2017年夏の暗髪ヘアカラー【ブルージュ】ヘアカタログ♡この夏はクールに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
13641view

更新 公開

暗髪でもトレンドは「スポンテニアス」

出典:©hair.cm

今年の夏のトレンドヘアカラーの中では「暗髪」もトレンドキーワードとして上がっていますよね。
暗髪のヘアカタログはこちら
でも、同時に2017年のトレンドワード「スポンテニアス(常識にとらわれない個性)」を忘れてはいけません。

暗髪でもどことなくオシャレを感じさせるなら、個性の出る暗髪が良いですよね。

そこでおすすめなのが、「ブルージュ」。
グレージュカラーの中でも、ちょっと雰囲気が違ってクールな印象がこの夏ピッタリなんです◎

今回はブルージュのヘアカラーを紹介します。

おしゃれを楽しめるブルージュ

ブラウンの中に濃厚に溶け込むブルージュ。
通常のブラウンよりも肌の透明度を上げて、ウェット感を出したセットで抜け感抜群に。

出典:©hair.cm

赤みを抑えるのに最適なブルージュは、程よくアッシュ感を演出してくれます。
コーヒーブラウン系の色合いは、ブルージュを混ぜてみるとよく表現できますよ◎

tnb11
@Instagram

思いっきり暗髪にするのにも、ブルージュを混ぜるとほどよいマットに。
グリーン系を入れるとマットで平坦すぎるけど、ブルージュなら軽やかな毛先の演出も◎

tnb11
@Instagram

自然光だと透き通ったイメージになるので、モード系にもフェミニン系にもこなせます。
夏ファッションのトレンドカラー「ホワイト」との相性も抜群ですね♡

出典:©hair.cm

ハイトーンの人は、ブルージュで黄みをとるだけでなくブルージュカラーで暗く表現してみるのもアリ。
くらいところではブルーがしっかりと暗く見せて、日に当たるとブルーが透けて透明度◎

もっと透明感が欲しい人にはイルミナカラーもおすすめです!

出典:©hair.cm

もっと個性的に表現するなら暗髪×ポイントカラーもおすすめ。
ポイントにペールブルーを、全体にブルージュを入れたヘアカラーで清涼感のある爽やかな印象に。

出典:©hair.cm

赤みを消してダークブルージュを入れることで、深みのあるベージュに。
大人の女性にピッタリの落ち着きのあるカラーとなっています。

出典:©hair.cm

暗髪ブルージュは表現次第ではレトロ感ある外国人ヘアカラーにも。
ベージュとブルーのちょうどいい色合いがセピア風味を出して、70年代のフィルム写真のよう。

今年の外国人ヘアカラーはイノセントカラーもおすすめ。

出典:©hair.cm

ブラックブルー×ブルージュのグラデーション。
ブルーが強めに入っているからまた違ったクールでスタイリッシュな印象に。

出典:©hair.cm

ベージュのなかでひっそりと見えるブルージュが可愛い♡
ローライトでブルージュを入れることで、ナチュラルなアースカラーを表現する事もできます。

夏の暗髪は透明度高いブルージュで

ブルージュって、クールになりすぎるんじゃないかってイメージを持っていた人もいるのではないでしょうか。
でもそれはブルーとベージュの割合をどうするか次第。

暗髪でも少しマット感を出したり、ローライトでブルージュを入れたり、赤みや黄みをブルージュで消したり…ブルージュだけでさまざまなことができるんですよ♡

特に7月、8月あたりで思い切ってブルージュにしてみるのがおすすめですよ◎

同じくトレンドのグレージュヘアカラーのカタログもチェックしてみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

こんな記事も人気です

注目のエントリー

ピックアップ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリー一覧