100均アイテムで安く&おしゃれに!技アリの収納とインテリア術とは

ダイソー、セリア、キャンドゥなどの100均。インテリアや収納にぴったりのアイテムが揃っていますよね。見栄えするようにDIYできるアイテムだって勢ぞろいしています。そこで今回は、プチプラの100均アイテムによる収納術をご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
435view

2018/01/29 更新 公開

100均グッズでオリジナルのインテリアを

2017y03m10d_103559756

人を家に呼びたくなっちゃうような、おしゃれで洗練されたインテリア、憧れますよね。

けれど一人暮らしの部屋というのは、収納場所が少ないものです。
見られたくないから収納したいものはたくさんあるのに、場所がない。
そうするとどうしても見える場所に置かなきゃならなくなって、生活感が出てしまいなんとなくあか抜けない印象・・・と、お悩みの方も多いはず。

ところが、100均のアイテムを上手に使えば、見せる収納、つまり収納と同時におしゃれなインテリアにしてしまうことができるのです!
高価なものイコールおしゃれではありません。
プチプライスの100均アイテムを工夫して、オリジナルの見せる収納を作っちゃいましょう。

藤カゴは万能選手!

ao.0723
@Instagram

100均には、いろいろな形とサイズの藤カゴがたくさん置いてあります。
楕円形のもの、丸いもの、四角いもの、取っ手がついているもの、布張りのもの・・・
藤カゴはキッチンにも洗面所にも、もちろんリビングにも使える万能選手なのです。

キッチン

2017y03m10d_103636516

作り付けの棚に食材や調理道具などを直接収納すると、取り出すのが大変ですよね。
そんな時、棚の大きさや収納するものの大きさに合わせた藤カゴにまず入れ、それからそのカゴを棚に入れるようにします。
お菓子作りの道具、使いかけの食材、割りばしやストローのストック等、種類別に入れておけば、必要な時にカゴごと出せばいいので、探すのも簡単。

また、その日の料理やお菓子作りに必要な道具がカゴの中にすべて揃っていれば、あちこちの扉や引き出しを開けずに済むので作業がスムーズです。
お友達とお家でゴハンを食べるときも、カトラリーがかわいいカゴの中に入ってスッと出せたら、手際も良くておしゃれで、女子力が高いって思われそうです!

それから、野菜の収納には藤カゴでもいいですが、ザルがおすすめ。
通気性がいいのでジャガイモやタマネギなど、常温野菜のストックに向いています。
ザルに英字新聞やきれいな柄のキッチンペーパーなどを一枚敷いてから野菜を載せると、さらにかわいさアップです。

また、常温野菜の収納でもう一つのおすすめは、ネットバッグを利用すること。
網目からカブやタマネギ、ニンジンがのぞいている様はとってもキュートで、キッチンに下がっているとそれだけでインテリアになります。
あまり重たくなると危険ですから、色違いでいくつかに分けて並べるとおしゃれです。

洗面所

2017y03m10d_103651740

作り付けの洗面台は、鏡の左右や鏡の内側に、収納スペースがありますよね。
化粧水や乳液のボトルなど、背の高いものを置く分には良いのですが、ヘアゴムや細かなコスメを置くのには向きません。
そこで活躍するのが、小さなカゴです。
細かなものを入れてカゴを積み重ねて収納すれば、空間が有効利用できますし、洗面台に落ちてしまうこともありません。

それから、洗面台の下の収納スペースです。
この空間を有効利用したくて、簡易棚を取り付けている人は多いと思います。
けれど、曲がった排水パイプが邪魔で取り付けが難しく、取り付けられても物が置きにくいんですよね。
そんな時にもカゴが大活躍。
排水パイプを取り囲むように、左右と手前3カ所に置けるサイズのカゴを探してきましょう。
鏡周りと鏡の内側の収納スペースと同様に、カゴを上に積み上げることで空間を無駄なく利用することが出来ます。

この時注意したいのが、下のカゴに入れる物を重たいもの、上のカゴには軽いものを入れるようにすること。
例えば下のカゴにはシャンプーやコンディショナーの詰め替え用のストック、上に載せるカゴにはガーゼや綿棒など、といったようにです。
重みや倒れたり落ちたりしたときに衝撃で壊れてしまうような物を入れるのも、もちろんNGです。

リビング

2017y03m10d_103714923

筆記用具やハサミ、のりなどの文房具、メモ帳、ハンコ、爪切りなど、ごちゃごちゃとした細かいものを置く必要があるリビング。
そんな時は、フタ付きのミニカゴが便利です。
コツはサイズ違いのカゴを3つ重ねること。
マトリョーシカみたいでかわいいのです。
お友達が来た時に、お菓子を布張りのカゴに入れて出すのも素敵ですよ。

藤カゴは、そこにあるだけでナチュラルなテイストを加えてくれますので、部屋に温かみを出したい場合におすすめです。

いろいろ使える瓶、びん、ビン!

2017y03m10d_103736997

カゴの次は、ビンです。
ビンもあちこちで便利に、おしゃれに使える収納グッズなんですよ。

なんでもない物でも、ビンに入れて収納するだけでかわいくみえるから不思議です。
使いたい時にすぐに出したい輪ゴム、クリップ、安全ピン、画びょうなどを小さなビンに入れて並べると、それだけでなんだかインテリアのようになります。

100均はマスキングテープの柄も豊富ですから、好きな柄で飾っても素敵ですね。
カラフルなキャンディーやラムネ、チョコレートを入れて置いておくのもおススメ。
リビングの棚にインテリアでかわいいぬいぐるみや置物を置きたいと思っても、なかなかそれだけにスペースを占領されるわけにはいきませんよね。

ビンのように、収納にもなりインテリアにもなるものは重宝します。
フタで印象がかなり違ってきますから、入れるものを工夫するといいですよ。
例えば、綿棒やコットンをシルバーのフタのビンに入れて収納すると、まるで医療用のようで清潔感がありますし、コルクのフタはアンティーク調、木製のフタならカントリー調になります。
お部屋の雰囲気に合わせて変えてみるのも楽しいですね。

2017y03m10d_103756358

それから、ビンが活躍するのはなんといってもキッチンです。
フタ付きのビンは、キャニスターと呼ばれることもあります。
もともとはコーヒーや紅茶を保存する筒状のフタ付き容器(ガラスや陶製など素材は様々)なのですが、今はいろいろな目的で使われます。

キャニスターのもともとの使用用途であるコーヒーや紅茶の保存はもちろん、砂糖や塩の保存にも使用されますし、大きなビンであれば、小麦粉やお米、パスタ類の保存にも使えます。
パッケージのまま管理すると、どうしてもゴチャゴチャした印象になってしまいますよね。
密閉性の高いビンに入れ替えれば、湿気を寄せ付けず見た目もスッキリ、棚にもきっちり納まって取り出しやすくなります。

2017y03m10d_103823281

密閉性の高いフタを持つビンは、乾物を保存するのにもピッタリです。
スタッキングできるフタであれば上に積み上げることが出来るので、場所をとりませんし、何より乾物でもかわいい。

ガラスビンは酸に強いので、ピクルスを漬けるのにも最適。
かわいいフタのビンに、ミニトマトやミニキュウリ、ラディッシュやニンジンといったカラフルな野菜でピクルスを作っておけば、冷蔵庫から出してそのままおつまみになります。
盛りつけの手間もかからず、そのまま出しておしゃれなのが何といっても嬉しいですよね。

女性の友達がお家に遊びに来たときは、お料理を手伝ってくれることが多いのでキッチンはけっこう見られるスペースなんですよね。
なのでキッチンがかわいく収納&インテリアされていると、ポイントが高いのです!

100均にはフタ付きのビン、またはキャニスターが、形やサイズ豊富にありますから、ぜひ使ってみてくださいね。

まとめ

100均で手に入る藤カゴとフタ付きビンを中心に、プチプラ収納術&インテリアのアイデアをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
どれもこれも、簡単にできそうなことばかりじゃないかなと思います。

他にも100均には工夫次第で収納に使えそうなものがたくさんありますので、まずはこれらのアイデアを足掛かりに自分の部屋の雰囲気に合ったものを試してみてください。

100均アイテムを上手に使うポイントは、そのアイテムの使用用途にとらわれないこと。
例えば、ネットバッグだってそもそもはエコバッグのように使うアイテムであって野菜を保存するものではないですし、「ジャム瓶」と書いて売られていても、コットンを入れたり安全ピンを入れたりしたっていいわけです。

それから、マスキングテープやシールといったクラフト用品や、毛糸やチロリアンテープなどの手芸用品も100均は豊富です。
アクリル絵の具なんかもあります。

藤カゴやビン、木製の箱などにそれらで飾り付けをしたり、色を塗ったりすることで、オリジナルの収納グッズやインテリアが手軽に作れるのも100均の魅力。
自分なりのアイデアで、安くておしゃれな見せる収納を楽しんじゃいましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

こんな記事も人気です

人気の記事

注目のエントリー

ピックアップ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリー一覧