節約の基本から学ぶ!欲しい物と必要な物の違いとは

お金を必要以上に使って、散財していませんか?そんなことでは貯金なんてできません!ここでは気になる節約の基本についてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
260view

公開

お金を貯めるには?

年末年始ってついついお財布の紐がゆるんでしまう。
無駄遣いしがちな季節ですよね。
後からお金を使ってしまったことに後悔するって方も多いと思います。

そこで今回は、基本的な節約のコツをご紹介します。
ぜひ頭の中に入れておいてください!

欲しい物と必要な物の違い

まず、毎日のお買い物からコツコツ節約を始めることができます。
この時季はスーパーの野菜やお肉コーナーでも、衣料品店の冬物コーナーでも、立ち寄ると、「特売」「セール」の文字が大きく掲げられています。
つい宣伝文句に躍らされてしまって、あれも欲しいこれも欲しいと買ってしまいますよね。

確かに、かなり値下げされていてお買い得な物も中にはあるでしょう。
でも、使い切れない程の食材を買い込んでしまったり、ずっとタンスの肥やしになってしまうような洋服を買ってしまったとしたら、それは単なる無駄遣いです。

買い物においてまず最初に考えるべきなのは、「お買い得か」ではなく、「必要か」ということです。

「欲しい物」と「必要な物」は混同されがちですが、両者には大きな違いがあります。
簡単に言うと、欲しい物は「あったら嬉しいな」と思うものの、なければないで済む物です。

一方必要な物とは「ないと日常生活に支障が出る」物です。
お買い物の際にはまず、これは単に欲しい物だろうかそれとも本当に必要な物だろうかと考える習慣をつけましょう!

必要な物はできるだけ安く手に入れる

必要な物は迷わず買うことができます。
ただ、どのお店で買うかで節約と大きく関わってきます。

例えば同じ食料品でも、コンビニよりスーパーの方が安く購入できますよね。
コンビニには手軽に買い物ができますが、一度見比べてみてください。
お菓子ひとつにしても値段に大きく差があることを知ったら、スーパー通いせずにはいられなくなるはずです。

欲しい物は特別なご褒美に

もちろん、欲しい物を買っても良いんです。
その場合、何か自分が頑張った時やちょっと特別な日などに自分にご褒美として買いましょう!

そのような時に購入した物は、嬉しい気持ちにさらに特別な意味合いが加わって、良い記念となりますよ。

まとめ

いかがでしたか?
このように、欲しい物と必要な物の違いを見分けるなら、賢くお金を使うことができます。
節約の基本を身につけて、より楽しい生活を送りましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

こんな記事も人気です

人気の記事

注目のエントリー

ピックアップ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリー一覧