ヘアスタイル

白髪染めって何歳から必要?!白髪のメカニズムと白髪染めの種類を紹介

白髪染めって何歳から必要?!白髪のメカニズムと白髪染めの種類を紹介 アイキャッチ画像

白髪染めって何歳から必要なんだろう…と思ったことはありませんか?
加齢の場合、早い人では30歳を過ぎてから白髪が生える人もいます。

でも実は白髪にはさまざまな原因があり、加齢によるものではない場合もあります。
その為、10代・20代から白髪に悩むこともあるんです。

そこで今回は白髪についてさまざまな原因やケアの方法を紹介します◎

関連キーワード

白髪が生えてくる原因

白髪のご老人
白髪が生える原因

白髪は一般的に歳を重ねるに連れて多くなっていくため、どうしても「年配」のイメージが払拭出来ません。
白髪=老人というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。
それにより比較的若いうちから白髪が生えてきたことで悩みが絶えないという人も少くありません。

ではなぜ白髪が生えてしまうのでしょうか。

加齢による白髪

カメラを持った女性
加齢による白髪

実は人は歳を重ねる毎に髪の色が自然に変色していきます。
一般的には生まれつきの色から灰色、白へと変化するんです。

アメリカでは40%以上の人々が40歳になる頃には白髪を持っている人が多くなるそうです。
毛髪や肌の色素を保つ細胞でもあるメラノサイトを生み出す幹細胞が機能しなくなり、毛髪が白へと変化します。

加齢による髪の色が白へと変化していくのは、このように毛根でメラニンの生産が止まってしまうからなんです。

先天性白皮症による白髪

白い髪の女性
白い髪の女性

先天性白皮症と言うのは、いわゆる「アルビノ」と言われているもので、遺伝情報の欠陥により先天的にメラニンが欠乏している遺伝子疾患です。

この場合、本来メラニン色素を持っている組織である体毛・皮膚・虹彩・脈絡膜・網膜色素上皮にメラニン色素欠乏をきたしています。
そのため、体毛は保持しているメラニン量によって違うのですが、プラチナブロンド(白金)からブロンド(金)と言われています。

実はあの旧約聖書に記されている「ノアの方舟」でも有名なノアもアルビノであったとされています。
このように先天的に髪色が白髪に近い場合もあります。

栄養失調による白髪

食べる写真
栄養失調による白髪

栄養失調はメラニンの生産を助ける栄養が不足してしまい白髪ないにしろ赤髪や金など髪色に変化をもたらします。
さらに色だけでなく、髪質も細く脆くなってしまうんです。

ただ、栄養失調による白髪は適切な食事や栄養を摂取することで回復することが出来ます。

難病による白髪

血圧を計る女性
難病による白髪

成人期以降に発症する早老症でも知られる難病「ウェルナー症候群」や悪性貧血などは白髪の原因にもなります。

また慢性胃腸疾患、マラリア、甲状腺疾患、脳下垂体機能低下症、円形脱毛症などの病気では急激に白髪が増えたり一部に集中して白髪が発生することがあります。

ストレスや恐怖による白髪

布団をかぶる女性
ストレスや恐怖による白髪

ストレスによる髪色の変化は聞いたこともある人が多いのではないでしょうか。
多くの文献などでも、恐怖やストレスによって一夜にして白髪化したなどという記述も残されています。

しかしこれらは近年の研究によって誇張した表現であることが分かってきています。
実はすべての髪の色が白髪に生え変わるには早くとも3年はかかってくるんです。
毛髪のサイクルによってはあっという間に白髪になる可能性も否定できないのですが、一旦生えてしまっている髪の毛の色が変色するということはないんだとか。

新しく生えてくる髪の毛が白髪の場合はストレスが関係していることもあるようです。
メラノサイトはかなりストレスに弱く影響を受けやすい細胞。
そのため大きなストレスによりメラノサイトが正常な動きをしてくれなくなることで白髪が生えてくるそうです。

喫煙による白髪

タバコを吸う女性
喫煙による白髪

なんと喫煙も白髪の原因とされています。
J・G・モーズリーが主体となって行っている研究によると、喫煙者は非喫煙者に比べて4倍の確率で若年期に白髪が発生すると1996年のBMJ誌において発表されました。

若白髪が原因の人にはストレスが多く取り上げられますが、実は喫煙も原因に含まれているんです。

白髪は解消出来るの?

ノートを広げた女性
白髪は解消できるのか

ストレスや栄養失調による一時的なものであれば、原因となる部分を回復することで新しく生えてくる髪の毛が元の色に戻ることがあります。

しかし、一旦白髪として生えてきた髪を自然に黒髪に戻すことはできません。
そのため加齢による白髪は一般的に治すことが出来ません。

でも、食品やビタミンなどの栄養サプリメントなどが白髪の発生を防いだり遅らせることができるという商品を見かけたことがありませんか?
実はそのような商品によって現時点で効果はみられません。

しかし、近い将来はもうしかしたら白髪を解消することができるかもしれないと話題になっています。
というのも、白血病患者の治療を行っているフランス人科学者によって副作用を持つ抗がん剤が発見されました。
なんと、この抗がん剤を投与された患者の数人が進行中の白髪頭に回復がみられたんだとか。

やりがちな間違った白髪の対処方法

ヘッドホンをつけた女性
ヘッドフォンをつけた女性

白髪が生えてしまうとどうしても老けてみられてしまいます。
放置しているとなんと実年齢から5歳以上も上にみられたりしたことがある人も多いようです。

特に加齢やストレス、病気が原因となると元の髪色に混ざる形で生えてくるのでとても目立つこともあります。
その為、どうやって隠そうか悩んでいる人も多いのでは?

白髪を抜く

木の枝
白髪を抜く

白髪を見つけたらついつい抜いてしまう人も多いのではないでしょうか。
でも「白髪を抜くと増える」なんて都市伝説もありますよね。
白髪は抜いた方が良いのか、抜かない方が良いのか迷っている人も多いのではないでしょうか。

実は「白髪を抜くと増える」ということはないようです。
ただ老化の場合の白髪は髪の色素を作る細胞が機能しておらず、そこから白髪しか生えてこなくなるため増えたように感じるんだとか。

しかし白髪が増えないなら白髪は抜いていいと考えるのはNG。
髪を抜くと少なからず頭皮に負担がかかるんです。
薄毛の原因にもなりかねませんので白髪を抜くことはやめましょう。
美容室や理容室などで白髪抜きをメニューにしていることもありますが、利用することはオススメしません。

市販のカラー剤を使う

レインボーカラー髪型
市販のカラー剤を使う

市販のカラー剤を使って染めるのはかなりダメージがかかります。
ほとんどの美容室では必要以上に髪に負担をかけるような染め方、薬剤を使いません。
なるべくその人にあったカラーを作ることで負担を軽くし、クオリティの高い白髪染めが出来るんです。

また、白髪を染めた後のケアも美容室なら質の高いトリートメントでしてくれるため、髪にも優しいんです。
白髪染めの際に頭皮にかゆみや髪の傷みを感じる人は特に、市販のカラー剤を使うことは控えましょう。

正しい白髪の対処法

白髪を見つけた時は焦って抜いたり、急いで市販の白髪染めを買ったりしないようにしましょう◎
きちんとしたケア方法で白髪をより綺麗に隠すことができます。

白髪を数本見つけた時はハサミでカット

ハサミの写真
ハサミでカットする

白髪を数本見つけるとついつい抜きたくなりますが、グッと我慢してハサミなどでカットするようにしましょう。
抜くと毛根や頭皮に負担をかけてしまうのですが、ハサミでカットすれば頭皮に影響を与える心配はありません。

白髪が増えてきたらカラートリートメントでカバー

シャンプーイメージ画像
トリートメントでカバー

根本当たりに若干白髪が増えてきた場合、毎回毎回白髪染めをしてしまうと髪が傷んでしまいますよね。
そんな時にオススメなのがカラートリートメント。
カラートリートメントなら通常のトリートメント代わりとしても使えるほど髪や頭皮に優しいんですよ◎

徐々に染まっていくタイプなので、白髪が伸びてきても自然な見え方になります。
次にリタッチする時のつなぎとして使うのにもおすすめです。
もちろんセルフケアではなく最初から美容室でのリタッチカラーやメンテナンスカラーをしてもOKです。

白髪全体を染める時は美容室へ

髪を美容室で切る女性
白髪全体を染めるときは美容室へ

白髪全体を染める場合、クオリティや染めた後のアフターケアを考えれば美容室でしてもらうことが一番良いでしょう。

しかし、なかなか美容室に行く時間がないという人も多いのではないでしょうか。
もし市販の染毛剤を選ぶなら。頭皮や髪に通常の白髪染め(永久染毛料)よりもダメージが少ないと言われているヘナやヘアマニキュアを使うことをおすすめします。

美容室で白髪を染めるとき

オレンジの髪した女性
奇抜な髪の女性

クオリティの高い白髪染めをしたいのなら美容室もおすすめ。
でも美容室なんて行かなくても市販の白髪染めである程度の染められると思っている人も多いのでは?

また、白髪頭で美容室に行くのが恥ずかしいという人もいますよね。
ここでは美容室で白髪を染めるメリットや長持ちさせる方法、美容室に行きやすくなる方法を紹介します◎

美容室なら質の良い白髪染めが出来る

目を閉じた金髪の女性
質の良い白髪染めができる

美容師さんによると市販ではどれも同じ様な成分で染めるのに対し、美容室で使うものは成分が全然違っているんだとか。
だから市販の白髪染めよりも染まりよく、さらに色持ちもいいんですよ◎

また、アフターケアも自分で行うよりも丁寧で質の良いものなので、白髪以外でも髪や頭皮に悩みを抱えている人は特に美容室での白髪染めをおすすめします。

美容室ならハイライトで明るい白髪染めも可能!

髪の長い女性
ハイライトで明るい白髪染めも可能

特に市販の白髪染めだとなかなか明るい色にはできませんよね。
明るいカラーも楽しみたい!と思う人も多いのではないでしょうか。

そんな時こそ美容室へ行ってみましょう!
サロンにもよりますが、明るい色にしたいといえばさまざまなテクニックでそれに近い明るさや色合いに仕上げてくれます。

例えばハイライトを使えば全体を明るくボリュームのある髪へと見せることができます。
どうしても市販の白髪染めだとペタッとなってしまう人や、暗い髪ばかりは嫌だという人におすすめです。

美容室の白髪染めは高い?!

メニューイメージ画像
白髪染めは高い?

美容室の白髪染めは高いというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。
それがネックでなかなか行けないなんてこともありますよね。
しかしリタッチやメンテナンス(部分白髪染め)をうまく使えばなんと1月4,000~5,000円で綺麗な髪色をキープすることができます。

リタッチとは前回染めた部分より後に生えてきた白髪だけをカラーリングすることです。
根本1センチ~2センチ幅のことを言い、およそ2,000~3,000円前後で染めることができます。
メンテナンスカラーは白髪が一番目立つTゾーンなどのみを染めることを言い、およそ2,000円前後で染めることができます。

リタッチもメンテナンスも全体を染めるよりも格安でカラーリングをすることが出来るんです!
ただこの場合、美容室に定期的に通う必要があるので時間に余裕がある人におすすめです。

白髪染めの放置時間は長い?

時計と空
放置時間は長い

セルフで白髪染めをするとなると、自分でしっかりと染めなければならずさらに染め残しがないかチェックするのがかなり面倒だし時間もかかりますよね。
セルフではだいたい塗布だけで20~30分、放置時間30分とそれだけで1時間はかかってしまいます。
しかし美容室ならおよそ1時間~1時間30分ほどで負担なく綺麗に髪を染めることが出来ます。

  • カウンセリング…5分程度
  • カラー剤塗布…リタッチ10分、全体13分
  • 放置時間…20分~30分
  • シャンプー…15分
  • ドライ・スタイリング…15分

また、美容室によっては待っている間に飲み物やお菓子をくれる所も多いので、あっという間に待ち時間がすぎてしまいます。
自分で染めるときよりも手間はかからず綺麗に染められますよ!

美容室で染めた白髪染めを長持ちさせる方法

泡をつかむ
白髪染めを長持ちさせる方法

市販の白髪染めも美容室も一緒だよ…と思っている人も多いのではないでしょうか。
実は美容室で染めた時、1つのルールを守ることでより色を長持ちさせることが出来るんです!

それは染めた日一日はシャンプーをしないこと。

たったこれだけなんです。
1日洗わないなんて気持ち悪いって思うかもしれませんが、実は白髪染めが定着するには1日時間がかかるんです。
だから定着する前にシャンプーをしてしまうとせっかく入れたカラーが取れてしまいます。

ヘアアイテム
シャンプーイメージ画像

特に市販のシャンプーはその安さゆえにカラー剤までも落としてしまう強力な洗浄力を使っていることが多いんです。
染めた後のシャンプーは美容室でしてもらう分だけにして、自宅ではシャンプーを使わずお湯で流すだけにしておきましょう!

美容室での不安・苦手あるある

そもそも美容室のこんなとこが苦手とか不安は誰しもが持っているものだと思います。
特に美容室に行き慣れていないとドキドキですよね。

私も昔は美容師さんとの雑談が嫌で美容室嫌いだったんです。
でも実際そんなに構えることなく、割りと快適に過ごせるんですよ◎

ここでは美容室での不安や苦手と思うことあるあるを解説していきます。

美容室では商品を押し売りされるの?

たくさんの商品
商品を押し売りされるのか

ほとんどの美容室で商品の押し売りなどはされません。
実際に使った商品やお客さんのプラスになるアイテムはオススメをしたり、他のメニューを紹介することもあります。
もちろん断っても悪い顔はされず、押し売りはされません。

「このスタイリング良いけど今欲しくない…でもどんなものか知りたい」

と言うとき、美容師さんに聞くとそのまま押し売りされると思っている人も多いんですがほとんど商品の解説だけで買ってくださいとまでは言いません。

私は結構美容室で商品の説明を聞いたりするんですが、「〇〇(ブランド名)の洗い流さないトリートメントが気になっている」と言ったら、「Oniさんの髪質で使うともったりすると思うから軽めの△△や□□とか使うといいですよ」と的確なアドバイスをいただけます。

ここはサロンの接客の質にもよるので、もうしかすると押し売りされた経験のある人もいるかもしれませんが今はもうほとんどそのような営業は行っていないようです。
もし押し売りされたら逆に美容室を変えた方がいいかもしれません。

美容師さんとの雑談や会話が苦手

会話をする2人の少女
会話をする少女2人

これが本当に嫌だ!という人もいますよね。
特に美容室に行き慣れていないと、染めている間ずっと話しをしておかなければならないと思っている人も多いのでは?

しかしずっと喋り続ける必要はありません。
ただ最初の5分間ほど…カウンセリングの時だけはしっかりとどんな風にしたいかを美容師さんと話し合ってください。

その後はかなり自由です。
もちろん美容師さんと話してもいいし、なにか雑誌が読みたいといえば雑誌を用意してくれます。
私はよく電子書籍を読んでいたりしていますよ◎
そういう時は美容師さんも空気を読んで必要以上に話しかけることはありません。

ただ、まれにずっと話しかけてくる美容師さんがいます。
どうしても嫌な場合はその場で担当を変えてもらうなどをしてもらいましょう。
相性の合うスタイリストさんを見つけることで、安心して通うこともできます。

一箇所の美容室に通い続けなきゃ行けないの?

金髪の女性
金髪の女性

美容室を選ぶ権限は美容室側にはありません。
もちろんその美容室が自分に合わないなと思ったら他の美容室に変えることが出来ます。
変えたからといって何か問題が生じるなんてこともありません。

私はメインで通っている所はカットがうまいのでカット(+カラー)の時はメインの美容室に、カラーやブリーチだけの時はサブで利用している美容室に行ったりと結構自由に通っています。

友人は毎回違う美容室に通っている人も多いので、絶対に一箇所の美容室に通わなければならないということはありませんよ◎

美容室がおしゃれすぎて行く勇気がない

おしゃれな2人の女性
おしゃれな女性2人

美容室は特に内装やスタッフさん達のファッションなどに気を使うことが多くあります。
その美容室の得意とするジャンルに合わせたスタイルになっており、お客さんにもこのようなスタイルを提供できますという見本のサンプルとなっています。

美容室がおしゃれに気を使うのは見本を見せるためでもあるんです。
だから、美容室を選ぶ時もおしゃれすぎるから自分に合わないと思うのではなく、今の自分からこの美容室のような雰囲気になりたいという視点でみると良いですよ◎

美容室に行くためにおしゃれになるのではなく美容室に行くことでおしゃれになれる場所なので、おしゃれすぎて自分の身の丈に合わないから入店拒否をされるなんてことはありません。
おしゃれだからといって構える必要はなく、気兼ねなく行っても大丈夫ですよ!

美容室で白髪染めの注文が恥ずかしくて出来ない

STOP
恥ずかしがる少女

「白髪染めを…」と注文するのが恥ずかしくて美容室で注文するのが嫌だという人も多いようです。

白髪を綺麗に染めたい人はきちんと美容師さんに相談したいところ。
でも他の人に聞かれてしまったら…と思うとなかなか行きづらいですよね。

涙
匿名さん
45歳女性
白髪が気になりだしたのですが、なかなか美容室にいけません。
まず美容師さんにこの白髪を見られるのがいやです。それから鏡でずっと白髪の多い自分を見なければならないことがとても苦痛です。
染めてもらっている時、白髪染めしていると周りにバレたくないです。
本当に行きたくないです。

また、白髪なんて恥ずかしくてギリギリまで帽子を取りたくない、できるだけそんな姿をみたくないという人もいるのではないでしょうか。

そこで今回はそんな人でも気軽に白髪染めが注文出来る方法を紹介します。

予約のときに要望や悩みを伝えておく

電話
予約の電話

予約で電話をする時は美容師さんと自分しか聞いている人はいません。
また、メールでの備考欄などで相談するのも良いでしょう。

白髪で悩んでいることや大勢の前で白髪頭を晒すのは恥ずかしい旨などを伝えましょう。

個室あり・他のお客様と席を離すことができる美容室を選ぶ

花を見る赤ちゃん
花を見つめる子供

美容室の中には個室や半個室(壁で席が仕切ってある)ところもあります。
どうしてもみられるのがイヤだという人はそのような美容室を選びましょう。
個室があるか分からない時は予約時に聞いておくと安心して利用出来ますよ◎

また、混雑時だと隣の席に人が来てしまうこともありますよね。
個室でなくてもいいけど隣の席に人がくるのが嫌だという人も、美容室に相談してみましょう!
お店の環境によっては調整が難しいこともあるようなので、断られたら潔く別の美容室を探すことをおすすめします。

出来るだけ少人数の美容師さんに対応してもらう

鏡にむかって笑顔の女性
鏡に向かって笑顔の女性

大きい美容室だと、シャンプー・カット・カラー・ブローとそれぞれ違う美容師さんがつくこともあります。

でもその度に白髪をみられるのはイヤですよね。
もし頼めるのであれば出来るだけ少人数で、もしくは担当に選んだ方のみで施術を行ってほしいと伝えましょう。
これも予約時などに事前に相談しておくことが大切です。

特に担当の方が人気の美容師さんの場合は、ずっと一人についていることも難しくなってしまいます。
アシスタントはすべて同一の方でお願いするなど、ある程度の譲歩は必要になります。

どうしても美容室に行きたくないなら

どうしても美容室に行きたくない、行く時間がないという人も多いでしょう。
でも市販の白髪染めではかなりの負担がかかってしまうし、塗り残しなどがあると大変ですよね。

そこでなるべく髪の毛や頭皮を傷めずにセルフで白髪染めをするコツを3つ紹介します。

白髪染めは白髪部分(根元や生え際)だけに塗ろう

髪を掻き上げる女性
髪を掻き上げる女性

セルフでリタッチをする時、中には面倒だからと全体を塗ってしまう人がいます。
しかし白髪染めはおしゃれ染めよりも染まる力がかなり強いんです。
そのため、元の髪色にさらに色が強く入り真っ黒になって不自然な髪色になることも。

生え際や根元は指や歯ブラシなどを使って塗ると塗りやすくなりますよ◎
必要な部分だけに塗ることで髪や頭皮への負担を軽減することができます。

放置時間を守ろう

時計の画像
時計の画像

市販の白髪染めの場合は放置時間を20分~30分程度と設定されています。
しかし染まりが悪いからと1時間以上放置…なんてことしていませんか?

市販の白髪染めは特に髪や頭皮に強い刺激を与える薬剤を使用しています。
指定された放置時間以上おくと頭皮や髪へのダメージがそれだけ与えられてしまうんです。
頭皮や髪を守るためにもしっかりと放置時間は守らなければなりません。

体調不良・頭皮環境が乱れている時は白髪染めはしない

ピアノにもたれかかる女性
ピアノにもたれかかる女性

体調不良だったり、頭皮環境が乱れている時に白髪染めを使うと症状がより悪化することがあります。
特に永久染毛料に含まれているジアミンという成分は、染めている時に頭皮にかゆみをもたらしたり酷い時にはかぶれや腫れなどを引き起こすことがあるんです!!

重大な皮膚疾患になるおそれもあるので絶対に頭皮環境が乱れている時や体調が悪い場合は白髪染めをしないようにしましょう。

白髪染めの種類

白髪染めにはおしゃれ染めのようにさまざまな種類があります。
おしゃれ染と基本的に変わらないので、ココでは簡単にその違いを解説していきます。
もっと詳しく知りたい方は「ヘアカラーの種類や違い・ブランド・メーカーなどを一挙紹介!」をご覧ください◎

一般的な白髪染め

出典:©salondepro.jp

一般市場に多く販売されているタイプの白髪染めです。
1剤と2剤を使って髪の内部までしっかりと色を入れます。

塗布前は髪を覆うキューティクルが整っている状態なのですが、1剤を使ってキューティクルをこじ開けます。
さらに2剤の酸化剤で酸素を発生させ、1剤に含まれる酸化染料を発色させます。
これらの分子がくっつき合って大きくなることでキューティクルが開いた状態でもカラーが落ちにくくなります。

色持ちがかなり良い反面、キューティクルをこじ開けたままになってしまうので髪へのダメージは測りしれません。
若白髪の方はこれで十分かもしれませんが、加齢により薄毛・髪やせに悩んでいる方にはあまりおすすめできません。

ヘアマニキュア

出典:©salondepro.jp

ヘアマニキュアの白髪染めを見たことがないという人も多いのではないでしょうか。
それもそのはず、ヘアマニキュアはほとんど一般市場に出回っていません。
しかし、一般的な白髪染めよりも髪へのダメージが少ない優れもの。

というのも、ヘアマニキュアはキューティクルをこじ開けることなく、外側だけにコーティングする方法を取ります。
だから髪の毛内部へのダメージを軽減することが出来ます。

ただ、外側にコーティングするのでかなり色落ちはしやすくなります。
ところが製品によってもクオリティは異なり、10日間維持出来るものから1ヶ月色が持つものまであります。

カラートリートメント類

出典:©www.amazon.co.jp

カラートリートメントは使う回数が増える毎に徐々に染まっていく除染性染毛料と言われています。
およそ5回の使用で1週間持つと言われており、定期的なメンテナンスが必要です。

しかし、カラー剤のメイン部分がトリートメントやシャンプーなので普段使っているものと置き換えて気軽に染めることが出来ます。
さらにヘアマニキュアよりも髪や頭皮へのダメージが少なく、それどころかケアまでしてくれるんです。
だから敏感肌さんにはカラートリートメントなどの除染性染毛料が一番おすすめ。

また、白髪が生え始めた人や一時的に生えてしまった若白髪などのケアにも向いています。

白髪染めとおしゃれ染めの違い

カラフルなマネキン
カラフルな髪色

白髪染めとおしゃれ染めには成分などに関しては然程違いがありません。
でもだからといっておしゃれ染めで白髪を染めると全然染まらないなんてこともあります。

特に永久染毛剤の場合、白髪染めとおしゃれ染めでは配合の仕方が違うんです。

おしゃれ染めの場合染料と脱色剤が、

脱色剤>染料

の割合で含まれています。

しかし白髪染めは脱色剤で色を薄くする必要が無く「白」に対してしっかりと色を入れなければならないため、

脱色剤<染料

という割合で入れられます。
白髪染めは圧倒的に染料の量が多いんです!

このため、通常のおしゃれ染めでは染料が足らず脱色剤でさらに色が薄くなってしまい、満足に染められないんです。
きちんと白髪を隠すなら「白髪染め用」と書いてあるものをきちんと選びましょう◎

一般的に販売されている白髪染め一覧

出典:©www.hoyu.co.jp

30代・40代のちらほら白髪もキレイに染まる白髪染め。
若い人でも使いやすく、全11色もあるファッションカラーでおしゃれも楽しめます♡

笑う
アップルさん
初めての白髪染めはこちらのシエロにしました。
白髪染めなのでめちゃくちゃ黒くなるのかと思ったら、そうでもなく結構おしゃれ染めと変わらないくらいの明るさに染めることができました。
むらなく染めることができたし、付属のトリートメントでちゃんとケアできるので次もこれを使おうかなと思っています。

こちらはデザイニングカラーを使用した方の口コミ。
しっかりと染まり、色持ちも良いようです。
シャンプーも付属で付いているからアフターケアも心配要りません。

出典:©www.hoyu.co.jp

ギラつかない明るめカラーが揃ってる人気白髪染め。
シックなカラーも多いからどんな大人の女性でも染めやすいんです♡

たくさんのカラーから選びたい人におすすめです◎

自信
みかんのみんみさん
ポンプフォームカラー使用です。早速リピ決定の白髪染めです。
香りの刺激が少なく、染めている時のストレスはさほど感じませんでした。
泡タイプって結構液垂れすごいじゃないですか。
でもこれはたれずにしっかりと白髪を染める事ができました。
他の髪色とも馴染んでいるし、ポンプタイプだからとても使いやすいです。

こちらはビゲンのポンプフォームカラーを使用された口コミ。
しっかりと染めることが出来て、しかもポンプは再利用でき詰替でエコに使えます。
仕上がりも綺麗に白髪が染められるんだとか。
ムースタイプなのでブロッキングなどが苦手な方にもおすすめです。

出典:©www.hoyu.co.jp

とにかく初心者さんでも使いやすいアイテムが揃っているんです!
白髪は老けて見えるし身だしなみ的にもNG、そんな繊細な部分だからこそ失敗したくない人におすすめです。

微笑む
おうみさん
白髪染めのあのキツイニオイもせず、無香料で本当に染めやすいです。
ブラシ一体型なので染め残しなくキレイに染めることができます。

無香料のためニオイが残らず、染めた後も快適に過ごせるそうです。
ブラシ一体型で手間を取らずにすぐに染められるところも人気のようです。

まるでサロンのような仕上がりの白髪染め。
50代の本格的な白髪へもしっかりとカラーリングしてくれます◎

メンズ用もあり、夫婦で愛用すれば嬉しいキャンペーンも♡

自信
ブリードさん
価格もリーズナブルでとてもありがたいです。
それでいてかなり染まりも良いし、発色もギラつくことなくキレイでした。
次もリピします。

こちらは無香料ヘアカラー早染めクリームを使われた方の口コミです。
綺麗な発色と染まりに定評があるようで、以前他社を愛用していた人でも納得するほどの出来になるもよう。

30代の白髪が気になり始めた人におすすめのヘアカラー。
ニュートラルなカラーで、まるで白髪染めしたと思わせないほどムラなく染まる♡
年齢に負けない美しい髪色に。

驚く
☆^^☆さん
少しピリピリとした刺激を感じます。
薬剤が強いのかもしれません。
白髪部分はそこまで充分に染められていないような気がしました。
黒髪部分は色の入りが良かったのですが…
少し高めなのでコスパもあまり良くないと感じました。

ヘアカラーエマルジョン01を使用した方の口コミ。
他の口コミにもあったんですが、結構刺激が強いようで頭皮に傷みやかゆみを感じることもあるようです。

豊富なブラウンカラーが揃う白髪染め。
日本人に合いやすいカラーバリエーションで暗髪でもおしゃれを楽しむことができる♡

ナチュラルな仕上がりが好きな人におすすめ。

笑う
こっちにおいでさん
ずっとこれで染めてます。
何回リピったんだろう(笑)
ニオイもそこまで気にすることなく、頭皮に痛みやかゆみを感じることなく染める事ができます。
カラー3の色味は、少し赤が強くでますがそこまで気にするほどではありません

ディオーサクリームタイプを使用されている方の口コミです。
ニオイが気にならず肌への刺激も少ないようです。
カラーの持ちはさほどよくありませんが、低価格で使用感の良さからリピーターが多い白髪染めです。

50代・60代も使いやすい白髪染め。
うるおい毛髪保護成分が配合されているから、髪のダメージを軽減させながら染められる◎

クリームタイプだから部分染めにもおすすめです♡

自信
夕凪さん
値段の安さに惹かれて買ったのですが、まさかの染まりの良さに驚きました!
部分染めとしても使えて、キレイにしあがるので次もリピします。

価格が安いのに刺激がなくしっかりと染めることができるため、他の製品よりも高評価が多いパオンのエッセンスリッチ。
低価格による品質の悪さを心配している人でも満足のいく仕上がりになるようです。

ドイツの大手ヘンケルのトップブランドsyoss[サイオス]。
何と言っても外国人風のくすんだアッシュカラーが揃っているのが魅力的すぎる!

特に白髪だと際立ちやすい黄みや赤みをしっかりとおさえてくれます◎

くやしい
52687さん
乾くのが早いです。
塗っている途中から乾きだすので、重ねて塗った時にクシが通しづらく染めにくかったです。
明るい色を選んだためか、白髪はほどほどに染まっていました。

こちらはオレオクリームヘアカラーを使用した方の口コミです。
塗る時に重ね塗りがしにくいようなのですが、白髪はそれなりに染まるようです。

1剤・2剤を混ぜ合わせるのって面倒だし、その時に汚してしまうこともしばしば。
でもシンプロならそんな心配なくワンタッチで塗ることができます◎

なんと専用の容器はボタンを押すだけで1剤と2剤を混ざってでてくるスクリュー型。
だからムラもなくしっかりと染めることが出来るんです!
とにかく簡便性を追求したい人におすすめです。

涙
susumuさん
塗り方が下手なのか、使いづらいだけなのか…頭皮にとても色が残ってしまいました。
色持ちは良いと思います。

ワンタッチ無香料ヘアカラーを使用した口コミです。
頭皮につくと取れにくいようなのですが、いろもちは不満なく使えるようです。
他の口コミではクリームが硬めのため生え際も塗りやすいとのこと。

大手フランスのブランドLOREAL PARIS[ロレアルパリ]。
若々しいカラーから知的で落ち着きのあるカラーまで揃っているんです◎

幅広い年代が使いやすい白髪染めとなっています。

微笑む
23ふみさん
美容室ほどの仕上がりはなかったのですが、納得のいく仕上がりになりました。
そこまで髪もダメージをうけておらず、気軽に染める事ができていいと思います。

エクセランスヘアカラークリームタイプを使用されています。
美容室のような仕上がりとはいかないものの、納得のいく仕上がりになるんだとか。
髪へのダメージも然程感じず使いやすいようで、他の口コミ評価を見ても高評価が目立っていました。

パリの華やかなカラーは白髪染めとは思えない、ワンランク上のカラーリング剤。
クール系から女性らしいあたたかみのある色までスタイリッシュにこなせる優秀ヘアカラー。

笑う
いつつめさん
パッケージよりも結構暗めに染まります。
でも染まり上がりは髪にツヤがあり、むらなくキレイに染めることができました。
染めている途中にピリピリしたりなど刺激を感じることもなかったです。

色はかなりしっかりと入るもよう。
パッケージの色合いよりも暗めに仕上がるのでそこだけは注意しておきましょう!!
しかし仕上がりは綺麗で刺激も少く使いやすいようです。

髪や頭皮のケア専門ブランドだから安心して使えるヘアカラー。
大人の女性らしい美しい艶髪へと仕上げてくれます♡

自信
wQ692さん
使ってから1ヶ月、染めたての頃よりは少し落ちているかもしれませんが、変なムラもなくキレイな状態です。
今までで使ってきた白髪染めのなかでも一番良いと思います。
髪もパサパサにならず、しっとりとした仕上がりがお気に入りです。

こちらは口コミが少ないもののかなり高評価を得ている白髪染め。
ツヤのある髪色に仕上がり、時間が経っても自然な色落ち感でほとんど気にならないんだとか◎
髪の傷みも感じられないところも評価が高いようです!

ヘアカラーの前に使う「ダメージプロテクター」付属だから、カラーリングでのダメージを徹底的に軽減◎
しっかりと髪を守りながら白髪を染めてくれる優れものなんです♡

驚く
スグリさん
あまり好みの色ではありませんでした。
市販の白髪染めにしては高いので期待していたのですが、残念です。

こちらは口コミ評価が両極端に分かれていました。
ツヤ感を求めている人にはあまり合わないようですが、刺激やニオイがなく次の美容室までのつなぎとしては使えるとのこと。
値段が結構高いのですがそれ相応のクオリティは今ひとつのようです。

50代女性に圧倒的支持を持つエビータの白髪染め。
ローヤルゼリーエキスコラーゲンをたっぷりと含んだトリートメント付きなのも魅力的♡

気になる匂いも控えめで髪へのダメージは少く感じるんだとか◎

笑う
眠兎さん
クリームタイプなので、残った分は次染めるまで保管することが出います。
仕上がりはギラつくことなく、髪がつややかになります。
香りもおだやかで染まり具合も問題ありません。
これだけ質がいいのに価格がリーズナブルなのでずっと愛用しています!
パケに50歳からと書いてあったので購入時に買うか迷いましたが、50歳になってなくても使っていいと思います(笑)

こちらは口コミの一部を紹介。
いろいろ試してみた中でかなりの高得点なんだとか◎
キラキラしにくいのはありがたいですよね。
しかし、パッケージに50歳からと書かれていたことで今まで購入を迷っていたんだとか。
年齢を気にしない方は一度試してみても良いかもしれません。

伸びがよく、たれにくい早染めクリーム。
シャンプーをする感覚で気軽に染めることができます◎

とにかくナチュラルカラーで早染めしたいという人におすすめです!

微笑む
xam33さん
少しツンとしたニオイが有りますが、そこまで酷くはないので許容範囲です。
ミニコームがついているから生え際とか部分的にとっても使いやすいと思います。
リタッチとしてはかなり優秀だと思います。

こちらは口コミの一部を紹介。
かなりお得な価格でかなりのトリートメント効果が期待出来るようです。
ブラシ&コームとミニコームで染めやすく使いやすいため、とても評価も高いアイテム。
こちらの方はメジャーなブランド商品を使ってきた中でも優秀だと評価しています。

出典:©www.kao.com

40代に人気の白髪染め。
泡で染められるタイプもあるから、一人でも初めてでも簡単♡
白髪染めが苦にならないから、ずぼらさんにもおすすめです◎

自信
★ぷにんさん
白髪染めというかヘアカラー自体初めてだったので、染めやすいとウワサの泡タイプを選びました。
初めてでも簡単で使いやすく、全体に馴染みやすいのかムラなく初めることができました!
染めた後もごわつくことなく白髪が目立たなくなりました。
染めやすいから気軽に使えてとっても気に入りました!

初めて白髪染めを使う方でも使いやすいアイテムのようです◎
ムラなく綺麗に染まりやすく、仕上がりは白髪が目立たなくなりごわつきも感じられないとのこと。
何回もリピートするほどの愛用者も多いアイテムです。

ワンランク上の仕上がりが期待出来るウエラの「ウエラトーン2+1」シリーズ。

その証拠にウエラトーン2+1のクリームタイプはなんとアットコスメの口コミランキングで1位を獲得しているほど。
通常の白髪染めより価格は高めですがそれだけのクオリティがあります。

スキンケアも取り扱うベネフィークのヘアカラー。
ウォーム系からイエローまで、たくさんの色が揃っているからおしゃれも楽しめる魅力的な白髪染め。

白髪染めに関するよくあるQ&A

ココでは白髪染めによくある疑問やヤフー知恵袋などで集められた質問をピックアップして見ました。
白髪染めに対して不安を持っている人はぜひチェックしてみてください◎

Q.白髪は何歳から目立ちはじめましたか?

本を読む女性
本を読む女性

A.多くの人は30代後半からと回答している人が多いようです。
中には中学生の頃から白髪が生えていたという人も多いようです。

Q.白髪染めをせずに放置している人の印象は?

砂時計
砂時計の写真

A.30代前後の人が白髪を放置しているとやはり何歳か老けてみられることはあるようです。
50~60にもなると年相応とみられるようですが、美しいまっしろの白髪になるまでは実際には何年もかかります。

実際白髪になるまでは灰色→黄色→白と変化していくので、髪色が黄色い時期を我慢してやっと白になります。
この灰色・黄色の期間は他の人からの印象が厳しく、見だしなみが整っていないと感じる人もいるようです。

Q.綺麗な白髪をキープしたいけど白髪が黄ばんでみっともない

A.白髪の黄ばみってとっても厄介ですよね。
先程の質問でもあったように、他の人からみた印象もあまりよくありません。
でも将来的に白をキープしたいという人は白髪染めはしたくないですよね。

そんな時におすすめなのがムラシャン(ムラサキシャンプー)を使うこと。
上の写真の方はカラーをやめてムラシャンを使うことで髪の毛の黄ばみをおさえているそうです。

とっても綺麗な色でしっかりと黄色が抑えられていますよね。
ムラサキのカラーをいれる方もいますが、それだと白に入れるのでとても高発色になって予期せぬ派手髪になることもあります。

ムラサキシャンプーなら、週に1~2回するだけでほんのりムラサキが色づく程度。
黄ばみが酷いよりも上品で美しい白へと近づけることが出来ます。

おすすめのムラサキシャンプーはこちら。

 

出典:©www.nakano-d.jp

Q.白髪染めのタイミングやきっかけがわかりません

カレンダーの写真
白髪染めのタイミング

A. 人から指摘されて白髪染めを始めた人が多いようです。
また、自分で気になった人、周りに勧められて始めた人など理由はさまざま。

若白髪の方でも生えてくる量が増えるまでは抜いたりハサミで切ったりする人も中にはいるようです。

Q.白髪染めで明るい茶色に出来ないんですか?

明るい茶髪の女性
女性の後姿

A. 市販の白髪染めではかなり多くのカラーを用意しているところもあります。
しかし、いままでしっかりと黒色で白髪染めをしていた場合、色素が入り込んでいるためその部分がなかなか染まらないなんてこともあるようです。

そのせいで色ムラが出来てしまうことから、黒のみと指定している所はあるようですが、ほとんどの美容室では黒以外のカラーも注文出来るようです。
ただしっかりと色を入れるので明るいカラーは難しいようですよ。

また、ヘアマニキュアなどを使えば色持ちは悪いですがかなり高発色のヘアカラーにすることが出来ます◎

Q.白髪用カラートリートメントは洗う前に塗布してもいいんですか?

A. カラートリートメントはシャンプー後、タオルドライしてから塗布して使用することが基本です。
カラートリートメント→シャンプーとしてしまうと色落ちが早くなってしまうことも。
また、髪を洗って皮脂の汚れを落とすことで色が入りやすくなると言われています。

Q.白髪染めに2種類(1剤・2剤)の液が入っていません。安全ですか?

ブラシで髪を整える
ブラシで髪を整える女性

A.永久染毛剤の場合、通常であれば1剤・2剤と混ぜるための容器などが入ってますが、より手軽に気軽に塗ることができるようになっている製品もあります。

例えば、1剤・2剤・容器・ブラシが一体になっているものは、ボタンを押すことで1剤と2剤が混ざりブラシの先ににじみ出てきます。

また、カラートリートメントやヘアマニキュアの場合のほとんどは1つの染毛剤で染めることができるので2つ入っていなくても染めることが出来ます。

Q.どのくらい白髪染めが色持ちするのか知りたいです

髪の毛のドアップ
白髪染めの色持ち

A. 白髪染めの種類によって色持ちの期間が違います。

  • 永久染毛剤(通常のヘアカラー)…60日程度
  • 半永久染毛剤(ヘアマニキュア)…2週間~4週間
  • 除染性染毛料(カラートリートメント類)…5回連続使用で1週間

より長持ちさせたい人は永久染毛剤、色持ちは短期間だけど髪質をキープしたい人は半永久染毛剤、徐々に染めたい人は除染性染毛料がおすすめです。

Q.茶色の白髪染めは黒髪に使っても良いんですか?

黒髪の女性
黒髪の女性

A.白髪染めを黒髪に使っても大丈夫です。
しかし元の色が黒髪の場合はほとんど色は入りません。

通常のヘアカラーの場合ブリーチ剤が入っているのである程度黒髪の色を落としつつ新しい色を入れることが出来ます。
しかし白髪染めにはほとんどブリーチ剤が入っていません。
そのため黒髪に色を入れても茶色が黒に負けてしまい思ったように染められないんです。

だから、白髪に白髪染めをする場合も元の髪の色にあわせた色合いを使うと、白髪部分と元の髪色の部分に差がなく綺麗に仕上がりやすくなります◎

Q.白髪染めをしている時(もしくは終わった後)、痒みや赤みが出ました

モノクロの女性
不安そうな女性

A.接触性皮膚炎の可能性があります。
特に永久染毛剤の場合、髪にも肌にも強力な薬剤を使用しています。
その為肌に異常を感じる場合があります。

まず染める前には必ずパッチテストをしましょう。
もし肌に異常を感じる場合はすぐに皮膚科を受診してください。

また、接触性皮膚炎を過去におこされた方は絶対にその薬剤を再度使用しないでください。
ヘアマニキュアやカラートリートメントなどはアレルギーがほとんどなくそういう方でも使いやすいので、そちらに移行されることをおすすめします◎

Q. どの白髪染めを使えば良いのかわかりません

地図を見る女性
地図をみる女性

A.市販で販売されている白髪染めはなかなか判別が難しいですよね。
まずは永久染毛剤・半永久染毛剤・除染性染毛料の特徴から、どのタイプにするかを選びましょう。
それから各ブランドの特徴(色持ちが良い・簡単・リタッチ用・染め上がりが綺麗)などを参考に選ぶと◎

白髪用ヘアマニキュアの選び方に関してはこちらでも紹介しています。

Q.白髪染めに男女の違いがありますか?

サングラスをかけた男性
サングラスをかけた男性

A.白髪染めでも成分自体はほぼ変わりません。
カラーバリエーションなどが違うだけです。
市販のものは女性用・男性用と分かれていますが、男女関係なく使うことが出来ます。

Q.白髪染めはどのくらいの頻度ですればいいですか?

A.全体染めは髪や頭皮に大きな負担をかけてしまいます。
その為全体染めは1ヶ月または2ヶ月毎にしましょう。

リタッチなどは2週間に1回(もしくは白髪が気になりだした時)でもOKです。
あまり髪を傷めたくない人はリタッチ用のヘアマニキュアを使用している人もいます。

白髪染め関連記事をチェック◎

もっと白髪染めについて詳しく知りたいという人はこちらもチェックしてみてください!

コラーゲンに関連する記事

こんな記事も人気です

あなたにおすすめ記事

人気記事ランキング 11/21

11/21 09:15更新
総合ランキング
コスメランキング

編集部のおすすめ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す