2017/04/27 更新 公開

基本的なスキンケア方法って?正しいケアで美しい肌へ

綺麗な肌をキープするために、日々肌へのケアに力を入れていることでしょう。そんな中、正しい方法できちんと行えていますか?せっかくケアしていても、やり方を間違っていたら努力も水の泡になってしまいます。そこで今回は洗顔の方法やその後のケアの方法など、基礎的なことをご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
157view

ケアの基本を知りたい!

何事も基本が大切と言いますが、スキンケア方法も基本をおさえていないと、美肌にはなれません。
今更、人には聞けないスキンケアの基本をおさらいしましょう!

まずケアする時に心得ていてほしいのは、正しいお手入れは「汚れを落とす」ことと「保湿」が土台となる点です。
これができていないと、高い美容液を使用しても、残念ながら効果は半減しています。

きれいに汚れを落とすのはダブル洗顔!

お肌に汚れが残っていると、化粧品の浸透が悪くなります。
なので、きれいに汚れを洗い流すことが大切です。
みなさんは、どんな洗顔をされていますか?

1番汚れが落ちるのは、ダブル洗顔です。
メイクをした夜は、メイクが落とせるクレンジングをして、洗顔をします。
1つのアイテムで、メイク落としと洗顔ができる商品もありますが、汚れ落ちが半減するのが現状です。

洗顔料も同じで、クレンジングと洗顔料は落とす汚れの種類が違いますので、ダブル洗顔をすることがおすすめです。
メイクを落とせるクレンジングは、なるべく肌に負担をかけないタイプを選びましょう!
肌に負担をかけずにメイクを落としてくれるのは、「クリームタイプ」です。
人気のあるオイルタイプは、洗浄力が強すぎて、肌に刺激を与えてしまいます。

ちなみに、洗顔料はシンプルな固形石鹸でも大丈夫です。
美肌成分配合!と宣伝されている商品を最近みかけますが、洗い流す時に成分もほとんど流れてしまうので、あまり効果がないと言われています。

潤いを閉じ込めよう

肌の汚れを落とした次は、「保湿」が必要です。
よく耳にしますが、「保湿」とは、水分や油分を補給することです。
その為には、何のアイテムが必要でしょうか?
化粧水?乳液?クリーム?

保湿に必要なのは、アイテムではなくて、化粧品に配合されている、ある成分です!
それは、保湿力が1番高い、「セラミド」です。
肌の角質層に存在する成分ですが、水分をしっかり挟み込んでくれるので、長時間、乾燥しません。

美容業界では、保湿は化粧水で水分補給をして、乳液やクリームで水分が蒸発しないように蓋をするという考えが一般的でした。
しかし、肌の研究が進むにつれて、湿度が低い環境ですと、完全に蒸発を防いでくれないという事が分かりました。
よって保湿をしたいのであれば、セラミド配合の美容液などがおすすめです。

また、セラミド以外で保湿力が高い成分は、「ヒアルロン酸」です。
ヒアルロン酸も人の肌に存在している成分です。
水分をたくさん抱え込む働きをしています。

このように、保湿力の高い成分が配合されている化粧品を使用してみましょう!
肌の保湿ができれば、化粧品の浸透力や効果が高くなり、早く美肌に近づくことができます。

スキンケアの基本を学ぼう

ここではケアをする際の基本的なポイントをおさえましょう!

力の加減は?

とにかく肌を優しく扱いましょう!
顔の皮膚は、とても薄くてデリケートです。
肌への摩擦が敏感肌やシミ、シワなどの原因につながります。
洗顔する際には、特に注意が必要です。

クレンジングのクリームタイプは、肌への摩擦を軽減できるメリットがあるのでおすすめです。

さらに洗顔料は、泡のクッションで手が顔の肌に直接ふれないように洗います。
泡が少なすぎると、肌への摩擦が生じて、肌に負担がかかります。
洗い流す時やタオルで拭く時も、肌をこすらないように気をつけましょう!

また、顔のマッサージを強く行う方がいますが、それでは肌に負担がかかります。
例えばプロのエステでは、筋肉やリンパの流れにきちんと沿って行っていますよね。
自身で行うマッサージは皮膚が動かないくらい優しく行いましょう。

一回の使用量はどれくらい?

化粧品の使用する際は、表示されている適切な量を守っていますか?
高い化粧品を購入した時ほど、もったいないからと毎日少量ずつ使用する方がいます。
化粧品の減りは遅くなりますが、効果は半減しています。

こちらの方がもったいないですよね?
化粧品の効果を実感したいのなら、適正使用量は守りましょう!

化粧水はコットンor手の平?

意見が分かれるのは、化粧水をコットンでつけるか手の平でつけるかです。
みなさんは、どちらで行いますか?

購入した化粧品の説明書きに書いているやり方で行いましょう。
どちらにもメリットやデメリットがありますが、化粧品の種類に合わせて向いている方法が良いです。

手の平で化粧水をつけると、手の平に吸収されてしまう、という俗説があります。
ただし、これは理論的に考えてありえないようです。
なのでその点は全く問題ありませんよ。

まとめ

いかがでしたか?
このように、スキンケアの基本は意外と知られていない事もありますよね?
ぜひ、基本に戻ってスキンケア方法を試してみて下さい。
必ず肌は変わります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミランダ・カーや美女と野獣のエマ・ワトソンなど多くのセレブが愛用している人気デパコスrms beautyの人気コスメ♡

人気モデルのミランダ・カーやエマ・ワトソンなど多くの人を虜にする「rms beauty」。一体どんなコスメなのかそのこだわりや気になる使用感をチェック◎また、新作コスメの情報や中でもおすすめのアイテムも紹介しています!

世界中で愛される肌に優しいrms beauty

rmsbeauty
@Instagram

ファッション&メイクアップ業界で働いていたrms beauty創設者のローズ・マリー スウィフト。
長年メイクアップに携わっていたからこそ、美しくあるためには身体だけでなく製品も健やかでピュアなものが望ましいと考えられて創設されたブランドなんです♡

ミランダ・カーや美女と野獣のエマ・ワトソンなど多くのセレブが愛用している人気デパコスrms beautyの人気コスメ♡

続きを読む