ジーンズの着回しコーデ◎デニムパンツ1本持っているだけでこの夏役に立つ!

ジーンズ(デニム)ってとっても着やすいアイテム。でも、たくさん着まわしたり、トレンドと合わせるのはちょっと難しいですよね。そこで今回は2017年の夏のトレンドも合わせたジーンズの着回しコーデを紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
351view

2017/06/22 更新 公開

この夏はジーンズを上手に着回して

2017y05m26d_105351930

ジーンズって着心地が良く、動きやすいから、1本は持っている人が多いのではないでしょうか。
このアイテムだけでカジュアル要素を取り入れられるのも便利なところ。
でも、一歩間違えたら地味になったり、ありきたりなコーデにもなったりする結構な厄介者なんです。

今回はジーパンをたくさん着たい夏の着回しコーデをご紹介します!

501スキニーの着回しコーデ

2017y05m26d_105827006

引用:©wear.jp

501(R) SKINNY SUPERCHARGER
¥12,960(税込)

今回はシルエットを素敵に魅せる501のスキニーの着回しコーデをご紹介します!
さまざまなコーデに合わせやすいスキニーならではのコーデに注目◎

2017y05m26d_102106300

引用:©wear.jp

トップスはあえてビッグサイズでボリュームのあるものを選んで。

細身シルエットでフィットするから、ビッグシルエットもお手の物。
ワイドだとなかなか出来ない、コーデも楽しむことができます。

2017y05m26d_102641655

引用:©wear.jp

トップスはエレガンスにホワイトのカットソーにスカーフで引き締めて。
ボトムスにスキニーを持ってくることで脱コンサバ。

全体的にカッチリとした中でバランス良くカジュアルを取り入れてみて。

2017y05m26d_103205370

[cpa url=http://wear.jp/dxhome0202/9584663/]

ありがちなボーダーとジーンズのコーデってマンネリ化しやすいし、みんな着てるからちょっと抵抗がある…なんて時には思い切ってレイヤードでまとめてみて。

全体的にカジュアルになりすぎないように、足元にハンサムシューズとカッチリしたバッグをアクセントに取り入れるのが大事。

2017y05m26d_103416192

引用:©wear.jp

ナチュラルスタイルにもスキニーはマストアイテムといっても過言ではないのでは?
でも、シンプルになりすぎない用に注意して。
トップスはレイヤードで飾って全体的にボーイズライクに。
でも、手首に女性らしい腕時計と大きめのバッグを合わせることで可愛らしさがUP♡

2017y05m26d_104011949

引用:©wear.jp

甘めの刺繍のベルスリーブトップスにカジュアルなスキニーをあわせて、狙いすぎないキレイめコーデに。
黒のパンプスが大人の女性らしさが出るカッコよさを演出。
バッグはカッチリとしたものではなく、涼し気な夏のアイテムとしてかごバックを選ぶのがポイント。

2017y05m26d_104705665

引用:©wear.jp

1着でサラリと着こなせるバルーンスリーブの上品なシャツに、カジュアルなスキニーをあわせてみて。
バッグ・シューズもトップスに合わせるなら、かっこよくなりすぎないようにキャップに甘めのものを選んでフェミニンにみせて。

それぞれをバランス良く取り入れることで、カジュアルだけど上品にまとまったスタイルに。

まとめ

さまざまな着回しコーデがありましたよね!
今までの着こなし方の見直しや、新しい着こなしを発見できたのではないでしょうか。

ジーンズは厄介アイテムではなく、オシャレに積極的に取り入れられるように、たくさんの着回し方を知っておくといいですよ◎
今回紹介したコーデもぜひ参考にしてみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

こんな記事も人気です

人気の記事

注目のエントリー

ピックアップ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリー一覧