一人暮らしに絶対に必要なものとは?これさえあれば暮らせる12のモノ

新生活が始まるこの時期。一人暮らしを始める方も多いのではないでしょうか。一人暮らし初心者だと何を揃えるべきなのか分かりませんよね。そこで今回は新生活を始める際に最低限必要なものを12個ご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
348view

2017/12/16 更新 公開

生活するのに最低限必要なものって?

pexels-photo-6

人が暮らしていくには服や食料の他に、電化製品、家具、寝具、掃除道具・・・など、大きなものから小さなものまでたくさんの「モノ」が必要になります。
実家にあるものをお手本にしてものを揃えていく人も多いでしょうが、果たして一人暮らしに本当に必要なものでしょうか?

初めて一人暮らしを始める際に、絶対に必要というものを12個厳選して、ご紹介します。

①カーテン

pexels-photo-25232

え?カーテン?家電とかじゃなくて?とお思いでしょうが、引っ越して即必要になるのはカーテンです。
大抵のアパートやマンションは部屋にもともとカーテンが付いているということはありませんから、すぐ付けられるように事前に用意しておかないと、部屋が外から丸見えになってしまいます。

特に1階の部屋や隣の建物との距離が近い場合は要注意です。
引っ越しの前に入居する部屋の窓のサイズをしっかり測って用意し、他の引っ越し荷物と一緒にならないようにわかりやすく梱包しておきましょう。
電車やバスで移動する場合は大変ですが、手持ちで持って行ってもいいですね。

②ぞうきん、ほうき、ちりとり

pexels-photo-282892

必要最低限の掃除道具です。
荷物の積み込まれていない部屋は、床磨きのチャンス!
前の人が引っ越した後に業者が入ってきれいにしてくれているので目立つホコリなどは落ちていないでしょうが、意外と床は汚れているものです。

荷物が運び込まれると拭き掃除はできなくなりますから、何もないうちに隅から隅まで拭き上げておきましょう。
ぞうきん一枚なら手持ちで持ってこられます。
引っ越し業者よりも早めに来て、掃除しましょう。
ほうきとちりとりは、他の荷物と一緒に持って来てもらえばOKです。

掃除道具といえば掃除機ですが、一人暮らしで大きな掃除機は必要ないと思います。
ワンルーム、もしくは1DKの部屋を大きな掃除機を引きずって掃除するのは、保管場所も時間も電気代ももったいないです。
カーペットを敷いたり、あまりないでしょうがペットを飼うという場合は、ハンディの掃除機か、粘着テープ式ホコリ取りがあれば十分じゃないでしょうか。

③寝具

pexels-photo-90317

布団もしくはベッドも、引っ越し当日から必要になります。
ベッドを新しく購入する場合は、部屋の大きさを考慮して選びましょう。
迷ったら、お店の人に住む部屋が何畳なのかを伝えて相談してみましょう。

ワンルームの場合、ベッドよりも布団の方が日中の部屋を広く、すっきりと使えます。
毎朝布団を上げるのは確かに面倒ですが・・・それに、収納場所の問題もありますね。
お客さん用に布団は自分が使う分だけでなくもう一組持っていたいですから、寝具を二組も収納するスペースなんてないですよね。

そういった場合は、部屋の隅に置いてお気に入りの布をかけておくとか、布団を入れるとソファーになる布団ケースなんてものもありますので、そういったものを利用すると良いでしょう。
ただ布団ケースは出し入れが割と手間ですし湿気もこもりますので、人が来る時だけ、としてもいいかもしれません。
ケースだけなら収納は簡単です。

④照明

pexels-photo-132340

照明が最初から部屋に付いている場合と、自分で用意しなければならない場合とあります。
入居前にしっかり確認しておきましょう。

⑤冷蔵庫

pexels-photo-100575

一人暮らしなら食材もそんなにたくさんは要らないから、と小さなものを選びがちですが、自炊をするなら大きめがおすすめです。
自炊をするといっても残業もあるし、毎日帰ってきてから作って食事をするのは大変ですから、休みの日にまとめて作って冷凍できるものはしておくなどの作り置きが中心になりますよね。

それに毎日買い物をしている暇はありませんから、週末に買いだめ、となります。
そうなると結局冷蔵庫に入れる食材は多くなりますので、140L~200Lの冷蔵庫がおすすめです。
できれば冷凍庫が大きいものがいいですね。

また、お米やパスタなどの常温で保存できるものでも、冷蔵庫に余裕があるなら入れても問題ありませんから、食材保存庫としても活用できます。
小さな冷蔵庫だと、今後もし恋人と同棲したり友達と家をシェアしたり、結婚したりということになった場合に処分しなければなりませんが、大きいものならそのまま使えて経済的です。

⑥電子レンジ

pexels-photo-104987

自炊派にしろコンビニ弁当派にしろ、電子レンジは必要です。

⑦炊飯器/土鍋

pexels-photo-221091

毎日ランチはお弁当の人や、炊き立てを食べたい!という人は、1.5合~3合炊きのものがいいでしょう。
炊飯器は炊くときに電気代が一番かかりますから、一気にたくさん炊いてあとは冷凍しておく、という場合は5.5合炊きの大きめのものがおすすめ。

もしくは、炊飯器は使用せず土鍋で炊いてもいいと思います。
大きな炊飯器は場所をとりますし、使用頻度が少なく他で代用可能なら絶対に必要なものではありません。
土鍋で炊いたご飯はおいしいですし、お友達とおうちで食事となったときも、土鍋でご飯を炊いていたら家庭的で素敵です。

⑧洗濯機

black-and-white-clean-housework-launderette

下着などをコインランドリーに持って行きたくないですから、毎日使わないにしてもやっぱり洗濯機は必要ですよね。
5kgくらいのものがおすすめです。

平日は出勤時間は早いし帰宅時間は遅いし、洗濯は休日にまとめて!と考えるかもしれませんが、できれば隔日くらいで洗濯した方がいいです。
汚れ物を長く置いておくと雑菌が繁殖したり色が定着して、取れないニオイ、落ちないシミの原因になります。

それらを取るためにクリーニングに出すとけっこうな料金が掛かりますから、不経済的ですね。
一人暮らしで二日分くらいの洗濯物でしたら1回まわせば済みますので、予約設定しておけば朝起きてすぐに干せます。
休日にたくさん洗濯をしなくて済めば、休みの時間の有効活用にもつながりますね。

⑨テレビ/ラジオ

pexels-photo-88737

テレビは部屋に合わせた大きさのもので。
でも、本当に必要かな?という気もします。
今はパソコンやタブレット、スマホで本当に見たい映画やドラマは見られますし、ニュースも配信しています。

家に帰ってきて人の声がすると安心する、というのなら、ラジオで十分です。
一時期テレビなしの生活をしたことがありますが、代わりに家ではラジオを常時聴いていました。
目を奪われないので、作業がはかどりますよ。
ラジオは非常時に備えて一台は持っていたいものですから、無駄になりません。

家での映画鑑賞が趣味だからパソコンやタブレット画面じゃ物足りない、テレビは欠かせない!という人は、これはもう生活必需品というよりも趣味のアイテムなので、むしろ大きいテレビで音の良いオーディオを揃えたほうが満足度が高くていいですね。

⑩最低限のキッチン用品

kitchen-cooking-interior-decor

鍋・フライパン・包丁・まな板・しゃもじ・おたま・フライ返し・菜箸・食器・食器洗剤とスポンジ。
これらが1つずつあれば、自炊派の人でも十分料理できます。
お湯もお鍋で沸かせます。

⑪衛生用品

man-hand-car-black

シャンプー・コンディショナー・せっけん・歯ブラシ・タオル・トイレットペーパー。
女子にはメイク落とし・洗顔せっけん・基礎化粧品・化粧品も必須ですね。

⑫テーブル

pexels-photo-29485

食事をする、書き物をするために一つは絶対必要です。
ワンルームではあまりないですが、カウンターキッチンだったらそこで代用可能ですね。

まとめ

人が暮らしていくと、モノはどんどん増えます。
せっかく一人暮らしを始めるのだから、一度リセットするつもりで、荷物は絶対に必要な最小限に留めましょう。
生活をしてみて、やっぱり必要だなと思ったら買い足すくらいでちょうどいいです。
最初からあれもこれもと揃えてしまうと、持ち物を把握しきれなくなりますし、結局使わずに処分するものもたくさん出て来てしまいます。

一方、他の人からすれば一見無駄に感じるものも、本人にとってはなくてはならない必須のもの、大切なもの、という場合もあります。
例えば、こんな小さな部屋にホームシアターなんて要るの?とか、魚なんて飼ってるスペースないでしょう、とか、他人は思うかもしれませんが、自分にとって楽しめる、安らぐものは、やっぱり絶対必要なものの一つです。

自分のライフスタイルに合わせて、自分にとって本当に必要なもの、大切なものを厳選して部屋に置きましょう。
きちんと取捨選択された部屋は、仕事の効率アップにもつながりますよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

こんな記事も人気です

人気の記事

注目のエントリー

ピックアップ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリー一覧