30代女性におすすめの自己啓発書BEST4◎読書タイムを活用して自分磨きを

読書はお好きですか?様々な知識を得ることが出来るだけではなく、生き方を学ぶことが出来る「本」。今後の人生に大きな影響を与えるようなものだってあるかもしれません。そこで今回は、大人女子におすすめの自己啓発本を4冊後紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1295view

2017/12/16 更新 公開

読書で自分自身を見直そう

2017y03m10d_105528562

悩みのない人はきっといないのではないでしょうか。
誰しも悩み、解決を望みながら日々過ごしています。

仕事にも慣れて充実してきた30代女性や、育児が一通り落ち着いて時間ができた30代女性や、そろそろ結婚や出産を視野に入れないといけないのかな…と思っている30代女性。
立場や状況は違っても、時間や経済面で少し余裕が出てきた30代は、自分を見つめ直す絶好の時期だとも言えます。

そこで、空いた時間を活かして“自己啓発書”を読んでみるのはいかがですか?
今まで気づかなかったことにフと気付けることがあるかもしれませんよ。
特に30代女性にオススメの作品を4冊紹介します。

最も悩む対人関係を解決できる「嫌われる勇気」

2017y03m10d_105624757

出典:©www.amazon.co.jp

『嫌われる勇気➖自己啓発の源流「アドラー」の教え』 著:岸見一郎

一番頭を悩ますと言ってもいい“対人関係”の悩み。
その悩みを解決してくれる哲学書です。

フロイト、ユングと並ぶ世界的心理学界の三大巨匠の1人である“アドラー”の哲学を、日本人ライターが分かりやすくまとめた1冊。
まだまだ日本では知名度の低い“アドラー”の思想は、トラウマというものを否定し、人間の主たる悩みである対人関係を改善していけば全ての悩みは解決されるというもの。
これこそ、現代の日本社会にピッタリの内容だと言えるのではないでしょうか。

仕事場でなかなかうまく人間関係を築けない…
夫婦なのに、なかなかうまく自分を出せない…
もしかして全て自分の過去が関係しているのではないか…

という様々な悩みを解決するために、心理学を土台に具体的な対策を示してくれます。
自分を変えたいと思ったら手にとってみてください。

自身の体験を交えた「堂々と逃げる技術」

4155xcj3pol

出典:©www.amazon.co.jp

堂々と逃げる技術』 著:中島輝

タイトルからしてとても興味をひかれる1冊。
25際から35歳まで10年間のひきこもりを自らが経験して克服、その後人気カウンセラーとなった著者が、自身の体験と1万人を超えるカウンセリング実績をまとめた内容です。

著者自身が子供の頃から壮絶な体験をしているため、その内容は実に深い。

頑張らないといけない。
皆はうまくやっているのだから私にも出来るはず。

そういう風に世間や周りに合わせすぎていた自分から、思い切って“逃げる”ということを教えてくれる内容です。
どれだけ強いと思っている人でも、逃げ道を用意するのはとても大切なことです。
著者自身の体験だけでなく、膨大なカウンセリング結果から生み出された言葉だからこそ、とても重みのある一言一言にハッとさせられるはずです。

不安に捕らわれて動けない、恐怖を感じて動けない、自分に自信がないから動けないという人が、第一歩を踏み出す勇気を持つためにぜひ読んでいただきたい1冊です。

幸せが見つかる「2800人を看取った医師が教える人生の意味が見つかるノート」

51fsvc4rv-l-_sx357_bo1204203200_

出典:©www.amazon.co.jp

2800人を看取った医師が教える人生の意味が見つかるノート』 著:小澤竹俊

ベストセラーとなった前作「今日が人生最後の日だと思って生きなさい」に続く待望の第2弾です。
実際に医師として2800人を看取ったからこそ見えてきた、幸せになるための方法。
その方法を見つけるチャンスを与えくれる内容です。

簡単な質問が書かれているので、それに対し自分が考え答えていくという面白いスタイルで、セルフセラピーができるようになっています。
投げかけられた内容に基づき、今の自分はどうかを考えて答えを出して、そしてそれを行動に移すということで悩みが解決されていきます。

様々な状況にいた患者たちから教えられる「生きる意味」を、ぜひ見つけ出してください。

深い言葉で引きこまれる「自分の中に毒を持て」

2017y03m10d_105822413

出典:©www.amazon.co.jp

自分の中に毒を持て』 著:岡本太郎

「芸術は爆発だ!」の言葉で有名なアーティスト・岡本太郎著作の1冊。
個性的な作品を世に送り出し、その作品そのもののような人間性を持った著者が、深い言葉を次々とぶつけてくれます。

成功しようなんて思うな。
才能なんて必要ない。
自信なんて持つな。
プライドを持て。

そして、

やるからには中途半端はだめだ。

というような、強くも深い言葉が次々と出てきます。
あの力強く堂々とした作品達が、どのような経験をしてどのような感情を持っていた中で生まれたのかが分かる内容です。

今の自分を変えたい人、迷いが生じて動けなくなってしまった人、勇気が欲しい人に読んで欲しい1冊。
自分に喝を入れたい時に繰り返し読んでほしい必需品です。

最後に…

誰もが頑張りすぎて疲れて目標を見失っている現代、このような自己啓発書をサプリのような感覚で持っていることは必要かもしれません。
立ち止まって前に進めなくなった時、悩みにとらわれてうまく生きていけなくなった時、考え込んでしまう前に読んでみましょう。
今まで自分が悩んでいたことすらバカバカしく思えてしまうかもしれません。

あまり深く考えず、とても気軽な感覚で読んでもらえれば嬉しいですね。少し時間が空いたから暇つぶしがてらに、一日を始める前に一小節だけ読んで活力を…どんな理由でもいいのです。
貴女のお供になれる素敵な1冊に出合えますように。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

こんな記事も人気です

人気の記事

注目のエントリー

ピックアップ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリー一覧