コーディネート

公開

2017年夏はパラッツォパンツを着こなす!最新ファッショントレンドコーデ6選♡

関連キーワード

スカンツでもないパラッツォパンツとは?

2017y05m08d_105431876

出典:©www.gu-japan.com

プリーツ、スリット、ドレープなどのゆれ感のあるワイドパンツをパラッツォパンツといいます。
クールな印象を与えるワイドパンツとは違い、ゆれ感があるから女性的で可愛らしい印象なんです♡

プリーツやスリットが施されているものなどたくさんのパターンがあるので、種類も豊富。
どのように合わせていくか早速コーデをチェックしてみましょう◎

2017y05m08d_105631815

出典:©wear.jp

デニム生地のパラッツォパンツにスリットが入ってちらりと見える足元がポイント◎
トップス&ボトムスでゆったりとガーリーに決めて、シューズはあえてメンズライクでクールに。
ポイントに黒を入れることでゆるすぎない引き締まった印象になります。

2017y05m08d_110200212

出典:©wear.jp

昨年に引き続き、今年もトレンド継続のオフショルダー。
今年はレトロチックな印象もバツグンのキャンディースリーブのオフショが◎
トップスは上品な花柄&おおぶりピアスで、ボトムスはゆったりしたシンプルなギャザーのパラッツォパンツでバランスを取って。
夏らしく、シューズはゴールドのバレエシューズ、バッグはかごバッグで涼やかに。

2017y05m08d_111224637

出典:©wear.jp

トップスをシンプルに決めるなら、パラッツォパンツに思い切って柄をのせてみて。
ストライプはワイドパンツだとクールでモードな印象が強いけど、ギャザーが入ってゆれ感が出るからやわらかな印象に。
ボトムス以外に無理なカラーを使用せず、シューズにはホワイトとの相性バツグンなベージュカラーを持ってくると◎

2017y05m08d_111815690

出典:©wear.jp

黒と赤の組み合わせは冬っぽいけどパラッツォパンツ×プリーツの揺れが爽やかさを演出。
サッシュベルトできっちり締めてトップスを重たくしたら、きちんと足元でオフ。
ヘアスタイルは、ミディアムでもきちんとまとめて首元を涼やかにみせるのがポイント。

2017y05m08d_112123408

出典:©wear.jp

キャップ&デニムのアウターでカッチリとさせて、ボトムスはプリーツのパラッツォパンツでサラッと着こなすのがコツ。
グレーのボーダーと明るめのコーラルピンクのパラッツォパンツだけだと、どことなく部屋着っぽくなってしまう。
そんな時はデニムのアウターを合わせてレイヤードスタイルで決めるだけでも、一気に上品でエレガンスな印象に。

2017y05m08d_113026082

出典:©wear.jp

腰回りをゆったりと見せて足首でキュッとしめるパラッツォパンツ。
ビッグシルエットでゆったりとみせて、あえてバッグは重めのバケツバッグを手にとり軽すぎないようにバランスをとって。
アクセントは足元のシューズで夏らしいカラーを入れることで、可愛らしい着こなしに。

まとめ

いかがでしたか?
さまざまなタイプのパラッツォパンツがありましたよね!
ワイドパンツにマンネリを覚えたなら、ぜひパラッツォパンツでコーデを楽しんでみでください♡

に関連する記事

こんな記事も人気です

あなたにおすすめ記事

人気記事ランキング 11/14

11/14 13:34更新
総合ランキング
コスメランキング

編集部のおすすめ

新着記事一覧

関連するキーワード

キーワードから記事を探す