2017/11/02 更新 公開

紫外線は肌の内側から予防!シミ対策に効果的な食材&サプリメント

これから紫外線量が強くなる季節に入ります。日焼け止めや帽子等の使用と同時に、紫外線の予防に効果的な食事を摂り入れて内側から紫外線に負けない肌作りをしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
95view

紫外線を浴びてしまった!肌では何が起きる?

2017y04m13d_095117543

紫外線が日焼けの原因であることは誰もが知っている事実ですが、そもそも紫外線が当たると、肌の内部ではどのようなことが起こっているかご存知ですか?

メラノサイトとメラニン色素

紫外線に当たると、肌の奥深くにある「メラノサイト刺激ホルモン」という細胞が活性化してしまいます。
これにより肌内部で「メラニン色素」というものが生まれ、この「メラニン色素」が過剰に増えてしまうことによってシミができてしまうのです。

紫外線は肌表面を黒く(赤く)するだけではなく、数カ月~数年かけて肌に悪影響を及ぼす恐ろしいものなのです。

メラニン色素を消すには?

肌内部で生まれてしまったメラニン色素は、肌の状態、または肌の代謝が良ければ自然と減少していきます。
しかしながら全く紫外線を浴びない状態で日常生活を送るのは、ほぼ不可能。

いくら代謝が良くても、メラニン色素を全て消してしまうことはできません。
そもそもメラニン色素は“完全なる悪”というわけではなく、紫外線を防いでくれる役割も担っています。
必要以上に増えてしまったメラニン色素がシミになるのであり、適量が常在する分には肌にとっては良いことなんです。

  • 肌の代謝を良くすること
  • 必要以上にメラニン色素を増やさないこと

これが美肌をつくるうえ大事なことなのです。

シミ予防に効果的な食材とは

2017y04m13d_095213125

肌の状態や代謝が良いのであれば、メラニン色素を必要以上に恐れる心配はありません。
しかし、年を重ねるにつれて肌の代謝は衰えていきます。

自ら自覚して気を付けていないと、蓄積され続けたメラニン色素が急にシミとなって現れる…なんてことも考えられるのです。
「日焼け止めを使っているから大丈夫!」なのではなく、日焼け止めを使用しながら肌の代謝を促す食材を取り入れるようにしましょう。

抗酸化作用がある食材

前述したように、メラニン色素はメラノサイトという細胞が活性化することにより生まれます。
ということは、メラニン色素が生まれる前にメラノサイトの活性化を防げば良いのです。

メラノサイトの活性化を予防するのは「抗酸化作用」がある食材。
肌だけでなく、身体全体のアンチエイジングにも効果的ですよ。
抗酸化作用がある食材と、抗酸化を手助け&美肌づくりに欠かせない栄養素と代表的な食材をご紹介します。

  • 抗酸化作用がある食材…バナナ、ニンニク、しょうが、トマト、キャベツ、セロリなど
  • ビタミンA…人参、カボチャ、ほうれん草、モロヘイヤ、レバー、ウナギなど
  • ビタミンB類…大豆製品、レバー、豚肉、魚類、うなぎ、玄米、ゴマなど
  • ビタミンC…イチゴ、レモン、キウイ、みかん、ピーマン、ブロッコリーなど
  • ビタミンE…いわし、うなぎ、ナッツ類、アボガド、赤ピーマン、西洋カボチャなど
  • ミネラル…キノコ、海藻、牡蠣、納豆、など
  • ポリフェノール…ワイン、緑茶、ブルーベリー、アサイーなど
  • イソフラボン…大豆製品

サプリメントで補ってもOK

全ての食材を食事から取り入れるのは難しいですよね。
そんな時は、サプリメントで補ってもOKです。

食材では取り入れにくいコラーゲンやコエンザイムなども、サプリメントでなら簡単に摂り入れることができますよ!

2017y04m13d_094755782

引用:©www.dhc.co.jp

【DHC マルチビタミン 】

11日1粒で不足しがちなビタミン12種をまとめて摂取することができます。
大手メーカーなのも安心できる大きなポイントですよね。
野菜が嫌いな人、不規則な食事を送りがちな人におすすめです!

2017y04m13d_094823358

引用:©item.rakuten.co.jp

【ネイチャーメイド スーパーマルチビタミン&ミネラル】

日本人の栄養摂取量に合わせた栄養素を1粒で補うことができる手軽さが人気。
亜鉛、銅、12種類のビタミン、7種類のミネラルが配合で、忙しい社会人の食生活をサポートしてくれますよ。

2017y04m13d_094847623

引用:©item.rakuten.co.jp

【コラーゲンプレケア】

肌の乾燥やツヤ、ハリなど気になる部分を集中ケア。
「コラーゲンプレケア」はコラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸が配合されたゼリー状のスティック。
熊本県産の甘夏果汁で美味しく仕上げてありますよ。

2017y04m13d_094915258

引用:©item.rakuten.co.jp

【スーパーエラスチン】

世界初のエイジングケアサプリ。
肌細胞に良い影響を与える「高純度低分子水溶性エラスチン」(九州工業大学が特許を取得)が配合されており、メラニン色素を減らし、生成を抑制してくれます。

肌だけじゃなく、全身の肌や筋肉、骨や髪、内臓などたくさんの細胞に効果的ですよ。

2017y04m13d_095000537

引用:©item.rakuten.co.jp

【オーガランド コエンザイムQ10】

1日1~2粒で美肌効果が期待できる、コエンザイムのサプリメント。
美肌つくりはもちろん、美容、ダイエット、健康、エイジングケアとしても有効です。

もちろん、規則正しい生活を

2017y04m13d_095238027

いくら抗酸化作用がある食材やサプリメントを摂り入れても、寝不足、過度な飲酒、タバコ、解消されないストレスなど健康的な生活を遅れていないのはNG。

頑張っている肌代謝の邪魔をしてしまいますし、身体や精神が壊れてしまうことも。
規則正しい生活こそが一番大事なことですので、思い当たることがあれば改善する方向で頑張りましょう!

まとめ

いかがでしたか?
「まだ若いから大丈夫!」と思いがちですが、「若いからこそ」将来のために、今から美肌を保つベース作りを意識していきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肌荒れ中にメイクしても安心して使えるシンプル&ナチュラルコスメを紹介♡

肌荒れ中ってなるべくメイクをしたくないですよね。特にいろいろな成分を含むコスメは肌の調子が良い時は美容成分としていいかもしれないけど、肌荒れ時期には症状を悪化させることもあるかも?!そんな不安を持つ人におすすめのシンプルコスメを紹介します。

そのコスメで肌がボロボロになるかも?!

pinkage.jp
@Instagram

こんにちは!
肌荒れ時期にはいつもとは違うスキンケアやメイクで肌の調子を整えるROCCO GIRLライター・Oniです。

肌荒れ中って、調子の良い時の肌に比べて肌質がガラリと変わってしまうこともあります。
いつもは普通に使えるコスメも、どんどん肌荒れを悪化させてしまうことだってあるんです。

肌荒れ中にメイクしても安心して使えるシンプル&ナチュラルコスメを紹介♡

続きを読む