快適な空間で眠りたい!!ベッドを綺麗にするだけで安眠だって◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
416view

公開

一番落ち着く場所

家の中で最もリラックスできる場所、寝室。
あなたのベッド周りは綺麗に整理できていますか?
もしも散らかっていたら、心が安らぐことなんてできませんよね。

そんな寝室でも、実は日々の疲れを癒すことができるように変身させる方法があるんです。
その気になる方法をご紹介します◎

基本は清潔にすること

疲れを癒し体調を整えるためには、布団をキレイに整頓することが大切。
一度にベッドを片づけようと意気込むのではなく、毎朝たった数分の手間をかけるだけで綺麗な状態をキープできます。

「どうせまた寝るのだからキレイに整える意味がない」と言う気持ちも理解できますが、ほんの数日でも良いので、まずは試してみてはいかがでしょう。

1.枕カバーや布団カバーを洗濯する

布団をキレイにすることで、アレルゲンを絶ち、心地よい布団で質の良い睡眠を心がける事が出来ます。

洗う時間がなかなか取れない人はファブリーズなどで消臭するだけでもOK。
ニオイというものはどうしても気になるもの。
気にしていないつもりでも、実は睡眠の妨げになっていたりするものなんです

2.掛け布団やシーツを整える

仕事から帰ってきて「寝起きのままのグシャとしたベッドを見る」ことと、「整えられてキレイなベッドを見る」ことの視覚による気持ちの違いは大きいんです!

綺麗に整ったベッドは落ち着きや安心感を与えます。
視覚的にリラックスをもたらすことが出来るんです。

3.お天気の良い休日には布団を干す

日中布団を干すことによって、心地よい睡眠も期待できます。

雨の日には布団乾燥機を使いましょう。
出かける前にタイマーをセットし出かける事もできます。
寒い冬には布団を温めるのにも最適です。

ふわり暖かい布団で、質の良い睡眠が確保できるんですよ◎

ベッド周りの物を整理しよう

ベッド周辺をキレイにすればリラックス空間ができますよね。
だからこそ、毎日しっかり整理整頓しておきたいものです。

ベッド周辺の片付けは、夜寝る前に済ませましょう。
また、次の日に着用する衣類以外は、収納しておきましょう。

バスケットをベッドのそばに置き、日常使いの衣類を入れておけばそれだけで衣類も片付いた気分になれるのでとっても便利です◎

出典:©store.shopping.yahoo.co.jp

布付収納ケースかごバスケット
価格:3300円

こういったものがあれば、見栄え良く収納できます。
見せる収納としてインテリアの一部としても活躍すること間違いなし!

まとめ

いかがでしたか?
このようなちょっとしたことを毎日少しずつ行うだけで、仕事から疲れて帰った後のリラックス度は大きく変わるものです。
是非試してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

こんな記事も人気です

注目のエントリー

ピックアップ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリー一覧