女性の薄毛の原因と対策◎実践できる増毛・育毛を促す効果的な方法を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
207view

更新 公開

歳を重ねる毎になんだか髪が細くなってきたと感じる人も多いのではないでしょうか。
この髪やせは、放置していると薄毛になってしまう可能性まであります。

薄毛になる前になんとしてでも改善させたい、もうすでに薄毛に悩んでいる人もこの現状を打開したいと思いますよね。

そこで今回は髪やせ・薄毛がなぜおこってしまうのか、その原因から分かる対処法などをご紹介します。

薄毛に悩んでいる人はもちろんこれからが心配な方もぜひチェックしてみてください◎

目次

女性の薄毛の特徴

lalisa.won
@Instagram

女性の薄毛は男性とは違った特徴があります。
一般的には男性のように徐々に後退していくという薄毛ではありません。

一般的な女性の薄毛は、髪の毛全体が細くなったり短くなることでボリュームダウンを感じます。
ボリュームが少なくなることで頭皮が見え、薄毛になって見えるんです。

つむじを中心とした薄毛

出典:©kireiswitch.com

つむじを中心に出来る薄毛は外的刺激や洗い残し、汚れなどによるものも含まれます。

外的刺激のほとんどが紫外線によるものです。
つむじは特に紫外線の影響を受けやすい部分で頭皮の環境も乱れやすくなります。
そうならないためにも日傘や帽子、また髪用の日焼け止めを使うことをおすすめします。

さらに「牽引性脱毛症」によってもつむじが脱毛することがあるそうです。
定期的にヘアスタイルを変えるなどして対応しましょう。

分け目が薄くなっている

出典:©ashiyasebihada.com

分け目から薄くなってしまうことがあります。
これもつむじと同じように、特に外的刺激を受けやすい部分でもあります。

もし分け目が薄くなってきたと感じてきた人は分け目を変えたり、ヘアスタイルを変えるなどしてみましょう!

前頭部の薄毛

出典:©pattmd.com

前頭部だけ、とはあまり見られないようですがもともと猫っ毛の人や髪がやわらかい人は年齢に伴い前頭部にも薄毛になるケースもあるようです。

ただ女性の場合全体的に薄くなるので目に見えて分かりやすい前髪が気になる人も多いんだとか。

そのような人は特に結んだりして髪を引っ張って脱毛してしまう「牽引性脱毛症」にも注意してください。

女性が薄毛になる原因

cocona1213
@Instagram

早い人は20代から悩んでいる人も多い「薄毛」。
その原因は実はさまざまにあるんです!!

遺伝だから…と諦めている人もいると思いますが、実は「毎日やっているあの行動が薄毛につながるっていた」なんてこともあります。

心辺りがある人、知らず知らずのうちに何かやっているかもしれないと思う人は一度確認してみましょう!

更年期以降の薄毛

myrr506
@Instagram

男性の大半は加齢とともに毛量が減少してしまいます。
これを男性型脱毛症(AGA)といい、主に前頭部と頭頂部の毛量が少くなるのですが、これは病気などではなく生理現象の一種として区別されます。

この男性型脱毛症は女性の一部にも認められており、前頭部から頭頂部にかけて全体的に薄くなります。

これは女性ホルモンの減少が原因とされているんです。
髪を育てるのに欠かせない女性ホルモンが減少しやすい40代~に多く見られます。

ただ生活習慣の乱れや過度なダイエット等でホルモンバランスが崩れて20代からでもFAGAになることもあります。

過度なダイエットによる薄毛

特に食制限をしている人は要注意です。
ダイエットのためだと満足に栄養を取らなければ薄毛の原因になってしまいます。

というのも、髪の毛は体の中でも特に栄養供給がされない器官(生命維持に必要ではないため)なんだとか。
だから栄養を取るのを怠れば、その分の栄養が髪に行き渡らないことになります。

その為髪の発育を維持することができなくなるそうです。

食生活の乱れ

mmikako12
@Instagram

これもダイエットの栄養不足に通じるものがあります。
食事を満足にしていたとしても、髪に必要な栄養素を取っていなければ意味がありません。

まずはしっかりと毎日バランスの良い食事を摂り、以下の成分が入っているかを確認してみてください◎

髪の毛の主成分「タンパク質」

lindalintpe
@Instagram

タンパク質を含む食材は

  • 豆腐
  • 納豆
  • その他豆類

となっています。
肉をたくさん食べているから大丈夫!という人もいるかもしれませんが、動物性タンパク質は摂取しすぎると脂肪がつきメタボリック症候群を引き起こしてしまいます。
そうすると血行不良になり逆にハゲる原因にもなるので、出来るだけ豆類を中心に取るようにしましょう!

頭皮の環境を整える「ビタミン」

beeeeetleman
@Instagram

必須栄養素としても知られるビタミンは髪に対しても多くの活躍をしてくれます。

ビタミンB2とB6は頭皮の皮脂分泌のバランスを整えるので乾燥や外的刺激から頭部を守ってくれます。
さらに代謝を促進させるため、毛母細胞の分裂活動を活発にさせてくれます。

ビタミンEは血行不良を阻止し、栄養供給を満足にさせてくれるため薄毛には欠かせない栄養素。
ビタミンCと一緒にとると吸収率が高まりますよ◎

さらに亜鉛不足は抜け毛の増加や白髪の増加、髪やせの原因にもなります。

  • ビタミンB2…レバー、青魚、卵、大豆、乳製品、うなぎ
  • ビタミンB6…肉類、サケ、マグロ、バナナ、ナッツ
  • ビタミンE…魚介類、ゴマ、マーガリン、植物脂
  • 亜鉛…魚介類、海藻類

それぞれのビタミンは以上の食材に含まれています。
豆類に含まれるイソフラボンは薄毛防止にかなり注目されている成分です。

食品の中でも特にビタミンB2が豊富に含まれるレバーが食べにくいという人はビタミンサプリなどで補うことをおすすめします。

睡眠不足による薄毛

atsushi_hyono
@Instagram

睡眠不足がなぜ薄毛の原因に?!
と思う人もいるでしょう。

なかなかその2つが繋がっているとは思えませんよね。
実は髪の毛は日に当たることで紫外線からのダメージを受けたり、頭を掻くことで頭皮に刺激を与えてしまいます。

そんな頭皮や髪の毛へのダメージを修復するのが睡眠中なんです。
だからこそしっかりと睡眠を取ることって大切なんですよ◎

なかなか眠れないという人はともかく、率先して夜更かししている人は早めに寝て1日6時間以上寝るようにしましょう。

運動不足による薄毛

aloha_warmee
@Instagram

運動不足は血行不良・肥満・体臭などさまざまな悪影響をもたらす恐れがあります。

先程の食生活でもあったように、血行不良は薄毛の原因になります。
運動不足が続くと全身の筋肉が衰えてしまい、血行不良になってしまいます。

特に頭皮は血行不良になりやすい部位といわれており、運動不足でなおかつ手足の冷えを感じる人は要注意です。

ストレスによる自律神経・ホルモンバランスの乱れ

skhtrr
@Instagram

ストレスを抱えすぎると自立神経が乱れてしまい、コントロールできなくなります。
それにより血行が悪くなってしまいます。

さらにストレスでのホルモンバランスの乱れによって男性ホルモンが増加することでも薄毛の原因に。

ストレスは眠れないことや運動不足・肥満などでも抱え込みやすいのでしっかりと休息を取るようにしましょう。

喫煙・飲酒による薄毛

ryuichi_photo
@Instagram

タバコには200種類以上の有害物質が含まれています。
特に血管を収縮させることでも有名なため、タバコを吸うことで率先して血行不良になっているようなものなのです。

さらにタバコはビタミンを消費し、男性ホルモンの分泌を促すため薄毛になる原因としては文句なしといったところ。

それだけタバコによる髪への影響は強いのです。

また、お酒を飲む人…特に一度にたくさんの量を飲む人は気をつけなければなりません。
お酒をたくさん飲むことで、肝臓で分解するためのアミノ酸が大量に使われたりアルコールがうまく分解できないと薄毛の原因になることもあります。
アミノ酸は髪の材料にもなるといわれているので大量に消費するほどの飲酒はやめましょう。

女性は純アルコール9gまでOKと言われています。

抜け毛が心配で毎日シャンプーをしていない

yurie_0312
@Instagram

美容師さんいわく、薄毛の人は髪の毛穴がとっても詰まっているんだとか。
だからこそしっかりと頭皮ケアをしてあげなければなりません。

最近のよくある話題では「皮脂のせいで薄毛になる」と言われているのが実はウソだったという話題が多くあります。
しかし薄毛の人は毛穴が詰まっていることが多いのも事実。

つまり皮脂のせいで薄毛になるというよりも薄毛の人には皮脂などによる毛穴詰まりが多いということでしょう。
だからもしシャンプーが薄毛の原因だと思って毎日洗っていないという人は常に頭皮は洗って清潔にしておきましょう。

実際に頭皮を不清潔にすることによって菌が繁殖し炎症を起こす場合もあります。
これが薄毛の原因にもなるので毎日のシャンプーは大切ですよ。

妊娠中・産後に抜け毛が増える

yuriepon
@Instagram

妊娠中は女性ホルモンが多く分泌されるため、一般的には抜け毛は少ないとされています。

ちなみに産後は女性ホルモンが減少し、抜け毛・薄毛になりやすくなります。
そのような場合も健康的な生活習慣を守ることが大切です。
バランスの良い食事や睡眠、ストレスをためないようにしましょう。

実は妊娠中の抜け毛もそれに通じるものがあります。
妊娠中は「マタニティブルー」といった言葉があるように精神的に不安になりやすくなることも。

そのため多くのストレスを感じやすかったり、普段以上に気を使わなければならない食生活を維持できず栄養不足になり抜け毛が増えるようです。

ピル服用後に薄毛になる

mpd.8
@Instagram

ピル服用は女性ホルモンに作用する薬です。
脳に妊娠状態を錯覚させることで排卵を止めるため、ピルの服用をやめた場合脳は意識せずに出産したと錯覚します。

これにより産後の抜け毛と同じような症状が発症するんです。
この場合はホルモンバランスを整える生活習慣を見直し、髪の生えてくるサイクルが調整されるまで続きます。

この副作用が不安な場合、または抜け毛が酷い場合は医師に相談しましょう。

カラーやパーマによる薄毛

album.maru_032
@Instagram

特に猫っ毛の方は注意が必要なのがヘアカラーやパーマ。
髪質がもともと細くやわらかいとカラーやパーマを1回しただけでかなりのダメージを負う可能性があります。

そうでなくても、何度もカラーやパーマを繰り返してきた人は毛先がぱさついたり、髪にコシがなくなります。
そのために髪の毛が縮れたり、途中で切れてしまったり、また頭皮へのダメージによって老化が早く進んでしまうことも。

猫っ毛の方はカラー・パーマは控えましょう。
そうでない人はヘアケアや頭皮ケアをしっかりと行うことが大切です。

髪を強く引っ張るような髪型をしていた

maria.8.marino
@Instagram

髪を強く引っ張るようなポニーテールなどの髪型は生え際や頭皮に強い負荷がかかります。
その為に髪が脱毛してしまうこともあるんです!

この症状を「牽引性脱毛症」といいます。
この症状でなんと髪が生えてこなくなることだってあるんです。
5~6年髪を引っ張るような髪型を続けている人は一旦その髪型を控えましょう。

薄毛になる前兆・予兆

sasa_729
@Instagram

薄毛の心配になってきた、大丈夫か不安になってきた方が多いと思います。
薄毛は肌と一緒で気づく段階が早い方が対処しやすくさらにこれからの薄毛予防にも繋がります。

まずはどのような前兆が薄毛へとつながってしまうのか確認してみてください◎

抜け毛が増えたように感じる

kenta5241
@Instagram

抜け毛が増えたと感じることってありませんか?
女性は特に6月から10月の間に抜け毛が増えます。

その原因はとても汗をかきやすく頭皮の環境が悪くなるためです。
さらに温度変化の激しい季節には頭皮の血行不良を引き起こしやすくなります。

この季節にしっかりと頭皮を清潔に保ったり、ヘッドマッサージで血行を良くするなどのケアをしましょう!!
そうすることで頭皮の環境を整えて抜け毛を防止することが出来ます。

頭皮に赤みがある・炎症がある

頭皮に赤みや炎症があると酷くなるとその部分の髪の毛が抜けることもあるそうです。
このような炎症がある時のシャンプーは洗浄力の強いものは選ばず、アミノ酸系など洗浄力の弱いものを使いましょう。

またシャンプーをしている時、ゴシゴシと爪を立てすぎて頭皮を傷つけている可能性もあります。
洗い方を見直す必要もありますね。

さらに夏になると気をつけてほしいのが紫外線。
紫外線は頭皮の老化にもつながるためしっかりと紫外線から守らなければなりません。

もし炎症がシャンプーなどが合わない、カラー剤による接触性皮膚炎などの場合は速やかに皮膚科を受診しましょう!

髪質が変わった・髪が痩せてきた

このタイプの人は栄養不足や成長周期の乱れが原因とされています。
髪の毛が十分に育たず、健康的な髪が生えてこなくなるんです!

例えば髪の毛を抜いた時、毛根に白い塊が付いていませんか?
痩せた髪の毛と言うのは、その白い塊がついていないものを言います。

  • 髪質が細くなった
  • 柔らかくなった
  • 毛根が白くない

このように髪質が変化している人は要注意!!
しっかりと栄養を摂ったり生活習慣を整えるように気をつけましょう。

頭皮のフケが酷い

marron0178
@Instagram

たくさんフケが出たり、かさぶたのように頭皮を覆っているようなフケは薄毛になる可能性も捨てきれません。

私の場合は冬に強力な洗浄剤(ラウレス硫酸Na)を使っているシャンプーによって大量のフケに悩まされました。
この場合、洗浄剤が強いので余計な皮脂までとりのぞいて乾燥を招いていたようです。
このようにシャンプーをまずは見直してみてください。

もし皮脂が多くてフケが出るタイプならフケや痒み用の薬用シャンプーもおすすめ。
すっきりと洗えて清潔な頭皮へと積極的に導いてくれます。

また、脂質やアルコール摂取によりビタミンB群を消費しすぎると皮脂の過剰分泌に繋がります。
食事の見直しも積極的に行いましょう◎

頭皮がべたつく・ニオイが気になる

tingara_nana
@Instagram

頭皮がべたつく人や頭皮のニオイが気になる人は皮脂の過剰分泌が問題とされています。

その中でも注意してほしいのが、思春期や新社会人、大きな生活環境の変化などの精神的に不安な状態が続いた場合。
そんな時、なんだか頭皮がべたつくなと思ったら要注意。

この場合「脂漏性脱毛症(脂漏性脱毛症)」になる恐れがあります。
これはホルモン異常によって引き起こされる症状で、肉眼でもみて分かるほど頭皮がベタついて毛穴が詰まってしまっている状態(毛根付近が黄色に変色しているなど)が特徴。
そこに菌が繁殖して毛の発毛を促す部分に影響し毛が抜けてしまうんです。

もし精神的に不安定な状況が続いている人はストレス解消や食生活の見直しに努めてみてください◎

女性の薄毛の対処・治療法

yoak21_
@Instagram

薄毛って戸惑う人も多いのではないでしょうか。
男性用のケアアイテムは良く見かけるけど、女性用のアイテムってあるの?と心配になりますよね。

でも安心してください。
きちんと女性専用のケアアイテムや治療ができる病院があるんです!
悩んでいる人はぜひチェックしてみてくださいね◎

頭皮に直接アプローチする女性用育毛剤

もうすでに薄毛に悩んでいる人は育毛剤を使ってみましょう。
シャンプーやトリートメントなどでも頭皮環境を整えることが出来ますが、蓄積した頭皮へのダメージに直接的にアプローチしてくれる育毛剤がおすすめ。

どうしてもシャンプーやトリートメントでは限界というものがあります。
それで効果が有るのか分からない…という状態のまま放置なんて事にならないためにも実感の感じられる育毛剤を選びましょう。

薄毛治療専門クリニックで徹底薄毛ケア!

出典:©h-aga.com

どうしても薄毛が酷い場合は薄毛治療専門クリニックに診療してみるのもOK!
クリニックによっては女性の診療や無料相談を受け付けているところもあるので気軽に利用することが出来ます。

確実に薄毛を治療していきたい人、ストレスなく発毛実感をしたい人におすすめです。

薄毛予備軍ならシャンプー&トリートメントを見直して

薄毛の心配がある、将来に不安がある人はスカルプタイプのものなど髪だけでなく頭皮もケア出来るものを選んでみてください◎
また、デリケートな頭皮の場合医薬部外品や薬用とされているものが成分的にも安心して使えます。

出来るだけ頭皮にストレスを与えないためにも、シャンプー、トリートメント(コンディショナー)、美容液(育毛剤)はライン使いするとより効果的です。

女性の薄毛予防方法

dior
@Instagram

せっかく育毛剤などを使って髪が生えてきたのにまた抜けてしまった。
なかなか効果が感じられないという人もいるでしょう。

薄毛治療をしているのに薄毛になるような生活をしていたら意味ないですよね。
薄毛が気になりだした人は育毛剤などのアイテムを使うだけでなく予防方法も並行して試してみてください。

また、まだまだ薄毛に悩んでいなくても薄毛になるような行動・生活をしていたと気づいた人は今からでも見直してみましょう。

食生活を見直す

栄養不足だけが薄毛の原因ではありません。
薄毛の原因部分で解説した髪に良いとされる食材だけを摂るだけでは不十分。
特に青魚や野菜をしっかり取らないと血がドロドロになり血行不良になってしまいます。

食材を気にするというよりも、きちんとバランスの取れた食事をすることで血行不良など薄毛の原因を防ぐことが出来ますよ。

ちなみに脂っこいものを食べすぎたり、糖分を摂りすぎると汗をかいた時に嫌なニオイを発したり、その汗が薄毛の原因になることもあります。
これは運動不足とも通ずるものがあるので、どのような汗を流せば良いのか適度な運動と一緒に見ていきましょう。

適度な運動を心がける

beach.love1535
@Instagram

肥満は血行不良になりやすくなります。
さらに運動していない人や肥満体型の人の特徴としてとても「悪い汗」を書きやすくなります。
悪い汗は以下のような特徴があります。

  • 汗の粒が大きい
  • ベタついている
  • 一気に汗をかく
  • 長時間ダラダラとかく
  • 蒸発しにくい
  • ニオイがする

このように悪い汗をかくと蒸発しにくくベトベトした汗がそのまま頭皮に溜まってしまうことになるんだとか。
そこに細菌が繁殖して皮膚炎を引き起こし薄毛の原因となり得るのです。

ちなみに良い汗とは

  • 汗の粒が小さい
  • サラサラしていてべたつかない
  • 蒸発しやすい
  • 必要に応じて汗が出る
  • 徐々に汗が出る
  • ニオイがない

このような特徴を持っています。
適度な運動をすることでかく汗はとても爽やかですぐに蒸発するためニオイがありません。
これはこまめに汗をかいて清潔な状態を保つ(タオルなどで拭く)ことで汗腺のつまりが取れて汗にニオイがつかなくなるからなんです。

暑い時だけ汗をかく、汗を拭かないなんて状態が続くと汗腺に皮脂などの汚れがたまってしまうので適度な運動をして汗をかくようにしましょう。

ヘアスタイルはこまめに変える

arcticfoxjapan
@Instagram

特に女性は髪を長くするので束ねている人も多いのではないでしょうか。
しかしずっと同じヘアスタイルにしておくと「牽引性脱毛症」を発症する可能性もあります。

慣れているからとずっと同じ方向に束ねている人は休みの日などは髪をおろすなどして、頭皮に負担をかけないようにしましょう!

また、ずっと同じ分け目にしておくとそこが集中的に紫外線などの外的刺激を受けることとなります。
分け目が薄いなと感じている方は定期的に分け目を変えるなどしましょう。

寝る前にヘアケアをしてから睡眠をしっかりと取る

bradi_bowers
@Instagram

睡眠不足は毛根へ運ばれる栄養が少くなってしまい、薄毛の原因となると上でも解説しましたね。
しっかりと寝るだけでなく、寝る前のヘアケアにもこだわってみてください。
シャンプー後、ちゃんと髪は乾かして寝ていますか?

髪を乾かさずに寝ることで髪の毛のキューティクルは開きっぱなしになり、髪質がバサバサになる原因に。
お風呂から上がったらなるべく早くに髪を乾かしましょう。

また、カラーなどを繰り返していて髪のぱさつきが気になる人は寝る前にナイトクリームを使ってみて。
私も愛用しているナイトクリームなんですが、寝る前に塗るだけでしっとりと毛先が落ち着きます。

頭皮の汚れはしっかりと落とす

doudou_ayana
@Instagram

自分でしっかりと髪の毛を洗っているつもりでも、ベタつきが残っていてなんだかスッキリしなかったり頭が痒かったりする人は頭皮の汚れが十分に落ちていないかも。

薄毛の人の特徴は毛穴の汚れが多いとのこと。
しっかりと汚れを取ってあげることが必要です。

でも実は髪質が剛毛の人ほど毛穴の汚れまでしっかりと洗うのが難しいんだとか。
そういう時はシャンプーブラシなどを使ってあげると頭皮をスッキリと洗うことができますよ◎

シャンプーブラシは硬すぎず柔らかすぎないちょうどいい固さのものを選びましょう。
ネットで購入する時はぜひ使用感はどうだったかを中心に口コミをチェックしてみてください。

タバコや飲酒を控える

erikojuku
@Instagram

肝臓に負荷がかかると、髪を作る材料になるタンパク質がつくられなくなってしまいます。
一度に大量に飲むような飲み方はやめましょう。
また、お酒を飲んだ日の翌日はなるべくビタミンB群を取るようにしてください。
飲酒はビタミンBをたくさん消費してしまい、皮脂の過剰分泌の原因になります。

l_h1_l
@Instagram

ニコチンによって血管を収縮させてしまうタバコは薄毛だけでなく老化の原因にもなります。
「老け薬」と言われているほど、特に女性には大敵なものなんです。

またタバコを吸っていなくても周りに喫煙者がいると副流煙を吸っている可能性もあります。
喫煙している際は煙を吸わないように気をつけましょう。

タバコをどうしてもやめられないという人は「VITACIG(ビタシグ)」がおすすめ。

米国ビタシグ社と医学博士のカーリー・ブライアンによって開発された世界初のオリジナル電子ビタミン・エッセンシャルオイルディフューザー。
ニコチンやジアセチルなどを含まず普段タバコを吸わない人でも安心して吸うことができます。
タバコの代わりに吸うことで禁煙に成功している人が50万人もいるほど実力のある製品。

紫外線から頭皮を守る

i_m_gallery
@Instagram

紫外線は頭皮に強いダメージを与え、乾燥肌や炎症の原因にもなります。
いつも顔や腕など日焼けを気にするように頭皮も同じくらいのケアが必要です。

というのも、頭頂部分は帽子や日傘などをしなければもろに紫外線があたってしまいます。
紫外線はガラス戸で塞いだとしても建物の中に入ってくる厄介もの。
しっかりとUVカット仕様のものを選びましょう!

ヘアケアの関連記事はこちら

出典:©unsplash.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

こんな記事も人気です

注目のエントリー

ピックアップ

気になる美容成分

注目の美容成分を分かりやすく解説

関連するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリー一覧