象が、秋冬のイメージを形どっているかのよう。

特に厚めバングのマッシュやボブなど、少し抜け感を演出したいヘアスタイルにおすすめ。

ディープなベージュで差をつけて

引用:©hair.cm

グッと魅力が増すディープな暗髪は、オフィスでも活躍できる魅力的なカラー。
アッシュのナチュラルなマット感がアクセントに、派手すぎず落ち着きがあるから、大人の女性にはおすすめ。

秋らしいファッションとも相性が良いから、おしゃれもしっかりと楽しめます◎

秋冬のシースルーは暗髪で

引用:©hair.cm

夏に人気のシースルーは、もちろん秋冬に取り入れてもOK。
でも秋や冬は夏よりも「重め」を好みやすくなるのを忘れないで。

シースルーでまとめるなら、ナチュラルな暗髪に抑えてスタイリングを楽しんでみて。

ブルージュでふんわり外国人風カラー

引用:©hair.cm

暖色といってもそのまま入れると、髪質によってはとても奇抜な色合いになってしまうこともあります。
だからこそ、少しブルーをいれた爽やかなアッシュを試してみて。
一風変わった秋カラーを楽しめます。

ワンポイントショートでエレガントに

引用:©hair.cm

暗髪にワンポイント明るいカラーをプラスしてみて。
カラーを入れた前髪に沿ってスタイリングすれば、誰もを魅了するような気品あふれる印象に。

ドレスアップやデートの時におすすめのスタイルです。

明るめカラーはレトロガーリーに

引用:©hair.cm

思い切って金髪をしてみたいという人でも、あまり派手すぎない印象にしたいという人も多いのではないでしょうか。
秋は特に、マットな雰囲気が流行りやすい時期。

髪を明るくしたら、グレーをプラスしてレトロ感を出すと一気におしゃれになりますよ◎
秋らしさを残したストリートでリラックス感のある印象に。

ブラックの効いたアッシュ

引用:©hair.cm

ブラックに光を当てると透き通るように見えるアッシュメインは、冬に活躍するカラー。
クールだけどどこか可愛らしさがある透明感カラーは、今年のトレンドメイクとマッチ。

暖色メインが多い秋冬カラーの中で、あえてアッシュメインにしてみるとスポンテニアスな雰囲気に。

ブラウンのハイライトでおフェロに

引用:©hair.cm

ハイライトに秋らしいブラウンを加えることで、リラックス感のあるフェミニンに。
地毛とカラーに差があるから、スタイリングをするたびに印象が変わるから、ミディアムやロングヘアの人に特におすすめです◎

ナチュラルベージュでアンニュイカラー

引用:©hair.cm

ナチュラルな暗髪は、ハイライトでベージュの存在感を際立たせて。
ウェット感のあるスタイリングでアンニュイ揺れウェーブに。

ナチュラル系のカラーはスタイリングで勝負するのもアリ◎

ショコラブラウンでデザインチックに

引用:©hair.cm

マットなショコラブラウンは、特にショートでは遊び心のある色合い。
ハイセンスだけど派手すぎないカラーだから、スタイリングも十分に楽しめます。

スタイルは内巻きワンカールで秋らしく決めてみて。

リラックス感抜群のイルミナカラー

引用:©hair.cm

上品にアッシュが効いてるイルミナカラー。
一昨年から継続して人気のイルミナカラーは、秋から冬までオールシーズン楽しめるのにおしゃれ。

アッシュ系を入れたいけどブリーチはしたくないという人にも、イルミナカラーはおすすめ。
でも取り扱ってる美容室が限られてくるので、事前に問い合わせをしておきましょう◎

透明感のある清楚系

引用:©hair.cm

清楚系もこの秋はこなしやすいカラー。
夏はオリーブ系の暗髪だったけど、秋はベージュ系の暗髪アッシュで、ほどよい抜け感のある印象に。

デートや出会いの場でもおすすめのカラーです。

オレンジ×切りっぱなしボブ

引用:©hair.cm

秋の切りっぱなしボブはストレートでスマートなスタイルを楽しんでみて。
アッシュメインが多かった夏とは違い、オレンジを強調したカラーでも肌なじみがよく爽やかな雰囲気を演出してくれます。

ハンサムな秋ファッションとも合わせやすいスタイルとカラーとなっています。

明るめベージュでフェアリーに

引用:©hair.cm

明るめカラーも秋冬は暖色が可愛い。
ハイライトを入れたりアッシュを少し混ぜることで、奇抜さを抑えたカラーに。
フェミニンで可愛らしさ抜群のヘアカラー♡

全体的にカラーリングが落ち着いてくる秋冬に、あえて元気な色を取り入れたい人にもこのカラーはおすすめ。

秋の透明感カラー

引用:©hair.cm

秋らしい色に徹底したいけど、旬のカラーも取り入れたい…なんて人におすすめの透明感カラー。
暗髪ベージュにグレージュやブルージュをプラスすることで、透明感UPの秋カラーに。

ほんのりベリーで女性らしく

引用:©hair.cm

アッシュベージュにほんのりピンクをプラスしてみて。
一気にベリーを思わせる可愛らしい色みを演出することができます。

大人の女性でもチャレンジしやすく、秋だけでなく冬までこなせるカラーとなっています。

ポイントorグラデで赤をプラス

引用:©hair.cm

ポイントで赤を入れても良し、グラデーションで入れても良し。
がっつりブラウンやマロンカラーにするのがイマイチ…と思う人や他と差をつけたいという人は、赤みをプラスするとグッとおしゃれに。

明るめカラーにはプラチナを

引用:©hair.cm

明るめカラーを夏から継続したいという人は、プラチナグレーをプラスしてみてください♡

夏はキンキンでも違和感なかったけど、冬になるとグレーやプラチナで黄みを押さえると一気に大人っぽくハンサムな印象に。

ダークブラウンでナチュカワ

引用:©hair.cm

あまり派手な色にしたくない、できない人におすすめのカラー。
ダークでも暖かみのあるカラーにすることで秋冬らしい印象に。

ヘアスタイルも厚めバングや重めにして耳に掛けると色っぽく仕上がります◎

AWも外国人風グレージュで

引用:©hair.cm

不動の人気を誇る外国人風のグレージュが、秋冬も人気が下がることなく継続してトレンド入りするもよう。

夏に比べて少しベージュを強くしてみると、ふんわりとフェミニンな印象に。

イタリアチックなブラウン

引用:©hair.cm

どこか清楚なイメージさえ持つイタリアチックなブラウンカラー。
ブルージュなどのアッシュ系を混ぜることで深みがあるブラウンに。

リラックス感があるから女子会や友達と遊ぶ時なんかにおすすめです♡

グリーンでアースカラーに

引用:©hair.cm

赤めのブラウンにポイント的にグリーンを入れることで抜け感を演出。
くどくないアースカラーで、ポイントカラーがおしゃれに映えます。

ブルーのペールカラーでクールに

引用:©hair.cm

秋にグリーンを試したら、冬はブルーのペールカラーを入れてみて。
ペールカラーは淡いパステルカラーのような明るさの色合い。

だからこそより爽やかに、冬の儚く透明感のある印象を与えます。

冬の「あったか」カラーも見逃せない

引用:©hair.cm

爽やかやクールなイメージもいいけど、冬といえばあったかカラーも素敵。
暗髪の人はハイライトで暖かみのあるベージュやブラウンを入れて、アッシュでまとめるだけで、アンニュイな大人フェイスに。

ゆるふわフェミニンの甘フェイスに

引用:©hair.cm

夏が過ぎればふんわりゆるふわな、ホワイトガーリーなイメージにしたい!という人も多いのではないでしょうか。

そんな人におすすめなのがグレージュ。
もう少しホワイティな感じにしたいのならプラチナをいれてみてもOK。
光が当たることでふんわりとしたフィルターがかかっているような印象になります。

定番グラデーションもこの冬トレンド

引用:©hair.cm

定番のこのグラデーションも一番旬なのは寒い季節。
自然なグラデーションでつくる、暖かみのあるベージュは冬だからこそ、くどくなくてナチュラルに映えるカラー。

秋らしいブラウン&ベージュ

引用:©hair.cm

上品なアッシュブラウンは秋にはぴったりのカラー。
中でもアッシュ×ブラウンやアッシュ×ベージュは今年の人気色。

2017年秋のヘアカラー【ブラウン&ベージュ】特集もぜひチェックしてみていください◎

最新アディクシーカラーで秋色に

引用:©hair.cm

グレージュだけではなかなか再現しづらかったベージュやブラウンを、より自然に再現するアディクシーカラーで透明感抜群のヘアに。

暗髪でも透き通るような涼やかな印象に。

透明感カラーで秋を感じる

引用:©hair.cm

アッシュカラーを控えめに、少しだけベージュを引き立たせることで透明感を感じられるカラーに。
さらにハイライトを加えることで、厚めバングでも抜け感を演出することができます。

インナーカラーで抜け感抜群◎

引用:©hair.cm

全体をマロンアッシュなカラーではなく、インナーだけをおしゃれにカラーリング。
デザインチックで結んだりスタイリングを変えるだけで、全体の表情もガラリと変わります。

グレージュでふんわり上品に

引用:©hair.cm

赤みを消してくれるグレージュは夏から続けでトレンド入り。
自然なベージュ感が気品のある雰囲気を演出。

ブラック×ホワイトベージュ

[ap url=https://hair.cm/snap-314021/]

ブラックは小顔にみせてくれるから、なかなか明るい髪色に挑戦できないという人にオススメ。
ブラックは残したまま、グラデーションで脱色し、グレージュをのせてホワイティでおしゃれな印象に。

暗髪マットベージュでアンニュイに

引用:©hair.cm

ナチュラルだけど、どことなくおしゃれな印象を受けるマットベージュ。
暗髪にすることでこなれ感があり、癖っ毛揺れウェーブスタイルでアンニュイな表現に。

愛されカフェモカカラー

引用:©hair.cm

清楚な雰囲気のカフェモカカラーは、狙いすぎない甘さが絶妙。
この秋のエンジェルスタイルには欠かせないマットカラーとなっています。

ブラウン+ポイントピンクで可愛らしく

引用:©hair.cm

ダークブラウンの暗髪に少しだけピンクをポイントに置くと可愛らしく映えます。
黒×ピンクは春っぽいけど、ブラウン×ピンクは秋冬らしい表現に◎

冬はほんのりベージュで大人可愛く

引用:©hair.cm

ブラックにほんのりベージュを加えることで、冬の切りっぱなしボブもスタイリッシュな印象に。
派手すぎないおしゃれが大人可愛さを引き立たせてくれます。

ドーリーなブラウンカラー

引用:©hair.cm

寒い季節になるとブラウンなどの赤みのあるカラーが、女性を可愛らしく表現してくれます。

ついつい守ってあげたくなるようなフェミニンな印象が、デートにもぴったりのヘアカラーです♡

明るめのピンクブラウン

引用:©hair.cm

キュートなピンクブラウンはちょっと挑戦しづらいと思いますが、意外と肌なじみの良いカラー。
リラックス感があり、ワンカールすればアンニュイ揺れウェーブに。

落ち着きのあるマットベージュ

引用:©beauty.hotpepper.jp

アッシュベージュにマットとパ-ルを混ぜて上品な落ち着きのあるカラーに。
グラデーションで透明感も意識したモーブカラー。

明るいカッパーブラウンでフェミニンに

引用:©beauty.hotpepper.jp

明るい髪色の人はアッシュ系ばかりが目立つ夏とは違い、秋にかけてはブラウンを意識してみて。
カッパーブラウンで自然な栗毛色を演出して、女の子らしさを格上げ。

外国人風も秋色にアッシュベージュ

引用:©beauty.hotpepper.jp

ハイライト&ローライトを上手く使った、ミルクティーな色合いのアッシュベージュ。
アッシュを意識しつつも、クールになりすぎないベージュの穏やかな色合いが秋冬らしい♡

ダークブラウン&アッシュで正統派栗毛

引用:©beauty.hotpepper.jp

ダークブラウンにアッシュを混ぜて大人っぽくディープな雰囲気に。
秋らしい明るい表情を引き出してくれます♡

スタイリングはストレートよりも、ワンカールで束感を意識したスタイルでトレンディに。

スウィートなオレンジベージュ

引用:©beauty.hotpepper.jp

発色がお洒落なオレンジベージュ。
スイートな甘さが秋冬にはぴったりのカラーで、厚めバングや切りっぱなしボブなどにも似合いやすい色合い。

アンニュイなホワイティアッシュ

引用:©beauty.hotpepper.jp

髪色が明るい人は、秋後半から冬にかけてホワイティアッシュもおすすめ。
透き通ったような明るさが儚げでアンニュイな雰囲気を演出してくれます♡

カジュアルなブラッドオレンジ

引用:©beauty.hotpepper.jp

デザインカラーで攻めるなら、ブラッドオレンジもおすすめ。
ストリートでカジュアルな印象に。
あえて赤みを抑えずにオレンジを活かしたカラー。

ナチュラルベージュで甘さプラス

mai.fika
@Instagram

ふんわりカールと透き通るようなナチュラルベージュがフェミニンな印象に。
夏にパキッとした明るい色合いを楽しんだ人は、プラチナベージュで淡くやわらかい色を楽しんでみて。

暗髪ブラウンアッシュでヌーディーに

yu.ki.0117
@Instagram

暗髪ブラウンアッシュはどこか深みのある色合い。
ウェット感のあるスタイリングをすれば、大人可愛い色っぽさを表現できます。

アッシュベージュでニュアンス的に

capatani
@Instagram

アッシュベージュを元の色合いに加えて赤みを抑えれば、一気に秋カラーに。
ニュアンス的なカラーはベビーフェイスでも、どこか大人っぽい雰囲気にしてくれます。

チョコブラウンにホワイティを足して

annasugawara_zaza
@Instagram

暖かいチョコレートカラーに、透き通るようなホワイティなハイライトをプラスすることで冬らしい色あいに。
ウェーブヘアでも決まりすぎないこなれ感の出るカラー。

オリーブカラーはアッシュで秋風に

healhair
@Instagram

夏は暗髪ではやったオリーブカラー。
ワントーンあげてアッシュをプラスして秋風に。
厚めバングはインナーカラーやポイントカラーも楽しんでみて。

グラデーションのブルージュで抜け感抜群

引用:©hair.cm

艶っぽいブラウンってちょっと攻め過ぎかなと思いがちですが、毛先にブルージュを加えることでふんわり透明感がUP◎
秋から冬まで楽しめるカラーとなっています。

ダークなアッシュグレージュで外国人風に

引用:©hair.cm

ナチュラルに肌に溶けこむカラーが印象的。
毛先のグラデーションが爽やかさを残しつつ、しっかりと厚みを残したカットで秋冬ヘアーに。

大人可愛い明るめアッシュベージュ

引用:©hair.cm

夏から秋にかけて人気なのが明るめのアッシュベージュ。
アッシュで派手すぎない可愛らしさはそのままに、揺れウェーブでスタイリングすれば秋冬でもこなせるヘアスタイルに。

ダークチョコレートブラウンで秋冬おフェロに

引用:©hair.cm

ダークチョコレートブラウンは、控えめで可愛らしい印象に。
狙いすぎない甘さがほんのり感じられるから、デートにもオススメです♡

外国人風で暖かみのあるカラー

昨年は外国人風カラーが表立って、アッシュ系メインが秋冬に目立ちました。
しかし、ベースはベージュ・ブラウン・オレンジ系で、混ぜ合わせでアッシュやマットを入れるのが2017年流。

特に今年の夏トレンドのアッシュやベージュ・オリーブメインと比べると、秋はカラーがガラリと変わってくるので、早めにトレンドをチェックしておきましょう!

合わせて読んでおこう:2017年秋のヘアスタイルはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加