初対面で好印象を持たれる方法って?素敵女子の心がけ5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
445view

公開

第一印象が良い女性ってどんな人?

pexels-photo-296881

「よく第一印象が悪いと言われる」と悩んでいませんか?
人とのコミュニケーションが得意な人も苦手な人も、できれば相手に好印象を与えたいですよね。

実は第一印象は会ってわずか10秒ほどで決まると言われています。
しかも第一印象のイメージを変えることは容易なことではありません。
そのため初対面のときには、好印象を与えるポイントを押さえておくことが大切です。

素敵女子が意識している心がけや気を付けるポイントなどをご紹介していきます。

男性は初対面の女性のどこをチェックする?

pexels-photo-27725

初対面のとき男性はさりげなく色々なところをチェックしていますので、次のポイントに気を付けておきましょう。

  • メイク
  • ネイル
  • ヘアスタイル
  • 表情
  • 服のしわや靴の汚れなど

メイクは好みもありますが、基本的に濃すぎると不快に思ったり引いてしまったりする人が多いので、はじめはナチュラルな方がいいでしょう。
ネイルも派手すぎると不潔に思われるなど、悪いイメージを持たれてしまいます。
髪がぼさぼさになっていませんか?
事前にチェックしておきましょう。

また、話したり笑ったりしたときに黒い虫歯が見えてしまうと、引かれてしまったり不潔に思われたりしてしまいます。
虫歯は早めに治療を行い、会う前には口臭予防もかねて歯磨きをしていきましょう。

また、服のしわや靴の汚れなど細かいところまでチェックする男性もいるので、出掛ける前にしわや汚れがないかどうか再度確認しておきましょう。

初対面で印象をよくする素敵女子の心がけ5選

1. 自分から挨拶をする

pexels-photo-89873

「はじめまして」、「こんにちは」など相手の年齢関係なく、自分から挨拶してみましょう。
相手から挨拶をしてもらえると嬉しくなりますし、自分から挨拶ができる人はよい印象を与えることができます。

挨拶をする際には明るく笑顔を心がけましょう。
挨拶が暗かったり、不愛想だったりしてしまうと、せっかく挨拶をしても好印象を相手に与えることはできません。

2. 笑顔を心がける

pexels-photo-206559

挨拶にしてもそうですがいい笑顔は印象に残るものです。
また笑顔は相手に明るいイメージを与えてくれます。
挨拶のときだけでなく、話している最中でもできるだけ常に笑顔を心がけましょう。

初対面の時は特に、表情を見られていることも多いです。
表情が豊かな方が好印象を持たれるので、喜怒哀楽ははっきりと表現するようにしましょう。
表情や感情があまり豊かでないと、相手にいい印象を与えられないどころか印象が薄くなってしまったり、悪い印象を与えてしまったりしてしまう可能性があります。

初対面のときは少しオーバーなくらい表現してみましょう。

3. 相手の名前をすぐに憶えて何度も使う

pexels-photo-87346

名前を聞いたら何気ない会話の中でも、相手の名前を何度も使いましょう。
「○○さんはどうですか?」、「~~なんですね、○○さん」などさりげなく使っていきましょう。
名前を呼ばれると相手も嬉しいものです。
名前を何度も呼ばれるうちに親密度もアップしていき、印象がよくなります。

4. 自分だけが話さないようにする

hands-people-woman-meeting-1

特に女性は自分のことを話したいという欲求が強い生き物です。
ついつい自分のことばかりを話してしまいがちですが、あなたが話したら次は相手に「○○さんはどうですか?」などと話を振るようにしましょう。
相手を気遣える女性はいい印象を与えることができますよ。

逆に相手のことが知りたい気持ちもわかりますが、相手に質問ばかりをしてしまうのもいい印象を与えないため、お互い言葉のキャッチボールができるように意識しましょう。

5. 相手の目を見て話す

pexels-photo-165907

これも初対面でチェックされているポイントのひとつですが、話をするとき相手の目を見て話していますか?
恥ずかしい、自分に自信がないなど相手の目を見て話すのが苦手な人もいるかもしれません。
しかし、相手の目を見ないで話すのは失礼であり、悪い印象を与えてしまいます。

目は口ほどにものを言うとも言いますし、話している間ずっと見つめる必要はありませんが、まずは話すときは適度に相手の目を見て話すようにしましょう。
このとき相手に悪い印象を与えないためにも、微笑むようにやさしく相手を見つめましょう。

相手に好印象を与えるために注意しておくべきポイント

印象をよくするために気を付けておきたいポイントについてご紹介していきます。
初対面の人と会うときには、次のようなことに注意しておきましょう。

話し方に気を付ける

pexels-photo-24156

初対面の印象は見た目と話し方が大半を占めるとも言われていて、声のトーンは第一印象に特に大きく関係します。
声の高さは生まれつき持ったものなので仕方ありませんが、少し変えるだけで印象を変えることができますよ。
声がもともと高い人はそのままで大丈夫ですが、声が低めの人は声を高めに出すようにしましょう。
それを意識するだけで、印象が変わってきますよ。

また、ゆっくりと話すことで温厚なイメージを与えることもでき好印象につながります。
ただしあまりにもゆっくり過ぎると相手にイライラされてしまいますので、ほどほどにしておきましょう。
早口やボソボソ話して聞き取りにくいと、悪い印象を与えてしまいます。

相手の意見を否定しない

pexels-photo-104510

相手の意見とあなたの意見が違うのは当たり前です。
初対面で相手を否定してしまうと、悪い印象を与えてしまうのは当然ですよね。
誰でも自分の考えや意見を否定されると、嫌な気分になります。

それは相手も同じです。
相手の考えや意見は否定しないようにし、まずは相手の意見を受け入れるようにしましょう。

否定的な言葉を使うのもいい印象を与えないので、使うのは避けましょう。
よく「だって」、「でも」、「だけど」などの言葉を使う人がいますが、初対面ではできるだけ使わないようにした方がいいでしょう。
どうしても相手の気持ちと違う意見を言いたいのであれば、一度相手の意見を認めてから自分の意見を述べるようにしましょう。

正しい言葉を使う

red-love-heart-typography

あなたはきちんと敬語などが使えますか?
間違った日本語を使ってしまうと、相手に悪い印象を与えてしまうかもしれません。
間違いやすい日本語を事前に調べておくと様々なときに役に立ちますよ。

また「やばい」などの若者言葉と言われているような言葉を使うと、引かれてしまったり悪い印象を与えてしまったりしてしまいます。
できるだけ避けておいた方が無難です。
もちろん男性が使うような荒々しい言葉などは避けましょう。

回りくどい話し方はしない

pexels-photo-5

女性はだらだらと自分が思っていることを、順序関係なく話してしまいがちです。
話の説明や過程などを先に話し、最後に結論を話すことが多いですよね。

男性からすると、そういう話し方は何を言いたいのか理解できないばかりか、ストレスに感じてしまう人もいます。
言いたいことの説明を先にだらだらと話すのではなく、結論を先に話して補足は簡潔に話をまとめましょう。

癖に注意しましょう

pexels-photo-26980

あなたに次のような癖はありませんか?
当てはまる人は意識しておかないと、無意識にしてしまっているかもしれません。

  • 爪を噛む
  • 唇を噛んだり触ったりする
  • 腕を組む
  • 髪の毛など何かを触る
  • 姿勢が悪い
  • 脚を開いて座る

爪を噛んだり口を触ったりしているといい印象を与えることができません。
髪の毛など何かを常に触っているのも同様で、落ち着きがない人に思われてしまいます。

また、腕を組む行為は相手に威圧感などを与えたり、防衛的な態度を取ったりしているように思われるなど悪い印象を与えてしまいますので、しないように気を付けましょう。

猫背など姿勢が悪いと悪い印象を与えてしまうので、背筋はピンと伸ばしておきます。
脚を開いてしまう人は気を付けていないと、無意識に脚を広げてしまいますので注意が必要です。

まとめ

いかがでした?
これらのポイントを押さえて、相手に好印象を与えていきましょう。
第一印象は、実はポイントがあって、それを心掛けることで好印象を与えることができるのです。
大変かもしれませんが、これからの生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

こんな記事も人気です

注目のエントリー

ピックアップ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリー一覧