2017/09/19 更新 公開

2017夏のカラーメイクは「ブルー」で決まり!失敗しない超簡単ブルーメイクの仕方

夏メイクのトレンドカラー「ブルー」を使った透明感とツヤ感のあるメイク方法をご紹介します。どのように使えば失敗しないのか、ぜひチェックしてみてください◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
213view

夏のトレンドカラー「ブルー」

昨年度は春にブルーが流行りましたが、今年は各ブランドの夏コレクションを見ても分かるように、メイクのキーワードは「ブルー」となっています。

でもブルーって結構失敗しやすくてなかなか手が出せないという人もいるのではないでしょうか。
某コスメ検証雑誌でも、ブルー系コスメはかなり酷評をしていましたが、要は使いようです。

ブルーを使うことで、イマドキの透明感のあるメイクが実現するんです!
今回は中でも簡単なブルーメイクを紹介します。

ブルーでツヤ肌夏メイク

今回紹介するのは、GODMake.チャンネルの「ブルーシャドウを使ったツヤ肌夏メイク」。
ブルーのアイシャドウをふんだんに使っているのに、しっかりとツヤ肌と馴染んでいる優秀メイクです。
ぜひ動画もチェックしてみてください◎

それではブルーを使った夏メイクのポイントを見ていきましょう!

引用:©www.youtube.com

2色に混ぜたコンシーラーをクマ、眉上、鼻筋に塗ってくすみを失くします。
使用しているコンシーラーはMAC(マック) スタジオフィニッシュコンシーラー デュオ

引用:©www.youtube.com

ファンデーションはUV効果・美白効果のあるクッションファンデーションを選びましょう。
使用しているのはTONYMOLY(トニーモリー) BCデーションクッションプラス

引用:©www.youtube.com

ツヤ肌にするために、テカリの気になる部分にだけお粉をのせます。
使用されているのは、TONY MOLY(トニーモリー) フェイス ミックス オイルペーパー パウダー

引用:©www.youtube.com

ハイライトカラーを涙袋にのせてぷっくり感を出します。
使用しているアイシャドウはVICTORIA’S SECRET 
MEGA MAKE UP KIT(生産終了)。

引用:©www.youtube.com

アイシャドウの明るいブルーを使用します。

引用:©www.youtube.com

この明るめのブルーはアイホール全体にのせます。

引用:©www.youtube.com

次に、少し濃いブルーを使います。

引用:©www.youtube.com

少し濃いブルーは二重まぶたにのせます。

引用:©www.youtube.com

一番濃いブルーを使います。

引用:©www.youtube.com

一番濃いブルを細めのブラシに取り、ラインを引くように目のキワにのせます。

引用:©www.youtube.com

ペンシルライナーで上ラインを引いていきます。
使用されているのはMAC(マック) パワーポイントアイペンシル

引用:©www.youtube.com

下ラインを引いていきます。
一番濃いブルーシャドウで黒目の下辺り(1/3)まで下ラインを引きます。

引用:©www.youtube.com

黒目の下辺りと目尻にリキッドアイライナーでラインを引いていきます。
使用されているのはメイベリンニューヨーク ハイパーシャープライナーs (生産終了)。

引用:©www.youtube.com

マスカラを下まつげに塗ります。
使用されているのはBerrisom(ベリサム) +Cカップロングマスカラ

引用:©www.youtube.com

青みの入ったピンクチークを使うとブルーアイシャドウとの相性バツグン。
また透明度も増します。
使用されているチークは先程のVICTORIA’S SECRET MEGA MAKE UP KIT。

引用:©www.youtube.com

リップはまずリップペンシルで綺麗に型どります。
使用されているのはMAC(マック) リップペンシル ルビーウー

引用:©www.youtube.com

最後にリップライナーに沿ってルージュを塗っていきます。
使用されているのは、MISSHA(ミシャ) シグネチャーグラムアートルージュ(生産終了)。

グロスなどで代用してもOK。

引用:©www.youtube.com

完成です。

動画で使用されたコスメ一覧

夏の透明感メイクはブルーが要!

いかがでしたか?
ブルーを使うと、爽やかで透き通るようなイメージになりますよね◎

ブルーは難しいと諦める前に、ぜひこの夏一度挑戦してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乾燥で肌の角層ボロボロに…肌荒れ中にメイクをするととんでもないことになるかも?!

機能性ばかり重視して、肌への影響を考えずに化粧品を買っていませんか?今回は肌に影響をもたらすと言われる成分を紹介します◎ぜひコスメ選びの参考にしてみてください。

そのコスメで肌がボロボロになるかも?!

pinkage.jp
@Instagram

しっかりとカバー力があって、ツルンとした肌になれる優秀コスメ…なんて表面上だけで実は肌に負担が大きいコスメを使ってはいませんか?

特に「カバー力が高い」「発色がいい」「くずれにくい」などメイクとしての機能性ばかりを謳っているコスメには要注意。
カバー力も重視したい部分ですが、それよりも肌への影響を考えなければなりません。

乾燥で肌の角層ボロボロに…肌荒れ中にメイクをするととんでもないことになるかも?!

続きを読む