2017/04/27 更新 公開

今度こそ成功させたい!失敗しない「体質改善」ダイエット

「美しいプロポーションを作りたい」これは世の女性の誰もが思う願望ではないでしょうか?食べ物を抜いてみたり、逆に食べることで痩せるという食品に手を出してみたり。あるいは健康器具で部分痩せを目指したなんてこともあるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
233view

今ひとつ効果を実感できなかったあなた。もしかしたらそもそも体の準備が整っていないのかもしれません。体の準備を整えてからダイエットに臨むことで、効果が格段にアップするはず。

ここでは、いろいろなダイエットに失敗し、それでもやっぱり痩せることに望みを捨てられない、そんな女子へ“痩せやすい体づくり”をご紹介します。ぜひトライしてみてください。

1:そもそも体が冷えてないですか?

太っているから暑い、太っているから体は温かいでしょ?っていうのは間違いです。使われなかったエネルギーが体にため込まれて余分な皮下脂肪がついていくのですが、そういう人はえてして運動不足。自分の力で体を温める力がとても弱いのです。

体を温めるのに時間がかかるということはどういうことでしょうか?

体が冷えていると、まず細胞の活動速度が低下しますから、そのような状態でいざ動き出しても、無駄なく働いてくれる細胞はわずか。さあこれからが本番だぞ!というところまで到達できないまま、終わってしまうのです。疲れだけが残って、妙にやり切った感。でも結果がそれほど伴っていない…

たいていのダイエットのための運動時間の目安として、有酸素運動30分以上というのが目安としてありますが、体が冷えていると温まるまでに時間がかかってしまい、30分ジョギングをがんばったのにその成果がなかなか得られない…ということになりかねないのです。

さらに、冷えは脂肪自体を硬くさせますから、塊となった脂肪はよりいっそう燃えにくくなっている可能性もありますよ。

2:そもそも余分な脂肪を燃やすだけの筋肉が足りていないのでは?

運動習慣がないということは、それだけ筋肉量が少ないということ。逆に走ることはがんばってるのに筋トレはしないなんていう女性もいらっしゃいますね。「筋肉は脂肪より重いし、つけすぎちゃったらだめなんじゃ…」といううわさが流れたときもありましたが、脂肪を燃えやすくするためにこそ、筋肉は大切なんです。走るだけじゃ意外と筋肉ってつかないんですよ。

筋肉が活動して一生懸命ため込まれたエネルギーを使うから体が熱くなり、汗をかき、余計な老廃物も流してくれる。体は動きやすくなり、運動すればすぐにトップギアの状態まで持ってこれて、すぐ燃焼に入れる。ここでようやく有酸素運動本来の効果がばっちり見えてきます。

そもそも、筋肉は重いし見た目もごつくなるからつけすぎないほうがいいんだ、なんていうのは、ちょっと筋肉に対する偏見です。女性はそもそも筋肉はつきづらく、脂肪はつきやすいようにできているもの。体質改善に必要な筋肉量というのはそんなに多いわけではないですから、安心してください。

3:おすすめ体質改善!

「体を冷やさない・温める」というのは、実は女性は常に言われてきたことですよね。ダイエットのために適した体質となることを目指すなら、まず3つのことを始めましょう

食べ物を変えてみる

もちろんダイエットには食事制限したり、余計な糖分を避けたりすることが必要です。しかしここで触れている体質改善の観点で食べ物に注意するとすれば、きっちりタンパク質を摂ることをおすすめします。豆腐、納豆、豆乳、卵、肉、魚類をしっかりと毎日食べること。これがしっかりとした体を作る土台です。

入浴を変えてみる

シャワーだけで済ませていませんか?汚れはとれても、全身隅々温まるほど行き届きません。まずは湯船につかるようにしてみましょう。そして、体を芯まで温めてください。

エクササイズ習慣を変えてみる

有酸素運動の前に、まずはお風呂上がりのストレッチから開始です。筋肉・脂肪を柔らかくして、働きやすい環境を整えましょう。

そして筋力トレーニングの始まりです。「なんだよ、結局腹筋背筋を鍛えるってことなの?」と思われた方、はいそうです(笑)。でも土台となる筋肉をつけるためのトレーニングというのは、走るよりずっと時間がかからないし、そんなに大きく動かなくていいからゴロゴロしながらでもできちゃうものなんですよ?

10回×2セットの腹式呼吸練習と、10回2~3セットのドローインやブリッジといったインナーマッスルトレーニングが土台作りの肝。かかる時間はほんの数分です。まずはここから、燃えやすいおなか回り・お尻周りを作っちゃいましょう!1か月じっくりと続けて、体にマスターさせること。それから30分以上の有酸素運動を加えると、効果の違いに驚くはず。

4:まとめ

何事にも準備が大切です。まずは脂肪の燃えやすい環境づくりから始めてみませんか?

・運動してるつもりで効果が出ない人は、余計な脂肪が燃えにくい体質になっている可能アリ!
・まずは「体が温まりやすくなること」を始めましょう。
・必要なのはタンパク質、柔らかな体、簡単な運動です。
・体質改善にはまず1か月の継続が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頭皮に影響を与えてしまうシャンプーに含まれる●●成分を知っておかないと大変なことに…?

シャンプーに入っているシリコン・ノンシリコンはさほど重要じゃない?!実はシャンプーなどのケアアイテムで多用されているあの成分が肌に影響を及ぼしていたんです!

シャンプー選びを「シリコン」の有無で決めるのはNG!!

p.y.o.t.e
@Instagram

シャンプー選びをシリコン、ノンシリコンで選んだりしていませんか?
一時期シリコンは頭皮に悪影響を及ぼすという情報が流れ、一気に話題となったのがノンシリコンシャンプーでしたよね。

でも実はシリコンがダメ、ノンシリコンが良いなんてそんな極端なものではないのは知っていましたか?

頭皮に影響を与えてしまうシャンプーに含まれる●●成分を知っておかないと大変なことに…?

続きを読む