肌を見れば食生活が分かる!美肌のための食事療法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
529view

公開

内側から働きかけるようなケアを

pexels-photo-175954

美肌のためには、内側からのケアをすることも大切です。
いくら高級な化粧品を使用しても、栄養バランスの悪い食事を続けていれば、肌はどんどん衰えていきます。

美肌を保つために、食事にも意識を向けてみましょう!

美肌の3大栄養素とは?

美肌に良いと言われる、3大栄養素があります。
ぜひ、意識して摂取するようにしましょう。

美肌3大栄養素は、「ビタミンA」「ビタミンC」「タンパク質」です。

ビタミンA

pexels-photo-196643-1

抗酸化作用があります。
抗酸化とは、肌老化の原因になる活性酸素を抑えてくれることです。

紫外線やストレスなどの影響で、肌には活性酸素が過剰に発生してしまいます。
すると、シミ、しわ、たるみなどの肌悩みにつながってしまいます。

このビタミンAは、抗酸化作用があるので、アンチエイジング効果が期待できます。
おすすめ食品は、人参、ほうれん草、春菊、にら、小松菜、かぼちゃ、青梗菜、うなぎ、鶏レバーなどです。
この栄養素は、摂りだめができるので、食べ過ぎても無駄になりません。
野菜などは、食べたいだけたくさん摂取しましょう!

ビタミンC

pexels-photo-81777

美白のイメージがある栄養素ですが、その通りで、メラニンの生成を抑制する作用があるので、シミの予防ができます。
その他にも、ビタミンAと同じく、抗酸化作用もあります。
また、コラーゲン生成や鉄分の吸収に必要な栄養素になります。

おすすめ食品は、ピーマン、ブロッコリー、パプリカ、ゴーヤ、いちご、キウイです。
この栄養素は、摂りすぎた分は、尿に混ざって排出されます。
1回の摂取量が多くても、無駄になってしまうので、注意しましょう。

タンパク質

pexels-photo-299347

肌のハリや弾力を保つコラーゲンに必須な栄養素です。
また、筋力を作る栄養素なので、新陳代謝を高める源になります。

おすすめ食品は、卵、牛乳、赤みの肉や魚です。

カロリーが気になる方は、低カロリーで高タンパク質の食材をご紹介します。
牛肉、鶏ささみ、しらす、いわし、あじ、かつお、まぐろ、たら、納豆、高野豆腐などがあります。

バランスの良い食事が美肌を制す!

pexels-photo-65131

ぜひ、上記に述べたような、美肌の3大栄養素を参考に食べ物を選んで下さい。

しかし、この3大栄養素のみを摂取したからといって、美肌になれるわけではありません。
バランスの良い食事をした上で、3大栄養素を意識して摂取することが大切です。
ダイエットも同じだと思いますが、1番はバランスの良い食事をすることが、成功できるのではないでしょうか。

20代の頃は、炭水化物抜きダイエットが流行り、実践する女性も多くいました。
成功しても、すぐにリバウンドするし、肌はボロボロになってしまった・・・という経験はありませんか?
今でもダイエットに励む女性が敬遠しがちな炭水化物は、美肌にとっても必要な栄養素です。

pexels-photo-179912

成人の1日分の食事目安をご紹介します。

  • 主食(ごはん、パン、麺):ごはん(中盛り)で4杯程度
  • 副菜(野菜、きのこ、いも、海藻料理):野菜料理5皿程度
  • 主菜(肉、魚、卵、大豆料理):肉・魚・卵・大豆料理から3皿程度
  • 乳製品:牛乳で1本程度
  • 果物:みかんで2個程度

摂取量の割合が大きい順に、記載しています。

乳製品と果物は同じ割合です。

主食である炭水化物だけを摂取するのではなく、同時に他の主菜や副菜も摂ることが良いということですね。

しかし、実践するのが難しいのが現実ですよね。
毎日忙しく働く女性は、付き合いで外食も多くなりがちです。

外食でおすすめは、和食の定食です。
無理はせずに、なるべく自炊ができる日を作って、週に1度以上はバランスの良い食事をしましょう!

美肌にNG食品は?

偏った食事になりがちでも、NG食品をなるべく摂らないように気をつけましょう!

カフェイン

coffee-cup-working-happy

コーヒーや紅茶などに含まれるカフェインは、美肌の3代栄養素であるビタミンCを破壊してしまいます。
せっかく摂取しても意味がなくなってしまうので、注意しましょう。

しかし、カフェインが含まれるコーヒーや紅茶は良いところもあるので、1日2杯程度を目安にして、摂りすぎに気をつけましょう!

体を冷やすもの

vegetables-tomatoes-delicious-frisch

冷たいものは、体を冷やし、血行不良になりやすくなります。
肌の新陳代謝が低下するので、肌トラブルにつながります。
冷たい飲み物や、生野菜の摂りすぎには注意しましょう。

体を冷やす野菜は、トマト、きゅうり、なすなどの夏が旬の野野菜です。
逆に体を温める野菜は、ねぎ、人参、れんこん、かぼちゃなどの冬が旬な野菜になります。
なので、体を温めるような野菜を積極的に食べましょう。

油っこいもの

popcorn-snack-salty-food

スナック菓子や、揚げ物は、肌に大敵です。
また、ファストフードなどの外食では、脂肪を摂りすぎてしまいます。
体には適度な油は必要ですが、摂りすぎると、肌の老化、酸化を招いてしまいます。

まとめ

いかがでしたか?
美肌のためには、バランスの良い食事を前提に3大栄養素を意識して摂りましょう。
また、美肌に良くない食べ物にも気をつけましょう。
ぜひ、今日から美肌のために自炊する日を増やし、内側からのケアも行いましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

こんな記事も人気です

注目のエントリー

ピックアップ

気になる美容成分

注目の美容成分を分かりやすく解説

関連するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリー一覧