ヘナカラーで白髪はきちんと染まるの?ヘナのメリット・デメリットを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
800view

2018/09/14 更新 公開

こんにちは!!
最近ホットペッパービューティーを見ていると色々なカラーが増えてきたなと感じているROCCO GIRL ライターOniです。

美容室のメニューを見るとイルミナカラーやアディクシーカラーなど、カラーにもたくさんの種類がありますよね。
その中でも白髪を染めたいという時、ヘナカラーを進められたり通常のカラーよりもヘナが良いと聞いたことがあるという人もいると思います。
でも具体的にヘナカラーってどういうものかイマイチ分からなかったり、ついつい美容師さんの営業かなと疑ってしまうことも多いのではないでしょうか。

そこで今回はヘナカラーが一体どんなものなのか、またセルフで白髪染めができるヘナカラーを紹介します◎

ヘナカラーってなに?

出典:©oohanahana.jimdo.com

ヘナカラーってなんだか聞き慣れないという人も多いかと思われます。
しかしヘナ(ヘンナ)は古代からあるとても古いヘアカラーなんですよ◎
ヘアカラーの歴史についてはこちら「ヘアカラーの種類や違いを知って理想の髪色に♡」で詳しく紹介しているのでぜひ御覧ください。

実はインドでは一般的に使われており、伝承医学のアーユルヴェーダでハーブとしても利用されている安全な植物。
かのクレオパトラもヘナでネイルを楽しんだりしていたそうです。
最近は日本でもそのヘナが染料として利用されることが多くなりました。

ヘナカラーの魅力

fabby.styles
@Instagram

ヘナは頭皮を清潔に保つことが出来るため、通常のカラーよりも人体にとっても優しいんです。
ヘナ以外の髪に優しい白髪染めはこちら
さらに傷んだキューティクルを回復させて、紫外線からも髪を守ることができるんだとか。

そうして頭皮環境が整えられ、ハリ・コシが出て元気な髪の毛が育ちやすくなります。
さらに100%天然素材で出来ているため通常のヘアカラーよりも刺激が少なく、抜け毛や白髪対策にも期待できると言われているんですよ◎

ヘナカラーのデメリット

avanthus
@Instagram

ヘナは髪に色が浸透するまでに通常のヘアカラーよりも時間がかかり、およそ30分~1時間で染まります。
また、脱色剤が含まれていないため髪を明るくすることは出来ません。

また、洗浄成分の強いシャンプーなどを使うと落ちやすくなります。
アミノ酸系など髪にやさしいケアアイテムを使いましょう◎
アミノ酸系シャンプーが主流のスカルプシャンプーはこちらでチェック!

ヘナカラーは天然素材100%が主流ですが、市販のものは化学染料を混ぜていることもあるので注意が必要です。

ヘナカラーの色合いは?

simsimjapan
@Instagram

植物から作られているので、実はヘナ100%のカラーは1色しかありません。
しかし、別の植物を染料として混ぜることでその他の色を作り上げることが出来ます。

例えばインディゴ。
インディゴもヘナと同様に古代から親しまれてきた染料の1つ。
このようにさまざまな色合いを持つ植物の染料を組み合わせることで微妙な色合いも表現できるんですよ◎

どんなカラーがあるかはメーカーによっても違うのですが、今回は例として「イフズプランニング」で販売されているヘナカラーを紹介します。

ヘナ100%はオレンジ系の色合い

出典:©ifz-plan.com

こちらはヘナ100%で染めた白髪。
とっても発色のいい綺麗なオレンジが特徴です。

ナチュラルなカラーリングが楽しめるキャラメルブラウン

出典:©ifz-plan.com

こちらはヘナとその他の植物からなる染料を使用しています。

  • ナンバンアイ葉
  • ヘナ(ヘンナ)
  • グァーガム
  • ビャクダン木
  • アカシアコンシナ果実
  • アンマロク果実
  • メリアアザジラクタ葉
  • トゥルシー
  • ムクロジ果実
  • バコパモンニエラ葉
  • アルニカ

赤すぎずくすんだブラウンがナチュラルな髪色を表現してくれますよ!

白髪染めとして1番おすすめカラー◎自然な黒髪に

出典:©ifz-plan.com

白髪染めって黒くなりすぎるもしくは赤が強すぎてギラついてしまう経験がある人も多いのではないでしょうか。

  • ナンバンアイ葉
  • ヘナ(ヘンナ)
  • グァーガム
  • ビャクダン木
  • アカシアコンシナ果実
  • アンマロク果実
  • メリアアザジラクタ葉
  • トゥルシー
  • ムクロジ果実
  • バコパモンニエラ葉
  • アルニカ

これらの成分を調合することで濃いグレーの色合いを出しています。

黄ばみが強い白髪にぴったりなくすんだ青

出典:©ifz-plan.com

こちらはヘナは使用されていないのですが、インディゴ100%のディープな青紫。
黄ばみが強い白髪などをくすませる時におすすめです。

出典:©ifz-plan.com

ちなみにもっと発色の良い青を表現したい人はこちらのナンバンアイ葉をつかったカラーもおすすめです◎

ヘナカラーはこんな人におすすめ

mitubati_hair
@Instagram

 

  • 白髪が気になる
  • 髪のボリュームが減った
  • 髪がやせてきた
  • 頭がかゆい
  • 抜け毛が増えた
  • 髪のぱさつきが気になる
  • ツヤやハリ・コシがなくなってきた
  • 化学成分が苦手・アレルギーがある

これらに当てはまる人はぜひヘナカラーを使ってみてください◎
白髪だけでなく、今まで脱色などで髪を傷めてきた人で暗髪にしたいという人でも通常の黒染で染めるよりも断然ヘナの方が髪にも頭皮にも良いんです!!

また、ケミカルなど化学成分が気になる方にもとても使いやすい染料ですよ。

ヘナカラーはどこで染められるの?

beautist_madoka
@Instagram

ヘナは主にヘアサロンで染めることが出来ます。
しかし、ヘナカラーを取り扱っていない所もあるので事前に電話などで確認しましょう◎

また、セルフでもヘナカラーで染めることが出来ます。
しかし市販で販売されているものの中には、天然素材100%ではなく化学成分が入っていることもあるんです。
より頭皮や髪へのダメージを考えるなら、「ジアミン」などの化学染料が含まれないものが良いでしょう。

emi__0805
@Instagram

実はジアミンはサロンや市販のヘアカラー・白髪染めのほとんどに含まれている成分。
しかし肌の弱い人は痒みや湿疹、ピリピリとした傷みなどアレルギー症状を起こしやすいもの。

せっかく髪や頭皮に優しいヘナを選んだのにそんな成分が入っていたらイヤですよね。
そこで今回は天然素材100%のヘナカラーを紹介します◎
簡単に染められるものもあるのでぜひチェックしてみてください♡

髪や頭皮ケアにも◎オーガニックヘナカラー

価格帯・簡単・成分・染まり具合すべてにおいて申し分なく、個人的にも一番おすすめなのがこちらのマダムヘナ。
ノズルタイプとシェイカータイプがあり、自分が染めやすい方を選んで染めることが出来ます◎

ノンケミカルノンジアミン無農薬栽培で100%天然のハーブのみを使っている品質の高さも魅力的。
しかもオーガニック認証エコサートを取得しているから品質は本物。

マダムヘナで使用されているハーブは以下の通りです。

  • アーマラーキー…抗酸化作用が高い
  • インディゴ…抗菌作用がある
  • ターメリック(ウコン)…肝臓の解毒作用を促進
  • シカカイ…フケやかゆみの防止
  • ブラーフミー(ブラハミ・ツボ草)…血行を促進
  • ブリンガラージ…育毛促進
  • ヘナ(ヘンナ)…トリートメント効果に優れている
  • リコリス(甘草)…活性酸素の除去、アレルギーの抑制
  • ローズマリー…抗菌作用、フケ防止
  • カシア…フケやかゆみを抑える、ハリ・コシを与える

髪や頭皮に優しいだけでなく、髪の悩みに対するケアにも期待出来そうですね◎

人気自然派ブランド「ナイアード」のヘナカラー

セルフヘアカラーを慣れている人、自分で色を調整したい人におすすめ。
人気のナチュラルコスメブランド「ナイアード」のヘナカラーです。

3種類のカラーがあり、赤茶系が2種類と黒茶系が1種類あります。
これらを混ぜて使うことができ、黒茶に赤を足したい時は赤茶系と1:1の割合で混ぜるとブラウンに近い色合いに仕上がります。

中でも一番人気のヘナ+木藍(黒茶系)には以下の成分が含まれています。

  • ヘナ(ヘンナ)…トリートメント効果に優れている
  • アムラ…ツヤを与える
  • シカカイ…頭皮の汚れを落とす
  • ベチベル…アンチエイジング、抗菌作用
  • ジャタマシ…髪にうるおいを与える
  • カッチャ…収れん作用
  • ブラハミ(ツボ草)…血行促進
  • バヘダ…収れん作用、ツヤを与える
  • ハラダ…収れん作用、ツヤを与える
  • バアリンラジ(タカサブロウ)…育毛促進
  • ラタンジット(紫根)…抗菌作用、育毛促進
  • 木藍…育毛促進ヘアケア

特に収れん作用(頭皮の引き締めなど)のあるハーブが多く含まれていますね◎

白髪染めはヘナカラーでナチュラルカラーを楽しもう!

出典:©unsplash.com

特に年齢からくる髪トラブルに悩んでいる人の白髪染めにはヘナカラーがとってもおすすめ。
インドの医学に基づくハーブが配合されているから髪を染めるだけでなく、頭皮環境を整えてくれるのも嬉しいところ◎

特に一般的な白髪染めはかなり強力なカラー剤を使用しているから、髪や頭皮へのダメージがとても大きいんです !!
白髪ケアをしたのに髪がもろくなった、抜け毛が酷くなったなんてイヤですよね。

美容師さんからヘナカラーを進められたらもうしかすると、そのような気遣いがあったからかもしれません。
そんな悩みを持つ人にこそ、髪の保護や頭皮環境改善に期待できるヘナカラーを試してほしいものです。

白髪染めトレンドヘアカラーカタログはこちらでチェック!

白髪染めに関するおすすめ記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

こんな記事も人気です

人気の記事

注目のエントリー

ピックアップ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリー一覧