2017/11/21 更新 公開

女性に人気の髪色カタログ◎シーズントレンドカラーで女子力UPのヘアを楽しもう♡

女性に人気の髪色ってどんな色が流行るのか、今回はシーズン毎に毎年流行るカラーを紹介◎また、2017年は一年を通してどんなヘアカラーが流行ったのかチェックしてみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
114view

人気の髪色でおしゃれを楽しみたい女性へ

grauge_hiro
@Instagram

こんにちは◎
髪色はピンクや青・アッシュベージュといろいろな色に染めてきたROCCO GIRLライター・Oniです!

私がヘアカラーを選ぶ時は好きなファッションモデルさんのヘアスタイルや髪色を真似したりします。

でもたまに染めたいけど真似したいというモデルさんがいない時あるんですよね。
そういう時ってとっても悩んでしまいます。

皆さんもなかなか染めたいけど髪色が決まらないということがあるのではないでしょうか。

髪色に悩む人はシーズンカラーがオススメ♡

引用:©unsplash.com

そんな時、私がまず見るのはシーズンのトレンドカラー。
今回はシーズンごとにトレンドになるカラーをまとめてみました♡
どれも女性に人気の髪色となっているのでぜひ参考にしてみてください◎

春の髪色は女の子らしい「ピンク」

henri.77
@Instagram

春のカラーといえば、「ピンク」「パステルカラー」などが思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。
その季節に咲くサクラや、冬が明けて徐々に緑が増えていくさまを目の当たりにするとついついその季節を表すカラーに染めたくなってくるんですよね。

だから、毎年のように春になるとピンク系のカラーが流行るんです♡

ラベンダーで女性らしさUP♡

引用:©hair.cm

派手すぎずナチュラルなピンクを演出するならラベンダーカラーが断トツオススメ!
ふんわりとアッシュが聞いて外国人風に仕上がっている魅惑の色合い。

若い人だけでなく、どの年代でもこなしやすいカラーでもあります。

パープルアッシュで華やかに

引用:©hair.cm

あえてピンクではなくパープルを入れることで、スモーキーな旬色に。
アンニュイ揺れウェーブをかければ厚めバンクでも軽やかな印象♡

フェミニンな春ならではのミルキーカラーとなっています。

胸キュン♡インナーカラー

引用:©hair.cm

そこに気がつくと思わずキュンとくる恋カラー。
ピンクベージュが可愛らしく覗くセンシュアルカラーは、ほどよい抜け感を演出して春らしくて可愛い◎
他とは違うデザインチックなヘアカラーを楽しみたい人にオススメ。

思い切って2色のポイントカラーに

引用:©hair.cm

ピンク×ターコイズブルーをポイントカラーで入れてみて♡
しっかりとアッシュで色みを抑えているから、ナチュラルで可愛らしい雰囲気に。
鮮やかな春らしいピンクと冬が明けた雪解けを表すかのようなデザインカラーが可愛い◎

夏の髪色は「オリーブ」で透明感を出して

risa_atami
@Instagram

夏といえば若葉が濃く爽やかなイメージがありますよね。
ヘアカラーもそれに順ずるような、オリーブカラー、マット系の色みがオススメ♡

マットって重たくなるイメージだけど、以外と夏には爽やかに決まるんです◎
さっそく夏にトレンドとなるカラーをチェックしてみましょう!

透明感抜群のオリーブアッシュ

引用:©hair.cm

毛先は透き通って見えるのに、中心は深みのある色合いを出すオリーブアッシュ。
光が当たることで色の変化をもたらすから夏にはぴったり♡

ブリーチ無しでもこの透明感はオリーブならでは。
大人の女性でもこなれ感のある仕上がりに。

リラックス出来るオリーブベージュ

引用:©hair.cm

奇抜な色って相手を緊張させることがあるけど、オリーブカラーは奇抜にしなくてもしっかりと主張してくれる。
だからリラックスできるふんわりフェミニンなヘアスタイルもこなせちゃうんです♡

ガーリーなマットスタイル

引用:©hair.cm

暗髪でもマットにしちゃえばい一気におしゃれに♡
どんなファッション&メイクとも合うからトータルトレンドコーデが楽しめる。

ヘアスタイルはワンカールでガーリーな外国人風にしあげてみて。

大人可愛いマットグレージュ

引用:©hair.cm

グリーンなマットカラーで爽やかに♡
スポーティで元気なイメージだけどゆるふわで緊張感のないカラー。

かっこいいカラーが良い!という人にもマット系はおすすめ◎

秋は「マロン」でふんわりあたたかみのある色に♡

tominaga002
@Instagram

秋といえば、夏の若葉が一気に紅葉に変わる時期。
そんな季節にはやっぱりマロンを連想させるブラウンやベージュが毎年のようにトレンド入りに。

女性らしさを引きたたせて、多くの人がカラーリングしやすい色でもあるんですよ♡

暗髪マロンブラウンでセンシュアルに

引用:©hair.cm

オフィスでも浮かないナチュラルなカラーとしても人気の暗髪。
ベージュを程よくアッシュでおさえることでふんわりと透明感のある女性らしい雰囲気に。

フェミニンで愛らしくこなれ感抜群。
気取らないからデートにもぴったり♡

ハイライト&スタイルでオシャレを楽しむ

引用:©hair.cm

マロンカラーって定番色でもあるから、地味ってイメージを持っている人も多いのでは?
派手髪が好きだからブラウンではオシャレができない…なんてことはない。

あえて暗髪でアッシュを加えてハイライトとウェーブでまとめてみて。
それだけでみんなと差のつくオシャレが楽しめる♡

シルバーグレーでヴィンテージ風に

引用:©hair.cm

ショートヘアーなら明るい髪で遊んでみてもOK。
シルバーグレーでヴィンテージ風に仕上げれば、こなれ感のある外国人風に♡

かっこよさの中に可愛らしさをプラス。

グレージュ×ワンカールでアンニュイに

引用:©hair.cm

グレーとハイライトを入れてより自然な色みと立体感を演出。
ナチュラルな表現だからこそリラックス感が生まれるんです♡

スタイルもワンカールで一気にアンニュイな表現に。

冬は「暖色ハイトーンor黒髪」で決まり

henri.77
@Instagram

冬ってつめた~いイメージ。
それに反するかのように暖色ハイトーンがトレンド♡

さらに夏には重苦しい暗い髪色も冬だとこなしやすいから、単純なブラックやアッシュの濃いカラーも流行ります。

アッシュな黒髪でよりダークに

引用:©hair.cm

黒髪にアッシュを加えると、なかなか地毛では出せない色合いに。
ギラつかない光沢感も魅力的です。

マットな雰囲気はモードなファッションや赤リップと相性がバッチリ♡
冬のオシャレを楽しみたい人におすすめ。

アッシュグレージュで冬のヒロインヘア

引用:©hair.cm

真っ黒は苦手という人はアッシュグレージュがオススメ◎
ベージュで髪を明るくし、アッシュグレーで黄みを抑えてナチュラルな仕上がりに。

大人可愛い透明感はついつい真似したくなる髪色です♡

ハイトーンベージュでミルキーに

引用:©hair.cm

ベージュにプラチナカラーをプラス◎
ホワイトなミルキーカラーで、ショートでも可愛らしさがあふれる髪色に♡

ストリートもパーティもこなせる魅惑の旬カラー。

市販のヘアカラーで明るい髪色をしたい人はこちらの記事も併せて読んでおきましょう!
おしゃれな明るいヘアカラーがセルフでできる!おすすめのブリーチ&カラー剤◎

ピンクベージュでミルクティーなヘアに

引用:©hair.cm

春はピンクが流行るから冬はピンクをしてはいけないなんてことはない!
冬は透明感をもたらすハイトーンな暖色がオススメ♡

さらにベージュとホワイトを合わせることでまるでミルクティーのようなやさしい雰囲気に。

2017年通してのトレンドは「暗髪」

henri.77
@Instagram

2017年のトレンドはなんと言っても「暗髪」。
2016年はハイトーンアッシュが流行ったからなのか、その反動というように暗髪が1年を通して人気となりました。

夏はあえて暗髪にしてシースルーで抜け感を重視したヘアスタイルにするなど、いままで暑苦しい・重苦しいとされていたデメリットを克服してこなしてみせるところが重要でしたね◎

henri.77
@Instagram

2018年は一体どんなカラーが流行るのか、最旬の髪色をチェックしておきたい人はこちらの記事もチェックしてみてくださいね!
2018冬のヘアカラーおすすめ5選はこちら

セルフでヘアカラーを楽しみたい人はこちらの記事もおすすめです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頭皮に影響を与えてしまうシャンプーに含まれる●●成分を知っておかないと大変なことに…?

シャンプーに入っているシリコン・ノンシリコンはさほど重要じゃない?!実はシャンプーなどのケアアイテムで多用されているあの成分が肌に影響を及ぼしていたんです!

シャンプー選びを「シリコン」の有無で決めるのはNG!!

p.y.o.t.e
@Instagram

シャンプー選びをシリコン、ノンシリコンで選んだりしていませんか?
一時期シリコンは頭皮に悪影響を及ぼすという情報が流れ、一気に話題となったのがノンシリコンシャンプーでしたよね。

でも実はシリコンがダメ、ノンシリコンが良いなんてそんな極端なものではないのは知っていましたか?

頭皮に影響を与えてしまうシャンプーに含まれる●●成分を知っておかないと大変なことに…?

続きを読む