安い引越し、高い引越し。その違いは?安くする方法ってあるの?

そろそろ新生活に向けて引越しが盛んになるシーズン。この時期は引越し業者が最も忙しくなる時期です。もちろんそそんな時期だと引越し費用も高くかかってしまいます。でもあまりコストをかけたくないものですよね。そこで今回は、安く引越しを済ませる方法をご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
260view

公開

低コストで引越ししたい!

house-car-vintage-old

引越しをする際にまず考えるのは、家具や家電用品、服飾品を始め様々な持ち物の移動をどうしよう?という点ですよね。
友人や家族に手伝ってもらい、自分でトラックをレンタルして引っ越しをするという人もいるでしょうが、引っ越し先が遠方だったり荷物がたくさんあれば、やはり頼れるのは引っ越し業者です。

巷にはいくつもの引っ越し業者があり、独自の料金設定やサービスを行っています。
できればなるべく安く済ませたいものですが、あまりに安いとサービス内容が心配になりますよね。
かといって高ければより良いサービスが受けられるというものでもなさそう・・・

ここでは、

  • なぜ見積もりに安い・高いの差が出るのか?
  • サービス内容による料金の差は?
  • 多少多めに払っても満足度の高い引っ越しとは?

といった点に関して調べてみました。

基本的な料金の差

pexels-photo-18

引越しにはトラックや人員が必要ですから、忙しい時期は当然ながら料金が高くなります。
1年のうち一番高額になるのは、やはり人の移動が多い3月4月の新年度に向けてのシーズン。
それから、9月12月も会社の人事異動が多いタイミングなので繁忙期に当たります。
月の中ではアパートやマンションを引き払うタイミングに合わせた月末が最も忙しく、次に週末です。
休日・祝日と平日だったら、平日の方が安くなります。

それから、荷物の量が多ければ、人員がそれだけ必要になりますので高くなります。
引越し先で必要ないと思われるもの、ここしばらく使っていないもの、要るか要らないか迷うものは、この際思い切って処分しましょう。
もったいないからといって使わないものを持ち続け、不要なものの運搬料を払うのは余計にもったいないです。

もちろん引越し先が遠ければ遠いほど元々の設定料金が高いので、見積もりは高くなります。
ここは節約できないところですので、時期や荷物量の調節、キャンペーンの利用などで安くしましょう。

具体的に見積もりを出してもらおう

hands-people-woman-working

見積もりを電話やメールでも受け付けてくれる業者さんがありますが、出来れば実際に家に来てもらい、見積もりを出してもらった方がいいです。

荷物は、段ボールでどのくらいあるかも情報として必要ですが、段ボールに入りきらない特殊な形のものや大きいものがどのくらいあるか、という点も重要です。
電話やメールだと目で見て確認できないので、高めに見積もることがあります。
出来れば実際に見てもらって、きっちりと見積もってもらう方がいいでしょう。

pexels-photo-24325

もしも日にちが合わず、電話やメールの見積もりしかできない場合は、どんなものを運んでもらうのか、いくつくらいあるのか、どのくらいの大きさなのかをきっちり数字に起こしておきましょう。

例えば、140Lの冷蔵庫が一台、50kgの洗濯機が一台、タンスが横○cm、縦○cm、奥行き○cmで・・・といった具合に、具体的な数字を読み上げるまたはメールに記載しておくと、業者さんも適した見積もりが出しやすくなります。
引っ越し先を決めるときに家具の大きさを測ることがあれば、その記録を残しておきましょう。

こういった細かなところに気を配れる人は、当日の荷物もちゃんと梱包してあるだろう、と考えてもらえますから、見積もりも少し安くなることがあるそうです。
自分の持ち物を具体的に把握することは、今後物を買ったり処分したりするときに役に立ちますから、これを機にしっかり測っておきましょう。

業者さんに「やりたい引っ越し」と思われるために

pexels-photo-265579

引越しは、人の力で成り立っている作業です。
運び出すのも人、運び込むのも人、荷物を載せたトラックを運転するのも人、見積もりを出すのも人です。
ですから、「やりたくないなあ」という引越しが、もちろん存在します。
その最たる例は、日取りや荷物の情報に関してあいまいな表現しかしない人の引越しです。

「来月中にしたい」とか「安い日でお願いします」といった希望日の出し方はNG。
具体的な日にちを何日か提示すると、業者さんの予定が立てやすく見積もりも出しやすいので好印象です。

それから上述しましたが、どんな荷物があるのかを具体的に伝えられないと、予定外のことがありそうな引越しだな・・・と敬遠されがちです。
「普通の大きさの冷蔵庫」とか、「よくある本棚」とか、想像しにくい表現は絶対にやめましょう。

pexels-photo-133919

また、部屋が片付いておらずゴチャゴチャしていると、荷づくりが下手そうだな・・・と思われかねません。
この引越しは嫌だなあ、と思われると、業者さんから「できません」と言うと角が立つので、お客さんの方から断ってもらうために高い見積もりを出されることがあります。

こんな調子でいくつもの業者さんに見積もりを出してもらっても、どこも平均より高くなってしまいますよね。
適切な見積もりを出してもらうためには、曖昧な表現を避け、具体性を持たせるようにしましょう。

サービス内容による料金の差

numbers-money-calculating-calculation

大手の引越し業者さんのプランには、学割がきくものや引越し日の設定を任せると割引になるプラン、作業開始時間を指定しない代わりに割引になるフリー便など、業者さんの都合に合わせることで割引になるプランがあります。
反対に、引越し当日まで忙しく、準備をしている暇がないという人には、梱包から荷ほどきまですべてを行ってくれるサービスもあります。

当然ながら、人の手や時間が多くかかればかかるほど料金は高くなりますから、なるべく安く済ませたいのなら運搬以外は自分で行うべきです。
ただし、仕事の都合上何月何日までに引越さなければならないけれど、荷造りしている暇がない、といった場合もありますし、そこはライフスタイルに合わせた無理のない引越しプランを選んだ方が良いでしょう。
頼んだはいいけど結局当日まで梱包が終わらなかった!となると最悪ですし、残業後に梱包作業で睡眠時間を削って、体調を崩してしまっては元も子もありません。

また、引越し業者さんによって、ファミリーの引越しに強い、単身の引越しに強い、二人暮らし程度の引越しに強い、といった得意分野があります。
得意分野をお願いすれば料金は安くなりますし、不得手な分野ですと高くなります。
業者さんを選ぶときのポイントの一つです。

引越し料金見積もりサイトをうまく使う

woman-typing-writing-windows

引越し料金を見比べる際には、インターネットの基本料金設定をまずは参考にするでしょうが、基本料金はどこも似たり寄ったりで実はあまり参考になりません。
あっちで出してこっちで出して・・・と、自分でまとめるのも大変です。
いくつもの引越し業者さんの見積もりを一気に出せる引越し見積もりサイトを使うと、驚くほど比較が簡単です。

それに、このサイトの最もいいところは、たまたま日程が空いていたり、ちょうどその近隣への引越し後だったりといった、業者さんにとっての「ちょうどいい」と自分にとっての「ちょうどいい」がマッチする、驚くほど料金が安くなるタイミングを発見できるというところです。

業者さんにとって、トラックや人員が遊んでしまうような時間はなるべく作りたくありませんから、その穴の時間にちょうどいい引越しが入ればぜひともその仕事が欲しいわけです。
ゼロでも仕方ないかという時間に舞い込む仕事ですから、獲得するために料金は通常よりもぐっと安くなります。
半額になる場合もありますよ。

pexels-photo-48727

この、双方にとってちょうどいいタイミングを見つけ出すには、たくさんの業者さんの見積もりが取れるサイトが最適なのです。
引越し料金を安く済ませるには、

①業者さんにきちんとした人だという印象を与えて見積もりを安く出してもらう
②引越し料金見積もりサイトを利用して安いタイミングをみつける

の2点が重要です。

まとめ

いかがでしたか?
何でもそうですが、予定外のことが起きると作業がスムーズに進みません。
離れた場所にトラックを留めなければならなかったり窓から家具を搬入しなければならなかったりすると別料金がかかりますから、思いがけない上乗せ料金が発生しないためにも、日程、荷物の量は当然ながら、搬入経路の確認など、きちんと自分で把握して業者さんに正しく伝えておくことが大切です。
計画をしっかり立てるところが、引越しを安く済ませるポイントですよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

こんな記事も人気です

人気の記事

注目のエントリー

ピックアップ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリー一覧