愛される女ってどんな人?気になる彼を虜にするためには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
454view

2018/09/14 更新 公開

愛されたい女性必見!

pexels-photo-102734

恋人ができない、できてもすぐに別れてしまう…そんなことってありませんか?
それはもしかしたら自分自身に問題があるのかもしれません。
問題といっても、ちょっとした考え方だったり、クセだったりするもの。
それがなくなれば、彼から愛される、大事にされるようになるかもしれません。
彼から愛される女とはどういった人でしょうか?

いつも間違っているのは他人。常に誰かのせいにしていませんか?

coffee-work-desk-mug-keyboard-162616

仕事でミスをしてしまった、ということは大なり小なりよくあることです。
毎日仕事をしれていれば、常に完璧にこなすのは難しいもの。
しかし、ミスをしてしまうといつも考えるのは「誰のせい?」ということ、なんてことに心当たりがありませんか?

大事なのは誰がミスをしたかではなく、ミスをどのように解消するかです。
まずは犯人捜し、なんてことをしていると、みんなに嫌われてしまいます。
もしかしたらその原因を作ったのは自分かもしれないのに、いつも他人のせいにしているとデートをしていて何かあったときにも、彼のせいにしてしまいます。

レストランで予約が取れなくても彼を責めてはいけません。
観たかった映画が満員御礼で入れなかったとしても、イライラして彼に当たってはいけません。
それは彼のせいではないのです。
彼から愛されたいのなら、失敗を責めるのではなく、すぐに切り替えることが大事です。
楽しみ方は1つではありません。
もし彼がデートで失敗をしても、違った提案で彼を落ち込ませないような人になりましょう。

自分本位でわがままばかり。そんな女性は嫌われます

pexels-photo-196667-1

「前回おいしいパスタが食べたいって言ってたよね?今日はイタリアンを予約したよ。」と彼。
彼は当然喜んでくれると思っていたのに、「え~。そんなのずっと前の話でしょ。今日は和食の気分なの!」なんて言っていませんか?

確かに自分に聞かずに予約をしてしまった彼にも非はあるかもしれません。
しかし、恋人のために予約をしてくれた彼に対してそんな言葉を投げつけてしまうのは、大人のすることではありませんよね?

例え今日の気分が和食でも、彼の気持ちを考えてあげることが大事です。
しかし、我慢ばかりしましょう、と言っているのではありませんよ。
3日もパスタを食べていて、今日はどうしてもパスタの気分になれない、という場合は、彼に感謝をし、謝り、事情を話して予約をキャンセルしましょう。
「次回は楽しみにしているわ」の一言を忘れずに。

ただ自分の気分や思いだけで彼を振り回してしまうのは、わがままというものです。
時にはわがままもスパイスになりますが、毎回では彼もあきれてしまうでしょう。
大事なのは彼の気持ちを大事にしてあげること。
彼の立場に立ってあげられるのが愛されるためには必要ですよ。

ヤキモチも度を越えると男性は逃げてしまいます

pexels-photo-115091

「あれ?何か怒ってる?どうしたの?」
「さっき、キレイな人の脚、見てたでしょ!」
「なあんだ、そんなことで怒ってるの?」
という会話であれば問題はなく、むしろ彼もヤキモチを焼いてくれることに対してうれしい気持ちになるものです。
ヤキモチを焼くというのは、相手のことが気になる、愛情がある、という気持ちの表れでもありますよね。

しかし、多少のヤキモチは恋愛においてもメリットがありますが、度を越すとデメリットになります。

異性のいる飲み会に行かせない、女性からのメールは許さない、携帯を常にチェックする、などといったことは控えた方がいいでしょう。
男性は縛られることを嫌います。
連絡が取れないと何度もメールや電話をかけまくるのもやめたほうがいいでしょう。
常に監視されている気分にさせてしまうと、徐々に気持ちが冷めてしまうものです。

ヤキモチをまったく焼かないのもかわいげがない、と思われてしまいますが、異常だと思われるほどの縛りや監視はやめましょう。
何もないのにいろいろ探られたり、疑われたりするのは嫌なものです。
疑えば疑うほど彼は「信頼してもらえない」と感じてしまいます。

何もないことを気にしていれば、自分もストレスになりますね。
ヤキモチは適度にやいて、かわいげがある、と思われるくらいにしておきましょう。

完璧ではなく、「隙」も大事です

woman-sandals-wedding-dresses-bride-158000

仕事ができる、管理職である、メイクもファッションも完璧、という人もいますね。
そういった人はプライドが高い場合も多いものです。
また、そういった女性とお付き合いをするには、自分も同じくらいのレベルにならなくては、と思う男性も多いはず。
プライドの高い人は男性にも完璧を求めがちです。

しかし、完璧な人がモテるか?というとそうではないものです。
多くの男性は女性に癒しを求めます。
プライドが高く、こちらにも完璧を要求する恋人と一緒にいても癒やされないでしょう。
気を抜くこともできません。

また、プライドの高い女性に多いのが素直に「ごめんなさい」が言えないことです。
自分の間違いを認めず、さらに言い訳をする人間になっていませんか?
仕事ができることも、メイクやファッションを研究して上手にこなすことも、もちろんいいことです。
魅力的な女性になるためには必要なことでしょう。
しかしそれを彼に要求したり、素直になれなかったりすると、彼も疲れてしまいます。

完璧であることは恋愛においてあまり必要ではないのです。
少しくらいヘアスタイルが乱れている方がかわいいもの、いつもスーツでビシッと決めている人が休日にジャージでいる姿も(毎回ではどうかと思いますが)、ギャップがあって親近感がわくものです。
それくらいの“隙”があった方が、男性はかわいいと思ってくれるものですよ。

彼が大事、ということを伝えていますか?

pexels-photo-220314

時には「好き」とか「愛してるよ」とか言ってほしい、と女性はよく言います。
それは男性にとっても同じではないでしょうか?
恋愛表現は下手な人は、男性に好意があってもそれをうまく伝えることができず、まして自分の気持ちを素直に言うことなんてできません。
しかし、大好きな男性がもし自分に好意を持っていたとしても、ぐずぐずしていると他の女性に取られてしまうでしょう。

告白をするのは勇気がいるものです。
言葉で言わなくても、自分の好意は相手に伝えることが大事です。
何気なく見つめてみたり、他の男性とは違う、ということをアピールしたりしましょう。

また、恋人同士になってからも同じですよ。
いつも仕事で忙しく、デートもままならない、という女性は要注意です。
男性だって「仕事とオレとどっちが大事なんだよ!」と言いたくなるもの。
「そんなの言わなくても分かってるでしょ!」と言わずに、彼が大事、ということを伝えてあげましょう。
思いは見えないものです。
それを言葉や態度で表すことで、相手を安心させてあげること。
それができるのが大人の女性であり、愛される女と言えるのではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?
自分のことで思い当たることはありませんでしたか?
意識していなくとも彼を傷つけていることもあるかもしれません。
自分の言動や行動を振りかえってみるといいでしょう。

大事なのは、自分のことよりも相手のことを考えることです。
自分がされて嫌なこと、言われて落ち込んでしまうことなどはしたり、言ったりしなければいいのです。
彼が優しいとついそれに甘えてしまうこともありますが、時には甘えさせあげられる女性になりましょう!
愛される女になるのは、それほど難しいものではないのかもしれませんよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

こんな記事も人気です

人気の記事

注目のエントリー

ピックアップ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリー一覧