コスメ

更新 公開

【アイシャドウの塗り方】簡単で綺麗なグラデーションの作り方を紹介

【アイシャドウの塗り方】簡単で綺麗なグラデーションの作り方を紹介 アイキャッチ画像

アイシャドウの塗り方で可愛い印象になれたり、クールな印象になれたり、イメージを変える事が出来ます。他にも、目から眉までの距離を短く見せる効果もあります。
それくらい顔の印象を決める重要なアイテムなんです。

目線を下げた時、綺麗なグラデーションができていたら素敵ですよね。
でも簡単そうに見えて中々うまくいかない!と悩んでる方も多いはず。

今回は、基本的なアイシャドウの塗り方から、簡単にグラデーションを作るコツ、目のタイプ別の塗り方、似合う色まで紹介します。

今使っているアイシャドウが、自分に合ってるかチェックして日々のメイクを楽しみましょう。

関連キーワード

アイシャドウの基本的な塗り方

①上まぶたのアイホール部分にベースカラーを取り、太めのブラシで塗ります。
(指でまぶたを押さえた時くぼんでいる部分まで塗り広げます。)

②次にミディアムカラーを二重の幅より広めに円形状に入れていきます。


③目の際に太くなりすぎないように意識して濃いシメのカラーを入れます。
二重の幅の半分くらいの太さで引く。


④下まぶたの目頭側まで太めに薄いブラウンをベースで引く

⑤下まぶたの目尻側から1/3の位置まで濃いブラウンシャドウを塗り、ボカしていく


これでアイシャドウは完成です。
アイシャドウを塗るのに慣れてないという方は最初から多くの色を使おうとせずに綺麗で簡単な3色グラデーションから始めてみましょう♡

目のタイプ別(一重・二重)アイシャドウ塗り方

一重さんのアイシャドウの塗り方

一重さんはアイシャドウの色選びがポイントになります。
淡いカラーや赤系だけでアイシャドウを仕上げてしまうと、まぶたを腫れぼったくみせてしまうこともあるので注意が必要なんです。

淡いカラーを取り入れた時は目を開けた時に見える締めのカラーを綺麗に見せるのがポイントです。

一重さんのアイシャドウの手順

  1. アイホール全体にベースカラーを塗っていく
  2. 目のキワに細く濃いシメカラーをラインを引くように入れる(大体2ミリくらい◎)
    ※目を開けたときに目尻のラインが見えるように目尻に向かって太めに塗る
  3. ミディアムカラーをアイホールの1/3程度に塗る(目を開けた時のまぶたの上に見えるくらい)
    目を開けた時に一番目立つ範囲なので、目を開けたり閉じたりしながら確認しながら塗るのがポイント。
  4. 下まぶたの目尻側から1/3の位置まで濃いブラウンシャドウを塗り、ボカしていく

奥二重さんのアイシャドウの塗り方

奥二重さんは、目を開けた時に二重が隠れてしまいやすいので、アイシャドウの色や入れ方で目が小さく見えたり、大きく見えたり印象が変わりやすいのが特徴です。
アイホールにのせる色は、肌に近い薄いブラウン系、締め色に使う色は、それよりもやや濃い色をのせましょう。
色が濃いグラデーションよりも全体的に薄めのカラーを入れていく事が奥二重を活かすポイントです。

奥二重さんのアイシャドウ手順

  1. 奥二重さんは二重ラインがヨレやすいので、アイホール全体にアイシャドウベースを薄く塗る
  2. アイシャドウベースを塗った部分にベースカラーを重ねていく(パール感が強すぎると腫れぼったくなってしまうので注意。)
  3. 二重幅から少しオーバーするくらいにミディアムカラーを塗る
  4. まぶたの中心から目尻にかけて外側に、アイシャドウの1番濃いブラウンカラーをのせてボカす。
    目尻にかけてグラデーションを作り深みを出すと立体的に見えます。

自分に似合うカラーの選び方

アイシャドウの色によって顔が明るく見えたり、くすんで見えたりすることはありませんか?くすんで見えてしまう原因は肌色によって、馴染みやすいカラーが違うからです。

肌の色は大きく分けて「イエローベース」と「ブルーベース」に分かれています。

お肌と同じ系統の色味のアイシャドウを使うことによって、肌色がさらに明るく、イキイキとした印象に導いてくれます。

自分の肌はどの色が合うのか確認して似合う色を見つけましょう。

イエローベース


イエローベースの人は手首の内側の血管が緑に見える特徴があります。
肌が黄みがかっていて、日焼けすると赤くならずに肌が小麦色に焼ける事が多いです。
ブルベースの肌とは反対にピンク系や青、白系のコスメの色がくすんで見えやすいと言われています。

似合う色

ベージュやブラウン、ゴールド系の色。
可愛いメイクにはオレンジやコーラルピンクを。カラーメイクをする時は、グリーンがおすすめ。

イエベさんにおすすめのアイシャドウ

インテグレート ヌーディーグラデアイズ

定番のベージュカラーからコーラルオレンジ、濃いブラウンまでカラーバリエーションが豊富です。
目元の深みを強調しやすいカラーになっていてナチュラルに立体感を出せます。
どの色もイエベさんの肌色に馴染みやすい黄味が入った絶妙なカラーで、可愛らしい雰囲気の目元がこれ一つで出来ちゃいます。

エクセル スキニーリッチシャドウSR05ウォームブラウン

4色展開になっていて、順番に重ねるだけで綺麗なグラデーションが出来ると話題の大人気アイテム。
繊細なパールが上品に目元を輝かせてくれ作り込んだような目元に仕上げてくれます。
ゴールド系ブラウンですっきりとした印象に見せてくれ、オフィスにも◎。
初心者の方でも使いやすい色味なので、迷った時はこれを選べば間違いなし!

ブルーベース

ブルーベースの人は手首の内側の血管が青に見える特徴があります。
肌が青みがかった白っぽい色、またはピンクみがかった色をしています。
日焼けをすると真っ赤になって、その後元の色に戻る方が多いです。
イエローベースの方とは反対にキャメルやオレンジ、ベージュなどは肌色がくすんで見えたりします。

似合う色

青みの強いパープル系・ボルドー系・シルバー系
シアーな質感が似合うので、シルバーやブルーのラメやパールの入ったものもオススメ。

ブルベさんにおすすめのアイシャドウ

コフレドール/ビューティオーラアイズ 07

しっとりと塗れたようなツヤで目元を明るく輝かせるアイシャドウ。
シアーな塗れ感を出しやすいパープルのアクセントカラーが透明感のある目元を演出してくれます。
どの色もブルベさんの肌色に馴染みやすい明るいカラーバリーエーションです。
付属でチップと太さの違うブラシがついていて細かいグラデーションを作りやすくなってます。

KATE/ヴィンテージモードアイズ (PU-1)

セクシーな目元と抜け感を演出できるカラーバリエーションになっており、KATEらしい彫り深い目元を作ることが出来ます。
発色もよくアクセントカラーとして使え、濃さの調節もしやすいのが特徴です。
目元をはっきり見せたい人におすすめ。

なりたいイメージ別アイシャドウ

上品で知的なイメージ

上品なイメージを出すなら、赤みブラウンや、カーキ、ライトグレー系がおすすめ。
一見くすんで見えそうなカラーでも二重幅に細めにのせることで、メリハリのある目元が出来上がります。
知的なオフィスメイクで「デキる女」を目指しましょう。

可愛らしいイメージ

可愛らしい可憐なイメージにするならピンク、オレンジ、ミントグリーンを使ったポイントメイクがおすすめ。
目尻と下まぶたに少し色をのせるだけで一気にフェミニンな目元に仕上がります。
ピンクのアイシャドウはまぶた全体にのせると腫れぼったく見えてしまうので、ほんのりボカす、広範囲に塗らないのがポイントです。

ナチュラルなイメージ

ナチュラルなイメージにするなら、肌に馴染みやすいブラウンやベージュの2色グラデ―ションがおすすめ。
しっかり3色でグラデーションを作るとどうしも濃く見えがちです。
ナチュラルな目元を作るには色んな色を混ぜすぎない事とラメやパールが少ないものを選ぶのがポイント。
ポイントを押さえれば、自然でしっかり引き立つ目元に見せることができます。

使用する道具別の仕上がり

アイシャドウは使うツールによって質感、濃さが変わってきます。
繊細な目元を作るには「チップ」「ブラシ」「指」がかかせません。
それぞれの特徴を知ってうまく使い分けましょう。

チップを使用した場合

チップはピンポイントで塗りやすく、ラインを描く時や目のキワを塗るときに便利です。
ポイント使いには向いていますが、広範囲に広げる場合ムラになりやすいので、ボカすのがポイント。
しっかりと色がつくためポイントメイクや細かい色付けをしたい時におすすめです。

ブラシを使用した場合

ブラシはふんわりと色を乗せれるので柔らかいグラデーションを作る時に最適です。
また濃く色がついた時に境目をボカす時にも使え、修正もききやすいのが特徴。
またブラシの太さによってアイホール全体や目のキワまで、細かく使い分けができるので
指を使わずに塗りたい方におすすめです。

指で塗った場合

指は密着力が高く、垢抜け感を出したり絶妙なグラデーションを出したい時に最適です。
クリームタイプのアイシャドウやアイシャドウベースを塗る時に使え、今時の塗れ感まぶたも簡単に作る事ができます。
細かな色作りは難しいですがチップ、ブラシより濃く色がつかないので、ナチュラルメイクをしたい時におすすめです。

アイシャドウの種類

パウダー

パウダータイプはアイシャドウの中でも定番でつけ心地が軽く、ふんわりと色がのるのが特徴。
複数のカラーがセットになっているものも多く、ひとつでグラデーションを簡単に作る事ができます。
塗り方次第でナチュラルにも、華やかにも仕上げる事ができるので初心者でも使いやすいアイテムです。

クリーム

クリームタイプは、瞼への密着力が高く油分が多いのが特徴です。
またしっとりした質感なので乾燥しづらく、簡単に塗れまぶたを作る事が出来ます。
パウダータイプの下地としても使え、後につけるアイシャドウの発色もよくする効果も。
ツヤ感と保湿を求める方にはクリームタイプがおすすめです。

ペンシル

ペンシルタイプはクレヨンのように簡単に色を付けることが出来ます。
他のアイシャドウに比べ、見たままの色がしっかり発色し、ヨレにくいのが特徴。
ラインを描けるような固いタイプから、クリームのように柔らかいタイプがあり色んな使い方ができます。
また、手軽に色をのせれるので、時短メイクもでき忙しい朝にも最適です。

アイシャドウを綺麗に仕上げるちょい足しアイテム

アイシャドウベース


アイメイクには必需品とも言えるアイシャドウベース。
朝メイクをしてから目の下にパウダーの粉が落ちたり、二重幅にアイシャドウが詰まったりした経験はありませんか?
アイシャドウベースを塗るだけでアイシャドウの密着力が高まりモチ、発色をよくしてくれます。
またパウダーの粉っぽさを軽減してくれしっとりとした目元に仕上げてくれる優秀アイテム。

おすすめアイシャドウベース

IPSA(イプサ)アイリシェイパー

アイシャドウをつけても立体感が出にくい「腫れぼったいタイプ」、くぼんだまぶたが影になって暗く見えてしまう「くぼみタイプ」、それぞれの悩みを解消するために作られたアイテムです。
目もとをスッキリ整えながら、色と光で明るく補正し、目元に立体感を出してくれます。
密着させるワックスと、ベタつきを抑えてスルスル広がる粉末がミックスされていて、次に使うアイシャドウのムラ付きをなくします。
パールやラメが入っていないので、アイシャドウの質感を邪魔することもありません。

エトヴォス ミネラルアイバーム(シャンパンアイボリー)

美容クリームがベースのスキンケアアイベースです。
顔の中でも一番皮膚が薄いと言われている目元を乾燥から守り、アイシャドウの発色と色持ちをよくしてくれるアイテム。
単色アイシャドウとしても使え、アイシャドウベースとしても使えます。
直接アイシャドウを塗ると目元が荒れてしまうという方でも目元を守る下地として使えるので嬉しいですよね。

関連:アイシャドウベースおすすめランキング23選!アイメイクを一日中キープする秘密のアイテム♡

まとめ

いかがでしたか?
今回は基本的なアイシャドウの塗り方からイメージ別の塗り方のポイントを紹介しました♡
アイシャドウの塗り方で目を綺麗に見せる事が出来たり、大きく見せる事ができます。
難しいと感じていたアイシャドウも基本をマスターすれば、これからのメイクアレンジが楽しくなりますよね。
色んなカラーに挑戦してメイクの幅を広げましょう♡

初心者メイクに関連する記事

こんな記事も人気です

あなたにおすすめ記事

人気記事ランキング 05/25

05/25 03:15更新
総合ランキング
コスメランキング

編集部のおすすめ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す