パナソニックの洗濯機は本当に黄ばみまで綺麗にとれるの?徹底調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1578view

更新 公開

洗濯から乾燥まで自由自在!

出典:©kakaku.com

ふだんプレミアムのドラム式洗濯機VXとCubleシリーズ。
特に新作のNA-VX9700Lは洗濯・脱水容量なんと11kg、乾燥容量6kgとドラム式なのに大変容量が大きい洗濯機になっているんです。

海外のように温水で洗うのでニオイや黄ばみも◎
より綺麗に洗濯ができます。

また、ヒートポンプ乾燥というもので低音+除湿でふんわり仕上げることができます。
しかも洗濯から乾燥まで98分で出来るんです!

洗濯乾燥機で乾かすとなかなかふんわりしませんよね。
それどころか、かなりシワシワになってしまうことも…

パナソニックのドラム式洗濯乾燥機は本当にニオイ落ちからふんわり綺麗に仕上げてくれるのでしょうか。
実際に使っている人たちを参考に調査をしてみました。

パナソニック洗濯乾燥機は本当に優秀?

乾燥機でふんわり仕上がるので、つり干しの必要なし。
お年寄りがいる家ではかなり助かるのでは◎
また、いつもより楽な洗濯にも期待出来ますね。

メンテナンスをきっちりしてくれるのがパナソニックの良いところ◎
修理に来てくれたスタッフが神対応!という意見も多々ありました。
少々高くてもメンテをしっかりしてくれると、長く使えていいですよね。

「すすぎ」がしっかりできないもよう。
洗濯洗剤が衣類に残っていると肌荒れを起こしたりするのでしっかり落としたいですよね。

この場合壊れている可能性もありますが、気になる方はそこを踏まえて家電量販店などで一度聞いてみると良いかもしれません。

memeko19
@Instagram

音がとても静かなこちらはCubleシリーズ。
デザインもかなりかっこいいななめドラム式です。

グッドデザイン賞も獲得しています。
やはり見た目で購入している方は多いようです。

しかし乾燥力はまるでダメ男…しっかりした乾燥力を求めるならVXシリーズが良いかもしれませんね。

emiponko
@Instagram

作業着の気になるニオイまでもきれいに落ちるみたいですね。
乾燥もふわふわに仕上がってこちらは満足のようです。

Cubleシリーズは洗濯/脱水容量が10kgあるのに対して乾燥容量が3kgしかありません。
洗濯し終わったものをそのまま入れると容量オーバーでよく乾燥できないかもしれないので、注意しておいたほうが良いかもしれません。

tokana1109
@Instagram

こちらがVXシリーズ。
以前に比べて節水が65%も出来るのは◎
しっかり乾燥ができて、干して取り込むという手間が無くなるのもかなりポイントが高いようです。

i_am.sua
@Instagram

こちらも音は静かのようです。
洗濯時間も少なくて済むのは助かりますよね。
以前使っていた洗濯機に不信感を持ってしまうほど性能は良いみたいです。

まとめ

いかがでしたか?
ドラム式洗濯乾燥機といっても、どのメーカーが良いのか悩みますよね。
パナソニックに乗り換えて、短時間の洗濯でニオイ・汚れ落ちが良くなったなどの意見が多く、性能としてはかなり良いもよう。
また、乾燥機でふんわりさせたい方は断然ドラム式が良いかと思われます。
縦型だとシワシワになって型がついてしまい、アイロンが必須になるので要注意です。

また、今回紹介したVX/Cubleシリーズは型によっては乾燥機能がついていないものもありますのでご注意下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

こんな記事も人気です

注目のエントリー

ピックアップ


Warning: krsort() expects parameter 1 to be array, null given in /home/ex102kv/public_html/_rocco/wp-content/themes/alice_rwd/template-parts/content-single.php on line 533

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ex102kv/public_html/_rocco/wp-content/themes/alice_rwd/template-parts/content-single.php on line 534

関連するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリー一覧