コスメ

赤ニキビを徹底的に隠す方法。メイクで美肌をつくる上手な塗り方のコツ

赤ニキビを徹底的に隠す方法。メイクで美肌をつくる上手な塗り方のコツ アイキャッチ画像

ストレスや生活習慣が原因でできてしまう厄介者。
顔にできてしまった時にはがっかりする一方ですよね。
治るまでのしばらくの間、憂鬱な日々を過ごすことになります。
ニキビのない綺麗な肌に誰もが憧れているはず。

関連キーワード

気になるニキビをメイクでカバー

実は厄介な赤ニキビをメイクで隠すことができるんです!
今回はその気になる方法を、ポイントをふまえてご紹介します◎

必要なもの

用意するものは2つになります。

1.コンシーラー
2色入っているタイプを使用しましょう。
1色は自分の肌よりも少し暗め、もう1色は少し明るめのものだとベストです。
また、できれば筆で塗るタイプを選ぶと◎
指でのせてしまうとどうしても広範囲についてしまうし、ポンポンと何度も押さえる事でどうしても剥がれてしまいます。
なので筆を使って繊細に隠していきましょう。

おすすめはMIMCのナチュラルホワイトニング コンシーラーです。

MiMC ナチュラルホワイトニング コンシーラー
価格 7,333円

少し値段は張りますが、美白に効果のある有効成分としてビタミンC誘導体が配合された医薬部外品で、SPF32 PA++と紫外線対策にも効果的。

毛穴を引き締め皮脂の分泌を抑えつつ、ニキビやニキビ跡の原因を防いでくれる効果もあり、隠すだけでなく角層にアプローチすることでニキビを改善する成分が配合されています。

2.フィニッシングパウダー(おしろい)
色がつかないので、化粧感を出さずに素肌のように見せてくれます。

おすすめは、薬用フェイスパウダーのアクメディカです。

(水色)アクメディカ 薬用 フェイスパウダー クリア

こちらも医薬品で、有効成分として配合されるサリチル酸が肌のニキビ菌の繁殖を抑えます。
また、角質を柔らかくすることで古い角栓を詰まりにくくしてニキビの元になるのを防いでくれる効果も。
「SPF50+ PA++++」と紫外線防止対策もバッチリですね。

基本的にこれらのコンシーラーとフィニッシングパウダーで隠すことができます。

ただし盛り上がって今にも破裂しそうなほどのニキビの場合には、固形のファンデーションもあわせて使うとしっかりカバーしてくれますよ。

ポイントは「重ねる」こと

このような赤ニキビを消していきます!

まずはコンシーラーの暗い色を筆にとり、気になる箇所に塗っていきます。
ニキビの赤みがグラデーションになっていると思うので、広範囲にのせましょう。

その後コンシーラーの境目を手でぼかしてください。

ここで少しは赤みを抑えることができますが、まだ完全には消すことが出来ません。
でもここで何回繰り返しで塗っても状況は変わらないのでここでストップ。

次にパウダーをのせていきます。
指にたっぷり取って、ポンポンと軽く重ねていきます。

続いて、明るい色のコンシーラーを筆にとって塗っていきます。
この時は先ほどのように広げて塗るのではなく、少し範囲を狭めてのせましょう。

そしてまたコンシーラーの境目をぼかすように指で馴染ませます。

再度パウダーを指にとって、上から重ねます。

このようにコンシーラーとパウダーをミルフィーユ状に交互にのせることによって、ヨレづらく、カバー力もアップするんです!

完成です!
ほぼ完全に隠すことができています。

コンシーラーだけで隠そうとしても、どうしても一定量しか肌にのらず、それ以上は隠れなくなります。
どんどん崩れていく一方なので、パウダーを間に挟んでいくことでしっかりカバーできるんです◎

詳しくは動画をご覧ください。

参考動画:永棟安美 様

まとめ

いかがでしたか?
顔にニキビができると人前に出たくなくなるし、悩まされている人も多いかと思います。
でもこの方法ならしっかりニキビを隠してくれるんです!
でもあまりに状態の悪い場合は悪化の原因になることがあるので、メイクなどせず自然にしておいてくださいね。
ぜひ試してみてください!

乾燥肌に関連する記事

こんな記事も人気です

あなたにおすすめ記事

人気記事ランキング 09/16

09/16 12:15更新
総合ランキング
コスメランキング

編集部のおすすめ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す