公開

今年は「夏バテしない夏」にしよう!生活の注意点・夏バテに効果的な食材とは

暑い夏を元気に過ごすか否かは、毎日の生活にかかっています。生活上の注意点や、夏バテ防止に効果的な食材をご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
100view

夏バテとは?

2017y04m12d_100802289

引用:©blog.freepeople.com

夏になると
「食欲が無くて、ご飯が食べられない」
「身体がだるく感じる」
「眠れない」
「眠っても疲れが取れない」
「仕事に集中できない」
といった症状になったことはありませんか?

実はこれ、全部夏バテの症状なんです。
夏バテにはコレと決まったラインはなく、夏の暑さが原因で身体に不調が出ることを総称して“夏バテ”といいます。

夏バテの症状

2017y04m12d_100846050

引用:©blog.freepeople.com

  • 食欲不振
  • 倦怠感
  • 無気力
  • 不眠
  • 下痢
  • 便秘
  • 気分の浮き沈み
  • めまい

主に、こういった症状がみられます。

夏バテの原因

2017y04m12d_100944837

引用:©blog.freepeople.com

夏バテの原因には複数あり、その複数の要因が重なることで夏バテの症状が重くなってきます。

原因1.気温の上昇

夏になると気温が上がります。
体温を超えるようになると身体が徐々に熱を持ち始め、これを防止するために汗をかき始めます。

汗をかくと体内の水分が減り、水分補給をしないと軽い脱水状態になってしまいます。
その結果、血行が悪くなる、栄養が体内に廻らなくなる、老廃物が排出されなくなる、疲れやすくなる、便秘になる、などといった症状を引き起こします。

原因2.冷たいものを食べるようになる

暑い時には、冷たい食べ物を欲しますよね。
しかし冷たいものばかり食べてしまうと、胃や腸の調子が悪くなります。
消化不良を起こしてしまい、ますます食欲が減衰して栄養不足になる、腸が弱って下痢になってしまう、こういった症状が現れるようになります。

原因3.暑さと寒さの温度差

夏はクーラーが効いている室内と、気温が高い屋外との温度差で、自律神経が乱れてしまいます。
自律神経の乱れにより、倦怠感や無気力、気分の浮き沈みやめまいなどの症状が現れるようになります。

原因4.湿度

日本の夏は高温多湿状態。
汗をかいた身体や湿気の多い蒸し暑さで不快指数が上がり、自律神経の乱れや食欲不振、睡眠不足といった夏バテの症状が出るようになります。

原因5.水分不足・脱水症状

人間は激しいスポーツをしなくとも、汗や尿などで2リットル以上の水分を消費しています。
同量の水分補給をするのが好ましいのですが、そうでない場合は身体の水分が足りなくなってしまい、汗をかきにくくなる、血行不良を起こす、熱中症になるなど様々な症状を引き起こします。

夏バテを防止するには?

2017y04m12d_101049772

引用:©blog.freepeople.com

夏の高い気温を変えることはできません。
そういった中で夏バテを防止するには、「規則正しい生活」「自律神経を整える」「バランスの良い食事」「水分補給」といった事柄がかなり大事になってきます。

生活リズム・自律神経の乱れを改善する

  • 早寝早起き
  • 質の良い睡眠
  • 入浴はシャワーで終わらず、湯船に浸かる方が疲れが取れやすい
  • クーラーの効いた室内では、カーディガンなどを使用して身体を冷やさないようにする
  • 適度な運動やストレッチ、リンパマッサージなどを行い、血行不良にならないようにする。

食生活

  • 冷たいものばかり食べないようにする
  • 1日3食、きちんと食べる
  • 偏食をしない
  • 特に夏バテ予防として摂り入れたい食材は、汗で流れ出てしまうビタミン(緑黄色野菜、旬の野菜や果物)やミネラル(海藻、きのこ、牛乳など)です。

水分補給

一気にたくさんの水分を補給するのではなく、小まめな水分補給を心掛けましょう。
汗をかいた時にはスポーツドリンクや経口補水液がおすすめですが、クーラーが効いた室内では熱いお茶もおすすめですよ。また、小まめな水分補給をしていてもアルコールの過剰摂取により利尿作用が働き、水分が足りなくなってしまうことも。
アルコールを摂取したら、その倍以上の水分補給をするように心掛けてくださいね。

夏バテに効果的な食材は?

2017y04m12d_101240431

引用:©blog.freepeople.com

気を付けていたのに夏バテになってしまった…そんな時は自分を責めずに、早く夏バテを改善させることに意識を向けましょう。
夏バテに効果的な食材は、ビタミンB群とミネラル、クエン酸です。

ビタミンB群

糖分や脂質などの栄養素からエネルギーを生み出し、身体に活力を与えます。
主にうなぎ、豚肉、かつお、まぐろ、卵、レバー、ブロッコリー、納豆、枝豆、バナナ、桃など。
炭水化物と同時に摂取することで、より栄養素を吸収しやすくなりますよ。

ミネラル

夏野菜(トマト、ゴーヤ、ピーマン、オクラ、モロヘイヤ、きゅうり、スイカ、メロンなど)、海藻、きのこ、牛乳など。オクラやモロヘイヤのネバネバは消化不良を起こした胃腸の手助けをしてくれます。

クエン酸

乳酸(疲労の原因となっているもの)を排出してくれます。
主に酢、梅干し、レモン、グレープフルーツ、キウイなど。
大量に食べても身体にストックすることができませんので、毎日の食事に摂り入れるようにしてください。

春からの生活に気を付けよう

新生活の始まりである春は、生活のリズムや職場の環境も変わり、心身共に疲労しがちですよね。
やっと慣れてきた頃には、もう初夏が始まっています。

疲れが溜まったままだと夏バテになってしまう可能性がありますよ。
何かと忙しい日々になりますが、春から「規則正しい生活」「バランスの取れた食事」「質の良い睡眠」を心掛けて夏バテを予防してくださいね。

まとめ

2017y04m12d_101155986

引用:©blog.freepeople.com

夏は元気に過ごさなきゃ、もったいないですよね。
規則正しい生活リズムで過ごす、バランスの摂れた食生活をする、小まめな水分補給を意識し、夏を元気に楽しく過ごしてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頭皮に影響を与えてしまうシャンプーに含まれる●●成分を知っておかないと大変なことに…?

シャンプーに入っているシリコン・ノンシリコンはさほど重要じゃない?!実はシャンプーなどのケアアイテムで多用されているあの成分が肌に影響を及ぼしていたんです!

シャンプー選びを「シリコン」の有無で決めるのはNG!!

p.y.o.t.e
@Instagram

シャンプー選びをシリコン、ノンシリコンで選んだりしていませんか?
一時期シリコンは頭皮に悪影響を及ぼすという情報が流れ、一気に話題となったのがノンシリコンシャンプーでしたよね。

でも実はシリコンがダメ、ノンシリコンが良いなんてそんな極端なものではないのは知っていましたか?

頭皮に影響を与えてしまうシャンプーに含まれる●●成分を知っておかないと大変なことに…?

続きを読む