節約できる女性の家計簿のつけ方って?最新テクをご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
381view

公開

うまく家計簿を使いこなすには?

* 去年の12月から#づんの家計簿 つけてます☺︎ でも手書きpost始めてから、家計簿書くより手書き!ってなっちゃってて(娘に邪魔されない貴重な時間なので)、家計簿サボってましたー(´°Δ°`) でも!やっぱりちゃんとしなきゃ!と思い直したので、たまーにこちらに手書きとして(←)postしようと思います♬ #づんの家計簿 #手書き家計簿 つけてる方もよろしければ仲良くしてください♡ #家計簿 #家計簿仲間募集中 #家計簿頑張る部 #手書き #手書きツイート #手書きツイートしている人と繋がりたい #手書きpost #手書きpostしてる人と繋がりたい #手書きツイート仲間募集中 #手書きママ友募集

まーたんさん(@hm_mtan)がシェアした投稿 -

節約の第一歩「家計簿」ですが、なぜか継続しなかったり、せっかく家計簿をつけても節約に結びついていないという方も多いのではないでしょうか。

そこでスマートフォンアプリを使った簡単で長く続く家計簿のつけ方や、つけた家計簿を有効活用するテクニックをご紹介したいと思います。

アプリを活用!記入式の家計簿がどうしても続かなかった方へ

iphone-smartphone-apps-apple-inc-40011

スマートフォンユーザーなら誰でも使えるのが「家計簿アプリ」です。
なんとレシートを撮影するだけで、食費や住居費など項目別に振り分けてくれ、いつどこでどんな買い物をしたかが、一目瞭然になってしまします。

何種類かありますが、代表的なアプリに「zaim」「Dr.wallet」があります。

■ zaim

■ Dr.wallet

どちらも無料で利用でき、精度や便利さから人気がある家計簿アプリです。
これなら今まで「これは被服費…これは雑費」といちいち分けて電卓をたたいたり、エクセルに入力していた作業が一切なくなりますよ。

隙間時間にレシートの整理と一緒にパシャパシャとレシートの撮影をするだけで面倒な作業が終わってしまいます。
時間がない女性に一番オススメできる家計簿のつけ方なので、まだ試したことのない方は是非ダウンロードして活用してみはいかがでしょうか。

レシートを「貼るだけ」

pexels-photo-237675

アプリもいいけれど、レシートを紙で残したい方にはこんな家計簿もあります。
レシートを日付ごとにはるだけなので、こちらも面倒な記入作業しなくて大丈夫です。
集計もしないので、「節約になるの?」と心配ですが、ちゃんと月末など日にちを決めて定期的に見返して支出の傾向が把握できます。

さらに普通のノートを使うより、最初からこのような本タイプの商品なら「まだ1回も家計簿をつけたことがない!」といった初心者さんのも使い方がわかりやすく推薦したいです。

kakeibo01

出典:©item.rakuten.co.jp

家計簿手書き派にオススメ♡シンプルで使いやすい家計簿

やっぱり家計簿は自分できちんとつけたい、「家計簿手書き派」には、普通のノートより機能的で集計がしやすいこうした家計簿がおすすめです。

610kqlvni4l-_sl1000_

出典:©www.amazon.co.jp

いかにも「家計簿」という表紙よりちょっとオシャレなデザインで、自分好みだと開くのも楽しみになるのでレシートを転記するのもあまり苦になりません。

お財布はいつもスッキリさせておきましょう

pexels-photo-316598

お買い物をする度にもらうレシートでお財布がパンパンなんてことはありませんか?
レシートが溜まれば溜まるほど家計簿をつけるのが面倒になりがちなので、マメにお財布からレシートを出してあげることが重要です。

そしてその都度、家計簿をつけてしまうか忙しいときは一時保管して時間が空いたときに撮影、記入するなど自分に合ったスタイルで家計簿をつけ続けて下さい。

節約への近道、脱!家計簿つけっぱなし

open-book-library-education-read-159621

ここまで家計簿のつけ方や、最新家計簿をご紹介してきましたが一番に重要なことは「家計簿の振り返り」です。
せっかく、頑張ってキレイにつけた家計簿もそのままにしていては節約に結びつきません。

そこで注目して見てほしいのは月毎の収支です。
例えば、季節ほぼ左右されない通信費がいつもより高額だった場合「次月は通話を控えよう」と自戒したり、通信プランの変更を考えたり対処していくことが必要です。

家計簿をつけていくと同じ買い物をしても「ここのお店のほうが100円安い!」「ずいぶんコンビニで浪費してる…」と気づくことがあると思うので、その気づきが節約への第一歩になります。

まとめ

いかがでしたか?
まだ家計簿をつけたことがない方も、続かなかった方も家計簿アプリや自分に合ったスタイルで無理なく継続していくとだんだんと習慣が身についてくると思います。

家計簿をつける習慣がつくと、自然と節約へ意識が向かいやすいので「今月は無駄遣いしちゃったかも…」というときも「来月は引き締めよう!」とポジティブな気持ちで家計簿をまた開いてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

こんな記事も人気です

注目のエントリー

ピックアップ

関連するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリー一覧