2017/08/06 更新 公開

「葉酸」は、妊活以外でも効果的!知られざる葉酸のパワーを紹介します。

妊活や妊娠中の人に「葉酸」の摂取を推奨されているのは有名ですが、実は、みなさんにも大切な栄養素なんですよ。
意外と知られていない葉酸のパワーを紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
84view

葉酸の役立つ効果

葉酸と聞くと、妊婦や妊活中の人たちに人気な栄養素として有名ですよね。

正式には「ビタミンB10」・「ビタミンB11」の総称で、比較的新しい栄養素です。

葉酸は、子宮内環境をよくしたり、染色体異常を減少させるため、奇形、障害、流産のリスクが減るという効果から妊婦には必要な栄養素として、厚生労働省が推奨しています。

しかし、葉酸は、妊婦・妊活以外でも必要とされている栄養素なんです。

意外と知られていない、葉酸の役立つ効果を紹介します。

ニキビ・肌荒れに効く

肌の老化による大人ニキビは、乱れた食生活や不規則な生活、慢性的な睡眠不足といった、忙しい大人ならではの原因もあります。

葉酸はビタミンBの一種で、肌が新しく再生するときに必要とされる栄養素。

毎日、きちんと一定量を摂取することで、肌の代謝を保ちニキビ・肌荒れの予防に効きます。

悪性貧血の予防効果

貧血の種類には、赤血球のエサとなる鉄の不足か、もしくは赤血球が巨大化してしまい、悪性貧血を起こしているか、どちらかの2種類に分けられます。

実は、悪性貧血は葉酸の不足で起こる症状なのです。

葉酸は、ビタミンB12、鉄分と結びつく事によって、健康な赤血球を作り出す事ができるため、貧血予防には不可欠な栄養素と言えるでしょう。

ダイエットをサポート

葉酸は、血液内の赤血球を作る働きがあります。

赤血球が増えるだけで、酸素や栄養素が体の隅々まで行き渡り冷え症の改善や、基礎代謝があがるので、痩せやすい体質になるというわけです。

そのため、ダイエット中に葉酸を摂取することで、少しの運動量でも多くのカロリーを消費でき、ダイエットの成果が上がりやすくなるんですよ。

うつ病の改善に効く

なぜ葉酸が、うつ病の改善効果があるかというと、神経器官を正常に保ち、気持ちを落ち着かせる作用があるからです。

また、最近の研究結果では、うつ病患者の8割が葉酸の欠乏状態が見られるとする研究報告が出されたことから、ここでも葉酸は注目の栄養素となっています。

葉酸サプリを摂取することにより、抗うつ剤の効果があがる可能性もあるといわれています。

葉酸の副作用

葉酸は、ビタミンB類としては珍しく、摂りすぎると副作用があることも知られています。

一日の摂取目安量は、240マイクログラム、又は妊婦は400マイクログラムと厚生労働省が推奨しています。

その摂取量を超えてしまった場合、吐き気・むくみ・不眠・亜鉛やビタミンB1の吸収率低下などが起こります。

また、一度に大量摂取することで、呼吸困難が発生することもあるのです。

葉酸を摂取する際には、一日の目安量を守りましょう。

葉酸が含まれる食べ物

葉酸は、主に緑黄色野菜に多く含まれており、中でも緑色の濃い葉物を食べると食事での摂取がしやすいようです。

どんな、野菜や果物に葉酸が含まれているのでしょうか。

野菜

モロヘイヤ

葉酸の宝庫といわれているモロヘイヤは特にオススメです。スープにすることで熱に弱い葉酸も効率よく摂れるので優秀レシピになります。

ほうれん草

生でも茹でても葉酸を摂取しやすい代表的な野菜です。おひたしやパスタなど調理もしやすい食材ですよね。

枝豆

冷凍枝豆でも、手軽に葉酸を摂取でき、忙しい人にオススメの食材です。

ブロッコリー

茹でても多くの葉酸を摂取できます。ビタミンCも豊富なので風邪予防にも効果的な食材です。

かぼちゃ

ビタミンEやβカロチンが豊富で美容にもいいと言われている食材です。

果物

いちご

葉酸が多く含まれる果物の2位です。さっぱりとしていて手軽に食べやすいですよね。ビタミンCが多く含まれています。

みかん

いちごと同じようにビタミンCが豊富で冬の風邪予防にも効果的です。白いすじには食物繊維がたっっぷりなので、そのまま食べる方がおすすめです。

キウイ

葉酸以外にもビタミンCや食物繊維、カリウムが多く含まれています。浮腫みが気になる人は、解消効果もあるので是非取り入れてみてください。

バナナ

つわりを緩和する効果があるビタミンB6も豊富な食材です。葉酸をより多く摂取しなければならない妊婦さんにもおすすめの果物です。

アボガド

アボガドは、野菜のようですが果物に分類されます。森のバターと言われるほど栄養満点で、葉酸も多く含んでいます。

葉酸を摂るコツ

葉酸は水に溶け出しやすく、加熱することにより失われやすい性質を持っています。

そのため、フルーツや野菜から摂取する場合は、なるべく生の新鮮な状態で摂るのがベストですが、スープや煮込み料理など熱を加える場合は、煮汁に溶け出した葉酸を逃さないよう、摂取するといいでしょう。

でも、なかなか一日の成人摂取量200マイクログラムをバランスのいい食事で毎日摂るのは難しいですよね?

こんな時は、葉酸がしっかり摂取できる手軽で簡単なサプリがおすすめです。

おすすめの優秀な葉酸サプリの関連記事は、コチラを詳しくご覧ください!

まとめ

葉酸のパワーはすごいですね。

体を健康に保つためにも葉酸は不可欠な栄養素です。

食事でバランスよくとるのも大事ですが、体調不良が続いている人はサプリで一度試してみてはいかがでしょうか。

こちらのサイトでは、ここで紹介していない葉酸の詳しい情報や女性特有の体調不良を改善する方法など詳しく紹介されているので、是非ご覧くださいね!

妊活サプリで飲んでますか?おすすめの妊活サプリを紹介します。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加