又吉直樹の新作「劇場」はもう読んだ?一緒に読みたい6月の注目の新刊小説5選を紹介

5月の新刊もそろそろ読み終わる頃。次に何を読もうか迷ってはいませんか?ちょっと昔の本を読んでみるのもいいけど、これからの新作に目を向けてみるのも良いかもしれませんよ◎今回は6月に発売される注目の新刊をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
303view

公開

2冊めは小説の新刊を探してみる

2017y05m26d_152547145

おしゃれ女子のたしなみとして、読書を趣味としている人も多いのではないでしょうか。
最初に手を取った小説はやっぱり、失敗をしたくない有名どころの作家さんや芸能人が著作した本だったりと、なんだか読みやすそうだなと思ったものから自然と手に取ってみたのでは?

芸能人といえば、先日も人気芸人のピース・又吉直樹さんが新作の「劇場」が発売されました。

2017y05m26d_120913456

出典:©www.shinchosha.co.jp

新潮社
劇場  
又吉直樹/著
1,404円(税込)

5月11日に発売された「劇場」。
表現の場を求めゆく主人公・永田と女優を目指す恋人の沙希。
2人は夢を抱いてやって来た東京で出会い、青春を送る。
夢と現実、そして恋人との不器用な恋を描く切ない恋愛物語。

こんなふうに、たまにはちょっと世間の話題にのってみるのもいいし、いつも読んでいる作家さんとはちがうタイプの小説を読んでみるのも良い。

そうやってひとつ読み終わったら、次の本は新作から探してみてはいかがですか?
まったく新しい物語との出会いがあるかもしれませんよ◎

6月に読みたい注目の新刊小説

2017y05m26d_133808581

出典:©www.shinchosha.co.jp

新潮文庫
かぜまち美術館の謎便り
森晶麿/著
¥637(税込)
2017年6月1日発売

香瀬町(かぜまち)に引っ越してきた天才学芸員佐久間と娘のかえで。
香瀬町では18年前の消印の絵葉書が届くという奇妙な事件が起きていた。
事件のカギは、当時なくなった少年が残したピカソらを模した絵画。
絵に込められた想いとは一体なんなのか…。
アガサ・クリスティー賞作家の絵画ミステリー!

2017y05m26d_142608431

出典:©www.shinchosha.co.jp

新潮文庫
おまえのすべてが燃え上がる
竹宮ゆゆこ/著
637円(税込)
2017年6月1日発売

主人公である樺島信濃(かばしましなの)は包丁をもった女から逃げていた。
愛人であることがバレて追われていた。
今はスポーツジムのアルバイトをしているけれど、それだけでは生活費すら賄えず、貢がれたブランド品を売ってギリギリの生活を送る。
これではダメだとそもっていながらもどうにも出来ない日々を過ごしていたある日、弟が元恋人とやってきて…。
家族、そして愛とはなんなのか切ない長篇小説。

2017y05m26d_145424506

出典:©www.amazon.co.jp

角川書店
フェイスレス
黒井卓司/著
1,512円(税込)
2017年6月1日発売

アメリカでアリの殺虫剤のテストという名目で行われた実験でアリは被験者15名をあっという間に噛み殺してしまう。
実はこの世界は2つの世界線に枝分かれしていて、普通ではありえない2つの世界がつながり、殺人アリが誕生してしまう。
ある日、製薬会社の研究員・透の目の前にある男が現れた。
それは「もう一つの世界」の自分で…。
世界を揺るがす巨大な陰謀とは一体、一気読み必至のサスペンス!

2017y05m26d_145334565

出典:©www.amazon.co.jp

角川書店
災神
1,674円(税込)
2017年6月1日発売

ある一瞬を堺に瓦礫の山と化してしまった島根県出雲市。
原因不明で一瞬にして破壊してしまった町に、誰もが息を飲む。
そんな中、先遣隊として町へ送り込まれた陸上自衛官の新野は、風変わりな子どもアキラと技術者の天音と出会う。
だが、そこで見たものとは…。
圧倒的絶望を前に人は立ち向かう事が出来るのか、迫真のパニックサスペンス!

2017y05m26d_151138279

出典:©www.suiseisha.net

水声社
どうにもこうにも
ジョルジュ・フェドー/著
桑原隆行/訳
3,000円(税抜)
2017年6月1日発売

裕福でうつくしい歌姫リュセット。
とても魅力的なのに、なぜだか一文無しのボワ=ダンギアンに首ったけ。
一方のボワ=ダンギアンは、資産家である男爵令嬢のヴィヴィアンヌとの結婚を決意していた。
しかし、リュセットへの想いを切り捨てられないまま婚約の直前になっても別れを告げられす…カネか恋か、19世紀末のパリ社交界を舞台に恋の駆け引きを描くフランス式艶笑コメディ!

まとめ

ひとつのジャンルに絞らず、たまにはさまざまなジャンルを読んでみるのも良いのではないでしょうか。
6月も豊富な新刊が続々発売されるので、気になった本はぜひ読んでみてください◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

こんな記事も人気です

人気の記事

注目のエントリー

ピックアップ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリー一覧