40代女性特有の薄毛のケアはどうすればいいの?!薄毛の特徴と対処法を紹介

40代に差し掛かり、なんだか髪の毛のボリュームがなくなってきたと感じる人も多いのではないでしょうか。なぜこの年代に抜け毛が増えたり髪が細くなってしまうのか、今回は40代女性特有の薄毛に関して紹介します◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
140view

公開

40代に差し掛かるとなんだか髪がペタッとしてきた、なんてことありませんか?
もともと猫っ毛で髪の毛が少なかったわけでもなく、あんなにボリューミーだったのにいつのまにこんなに髪の毛が減ってしまったの?!

とショックを受ける方も少くありません。
なぜ40代になると髪にボリュームがなくなってしまうのか、突然のことにどう対処すれば良いかも分かりませんよね。

そこで今回は40代女性特有の薄毛への対処方法を紹介します。

40代女性特有の薄毛とは

shop_marisol
@Instagram

40代になると、20代・30代とは違って肌にシミやシワができたり、体型が維持しづらくなったりと何かと大変な時期。
その悩みのタネの一つである「髪の毛」について悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

mini_photograph
@Instagram

そもそも20代・30代の薄毛と40代の薄毛って違いがあることを知っていますか?
20代・30代の薄毛は主にストレスやダイエットなどによるホルモンバランスの崩れや栄養不足などが挙げられます。

しかし、40代からの薄毛は更年期による女性ホルモンの減少や頭皮の老化などによって引き起こされます。
もちろん栄養不足なども考えられますが、40代の女性の多くはこの更年期頭皮の老化が原因の薄毛に悩まされているのが現状です。

頭皮の老化による薄毛

hyms04
@Instagram

近年の研究が老化により毛根を保護しているコラーゲンが減少することで抜け毛が増えるんです。
この老化による薄毛は髪が細くなるなどではなく、毛が抜けて毛穴も閉じてしまい毛が生えなくなってしまいます。

老化による薄毛の詳しい原因や対処法などはこちらの「薄毛にコラーゲンが効くって本当?!髪やせ・薄毛に悩む女性必見アイテムを紹介」で特集しているのでぜひチェックしてみてください。

女性ホルモンの減少による薄毛

sakura.ginza
@Instagram

40代以降だと、女性の薄毛は主にホルモンバランスの崩れからくるものだと考えられています。
閉経をするなどして更年期に差し掛かり女性ホルモンが低下すると全体のホルモンバランスが崩れます。

特に女性ホルモンは毛の成長を促す力を持っています。
女性ホルモンが減少することで髪が細くなったりコシがなくなりやわらかく脆い髪へと変化していきます。
男性のように一部分が薄くなっていくのではなく、全体的に髪が薄くなっていきます。
これを「びまん性脱毛症」と言います。

ホルモンバランスの崩れによる薄毛の特徴

  • 20代の頃に比べて髪質が変わった
  • 髪がもろくなり細くなった
  • 髪にコシがなく柔らかい
  • 全体のボリュームが減った
  • 頭頂部など地肌が透けて見える
  • 抜け毛が多くなった
  • 生え際が後退して額が広くなった

ホルモンバランスの崩れにはイソフラボンをプラス

引用:©www.kobayashi.co.jp

40代に差し掛かると卵巣機能の低下により、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが不足してしまいます。
脳がエストロゲンの分泌を命令しているにもかかわらず卵巣機能が低下しているためエストロゲンが分泌できずに脳が混乱します。

なのでこのエストロゲンに似ている物質を摂取し、体のバランスを整えてあげることが必要となってきます。
このエストロゲンと似た化学構造と働きをすることで有名なのが「大豆イソフラボン」。
大豆イソフラボンは厚生労働省も摂取量の増加を目標に掲げるほど勧めている魅力的な栄養源。

motomachims
@Instagram

ちなみに日本人の1日の摂取量は16~22mg(平成14年国民栄養調査/厚生労働省)とされています。
しかし1日の摂取目安量の上限値は70~75mgとされているんです!
一応上限値として指定されていますは、これは毎日長時間摂取する場合の上限値であるため、これを超えたからといってすぐに健康被害にあうわけではありません。

また、「特定保健用食品(トクホ)」での大豆イソフラボンを摂取する場合は30mgが上限とされています。(食事に上乗せした場合の上限数値)
確かに、日本人の1日の摂取量に30mgを加えれば丁度いい数値になりますよね。

onigiriyasan_
@Instagram

食材でしっかりと大豆イソフラボンを摂取したい場合、

  • 納豆2パック(1パック45g)…約71mg
  • 豆腐1丁(300g)…約80mg
  • 豆乳2パック(1パック200g)…約82mg
  • きな粉大さじ8杯(大さじ1杯6g)…約77mg

このように意外と大豆イソフラボンってとっても取りやすいんです。
毎日食べるヨーグルトにきなこをかけて食べるだけでもOK!

でも豆乳や納豆が苦手という人も多いと思われます。
そんな人にはサプリメントでサポートしてみるのもおすすめですよ◎

ホルモンバランスのサポートにオススメのサプリ

大豆イソフラボンだけでなく、女性に必要なビタミン類まで入っているのでより効果的。
40代女性には必要不可欠な成分がたっぷりと入ったマストアイテムです◎

引用:©www.suppli-tm.com

こちらは婦人科医師と共同開発されたサプリメント。
大豆イソフラボンを摂取した時に変換され、より女性への輝きに働きかける「エクオール(スーパーイソフラボン)」を10gたっぷりと配合されたサプリメント。

実は大豆イソフラボンを摂取してもエクオールに変換されないこともあるんだとか。
そんな人でも直接摂取できるからそれだけしっかりと実感することができるんですよ◎

ダメージを負った頭皮環境を整えよう

mi_tan1204
@Instagram

イソフラボンでホルモンバランスを整えると同時に頭皮環境も整えていきましょう。
まずは今自分が使っているシャンプーなどのヘアケア用品を見直してみてください。
40代からは髪質が変わりやすく、自分の頭皮や髪に合っていないものを使っている可能性もあります。
オススメは頭皮ケアができるスカルプシャンプーを使うこと。

頭皮環境を整えるオススメのヘアケア用品

こちらは人気のスカルプシャンプーharu。
美容室などサロンでも使われており、頭皮の汚れをキチンと落として頭皮へ栄養を補給する土台を整えます。
髪のボリュームケアとして

  • りんご果実
  • ハイブリッドローズ
  • サクラ葉
  • カミツレ
  • キュウリ果実
  • 海藻
  • サンキュウ根茎
  • キャピキシル

などの合計22種類の天然エイジングケアに期待できるんです◎
リンスがいらないほどうるおいのある髪へと導きます。
その他のスカルプシャンプーはこちらでも紹介しています。

引用:©uruotte.com

頭皮のトータルケアができるアイテムが豊富に揃うuruotte。
18種類の和洋漢植物成分でしっかりと髪と頭皮を労ってくれます。

リンス不要で、ホホバオイルでしっかりと潤いに満ちた髪に。
レビューや口コミでも抜け毛が減ったフケ・かゆみがなくなったなどの声がよせられている実力のあるシャンプーです。

 

引用:©uruotte.com

uruotteを選んだ人はハーバルエッセンスも使ってみて。
有効成分と植物エキス(ホップ、ジオウ、ビワ葉)を浸透させ、頭皮マッサージを行うことで頭皮の血行を促進させます。
血行を促進させることで頭皮へ栄養を与えやすくなるんですよ◎

更にハリコシのしっかりとある髪質へと導き、頭皮環境を整えてフケ・かゆみなども防止します。

40代女性の薄毛の悩みは早めに対策を

引用:©unsplash.com

まだ大丈夫、なんて現実逃避をしていてはどんどん手遅れになってしまうのが髪の毛。
髪が細くなったりもろくなったりするならまだしも、後々髪が生えにくくなってしまうこともあります。

しっかりと気づいた時点で対策を取る必要が有るんです。
今回は主に更年期による薄毛について解説しましたが、もし薄毛が酷い場合は病気によるものも考えられます。
また更年期による体の不調が重い場合も一度病院に相談してみてください。

今回紹介したアイテムはそんな更年期を迎えた女性の生活や美をサポートするアイテムばかりです。
ぜひ参考にしてみてください◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

こんな記事も人気です

人気の記事

注目のエントリー

ピックアップ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリー一覧