自然派主義の日焼け止め!無添加・オーガニック・天然素材の見分け方とおすすめ商品をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1190view

公開

日焼け止めvs紫外線

2017y02m23d_112704642

紫外線は、日焼けやシミ・そばかすの原因になるだけでなく、長時間浴び続けると皮膚細胞を破壊してしまう恐ろしい存在です。
その恐ろしい紫外線を防ぐために不可欠なのが日焼け止め。

現在様々な種類の日焼け止めが市販されていますが、どういう成分が使用されているか気にしたことはありますか?
直接肌に塗るものだからこそ、できるだけ安全で安心できるものを使いたいですよね。
ここでは、肌への負担が少ない日焼け止めと、その見分け方についてご紹介していきます。

2種類の日焼け止め

日焼け止めには2つの種類があります。1つは「紫外線吸収剤」、もう1つは「紫外線散乱剤」です。

紫外線吸収剤

2017y02m23d_112734870

紫外線を吸収して化学反応を起こし、“熱”や“赤外線”に分解して放出するタイプの日焼け止めです。
白浮きしにくい、伸びが良くて使いやすい、防水効果があるので海や汗でも落ちにくいというメリットがある一方で、紫外線散乱剤と比較すると肌への負担が大きいというデメリットがあります。

見分け方として

  • t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
  • オキシベンゾン

こういった成分が入っていたら、その日焼け止めは紫外線吸収剤であるといえます。

紫外線散乱剤

2017y02m23d_112806534

紫外線を肌で跳ね返すため、紫外線吸収剤よりも肌への負担が少ないのが特徴です。
しかし白浮きしやすい、落ちやすいから小まめな塗り直しが必要というデメリットがあります。

見分け方は

  • 二酸化チタン
  • 酸化亜鉛
  • ノンケミカル(化学物質不使用)

といった成分が入っているもの、もしくは表記されているものは紫外線散乱剤といえます。
一般的に無添加・オーガニック・天然素材といった日焼け止めは、紫外線散乱剤に該当します。

時には使い分けも必要

2017y02m23d_112820380

肌に優しいから紫外線散乱剤を使用している、でも汗や水で落ちてしまった、塗り直しもしなかった、結果、紫外線を浴びて日焼けしてしまった…となれば本末転倒です。

  • 真夏の海や山、スポーツをする時には防水効果がある「紫外線吸収剤」を使う
  • 会社や自宅など、紫外線の影響が少ない場所で過ごす場合は「紫外線散乱剤」を使う

このように、それぞれの長所を生かし、時と場合で使い分けるのもかしこい使い方だといえます。

無添加・オーガニック・天然素材とは

この3種類は「肌への負担が少ない」ということは共通していますが、それぞれ違う意味合いがあります。

無添加とは

2017y02m23d_112928352

「無添加」と表記されている日焼け止めも、全ての成分が無添加ではないこともあります。
無添加商品の多くは「旧表示指定成分無添加」「合成○○無添加」といったものが多いようです。

・旧表示指定成分無添加…今でこそ商品に使用されている成分は全て表示されていますが、2001年までは「この成分はアレルギー反応を起こす可能性があります。
使用している場合は必ず表示してください」という“表示指定成分”というものがありました。

その数、102種類。その“アレルギー反応を起こす可能性がある表示指定成分”が入っていない商品を「旧表示指定成分無添加」といいます。
合成○○無添加とは…合成とは「自然界には存在しない成分」=「人間が作り出した成分」です。

合成香料、合成防腐剤、合成着色料・合成界面活性剤などがあります。
これらの成分を使用していないものには「合成○○無添加」と表記されています。

オーガニックとは

2017y02m23d_112854288

無農薬、または化学肥料が使用されていない畑で作られた有機栽培の植物から抽出された成分が使用されています。
ひとつでもオーガニックな成分を使用していれば「オーガニック成分使用」と表記できますので、それ以外の成分はオーガニックではない可能性があることを知っておいてください。

天然素材成分・天然由来成分とは

2017y02m23d_112949267

天然素材成分は、天然素材の中から抽出された成分です。
天然由来成分とは、天然素材をベースにして+αを加えた化学成分のことです。
同じ天然でも別のものになりますので注意が必要です。

全ての人が安全に使用できるわけではない

2017y02m23d_113105560

無添加・オーガニック・天然素材と表記されていると「安全・安心」「赤ちゃんにも使える」というイメージに繋がると思います。
ですが、実はそうではないこともあるのです。

例えば、無添加の商品でも小麦が使用されている商品は小麦アレルギーの人は使用できません。
米やオレンジ、リンゴなどの食物アレルギーがある人も、該当するアレルギー物質が入っていないか必ず確認するようにしてください。

成分にこだわった無添加・オーガニック・天然素材の日焼け止め

ではここからは、成分にこだわった日焼け止めをご紹介していきます。

2017y02m23d_113129463

出典:©ruhaku.jp

シークワーサー ブライトニングUVヴェール
原材料の100%が天然由来、15.3%がオーガニック成分が使用されている日焼け止めです。
自然派でありながらSPF50+、PA++++という高い数値も人気のひとつとなっています。

2017y02m23d_113209034

出典:©www.taiyo-service.co.jp

パックスナチュロン UVクリーム
ノンケミカル・合成界面活性剤不使用、使用成分を最小限に押さえたシンプルな日焼け止めです。
サラッとした使用心地とローズ水のほのかな香りが気持ちいいんですよ。
化粧下地としても使えます!

2017y02m23d_113320637

出典:©www.mutenka-okada.com

岡田UVミルク
ノンケミカル・合成界面活性剤・香料・着色料・鉱物油・防腐剤・合成安定剤不使用。
赤ちゃんも使用できる日焼け止めです。
白浮きしないので化粧下地としてもオススメです!

2017y02m23d_113359275

出典:©www.neo-natural.com

ネオナチュラル UVホワイトプロ
自然由来成分100%のオーガニックな日焼け止め。
土づくりからこだわった自社有機農場を持つメーカーです。
月桃やローズ等の和漢美容植物の香りに癒されます。

2017y02m23d_113634689

出典:©www.takakura.co.jp

プラカシーオイル サンプロテクト クリーム EXホワイライト
100%天然由来成分、オーガニック成分40%配合、紫外線吸収剤、石油由来成分不使用。
ブライトニング効果、スキンケア効果があるのに赤ちゃんも使用できる日焼け止めです。

まとめ

無添加・オーガニック・天然素材の見分け方はお分かりいただけましたか?
使われている成分を自分の目で確認し、納得した商品を購入されてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

こんな記事も人気です

注目のエントリー

ピックアップ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリー一覧