おすすめお花見コーデ◎薄着はまだ早い!?風邪を引きやすいお花見には寒さ対策を!

春の一大イベントといったら「お花見」。心待ちにしている方も多いことでしょう。でも実は、お花見後には体調を崩す人が多いことが明らかになりました!日中は日差しが暖かな春といっても冷え込みが強く、風邪を引いてしまうことが多いようです。そこで今回はお花見におすすめのスタイリングをご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
494view

2017/06/23 更新 公開

お花見で風邪を引く人が多い!?

2017y03m15d_171625078

これからやってくるお花見の季節。
もう既に待ち望んでいる方も多いことでしょう。
綺麗な桜の下で楽しく飲食をしたり、桜並木を散歩するひとときは幸せに感じますよね。

そんなお花見ですが、実は楽しんだ後日に体調を崩す人が多いんだとか。
ぽかぽか陽気の春だからといって、薄着をすることが原因の一つのようです。

そこで今回は、お花見後の体調についてのアンケート結果に基づいて寒さ対策の方法と、防寒におすすめのコーデをご紹介します!
お花見コーデを先取りして、楽しい思い出になるように寒さ対策を行いましょう。
ぜひ参考にしてみてください◎

桜を満喫するにはファッションから♡おすすめお花見コーデ10選

お花見後の体調に関するアンケート結果はこちら

2017y03m15d_170807224

アンファー株式会社とエイジングケア総合情報サイト「アンファーからだエイジング」は、お花見での体調変化を調べるために30代までの男女約900人にアンケートを実施しました。

その中では、お花見において

  • 体調を崩したことがある(30.9%)
  • 風邪を引いた、風邪気味になった(22.2%)

との結果が出たようです。

さらに、原因としては

  • 「薄着だった」(66.5%)
  • 「お酒を飲んで体が冷えてしまった」(49.5%)
  • 「体が冷えてしまった。少し風邪気味だった」(41.0%)

と、お花見は風邪を引いてしまうような環境下であったようです。

寒さを気にせずお花見を楽しむには

お花見では日中の春の日差しに温もりを感じて開放的になり、薄着になりがち。
それによって体調を崩しやすくなります。
それではどのように対策を取ると良いのでしょうか。

1.余分に着込む

2017y03m15d_172305117

出典:©wear.jp

なんといっても防寒対策が重要になってきます。
春は気温の変化が激しいため、厚手のコートを持ち寄るのも良いでしょう。
冷え性が多い女性は特に、できる限り体を冷やさないように注意してください。

2.ビニールシートの上にアルミのマットを敷く

2017y03m15d_172641137

出典:©www.instagram.com

ブルーシートに直接座ってお花見を楽しむスタイルが基本。
でも暖かい季節といってもまだ地面は冷たく、体はあっという間に冷えてしまいます。
体温を下げないよう、熱をこもらせる効果のあるマットや発砲スチロールを一枚敷くだけでもだいぶん変わります。

3.暖かい飲み物を準備する

2017y03m15d_172458788

冷やしたお酒を飲むのも良いですが、量はほどほどに。
体の底から冷える原因になります。
暖かい飲み物やおつまみも適度に摂って冷えを防ぎましょう。

おすすめお花見コーデ

ここでは5つ、防寒におすすめのコーデをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください!

1.厚手のコートを片手にお出かけ

2017y03m15d_173904583

出典:©wear.jp

日中暖かい日であれば、さっと羽織れるようにコートを片手にお出かけしましょう。
袖を通さずに肩からかけておくのもお洒落で◎
こなれた印象を与えることが出来ます。

2.ストールで首元を冷やさない

2017y03m15d_173709846

出典:©wear.jp

首周りは寒さを最も感じやすい箇所の一つ。
首元を暖かくするだけで、冷えや体の不調を改善することができます。
例えば大判ストールだと、首に巻くことができるだけではなく肩からかけることも出来るので、防寒対策にもぴったり。
寒い時間帯には大活躍すること間違いありません。

3.足元はとことん暖かく

2017y03m15d_173424834

出典:©wear.jp

足元の冷え性は女性に多い症状。
素足を出すと、それだけで体が冷えてしまいます。
ロールアップしたデニムパンツを履く際には、素肌を隠すように靴下を合わせましょう。
スカートを履く時にはタイツやレッグウォーマーを。

4.重ね着で防寒対策

2017y03m15d_173742753

出典:©wear.jp

夜桜を見に出かける際には、特に着込む必要があります。
朝晩の気温差は大きく、夜は冷え込みが激しいんです。
サイズ感の異なるアウターを2枚羽織るのもアリです。
インナーとして、ヒートテックを2枚重ねするのも効果的ですよ。

ヒートテックって本当に重ね着したら暖かいの!?2枚重ねで○○すると更に暖かさがアップ!!

5.帽子で冷えを撃退

2017y03m15d_173309620

出典:©wear.jp

洋服を沢山着込むものの、忘れられがちなのが頭部の冷え。
頭は意外と熱が奪われやすい部分なんです。
頭部を冷やすと血流が悪くなり、コリの原因にも繋がります。
頭や耳元も暖かい状態を保ちましょう。
ニット帽やベレー帽、キャスケットは被るだけでスタイリングをお洒落に見せることができるため、旬のコーデにもオススメですよ。

ベレー帽vsキャスケットvsニット帽。おしゃれ女子はどの帽子を被るのか徹底調査♡

まとめ

いかがでしたか?
今回はお花見の防寒対策におすすめのスタイリングをご紹介しました。
朝晩の気温差が激しい春なので、防寒対策は必須となります。
お花見を楽しい思い出にするためにも、体調をしっかり管理しましょう。
ぜひ参考にしてみてください◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

こんな記事も人気です

人気の記事

注目のエントリー

ピックアップ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリー一覧