薄毛にコラーゲンが効くって本当?!髪やせ・薄毛に悩む女性必見アイテムを紹介◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
186view

2018/01/25 更新 公開

こんにちは!
コラーゲンと言えば鶏肉が大好きなROCCO GIRL・ライターOniです。

「薄毛にはコラーゲンが良い」
なんてこと聞いたことありませんか?
コラーゲンと薄毛がどう関係してくるの?!と不思議に思うかもしれません。

もしコラーゲンが髪に重要な役割をしていたら、今からの抜け毛対策にも期待できそうですよね!
今回は本当にコラーゲンが薄毛に良いのか、さらにコラーゲンを含む食材や手軽に摂取できるアイテムを紹介します◎

頭皮にかゆみがある方はまずはこちら「頭皮のかゆみは抜け毛の原因に」の記事を御覧ください。

加齢による薄毛はコラーゲン不足のせい?!

出典:©unsplash.com

そもそもなんで薄毛になってしまうのか、こちらの記事「女性の薄毛の原因」でも紹介しているように加齢による薄毛は歳をとるに連れて毛根を作る細胞が死んでしまうことにあります。今回はその細胞が死んでしまう原因が解明されました。

コラーゲンは幹細胞を守っている

3rsolution
@Instagram

なぜコラーゲンと薄毛が結びつくのかと言うと、毛を作る幹細胞はコラーゲンの一種に保護されているからなんです!
この細胞は毛を作るのに細胞分裂しDNAを傷つけてしまいます。

若いうちは自ら修復することができるのですが、歳を重ねる毎に自力で修復することが難しくなります。
そこで便利で厄介なのが「酵素」。

kid.pei.kid
@Instagram

酵素はDNAを修復するお手伝いをしてくれるのですが、酵素はコラーゲンを分解してしまうんです!!
幹細胞は徐々に保護してくれるコラーゲンを失い、皮膚の表面へと追いやられて抜けてしまいます。
さらにそこから新たな毛が生えることなく毛穴が徐々に小さくなっていくのだそう。

そうして押し出された細胞は表面に出るとフケや垢となり皮膚から剥がれ落ちてしまい、やがて毛穴までもなくなってしまいます。

実験でコラーゲンが重要なことが判明

album_kiyoshi
@Instagram

遺伝子操作したマウスでの実験では、コラーゲンを持っていないマウスは生後10ヶ月でほとんどの毛が抜け落ちてしまったそうです。
それに比べてコラーゲンを体内で作り続けるマウスは2年をすぎても毛がふさふさであったんだとか。

まさかコラーゲンが毛包幹細胞を守っていたなんて思いませんでしたよね。
またそれが酵素によって破壊されていくことに驚いた人も多いのでは?

だったら早くコラーゲンをしっかりと摂りたいと思いますよね。
しかしただ単にコラーゲンだけを摂取しても意味が無いようです。

そこで効率の良いコラーゲン摂取の仕方を紹介します◎

(参照:報道ステーション2016年2月5日放送)

効率の良いコラーゲン摂取の仕方

yk.29.mk
@Instagram

コラーゲンを摂取しても、それを助ける栄養素が足りていないとうまく吸収できないんだとか。
効果をより高めるにはアミノ酸、レチノール(ビタミンA)、ビタミンCなどを一緒に摂る必要が有るんだとか。
特にビタミンCはコラーゲンの合成を助けるのに必要不可欠。
ただ、必須栄養素なのに体内で生成することができず不足しがちなため、栄養が含まれる食材を摂らなければなりません。

ではそれらの成分はどのような食材で摂取できるのかチェックしてみましょう!

コラーゲンが多く含まれる食材

retrut51
@Instagram

 

  • 手羽先
  • スペアリブ
  • レバー
  • 牛タン
  • 軟骨
  • 砂肝
  • うなぎ
  • フカヒレ
  • ししゃも
  • アジ
  • イワシ

この他にもたくさんの食材にコラーゲンは含まれています。
コラーゲンは意外にも手軽に摂ることができ、コラーゲンを抽出して固めた「コラーゲンボール」を鍋に入れるだけでもOKなんだとか。

レチノールが多く含まれる食材

出典:©www.instagram.com

  • 鶏・牛・豚レバー
  • いくら
  • アナゴ
  • ホイップクリーム
  • マーガリン
  • フォアグラ
  • しゃこ
  • カマンベールチーズ
  • クリームチーズ
  • プロセスチーズ
  • まぐろのトロ

レチノールが含まれる食材はなかなか好き嫌いが分かれる食材ばかり。
カロリーも高そうなものが多いですよね。
頻繁に摂りたいならサプリメントで補うと良いかもしれません。

ビタミンCが多く含まれる食材

moepmaru
@Instagram

 

  • 赤ピーマン
  • ゆず(果皮)
  • アセロラジュース
  • パセリ
  • ケール
  • レモン
  • 明太子
  • ブロッコリー
  • カリフラワー
  • キウイ
  • レッドキャベツ
  • ハム
  • ベーコン

ビタミンCはこのようにさまざまな食材に含まれています。
しかし1つの食材に含まれている量は然程多くありません。
その為たくさんの緑黄色野菜などをなるべく生で食べてしっかりと摂取することが大切。

特にこのような栄養素は生命維持に必要な部分に優先的に消耗していきます。
髪の毛などは生命維持に必須ではないため、きちんと取っていないと栄養素が髪まで巡って来なくなってしまうんです。

ビタミンCは必須成分なのに体内に入る前に壊れやすい成分でもあります。
もし食材で摂取しにくい人はサプリメントで補うのもいいでしょう◎

コラーゲン不足による薄毛防止におすすめのアイテム

販売実績1億を突破したコラーゲンドリンク

チョコボールや小枝、DARSなどを取り扱う森永の「おいしいコラーゲンドリンク」はなんとコラーゲンペプチドが10,000mg配合されているんです!!
成人に推奨される一日辺りの摂取量は5,000~10,000mgと言われています。

しかし一般的な食事で摂れるのはたったの1,900mgなんだとか。
ただでさえ年齢を重ねるに連れてコラーゲンが減少していくのに、通常の食事で全然足りてないなんて薄毛になってしまうのにも頷けます。

更に低分子にしたコラーゲンペプチドは通常のコラーゲンよりも断然吸収されやすいんです!
1パックのドリンクになっているから毎日続けやすいですよね♡

ビタミンCを徹底摂取!!リポビットVC

ビタミンC不足を感じている人、またサプリメントが苦手な人にもおすすめのリポビットVC。
なんとリポビットVCは一袋摂取するだけでレモン50個分相当のビタミンCを摂取することができるんです!!
これは成人が1日に摂取になければならない量。

しっかりと摂れるので、コラーゲンも合成しやすくなりますよね。
また、ビタミンCは肌のコンディションを整えたり、紫外線ダメージのケアもしてくれる優れもの
女性は摂っておいて損はありません。

レチノール不足の方にオススメ定番サプリ

サプリといえば定番のDHCの天然ビタミンAのサプリ。
実はレチノールは動物性食品に含まれるビタミンAで、こちらのサプリでは1日1粒でレチノールが550μg摂取することができます。

これは必須量相当なので、ビタミンA類の食材をほとんど摂らないという人には最適。
しかし、サプリメントやレバーを大量に摂取してしまう人は過剰症に注意しなければなりません。

レチノールはたくさん摂ってしまうことで頭痛、脱毛、筋肉痛などの過剰症を引き起こす恐れがあります。
鶏肉のレバーは100gあたり14000μg含まれているので特に注意してくださいね。

コラーゲンを摂取して薄毛予防をしよう

出典:©unsplash.com

いかがでしたか?
コラーゲン不足のせいでまさか薄毛になるとは思ってもいなかった人も多いのではないでしょうか。
ホルモンバランスの乱れだけでなく、このような加齢による薄毛は若いうちからしっかりとケアしていきたいところ。

コラーゲンのサプリメントを摂取するだけでは効率よく吸収することができないので、今回紹介した栄養素もぜひ一緒に摂るようにしてみてください◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

こんな記事も人気です

人気の記事

注目のエントリー

ピックアップ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリー一覧