貯金できない!消費癖がある人のためのお金を賢く貯めるコツ

貯金したい意識はあるのにお金が貯まらない・足りなくなってしまう方必見。今日から始められる貯金のコツをご紹介します。消費癖があっても大丈夫!お金が勝手に出ていかない裏技も教えちゃいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
224view

公開

私ってもしかしてお買い物中毒!?

pexels-photo-196410

「給料日前はいつも金欠」「お給料はけっこう貰っているのにゼンゼン貯金ができていない…」そんな危機感を感じている消費癖女子はいませんか?
新しいモノに目がない、こだわり派、流行にも敏感な方は気が付くとお金がなくなってしまいがちです。

そこで、そろそろ貯金もしたいけれど、どうやったらお金が貯められるのかわからない方必見の賢く貯金できるコツをご紹介したいと思います。

貯金分を引き出せないところへ預ける

pexels-photo-6

手元にお金があると使ってしまう、でも貯金したい意識が高い方に特におすすめの方法です。
銀行に預けてもいいのですが、最近の銀行の金利は低いので、例えば保険で還元率の高い商品に加入するなどして積み立てることもできます。

ただし保険の場合、途中で解約すると元本を割れてしまうといったデメリットもあるのでその点には注意しましょう。

明治安田生命 じぶんの積立

短期間で月々無理のない金額からはじめることと失敗が少ないですよ。

クレジットカードで失敗!使い過ぎてしまう

pexels-photo-230544

お買い物に便利で手元に現金がなくても、欲しいものが買えてしまうクレジットカード。
ポイントがついて買い物に使えるといったメリットもあるので、全く使わないのももったいないですし、不便ですよね。

そこでクレジットカードを使い過ぎないためのコツはズバリ「自分枠の限度額を設定すること」です。
例えば、通常ならクレジットカードの限度額が30万円で、2枚持ってるから月に60万円も使えてしまうわけですが、自分で「クレジットカードでの買い物は月5万円まで」と決めます。

そして、クレジットカードを利用をしたレシートを封筒などに保管しておきます。表に50,000円と設定した金額を書いてレシート入れたらそこから使った金額を引き算。
すると、「今月はもう限度額だからクレジットカードは使わない」と使い過ぎを防げます。

ATMとお別れする

pexels-photo-204475

なるべくお金を使わないように…という意識だけ高くて「現金を持っているとすぐ使ってしまうからなるべく通帳にいれている」という方。
気が付くと月に複数回ATMでお金を下していませんか?
手数料や手間を考えたら、現金もクレジットカード同様、ひと月を目安に使える枠を設定することがおすすめです。

現金もひと月に使える分を封筒などに入れてそこから出し入れするようにして、ATMを利用する回数を減らしましょう。

衝動買いには一旦保留が◎ネットを活用して

pexels-photo-196655

ウィンドウショッピングをしていて「これカワイイ♡今買おう」とあまり考えずに一目惚れして買って失敗してしまったことはありませんか?
よくよく考えてみると、似たようなものを持っていたり、逆に「いつ使うの?」というものだったりします。

高額な家具、家電は店頭よりネットショップのほうが金額が安いこともしばしばあります。
ネットには口コミやレビューも書いてあるので、実際に使ってみた人の意見を参考にすることができます。
その場ですぐ買うのではなく、一旦保留にして本当にその商品が必要かどうか考えてみて下さい。
そうすると、翌日には欲しかった衝動がおさまっていることもあります。
これは商品に限らずエステの契約や高額なセミナー、資格取得などの場合も同様です。

人付き合いでお金がピンチ!誘われると断れない方へ

pexels-photo-25182

友達が多く、社交的なタイプな消費壁がある人に多く見受けられるのは飲食代や活動費でお金を多く使ってしまっている傾向です。
でも、そのために貯金がしたくてもできないというのは少し残念ですね。
誘いを断ることに抵抗がある方も多いと思いますが、5回中5回参加していた飲み会を3回に減らすだけでも節約できます。

また、2次会、3次会と付き合い良く参加している場合も、たまには早目に帰って自分の時間をゆっくり過ごしてみるのもいいかもしれません。

欲張りはNG!優先順位をつけて生活にメリハリを

pexels-photo-205961

洋服にメイク、カフェ、雑貨や気になるスポット、周りやSNSを見るとキラキラしているものがたくさんあってあれもこれもと欲しがっていませんか?

その中でも自分が一番、「これだけは譲れない」という大切にしているものを優先して他のものをプチプラにしたり、節約を心がけることが消費体質から貯金体質へ改善に繋がります。

まとめ

いかがでしたか?
消費癖があっても年齢を重ねたり、将来を考えるとどうしてもお金が必要な時期がやってきます。
その準備として貯金があるとないとでは、大きな差が出てくるので自分の中で線引きをしたり、優先順位をつけた生活をすることが貯金への第一歩ではないでしょうか。
そんな基礎づくりが40代、50代になったときに女性をより豊かにしてくれます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

こんな記事も人気です

人気の記事

注目のエントリー

ピックアップ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリー一覧