コスメ

無添加日焼け止めおすすめ6選!敏感肌にも優しいUVケアの選び方も。

無添加日焼け止めおすすめ6選!敏感肌にも優しいUVケアの選び方も。 アイキャッチ画像

紫外線はしみやシワの原因になると言われており、特に女性とっては気になるポイントですよね。

使い心地や配合される成分に違いのある様々なUVケアアイテムが発売され、『無添加、ノンケミカル、オーガニック』など、選ぶのに困るくらい種類が増え続けています。

しかし、日焼け止めには強い紫外線を防ぐ代わりに、紫外線吸収剤などの肌の刺激になりやすい成分が含まれていることも。

  • mizuki
    スキンケア・コスメがスキ❤

よくわからず購入して肌がカサカサになったり、かゆくなったりした経験はありませんか?

その肌荒れの原因は、紫外線吸収剤などの添加物が原因かもしれません。

ここでは、肌に負担が少ない無添加日焼け止めと、選び方についてご紹介していきます。

関連キーワード

肌刺激の少ない無添加日焼け止めの選び方

紫外線吸収剤不使用のノンケミカルタイプを選ぶ

代表的な紫外線吸収剤

  • オキシベンゾン
  • サリチル酸オクチル
  • ホモサレート
  • メトキシケイヒ酸オクチル
  • オクトクリレン
  • t-ブチルメトキシベンゾイルメタン

紫外線吸収剤は、肌表面で科学反応を起こすことによって紫外線を熱に変換して肌へのダメージを防ぐ成分ですが、熱エネルギーに変換する際に肌に刺激を感じてしまう敏感肌の人にはあまりおすすめできません。

  • mizuki
    スキンケア・コスメがスキ❤

最近は、紫外線吸収剤をシリコンのカプセルで包み込むことによって肌に直接触れるのを防ぐことで、低刺激を実現した商品も。

高いSPF/PA値が必要になるような日差しの強い日には、選択肢に入れるのも良いと思います。

代表的な紫外線散乱剤

  • 酸化チタン
  • 酸化亜鉛

敏感肌の人にはミネラル成分が元となる、紫外線散乱剤のみを使用したノンケミカルタイプがおすすめ。

酸化亜鉛、酸化チタンなど金属を酸化させたものや、カオリンと呼ばれる細かい粘土質の粉などからできていて、これらが肌の上でレフ板のような膜をつくり、紫外線をはね返します

肌に刺激になりにくい成分で、酸化にも強く長時間UVケア効果を発揮できるのが特徴。UV-AとUV-Bの両方を防ぐことができるので、高SPF/PA値を実現できます。

  • mizuki
    スキンケア・コスメがスキ❤

紫外線散乱剤は肌ダメージが少ないというメリットがある反面、物理的に光を反射する特性からどうしても白浮きしやすいというデメリットがありました。

最近では粒子を小さくしたり、粉体の形を変えることによって白浮きを抑えられたものが出てきていますね。

低SPFのアイテムをいくら重ね付けしても紫外線防止効果は高まらないので、受ける日差しに応じたSPF/PA値のものを選びましょう。

最適なSPF/PA値の選び方

場所 SPF値 PA値
日差しの強い海外など 50〜50+ PA++++
野外スポーツや炎天下レジャー 30〜50+ PA++〜++++
屋外での軽いスポーツ 20〜30 PA++〜+++
日常使い 10〜20 PA+〜++

肌刺激になる成分を避ける

肌が刺激を受けやすい成分

  • エタノール
  • ブチルパラベン
  • タール色素
  • 合成香料
  • 美白成分
  • 抗シワ成分

無添加化粧品という響きからは、肌に刺激になる成分が一切入っていない化粧品というイメージを感じますが、重要なのはどんな成分が無添加なのかをしっかりと把握することです。

例えば、よくあるのが「パラベン無添加」と銘打った化粧品。パラベンは古くから使われてきた歴史を持ち、防腐剤の中では少量でも効果を発揮する安全性の高い成分ですが、旧指定成分と呼ばれるリストに加えられたことを皮切りに、無添加をうたうことで商品アピールをされてきた成分です。

ですが、パラベンを配合しないということは代わりとなる何らかの防腐剤を配合する必要があるということ。肌の乾燥や刺激となるエタノールを抗菌のために配合されていれば、アルコールに過敏な人にとっては肌刺激を引き起こしてしまいます。

  • mizuki
    スキンケア・コスメがスキ❤

自分にとって肌に刺激となる成分を知り、その成分が無添加と書いてある商品を選ぶように心がけましょう。

美白・抗シワ成分にも注意

美白化粧水に良く使われるビタミンC誘導体やハイドロキノン、シワを改善する効果をもつビタミンA誘導体であるレチノールは、肌が敏感な人にとっては刺激になることもあり、避けたほうが良い成分です。

抗シワ成分が配合された日焼け止めは見たことがありませんが、ビタミンC誘導体は美白ケアとの相性の良さから配合されることも。

  • mizuki
    スキンケア・コスメがスキ❤

ですが、シミ予防のためにもビタミンC誘導体は活用したいところですよね。

脂溶性のものやAPPSと呼ばれるビタミンC誘導体は低刺激に使えると話題の成分。敏感肌だけど試してみたい!という場合は、腕の内側などで刺激をチェックしてから使用してみてください。

スタッフイチオシの無添加・オーガニック日焼け止め

HANAオーガニック ウェアルーUV

【全成分】ダマスクバラ花水/トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル/酸化チタン/プロパンジオール/スクワラン/グリセリン/ラウリン酸ポリグリセリル-10/ベヘニルアルコール/ミリスチン酸オクチルドデシル/ミリスチン酸ポリグリセリル-10/(カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキル/水/酸化亜鉛/ポリヒドロキシステアリン酸/イザヨイバラエキス/α-グルカンオリゴサッカリド/ローズマリー葉エキス/クリスマムマリチマムエキス/カカオ種子エキス/オウゴン根エキス/ツバキ種子油/コメ胚芽油/ビターオレンジ花油/ラベンダー油/ニオイテンジクアオイ油/オニサルビア油/イランイラン花油/ビターオレンジ葉/枝油/乳酸桿菌/ダイコン根発酵液/セイヨウシロヤナギ樹皮エキス/プルラン/オクチルドデカノール/ステアロイルグルタミン酸Na/アルミナ/ステアリン酸/キサンタンガム/ステアリン酸ポリグリセリル-2/ステアリン酸グリセリル/ステアリルアルコール/ホホバエステル/エタノール/BG/シリカ/酸化鉄/マイカ/ラウロイルリシン/水酸化Al/ステアロイルグルタミン酸2Na
石油由来成分合成防腐剤ナノ化原料紫外線吸収剤タール色素・合成ポリマーシリコン

国際的なオーガニック認証を取得した国内工場で製造された、天然由来成分100%、オーガニック処方99.7%の日焼け止め。

美容液・化粧下地・ライトファンデーションの性能も併せ持ちながら、紫外線吸収剤不使用のノンケミカル処方でSPF30,PA++と、日中の日焼けに対応するオーガニックアイテム。

紫外線だけでなくブルーライトや花粉、大気汚染物質などの外的ダメージから肌を守る効果があり、遺伝子組換えなどを使用しない植物由来成分を使用。タール色素や合成ポリマーなどの石油由来成分も不使用となる無添加日焼け止めです。

ストレスから肌をしっかり守りながらナチュラルに毛穴や色ムラをカバーしてくれるアイテムです。

─── 乾燥肌さん
春のお花見シーズンも夏場のグランピングシーズンも乗り越えて、お気に入りで5本目に突入したUVクリームです!肌をワントーン明るくしながらファンデ崩れも抑えてくれる優れもの。紫外線もしっかり防いでくれて、天然100%ってすごいですよね!プッシュ式で使いやすいし、パッケージも可愛い♪ツヤ感も出るのでノーファンデのナチュラルメイクで外出したいときにも便利ですよ!
───敏感肌さん
緩めのテクスチャでスルスル伸びて、ストレスなく顔全体に広げれます。
つけた時のほんのり香るローズの上品な香りに癒やされます。
ほんのり色がついてるのでカバーというよりはナチュラルに仕上がり、素肌に近い感じ。
自然な程度に肌色が明るくなり、艶やかにも仕上がっていました。
日中の乾燥も気にならず、しっとりした感触が続くので日焼け止めの嫌な感覚が全くありませんでした。
公式サイトに書いてある通り多機能であることを実感したUVベースでした!
  • mizuki
    スキンケア・コスメがスキ❤

HANAオーガニック ウェアルーUVの使用感
ピンクベージュを使用してみました。とても伸びの良い乳液が優しい植物の香りを漂わせながら肌を輝かせつつ紫外線を防ぎ、白浮きもなくしっとり。高UVカット商品に特有の乾燥した感じや皮膜感もなく、洗顔料で簡単に落とせるところも肌疲れを抑えるための良ポイントですね。春場に入ってから常用していますが肌刺激も感じることなく安心して使えています。

購入は単品の価格でHANAorganicのスキンケア7日間トライアルセットがついてくる公式サイトが最もオトクです。洗顔からスペシャルケアまで、オーガニックスキンケア7日分のトライアル(3,438円相当)が無料でもらえます!

HANAorganic|ウェアルーUV + 7日間トライアルセットの商品

成分にこだわった無添加・オーガニック・天然素材の日焼け止め

第1位 岡田UVミルク

SPF・PAは比較的に低いものの徹底した納得無添加にこだわり赤ちゃんや子供にも使える低刺激な日焼け止め。
紫外線吸収剤、シリコーン、合成ポリマーを無添加で、植物由来のエキスと食品にも使われているレベルの成分だけを使用しています。

乳液のようなテクスチャで塗ったあとも乾燥せずしっとりとした使い心地。使用感の良さ、肌への優しさ、伸び具合ともに◎

敏感肌、乾燥肌の方でも安心して使っていただける肌に負担のない日焼け止めです。

───混合肌さん
塗る時できるだけ簡単に伸ばせて早く馴染んで、肌に負担のかからない日焼け止めを探してました。まずはお試しからと思い購入してみましたが、こちらは伸びがよくてサラサラしています。日焼け止め独特の嫌な匂いもベタつきも無いので塗るのがストレスにならないです。
白浮きもしないので、化粧下地としても使ってます。
mizuki
乳液と日焼け止めと化粧下地クリームとして使えるので、朝の手間が省けてとてもいいです。日焼け止めを塗っただけで肌が綺麗になるのでこれから化粧下地としても一年中使えます。
伸ばす時はサラッとしているのですが、その後はしっとりして一日中乾燥しません。
普通の化粧下地や日焼け止めはクレンジングが必要なので、これは洗顔料だけで落とせてるのもポイントが高いですね。

第2位 アロベビーUV&アウトドアミスト

UV対策と虫よけの2つの機能を一本で備えた無添加、無香料、無着色の多機能スプレー。天然由来原料だけを使用した日焼け止めなので、敏感な赤ちゃんの肌にも負担なく使えます。

ミストタイプだから時間がない朝でも手軽に使え外出先でも塗り直しが簡単。白浮きせず、使用後はお湯で洗い流せます。

紫外線吸収剤、アルコール、シリコン、鉱物油、合成ポリマー不使用。赤ちゃんでも使える肌への優しさ、時短、多機能性ともに◎です。

───乾燥肌さん
UV対策もできて虫除け対策もできるなんで暖かくなった時の外出でかなり使えます。
スプレータイプなので、楽だし塗り直しも簡単なので気に入ってます。
子供と外出する時はバタバタしていて子供も日焼け止めを嫌がるのですが、これなら手間がかからないのでぬってくれます。赤ちゃんや、子供の肌にも使えるのでこれからもまとめ買いしました。

───敏感肌さん
さらっとした使用感で乾いたら日焼け止めを塗っている感じがしません。
透明の液体ではなく、白い液体なので多く吹きかけすぎると白くなりやすいですが、手で馴染ませると綺麗に馴染みます。
肌に優しいのに家に帰って鏡を見たら全然日焼けしてませんでした。
落とす時も石鹸ではなく、お湯で落ちるので簡単でいいです。
ハーブ系のいい香りなので爽快感があって好きです。

第3位 Larネオナチュラル UVホワイトプロ

一本で保湿からメイク下地までの役割りをしてくれる多機能UVクリーム。

ヘチマをはじめ、78%が植物由来成分で作られていて、肌の乾燥を感じずしっとりとしたお肌を保ってくれます。
紫外線吸収剤が入っていない日焼け止めに起こりがちな白浮きを防ぎ、なめらかに伸び軽いつけ心地。

花粉症や体調不良で肌が揺らいだり敏感な時にも使えるので嬉しいですよね。肌が荒れやすくUVケアにお悩みの方に、ぜひ使っていただきたいアイテムです。

───敏感肌さん
日焼け止めの匂いという感じではなく、自然の爽やかな香りで癒やされます。
塗った時に肌が塞がれた皮膜感もなく、つっぱり感もなく負担を全く感じませんでした。
安全な自然素材で、配合されている成分や製造方法がきちんと明記されているので使用する時に安心感があります。
肌荒れやニキビ等のトラブルもなく、むしろ肌が元気になってきました。

mizuki
ノンケミカルの日焼け止めは真っ白になったり、ムラになったり、乾燥したりとあんまりいいイメージはなかったのですが、こちらはそういった事もなく今まで使った中で一番よかったです。汗をかいたりすると若干落ちやすさは感じますが、そのかわり石鹸で簡単に落ちるので洗う時のストレスはありません。

第4位 MAM&BABY UVミルク

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤を使用していない「天然成分だけでSPF17.7」日焼け止めです。
日焼け止め独特の乾燥からくるカサつきを抑え、オリーブエキス、ツバキ種子油、スクワランなどの天然保湿成分で肌を潤してくれます。
天然成分100%、界面活性剤不使用で赤ちゃんにも使える優しい使い心地。

朝はUV対策として、夜は美容クリームとしても使えます。

───混合肌さん
UVミルクとなっていますが、テクスチャーはハンドクリームのようなこってりしたクリームです。
日焼け止めだと最初はしっとりしていても時間が経つとカサカサお肌になってしまうことが多いのですが、乾燥もしないし、外敵から肌を守ってくれている感じがします。
クレンジング不要で、保湿クリームとしても使えるので、スキンケアとしても使ってます。
コスパもいいのでずっと使い続けれそうです。

mizuki
アトピー性皮膚炎や敏感肌のための化粧品を長年にわたって開発されているメーカーなので信用できますよね。
紫外線対策はもちろん日焼け止めにありがちな乾燥もなく肌への優しさにこだわっている商品です。
日焼け止めの使用感は使ってみないとわからないので、お試しからあるのが嬉しいポイント。SPFはあまり高くないので、長時間外出する時は向いてないですが、近場に出かける時に最適ですね。

第5位 パックスナチュロン UVクリーム

紫外線吸収剤不使用。合成界面活性剤を使わず石鹸で乳化したノンケミカルの日焼け止めです。
化粧下地としても使用でき、つけているのを忘れるくらいの軽いつけ心地。
使う植物エキスは農薬を使わずに抽出した原料のみを使用している天然抽出物です。

石鹸で落とす事ができ、クレンジングやダブル洗顔で皮脂を落としすぎる事もなくなるので肌疲れしにくいのも嬉しいですね。

金額も864円とお手頃価格なのが、気にせず使えて有り難い商品です。

───敏感肌さん

日焼け止めは刺激が強く肌荒れしやすいのですが、こちらは肌荒れすることなく使えました。最初は固いし、塗りにくいと思ったけど、化粧水かオイルを混ぜるとうまく塗ることができました。
硬めのクリームなので馴染ませるにはちょっとコツがいりますが、うまく使うと素晴らしいアイテムです。
真夏はさすがにウォータープルーフじゃないので、こまめな塗り直しが必要ですがクレンジングした後の肌の状態がいいのでこれからも使います。

───乾燥肌さん
合成ポリマーを使用していないので、伸びは良くないです。
ですが、合成ポリマーで肌が荒れた経験があるので入ってないのはありがたいです。
日焼け止めで荒れていた肌が、これに変えてから数日で日焼け止めを使ってない時と同じくらいの肌に戻りました。
こちらは肌にのせても重く感じないし、メイクを落とした後の肌が疲れてないのが肌に優しい何よりの証拠です!!

紫外線UVAとUVBの違い

UV-A

UV-Aは波長の長い紫外線で、雲や窓ガラスを通り抜ける性質をもつことから、部屋の中でも防止する必要がある紫外線です。

肌の奥にある真皮まで到達してダメージを与え、肌にハリや弾力をもたらしているコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸をつくりだす線維芽細胞にダメージを与えることでシミやシワの原因となります。

1年中降り注ぎ、春先でも高い照射量なのが特徴。日差しが弱いからと安心せず、しっかりと日焼け止めを使う必要があります。

UV-B

UVBは波長が短いために真皮には到達しませんが、肌表面に強い刺激を与える紫外線で、短時間でも肌に炎症を起こさせるほどの力をもちます。

夏に強く照射する紫外線で、肌にメラニン色素を生み出させることで黒くしたり、シミをより悪化させる厄介者です。

SPFとPAの値を見て日焼け止めを選ぼう

よく目にする「SPF」や「PA+」という表示は、日焼け止めの紫外線防止効果を示す指標です。

紫外線が多く降り注ぐ時期は4〜9月ですが、冬場でも半分程度までしか下がりません。曇りの日でも晴れの日の半分以上は紫外線が降り注ぎ、肌に光老化と呼ばれる影響を蓄積させます。

そのため、1年中紫外線対策を怠らないようにすることが大事です。

SPFとPAの違いを正しく理解して、使うシーン別に合った日焼け止めを選びましょう。

SPF

UV-Bを防ぐ効果と時間を表す数値。数値が高ければ高いほど、長い時間紫外線を防止する力があります。

例えば、25分で肌が黒化を始める人がSPF30の日焼け止めを使用した場合、25×30=12.5時間、日焼けによって肌が黒くなるのを防ぐことができます。

PA

UV-Aを防ぐ効果を表す目安のことを指し、+が多いほど、肌の黒化を防ぎます。PAは現在4段階に区別されていますので、日やけ止めを選ぶときはよく見てみましょう。

表記 効果
PA+ 効果がある
PA++ かなり効果がある
PA+++ 非常に効果がある
PA++++ 効果が極めて高い

オーガニック製品の日焼け止めは肌に優しいの?

オーガニックコスメとは?

現在、日本にはオーガニックコスメというジャンルには基準が存在しておらず、植物エキスを1種類でも配合していればオーガニックコスメとして販売することができます。

名前の響きからは低刺激で安全なイメージを受けますが、どんな成分で構成されているかをしっかりと見極めることが重要です。

また、オーガニックコスメには植物エキスや精油など、植物から抽出した成分をそのまま配合されているものもありますが、抽出しただけで精製されていないエキスには不純物が混じっていることもあり、敏感肌の人にはおすすめできないものも。

成分をしっかりチェックして、肌に刺激のない日焼け止めを選ぶように気をつけてくださいね。

オーガニック製品は海外の認証をクリアしたものを

国内には化粧品に対してのオーガニック認証がありませんが、欧米には様々な団体があり、それぞれの基準で商品を認定しています。

代表的のものとしては、欧州5団体が集結したコスモスやフランスのエコサート、フランスのコスメビオなど。

植物原料の95%以上を農薬や化学肥料不使用の有機原料とするなど、厳しい基準が設けられており、一切基準のない国内のオーガニック商品よりは安心して使用できると思います。

ですが、結局は「どんな成分が含まれているか」をしっかりと見極めることが大事です。

自分の肌に合った日焼け止めを選び、日中の紫外線から肌を守ってくださいね。

まとめ

無添加・オーガニック・天然素材の見分け方はお分かりいただけましたか?

使われている成分を自分の目で確認し、納得した商品を購入されてくださいね!

オーガニックコスメに関連する記事

こんな記事も人気です

あなたにおすすめ記事

人気記事ランキング 08/22

08/22 21:15更新
総合ランキング
コスメランキング

編集部のおすすめ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す