ダイエット成功者が語る!痩せるための3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
461view

2018/09/14 更新 公開

体質別ダイエット方法を考える

ダイエットをしたいと思った時まず考えて欲しいのが「自分はどんな体質なのか」です。
流行っているからと飛びついたのでは、自分に合っていない事もありますよね。
体質を無視して他の人が効果があったからと飛びついたのでは、確実なダイエット方法とは言えないんです。
絶対に痩せたい人は、まず自分の普段の生活とどうして痩せにくいのかしっかり理解しましょう。
普段の自分の生活を思い出しながら読んでみてくださいね。

とにかく食べるのが好きな人

世の中には食べても太らないという羨ましい人もいます。
でも、普通の人なら食べたらそれだけカロリーを摂取しているので太ってしまいます。

そんな人におすすめなのが、今流行りの「糖質制限ダイエット」です。
食べる量を減らさずに、食べる物を選ぶ事でダイエットをしようという方法です。
具体的には、お米やパンなどの炭水化物を減らす、または全く摂取しないようにします。
最初は一日あたり50gを目安に炭水化物を取るようにすると良いでしょう。
慣れてきたら20gくらいまで減らすとどんどん痩せていくので面白くなってきますよ。
でも、減らすといっても食事を抜いてしまっては体によくないですよね。
糖質ダイエットが続かない人の多くが無理をしすぎて体を壊してしまう事なんです。
一日3食しっかり食べる。炭水化物を減らす。
基本のポイントはこの2つです。おすすめ食材はふすまパンです。

あまり食べないけれど太ってしまう

食は細いのだけれど、痩せないという人がいますね。
そんな人は運動不足になっていませんか?
摂取したカロリーが消費されるには、基礎代謝が大切です。
基礎代謝が高い人は、いくら食べても太らないという体質になります。
基礎代謝を上げるには、まず筋肉が必要なんです。
食べないのに痩せないという人は、基礎代謝不足を疑ってみるのが一番です。
一番おすすめなのはジムに通う事です。
なぜなら、ジムに入会すると、まずその人の体重と筋肉量を調べてくれるんです。
体重は自分で測れるけれどなかなか筋肉量って意識した事ないですよね。
ジムには通えないな~という人は、一日のはじめ、出来れば朝に少しだけでも散歩からはじめると良いでしょう。
一日のはじめに有酸素運動をすると、その日一日の基礎代謝量がアップします。
食べないのに痩せない人には、朝の運動がおすすめです。
ちょっと早起きして、一駅分歩いてみるのも良いですね♪

下半身など部分的に太ってる

 

日本人に多いのが、このタイプの太ってるという悩みなんだそうです。
特に下半身が太っていると感じる人は、下半身のリンパの流れが悪いのかも知れません。
一日中座りっぱなしという生活をしていませんか?
夕方になるとむくんだなと感じる事が多いんじゃないでしょうか?
そんなタイプの人におすすめなのが、股関節ストレッチなんです。
人の体のなかには、太いリンパ節がある部分がいくつかあります。
そのひとつの太いリンパ節が股関節あたりにあるんです。
座っている状態で長くいると、リンパの流れを邪魔してしまうんです。
デスクワークなどでどうしても座りっぱなしが仕方ないという人もいるでしょう。
そんな人は、トイレに立った時のつま先立ちと普通の立ち方を繰り返すストレッチはいかがでしょうか。
ふくらはぎの運動はリンパの流れを良くしてくれます。
ふくらはぎの筋肉を伸ばしたり縮めたりする事で、流れがよくなりますよ。
また、家に帰ったらお行儀はちょっと悪いけれど、あぐらで股関節ストレッチが簡単でおすすめです。
やり方は、あぐらをかいた状態で膝を手をあて、床に付くように軽く押すだけです。
テレビを見ながら気楽にやりましょう♡
股関節が硬い人は、痛いと思うので無理をせず、最初は軽く、続ける事が大事ですよ♪

これが究極のダイエット方法!?

自分の事になってしまいますが、ジムに通いながら糖質摂取を気をつけ、痩せるサプリを飲むという方法で1年で30キロのダイエットに成功しました。
ジムは理由があってやめてしまったのですが、筋肉がついた事でその後も基礎代謝は落ちませんでしたよ。
普通の食生活をして、時にはバイキングで食べ放題も楽しみつつという生活に戻っても、その後も順調に体重が落ちていき、その後2年で緩やかに痩せ続け、結局最終的には3年で40キロ痩せました。
この体験から、基礎代謝って大切なんだなと実感しました。

自分の場合は、元々とても太っていたというのもありますが、痩せやすい、痩せにくいは、自分に合ったダイエットが大事だと思います。
痩せたいと思ったらまずは体質改善からはじめて見るのが良いと思います。
痩せたくて色々やっているけれど痩せられないと悩んでいる人は、自分の体質を理解して何が太る原因になっているのかを突き止めるのが近道です。
着たかった服を着たいとか、痩せたねって言われたいとか、モテたいとか…色々目標はあると思います。
自分に合ったダイエット方法を理解して、改善していく事で、目標のあこがれのボディを手に入れちゃいましょう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

こんな記事も人気です

人気の記事

注目のエントリー

ピックアップ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリー一覧