コーディネート

公開

ノーカラージャケットを使っておしゃれにオフィスコーデからお出かけコーデまで

関連キーワード

パンツを合わせて、ノーカラージャケットを今風オフィスコーデに

2017y03m30d_181617065

出典:©zozo.jp

ノーカラージャケットでトレンド感のあるオフィスコーデを目指すなら、断然パンツスタイルがオススメです。
セットアップスカートも素敵ですが、セレモニーをイメージさせてしまう為、職場での普段使いには難しいかも。

ワイドパンツなら足が長くみえ、オフィスに必要なきちんと感も申し分ありません。
セットアップでなくても、色味を揃えているのでオシャレな印象になっています。

2017y03m30d_181633077

出典:©zozo.jp

ネイビーのノーカラージャケットは、とろみのあるトップスと組み合わせて女性らしく仕上げましょう。

テロンとしたブラウスなら、オフィスコーデにも相性抜群です。
ほんの少しだけ主張するイヤリングで、さりげないアクセントを加えて。

2017y03m30d_181650456

出典:©zozo.jp

ツイード風のノーカラージャケットですが、実はこちらはカットソー素材。
1日着ていても疲れにくいと言われています。
ジャケットなのできちんと見えつつ、着心地も抜群だなんて一石二鳥です。

ゆったりしたワイドパンツを合わせて締め付けから解放されたら、デスクワークも快適そうです◎

2017y03m30d_181709441

出典:©wear.jp

ブラックのノーカラージャケットとワイドパンツの組み合わせは、仕事に気合を入れる日に着たいコーデ。

服がシンプルな分、バッグやイヤリングなどの小物で自分らしくアレンジして。

2017y03m30d_181736526

出典:©zozo.jp

パイピングが施されたグレーのノーカラージャケットに、同系色のテーパードパンツで色味を合わせて着こなし。
ワイドパンツのコーデに飽きてしまった時はこんなコーデも良いですね♪

足首の出るアンクル丈なら季節感もバッチリ。
ヒールのパンプスを履いてスタイルアップさせるのも忘れずに!

休日のカジュアルコーデにもノーカラージャケットがオススメ

2017y03m30d_181750930

出典:©zozo.jp

ノーカラージャケットはカジュアルコーデに使い回すこともできます。
お気に入りがあるなら、休日もフル活用しましょう!

こちらはネイビーのノーカラージャケットを、デニムと合わせて着こなしています。
海外のファッションスナップのような、スタイリッシュなハンサムコーデですね。

2017y03m30d_181812435

出典:©zozo.jp

同じデニム合わせでも、ノーカラージャケットがツイード風デザインなら優しげな雰囲気。
足元にはベージュやブラックのポインテッドバレエシューズを合わせると今風に仕上がります。

腰にチラリと見えるレッドが効いていますよね。
こちらはスカーフをベルトに使ったアレンジです。
コーデの差し色をしたい時役に立ちそうなテクニック、是非覚えておきましょう。

2017y03m30d_181829830

出典:©zozo.jp

これから旬なマリンコーデのアウターにも、ノーカラージャケットはピッタリ。
コンパクトな丈感のデザインを選んで、ワイドパンツの着こなしをスタイル良く見せて。

ノーカラージャケットはメンズライクな小物と相性抜群。
パナマハットも浮かずにコーデに馴染んでいます。

2017y03m30d_181849264

出典:©wear.jp

ストライプのワンドパンツとホワイトのオフショルダートップスのコーデに、ネイビーのノーカラージャケットを肩掛け。
カジュアルなアウターを肩に掛けるのも良いですが、ノーカラージャケットを羽織ると大人っぽくまとまりますね。

きちんとしたムードのジャケットを脱いだら、オフショルダートップスがお目見え。
ギャップでオシャレ感を演出できそうです。

2017y03m30d_181908428

出典:©zozo.jp

ツイード風のノーカラージャケットのインナーに悩んでいませんか?
いつもホワイトを選んでしまうという人は、トレンドの淡い色味を選んでみてはいかがでしょうか。

こちらは薄いイエローで、優しげな雰囲気を醸し出しています。
顔周りも明るくなり、女性らしい印象もアップ!
ツイード自体に存在感があるので、柄のないタイプのトップスがオススメです◎

スカートを合わせてフェミニン仕上げなお出掛けルックを♡

2017y03m30d_181931526

出典:©zozo.jp

一昔前は、ノーカラージャケットはセットアップのスカートを合わせるのが定番でした。
着用する場面にしても、セレモニーなどを連想する人も多いのではないでしょうか。

でも、今は違います。「こなれ感」や「自分らしさ」を意識して着こなすのが人気なんです。
ちょっとしたパーティーに参加するスタイルなら、ふんわりしたキレイ色のスカートでコーデ。
セットアップよりも若々しく、トレンド感のある着こなしの完成です。

2017y03m30d_181945504

出典:©zozo.jp

女子会でホテルランチ、なんてシーンも大人女子ならあり得るシチュエーション。
そんな時もノーカラージャケット×カラースカートでササッとスタイリングしましょう。

インパクトのあるスカートを主役にするスタイルは、他のアイテムの色味を控えめにして攻略。
ホワイト、グレー、ベージュ、ブラックなどの馴染みカラーでコーデして。

2017y03m30d_182003757

出典:©zozo.jp

水彩画のような繊細ながらスカートは、大人の女性らしさたっぷり。
デニムジャケットの気分ではないなら、ノーカラージャケットで着回してみましょう。

ジャケットの丈感が長めなら、サッシュベルトをプラスして思い切り旬なコーデに振るのもアリ!
袖もベルトと同じ位の位置までまくって、腰の位置を高く見せて。

2017y03m30d_182020487

出典:©zozo.jp

暖かくなって来て、ライダースジャケットを合わせるのに違和感が出て来たらノーカラージャケットの出番。
カラーレースタイトスカートとノーカラージャケットで、大人っぽいきれいめコーデはいかがですか?
ホワイト、ベージュ、イエローと明るい色で統一して春らしい雰囲気もバッチリ。

2017y03m30d_182039086

出典:©wear.jp

ビンテージ風な細かいフラワープリントのワンピースに、ライトベージュのノーカラージャケットをプラス。
足元はあえてスニーカーをチョイスして、カジュアル寄りの着こなしに。

今回のコーデの中でも、スニーカーを使っているのはこちらだけ。
シンプルなホワイトのシューズだからこそ馴染む、オシャレな着こなしです。

ノーカラージャケットで大人のきれいめ要素をひとさじ♡

この春注目のノーカラージャケットを使ったコーディネートを見て来ましたが、いかがでしたか?
これから暖かくなると重宝する薄手のアウター。
ノーカラージャケットも戦力の一つとして、着こなしの幅を広げてくださいね。

コーディネートに関連する記事

こんな記事も人気です

あなたにおすすめ記事

人気記事ランキング 11/15

11/15 07:34更新
総合ランキング
コスメランキング

編集部のおすすめ

新着記事一覧

関連するキーワード

キーワードから記事を探す